ブリッジレポート

(4301)アミューズ/大里 洋吉会長・松 澄夫社長
2005年5月24日(火)
アミューズの中間決算説明会に出席しました。
大里会長、松社長、齋藤取締役が、決算概要と今期の見通し、成長の為の事業方針、及び韓国ビジネスについて説明されました。
大里 洋吉会長と松 澄夫社長

2005年3月期決算概要
<連結>

(単位:100万円)
 
実績
前期比
営業収入
24,377
-7.1%
営業利益
1,378
-24.0%
経常利益
1,382
-24.4%
当期純利益
761
-21.7%

大きなコンサートツアーが減少したことや、新人アーティストなどのイベント事業とメディアビジュアル事業のコスト増加などにより、減収・減益となりました。

<セグメントの動向>

(単位:100万円)
 
実績
前期比
アーティストマネージメント
7,553
-34.4%
メディアビジュアル
14,168
+13.2%
コンテンツ
2,655
+19,8%
連結営業収入
24,377
-7.1%
アーティストマネージメント
912
-28.0%
メディアビジュアル
332
-38.5%
コンテンツ
1,027
+15.0%
消去
-893
-
連結営業利益
1,378
-24.0%

アーティストマネージメント事業
事業内容:コンサート・舞台等収入、テレビ・ラジオ・CM出演収入、ファンクラブ会費・グッズ販売収入、レコード原盤制作著作権管理等による印税収入

(単位:100万円)
 
実績
前期比
イベント収入
2,464
-55.5%
ファンクラブ商品売上収入
2,270
-32.5%
出演・CM収入
1,900
+24.5%
印税収入
931
-15.6%
合計
7,565
-34.3%
*内部売上を含む    

地球ゴージャスプロデュースのミュージカル「クラウディア」などの公演、福山雅治及びBEGINによるコンサートツアー等が好調でしたが、前期に実施したほど大きなコンサートツアーがなく、大幅な減収となりました。同様にコンサート会場でのキャラクター商品販売も減少しましたが、CD発売による新譜の印税収入、所属アーティストの出演・CM収入、ファンクラブの会員収入が堅調に推移しました。
主な新譜は、サザンオールスターズのシングルCD「彩〜Aja〜」、「君こそスターだ」、「愛と欲望の日々」、福山雅治、ポルノグラフィティ等のシングルCD等です。

メディアビジュアル事業
事業内容:テレビに等の番組制作収入、映画制作・配給収入、映像作品のビデオ・DVD等の仕入・製造・販売

(単位:100万円)
 
実績
前期比
ビデオ・DVD販売
12,931
+19.4%
番組制作
1,156
-24.2%
映像制作
297
-45.7%
合計
14,384
+11.5%
*内部売上を含む

韓流ブームもあり韓国映像作品「殺人の追憶」、「スキャンダル」、「誰にでも秘密がある」や、全国公開規模の作品「下妻物語」等の映像ソフト販売が好調でした。このほか、「バレットモンク」、「タイムライン」などの映像ソフトの販売を行いましたが、一部の大型作品のコスト増を吸収できず、増収ながら減益となりました。

コンテンツ事業
事業内容:旧譜レコード原盤権と著作権管理等による印税収入、映画・映像作品等の活用による収入

(単位:100万円)
 
実績
前期比
音楽他
2,650
+23.1%
映像
24
-65.2%
合計
2,674
+20.4%
*内部売上を含む    

ポルノグラフィティのベストアルバムCD「RED'S」、「BLUE'S」のほか、サザンオールスターズ、BEGIN、福山雅治、などによる旧譜楽曲の販売や二次使用による印税収入、及びライセンス事業など保有楽曲の活用による収入が増加しました。

 

2006年3月期業績予想

(単位:100万円)
 
予想
前期比
営業収入
27,000
+10.8%
営業利益
+9.3%
経常利益
1,800
+30.2%
当期純利益
920
+20.9%

大型コンサートツアーや海外招聘作品等の舞台やステージの制作を強化するほか、所属アーティスト領域の拡大と事業領域の多様化に向け新人アーティストの発掘、育成に注力する考えです。

