Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
上場企業IR責任者インタビューvol7
株式会社フォーバル(8275:JASDAQ)
(会社概要)
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル
ビジネスフォン・複合機・パソコン等の販売・設置・保守。通信サービス、その他ブロードバンド関連サービス
インタビュー 目次
PDFファイル閲覧
1.
〜規制との戦いと新たなマーケットの創造〜
2.
〜モノを売らずに信頼を売るスタイルへの転換〜
【2008年2月 株式会社フォーバル 本社にて取材】
【インタビュー主旨】
民営化といえば、小泉内閣による郵政民営化をイメージすると思いますが、それ以前にも国鉄、電電公社、専売公社などが中曽根内閣時代に民営化されました。特に、通信の自由化がなれさる1985年以前から巨大な電電公社(現:NTT)が握って離さなかった電話機市場に風穴を開け、創業して8年2ヶ月の短期間で、しかも34歳という年齢で株式公開をなしえるなど、当時としてはすべてが異例尽くしであったベンチャーの雄が、フォーバルグループを率いる大久保会長兼社長です。規制に立ち向かい、そして業界を創造するなどの華々しい功績をあげてきた同氏が何を課題とし、次に目指すものは何か?そのあたりをインタビューし、みなさんとともに考えていきたいと思います。
(インタビュアー:株式会社インベストメントブリッジ 代表取締役 廣島 武)
【Profile】
大久保 秀夫(おおくぼ ひでお)氏
1954年10月2日東京都生まれ。国学院大学法学部卒業。
1980年新日本工販(株)(現(株)フォーバル)設立、代表取締役社長。ビジネスフォンの販売を開始。電電公社(現NTT)独占の販売市場に進出。創業して8年2ヶ月という日本最短記録で店頭登録銘柄として株式を公開。1988年社団法人ニュービジネス協議会の第1回アントレプレナー大賞受賞。
2005年同社の代表取締役会長兼社長に就任。
ブリッジメール
説明会の案内、レポート情報、各企業のニュースリリースなどの情報が盛りだくさんのメールマガジン
登録前に「メルマガ利用規約」をお読みください。
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー