ブリッジサロン
社長ブログ
廣島 武 X 保阪 薫
カレンダー
2015年05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2015年01月 | メイン | 2015年05月 »

2015年03月14日

ファナックの件で思うこと

3月13日金曜日の株式市場で投資家の注目を一身に集めたのはなんといっても(6954)ファナックでした。


高収益でありながら株主との対話に消極的と言われてきた同社が、稲葉社長主導の下、「SR(シェアホルダー・リレーションズ)部」を発足させ、株主からの面会や訪問の要請に応じる窓口とするのに加えて、可能な限り株主還元を実行していくとの発言が伝わると、同社株は、過去最大の上げ幅を記録して上場来高値を更新。前日比3,135円高の26,870円で引け、東証1部の値上がり率第2位となりました。

東証と金融庁によるコーポレートガバナンス・コードの策定と6月からの適用という流れが、工作機械用NC(numerical control、数値制御)装置で世界首位の同社を大きく動かした形となりました。

日本企業の変化を象徴する出来事だったと言えるでしょう。


これはこれで大変大きな出来事なのですが、同社のチャートを見てみたら、私、個人的にはちょっと違和感というか、小さな?を感じてしまいました。


下のチャートをご覧ください。


fanuc150314.JPG



上のチャートは過去10年間の同社株価、下はTOPIX(赤線)との相対株価(10年間)です。


リーマンショック後、同社株は大変順調に回復を遂げ、TOPIXを大きくアウトパフォームもしています。

また同社の配当性向はHPからは2011年3月期以降過去4年分しか分かりませんでしたが、ずっと30%を維持しています。(予想配当金額を公表していないところは、なるほどというところですが。)


配当性向30%は約8,000億円の現預金残高(2014年12月末)からいえば決して高くはないですが、投資家が改善を求めるほど低くもないのではないかなと感じます。


企業のIRをお手伝いしている私が言うのもなんなんですが、この株価推移で配当性向30%維持している同社に、これ以上何を求めるのでしょう?


一言で「株主」といっても保有期間の長短によって企業に求めるものも異なるケースもあり、2009年から2011年頃投資した長期株主はファナックに何の文句も無いのではないのでしょうか?


もちろん配当性向が上がることは株主にとっては嬉しいことですし、今回の件はファナック自身が決めたことなので私ごときが何か言う事ではないのですが、投資家による「株主との対話」が「株主還元」、「増配」、「自社株買い」ばかりにならないことを望みたいと思います。

カテゴリー : 保阪 | 投稿者 : invb | 14:20 | コメント (0)

2015年03月07日

ブリッジサロン400回開催記念 特別トーク・セッション

弊社が主催する個人投資家向けIR説明会「ブリッジサロン」は、2000年9月27日に第1回を開催して以来、昨年11月で400回を数えました。


これも、熱心にご参加くださっている個人投資家の皆様と、一人でも多くの投資家に自社のことを知って欲しいと考え、これも熱心にIR活動を行っている参加企業のおかげです。
あらためて感謝申し上げます。


昨年11月に400回を記念して、初の試みとなるトークセッションを開催しました。

そこでは、私と社長の廣島の二人で、「記憶に残る過去のブリッジサロンの思い出」に加えて、私たちが提唱している「応援投資」について、その考え方を改めてお話しさせていただきました。

また、「応援したい企業の見つけ方」と題して、応援するにふさわしい企業をどういう視点で見ていけばいいのかをお話しいたしました。

15分ほどの動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。

「ブリッジサロン400回開催記念 特別トーク・セッション」

今後も、1回1回丁寧に積み上げて、500回、1000回と続けていきたいと考えています。

これからも応援よろしくお願いいたします!!

カテゴリー : 保阪 | 投稿者 : invb | 21:41 | コメント (0)

検索
社長プロフィール
代表取締役社長
廣島 武
1963年生まれ。駒沢大学経営学部卒業。1985年三洋証券株式会社入社。日本インベスターズ証券を経て、2000年当社設立。三洋証券時代より、個人投資家への資産運用アドバイス業務に一貫して従事。
代表取締役会長
保阪 薫
1961年生まれ。京都大学法学部卒業。1984年野村證券株式会社入社。シティバンク・プライベートバンク、日本インベスターズ証券などを経て、2000年当社設立。
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. ブリッジサロントップ 会社概要