今期のライブ・イベントとしては、サザンオールスターズ、福山雅治、ポルノグラフィティ、BEGIN、FLOW等のコンサート活動に加え、岸谷五朗と寺脇康文のコンビによる企画ユニット地球ゴージャスの10周年記念アンコール公演「クラウディア」(注.1)、TEAM-NACSの初の全国公演「COMPOSER」、ラサール石井の作・演出による「ZIPPER」等を計画しています。
また、海外招聘作品では、前期末にスタートした仏作品騎馬オペラ「Zingaro(ジンガロ)」が成功を収めました。5月27日には全英300万人が熱狂した超大型ロック・ミュージカル「WE WILL ROCK YOU」(注.2)がオープニングを迎えています。150万枚を突破したアルバム「JEWEL」に続いて「JEWEL供廚発売、そんなQUEENブームの中での日本上陸です。

ビデオ・DVD販売では、韓国作品の「スカーレット・レター」や当社製作作品の「恋文日和」、「Jam Films S」、洋画作品では「ネバーランド」「サハラ」等が寄与する計画です。


(注.1)
作: 岸谷五朗
演出: 岸谷五朗 寺脇康文
主題歌: サザンオールスターズ「FRIENDS」
衣裳デザイン: 山本寛斎

―東京公演―
会場:青山劇場
日時:2005年5月15日(日)〜31日(火)
―大阪公演―
会場:NHK大阪ホール
日時:2005年6月12日(日)〜18日(火)


(注.2)
5月27日〜8月24日 103公演を予定
全席指定、問合せ03−5457−3556平日/1300〜1800
2002年5月14日、ロンドン・ウエスエンドのドミニオン・シアターでオープンしたミュージカル。Queenのメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが、構想、ステージデザイン、全役者とミュージシャンのオーディションに至るまで全面的に監修したQueenによるQueenのミュージカル。

 

成長の為の事業方針

3ヵ年計画
(単位:100万円)
 
'06年3月期
'07年3月期
'08年3月期
アーティストマネージメント
13,000
12,000
14,000
メディアビジュアル
12,000
14,000
15,200
コンテンツ
2,000
2,500
2,800
連結営業収入
27,000
28,500
32,000
経常利益
1,800
2,500
3,200

1.3ヵ年計画の概要
(1)アーティストマネージメント事業
来期2007年3月期はコンサートの減少により減収となる見込みですが、2008年3期はコンサートが再び増加、会場以外の流通網を使ったグッズの販売拡大も図ります。

(2)メディアビジュアル事業
制作した映像公開やDVD販売が継続的に増加する見込みです。

(3)コンテンツ事業
権利保有作品の2次利用を増やすと共に、Webを使った音楽作品の配信ビジネスに参入、計画期間中の軌道化を目指します。


2.各事業の強みと施策

(1)アーティストマネージメント事業
)富なスカウティング力とアーティスト等の幅広い人材ポートフォリオ
これまでもいろいろな活動領域を持つアーティストと専属契約を結び、消費者を惹きつけるべくマネージメントを行ってきました。足下では、フジテレビ系で放映中のアニメ「ワンピース」の主題歌「ココロのちず」を歌うBOYSTLEの村川絵梨が平成17年度後期NHK朝の連続ドラマ「風のハルカ」のヒロイン・水野ハルカ役を射止めたほか、「SWING GIRLS」で第28回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞した上野樹里は、フジテレビ系で放映中の木村拓哉主演「エンジン」に出演中、また、天才子役と高い評価を受けている神木隆之介はTBS系で放映中の日曜劇場「あいくるしい」に出演中です。

また、DVDやインターネット等のメディアの急速な普及によるエンターテインメントの外部環境の変化に対応するため、引き続き多様な活動領域を持つミュージシャン、俳優、アイドル等の発掘・育成を続けていくことはもちろんですが、映像クリエーター、デザイナー、CGクリエーター、芸術家などエンターテインメントコンテンツを創造するクリエーターの発掘・育成、更にはスタッフの強化などマネージメントの体制作りにも注力していくことが必要と考えています。

▲薀ぅ/イベント&コンシューマービジネス
所属アーティスト関連のイベント・舞台制作のみならず、所属アーティストに依存しないステージや海外舞台の招聘等によりライブマネージメント事業を強化していきます。
このためのインフラ整備の一環として、(株)コマ・スタジアム及び阪急電鉄(株)と演劇・音楽・コンサート等の各種興行事業及びその周辺事業に関する包括的業務提携を結び、コマ・スタジアムに資本参加、新宿コマ劇場の改装が行われました。現在新宿区が官民一体で推奨する「歌舞伎町ルネッサンス」の活動に協力し、同劇場を中心に歌舞伎町一帯の改革の一翼を担います。
その新宿コマ劇場での初作品となるのが、3か月にわたり103回を重ねるロングラン公演となるロック・ミュージカル「WE WILL ROCK YOU」です。

