ブリッジサロン
社長ブログ
廣島 武 X 保阪 薫
カレンダー
2012年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 戻り相場で考える | メイン | 決算発表のシーズン »

2009年04月30日

「応援投資」という考え方

先日、大阪において約80名ほどの個人投資家の皆さんの前で、お話する機会がありました。

内容は、
〆8紊粒式相場の見通し
株式投資に対する考え方
の2点でした。

前者については、決算発表や米国での金融機関や自動車産業の行方に対する不透明感から、なかなか上値を買う動きにはつながりにくく、当面はスピード調整の局面が続くだろうというものです。


後者については、私が以前から述べている「明るく豊かな未来作りのための株式投資という視点を持って欲しい。」というお話です。


配当とキャピタルゲインによるリターンの追求が株式投資の最重要目的であることは間違いありませんが、個人投資家の皆さんにはそれに加えて、

・「株式」ではなく「企業」への投資
・明るく豊かな未来を作るための「応援すべき企業」の発掘
・短期ではなく「中長期投資」で企業を応援
・投資した企業との積極的なコミュニケーション


といった視点を持つことを提案し、最後に、個人投資家の皆さんのための投資原則として、「中長期投資」、「分散投資」に加えて、明るい未来作りのための「応援投資」という3原則を念頭において株式投資に臨んでいただきたいとお話しました。
(「応援投資」という言葉は当社の造語であり、一般的な表現ではありませんが、、、、)

正直なところ、投資家の皆さんの関心は、「来月、3ヵ月後の日経平均はいくらになるのか?」とか、「オバマ政権の政策に沿った、これからの有望銘柄は?」といったポイントに集中し、「応援投資」というテーマにはあまりピンと来ていただけないかな?とも思ったのですが、講演会後のアンケートを拝見すると、大変嬉しい感想をお寄せいただきました。


「改めて株価を追いかけるのではなく、応援したい企業を探して中長期投資を心がけたい。」(60代、女性)


「大変参考になりました。株価の上昇に一喜一憂することなく、将来展望に立った投資を心掛けたいと思います。」(60代、男性)


「御社の応援投資との概念は、小生も大切な概念と考えています。企業とは、お金だけの付き合いのみならず、共に事業を行う仲間として、資本提供に寄与したいと考えます。」(36歳、男性)


もちろん参加者全員の方に理解、賛同していただけたとは思いませんし、少数派のご意見だったかもしれません。
しかし、こうした「応援投資」という概念が、亀の歩み程度であっても世の中に着実に広がっていることが確かに感じることが出来ました。


「ROE」を中心とした企業の姿を分析する力と、「応援投資」を重視する投資ポリシー。この二つを武器とした「応援投資家」が一人でも多く株式市場に参加してくるような流れ作りに貢献していきたいと考えています。

カテゴリー : 保阪 | 投稿者 : 保阪 薫 | 2009年04月30日 13:29

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿者 株の投資 : 2012年01月25日 18:30

コメントしてください





保存しますか?


検索
社長プロフィール
代表取締役社長
廣島 武
1963年生まれ。駒沢大学経営学部卒業。1985年三洋証券株式会社入社。日本インベスターズ証券を経て、2000年当社設立。三洋証券時代より、個人投資家への資産運用アドバイス業務に一貫して従事。
代表取締役会長
保阪 薫
1961年生まれ。京都大学法学部卒業。1984年野村證券株式会社入社。シティバンク・プライベートバンク、日本インベスターズ証券などを経て、2000年当社設立。
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. ブリッジサロントップ 会社概要