ブリッジレポート
(2437:大証ヘラクレス) シンワアートオークション 企業HP
倉田 陽一郎 社長
倉田 陽一郎 社長

【ブリッジレポート】シンワアートオークション vol.8
(取材概要)
「美術品市場はデフレとインフレの狭間にあり、デフレの終焉期待 ⇒ 先高期待の売り惜しみ ⇒ 低調なオークションへの出品といった結果につながり、2006年・・」続きは本文をご覧ください。
企業基本情報
企業名
シンワアートオークション株式会社
社長
倉田 陽一郎
所在地
東京都中央区銀座 7-4-12
事業内容
オークションの企画・運営 及び古物売買および委託販売ならびに輸出入等
決算期
5月
業種
サービス業
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2006年5月 2,334 562 567 311
2005年5月 1,940 440 410 235
2004年5月 1,680 319 311 174
2003年5月 1,222 234 231 122
2002年5月 1,158 139 129 70
2001年5月 1,105 200 202 38
2000年5月 1,302 218 201 109
株式情報(4/5現在データ)
株価 発行済株式数 時価総額 ROE(実) 売買単位
190,000円 57,834株 10,988百万円 17.1% 1株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
2,500円 1.3% 6,172.20円 30.8倍 33,203.65円 5.7倍
※株価は4/5終値、ROEは前期実績
 
シンワアートオークションの2007年5月期第3四半期業績について、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
会社概要
 
「公明正大且つ信用あるオークション市場の創造と拡大」を企業理念として掲げ、美術品を中心としたオークションの企画、運営を中心に事業展開を進めています。
2006年の世界のオークション市場の規模は約1兆円と推定されています。これに対して日本の市場規模は約200億円と、世界市場の2%の規模に過ぎません。日本の美術品市場において、オークション取引の認知度は高まりつつありますが、同社では「日本の経済規模を考えれば、今後の市場の拡大余地は極めて大きい」と考えています。
 
<事業内容>
事業は、主力のオークション事業とその他事業に分かれます。その他事業は、絵画等の美術品の直接取引を希望する顧客間のマッチングを行うプライベートセールが中心となっています。 オークション落札価額(注.1)やプライベートセールの取引価格に対する手数料収入(注.2)、及びオークションの出品者から徴収するカタログ掲載料やオークション参加者に対するカタログ販売が主要な収入源となっています。ただ、営業戦略上、同社が買取った後にオークションに出品するケースや、プライベートセールで売却するケースがあります。この場合は、オークション落札価額や売買代金が売上高として計上されます。
 
(注.1)オークション落札価額
出品者にとっては、一般のコレクター(最終消費者)が多く参加して競るため、一般買取価格より高く換金できる可能性が高く、落札者にとっては、流通の利ざやがなく、公開の場で価値観を共有する参加者との間で価格を決定する満足感が得られます。つまり、オークションを利用することにより、出品者は高く売ることができる一方、落札者は納得のいく価格で買うことができます。
 
(注.2)
手数料収入は、落札手数料と出品手数料に分かれ、それぞれ下記の料率で徴収されます。
落札手数料:100万円まで15.75%(税込)100万円を超える部分10.50%(税込) 出品手数料:10.50%(税込)
 
<オークションの種類>
同社が開催するオークションは、次のように区分されています。
 
2007年5月期第3四半期業績
 
 
商品戦略の転換に伴い売上高が増加しましたが、今期は「上場記念オークション」(2005年6月開催)相当分のオークション開催がないため、取扱高及び利益が前年同期の実績を下回りました。
 
 
(注)その他オークションの開催については、出品の状況により随時開催しています。今期は、宝石オークションを5回、ワインオークションを2回、西洋美術オークションを1回、コンテンポラリ−アートオークションを1回、コインオークションを1回開催しております。
 
 
オークション関連や法人税関係の減少により2006年5月期末に比べ、総資産が大きく減少しました。
具体的には、オークション未払金の支払や法人税納付等による現預金の減少、及びオークション未収入金の回収等により資産が減少しました。また、オークション未払金の減少や法人税等引当金の減少等により負債も減少しました。一方、純資産は、百万円増加しました。
 
<キャッシュ・フロー>
オークション未払金の減少と、前渡金の増加、及び法人税の納付等により営業活動によるキャッシュ・フローが7億48百万円の流出となりました。投資活動によるキャッシュ・フローが52百万円の流出となったのは、余剰資金の定期預金への預け入れや社有車の入替購入によります。また、配当金の支払により、財務活動によるキャッシュ・フローは1億44百万円の流出となりました。
 
2007年5月期業績予想
 
 
業績予想に変更はありません。
 
トピックス
 
<クラブナイトプレビューの開催>
4月14日(土)、第3回「コンテンポラリーアートオークション」の前夜祭として、4月13日(金)17:00から「クラブナイトプレビューver2.0@シンワアートオークション」を開催します。
会場となる銀座「シンワアートミュージアム」では、ドリンクを片手に約120点のオークション出品作品と和太鼓演奏、トークライブ、ヴィデオパフォーマンスなどを楽しむ事ができます。
入場は無料です。気軽に楽しめるアートイベントに是非ご来場下さい。
 
クラブナイトプレビューver2.0@シンワアートオークション概要
■日 程 :2007年4月13日(金)17:00〜21:00
■会 場 :「シンワアートミュージアム」下記地図参照
■イベント
]詑生蘖藾奸ΑΑΑΑ嵒林火山」より「風」「山」 四大海 / 沢元凱 / 韻匠
▲函璽ライブ・・・「アートライフ/ライフアート」
住吉智恵<アートジャーナリスト>、倉田陽一郎<シンワアートオークション蠡緝充萃役社長>
ヴィデオパフォーマンス ニッポニアエレクトロニカ
■入場無料
 
コンテンポラリーアートオークション概要
■ 開催日 : 2007年4月14日(土) 18:00開始
■ 下見会 :
4月09日(月)〜13日(金)10:00〜18:00
4月14日(土)10:00〜14:00
■ 会 場 : 「シンワアートミュージアム」東京都中央区銀座7-4-12ぎょうせいビル1F
■ カタログ : 1冊 3000円
■ オークション出品アーティスト
村上 隆 /奈良 美智/石田 徹也/天明屋 尚/町田 久美/草間 彌生/難波田龍起/齋藤義重/李禹煥/蔡國強/アンディ・ウォーホル/ジャスパー・ジョーンズ/デビッド・ホックニー ほか
 
取材を終えて
美術品市場はデフレとインフレの狭間にあり、デフレの終焉期待 ⇒ 先高期待の売り惜しみ ⇒ 低調なオークションへの出品といった結果につながり、2006年後半以降、オークション市場はいま一つ奮いません。今期の同社の業績もこうした動きを反映したものとなりそうです。プライベートセールの伸長に期待したいと思います。
しかし、端境期のさえない現象と割り切り、13日の「クラブナイトプレビューver2.0@シンワアートオークション」で気分転換してみてはいかがでしょうか。奮ってご参加下さい。
翌日のコンテンポラリーアートオークションもお忘れなく。
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2017 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(3955)イムラ封筒 vol.7 | ブリッジレポート:(2419)日本ERI vol.1»

コメント

下記規定に同意の上、コメントしてください



※ 公開されません


保存しますか?


ブリッジレポート(バックナンバー)
アンケート
アラートメール登録
メールアドレス
パスワード
CLOSE