また、これらのイベントに連動したアーティスト関連グッズやイベントグッズの販売について、通信販売やネット販売などイベント会場以外の販路の開拓・拡大を図ります。


(2)メディアビジュアル事業

国内邦画制作企画への投資・参加による作品の獲得を図ると共に、引き続きアジア映画への製作・買付投資を進めます。また、「まんが日本昔話」等のアニメを含めたテレビ番組等、映画に拘らず幅広い分野で作品の獲得を図ります。
映画作品では既に「Jam Films」シリーズから発展し映画化された「Female」や人気コミック作家ジョージ朝倉の同名小説を映画化した「恋文日和」を劇場公開しました。また、従来からの当社グループの強みである韓国との太いパイプを積極的に活用し、韓国製作作品(今期は、「スカーレット・レター」等)を提供していきます。このほかにも、系列劇場であるシネ・アミューズとアミューズCQNの5スクリーンを活用しながら優良な作品を公開していきます。
また、高品質なエンターテインメントの映像を製作し提供する体制の構築も必要で、プロデューサー、ディレクターの育成と共に監督や脚本家の発掘・育成にも努める考えです。


(3)コンテンツ事業

.▲薀ぅ▲鵐垢砲茲襯灰鵐謄鵐蝶発とコンテンツ多重活用の企画・制作
これまでは償却が終わった楽曲のベスト版CDが中心でしたが、グループの幅広いアーティスト群の強みを生かすと共に、他社との業務提携等により効率的なコンテンツ開発に努めます。更に、楽曲、映像のみならずアーティストの肖像権や商標権といった当社の保有するコンテンツを積極的に活用し、権利ビジネスの領域の拡大を図ります。

▲灰鵐轡紂璽沺嫉業の強化
当社グループの従来の基本的なビジネスモデルは、当社で創造し権利を保有するエンターテインメントコンテンツをメディア・流通などの他者に供給し、その対価を得るものでした。しかし、昨今のPC・携帯電話などメディア・流通の変化を好機と捉え、従来の販路との協調を前提に当社グループで消費者に対して直接販売するビジネスモデルの構築に着手します。


韓国ビジネス
同社は、2000年の「シェリ」以来、2001年の「JSA」、2003年の「猟奇的な彼女」、「火山高」、更には2004年の「殺人の追憶」、「スキャンダル」、「誰にでも秘密がある」と、韓流ブームを追い風に数々のヒット作を国内に紹介してきました。このことで韓国映画界との間にできた太い人脈も大きな財産となっており、来年公開予定の韓国映画「台風」は製作出資し、企画から関与している作品です。3ヵ年計画においても、収益への貢献が期待されています。


取材を終えて

同社はここ数年、デジタル時代に相反するかのように「アナログなライブ」の制作に力を注いできました。その方針は、今回示された3ヵ年計画においても一貫しています。ライブというのは、同じものを二度と見ることはできません。その一体感、熱気、呼吸感等は、その場に立ち会った人たちにしか共有できない体験です。「こうしたアナログなエンターテインメントこそ、デジタル時代にもっとも必要なジャンルのひとつだ」と言うのが大里会長の持論です。
ぴあ総研の調べによると、国内のライブエンターテインメント市場(音楽コンサート、舞台演劇、劇場での映画鑑賞、スポーツ観戦、テーマパークの5ジャンル)の規模は1.3兆円。パソコンの生産額(1.25兆円)よりも大きく、雑誌(14兆円)や軽自動車(1.5兆円)に迫る規模。また、ここ3年間で24.5%、年率換算で8%程度の成長を続けているそうです。ちなみに、CDや映画ビデオといったパッケージ製品の売り上げは同期間に8.2%減少しています。ぴあ総研では、この現象を「近年ITが発達し、携帯電話やインターネットなどによるヴァーチャルなコミュニケーションや情報摂取が増加する中、その反動作用として、人々が(モノに対する概念としての)コトヘの直接的な関与やリアルな感動を強く求めるようになっていることの表れである」と分析しています。
つまり、「同社の方向性は、間違っていない」と言うことではないでしょうか。

http://www.amuse.co.jp/

 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2018 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(4732)ユー・エス・エス vol.8 | ブリッジレポート:(2437)シンワアートオークション vol.1»

ブリッジレポート(バックナンバー)
アンケート
ブリッジメール
アラート申込み
CLOSE