ブリッジレポート
(4849:大証ヘラクレス) エン・ジャパン 企業HP
越智 通勝 社長
越智 通勝 社長

【ブリッジレポート】エン・ジャパン vol.12
(取材概要)
「2007年12月期も好スタートを切ったようです。増収率に比べ、販管費の増加で増益率が低くなりましたが、人件費や広告宣伝費の増加は当初から計画していた・・・」続きは本文をご覧ください。
企業基本情報
企業名
エン・ジャパン株式会社
社長
越智 通勝
所在地
東京都新宿区西新宿 6-5-1
事業内容
ネット利用の求人転職情報サービス。求人企業からの広告掲載料が収益源。
決算期
12月
業種
サービス業
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2006年12月 16,919 5,605 5,607 3,105
2005年12月 11,491 3,791 3,826 2,203
2004年12月 6,980 2,245 2,254 1,253
2003年12月 4,372 1,749 1,754 1,038
2002年12月 3,107 1,305 1,283 663
2001年12月 1,876 933 898 464
2000年12月 620 254 249 132
株式情報(5/9現在データ)
株価 発行済株式数 時価総額 ROE(実) 売買単位
548,000円 241,816株 132,515百万円 37.4% 1株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
15,542.65円 35.3倍 40,439.92円 13.6倍
※株価は5/9終値、ROEは前期実績
※配当を除く1株当たりの指標は連結ベース
 
エン・ジャパンの2007年12月期第1四半期業績について、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
会社概要
 
インターネット上で、転職・就職情報サイト[en]を運営。取材に基づく公正で詳細な企業情報が高い評価を得ており、主力の「[en]社会人の転職情報」は、転職情報サイトとしては、リクルートのリクナビNEXTに次いで第2位、 人材紹介会社集合サイト[en]転職コンサルタント 及び 派遣会社集合サイト[en]派遣のお仕事情報 はそれぞれ業界No.1の実績を誇ります。
 
 
 
2007年12月期第1四半期業績
 
 
継続的に行ってきたプロモーション活動や営業力の強化により、全事業・全サイトの売上が高い伸びを示しました。
一方、当第1四半期のプロモーション活動は、新たなテレビCMの放映や電光掲示式広告看板設置等で、設立以降最大の規模となりました。また、本年4月以降の増員を見越した増床と、それに伴う設備投資や備品の購入を先行して進めました。このため、売上高の伸びに比べて、利益の伸びが低くなりました。
 
 
主力の"[en]社会人の転職情報"を中心に全てのサイトが高い伸びを示しました。
 
 
第1四半期末の総資産は、前年同期比948 百万円減の13,180 百万円。一方、純資産は同172 百万円増の9,783 百万円となりました。現預金、投資有価証券、及び長期性預金の合計額が、総資産の約50%を占めており、財務内容は極めて良好です。
 
 
営業活動によるCFは、100 百万円の流出。法人税等の支払1,804 百万円等によるもので、特に心配はありません。
投資活動によるCFは、500 百万円の流出。増床設備及び電光掲示式広告看等の有形固定資産の取得による支出108 百万円、サイト開発等の無形固定資産の取得による支払180 百万円、及び投資有価証券の取得による支払160 百万円等が要因。期初の計画に沿った設備投資です。
また、配当金の支払686 百万円等により、財務活動によるCFは、669 百万円の流出となりました。
これらの結果、当第1 四半期末における資金は4,902 百万円となり、前期末比1,271 百万円減少しました。
 
2007年12月期業績予想
 
 
通期の業績予想に変更はありません。 人件費、広告宣伝費・販促費を中心に販管費が増加しますが、増収による売上総利益の増加でこれを吸収、経常利益は前期比24.8%増加する見込みです。
 
取材を終えて
2007年12月期も好スタートを切ったようです。増収率に比べ、販管費の増加で増益率が低くなりましたが、人件費や広告宣伝費の増加は当初から計画していたもので、今のところコストコントロールにも不安はありません。有効求人倍率が1倍以上の水準を維持する等、雇用情勢はタイトな状態が続いていますから、当面高い成長が続くものと思います。
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2018 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(6914)オプテックス vol.20 | ブリッジレポート:(7631)マクニカ vol.20»

ここのところ、株価が連日、下落しておりますが、何が原因なのか教えてください。特に原因がないときは会社から、株主にその旨をPRする必要があると思います。

投稿者 藤田利男 : 2007年07月23日 14:23

藤田様

お世話になります。
株価が下落しているとのコメントをいただきましたが、現在は新興市場に上場する各社とも同じように軟調な推移をしているかと思います。
株価は、需給で決まるわけですが、企業の業績などの要因以外にも、市場リスクなどさまざまなリスク要因があります。
今まではマザーズやヘラクレスなど成長企業全体的にリスクプレミアムが高かったので、資金が流入してきたわけですが、最近は日経平均採用銘柄などの優良企業などに資金が移動したことも要因のひとつではないかと思います。

株式投資は長期的な視点を持って行うべきというのはここ最近みなさんご承知いただいてはおりますが、その基準として、私どもとしては企業のビジョンと経営者の人となりをまず見てから、業績などの財務分析、そしてチャート分析をしていただくのが、納得できる自己責任投資につながると思います。
エン・ジャパンの現状やビジョンや方向性などについては、IRトップインタビューとして掲載しておりますので、一度そちらもご覧いただいてはいかがでしょうか?
http://www.bridge-salon.jp/interview/interview_vol1_01.html
よろしくお願いします。

投稿者 ブリッジサロン : 2007年07月24日 14:26

ブリッジレポート(バックナンバー)
アンケート
ブリッジメール
アラート申込み
CLOSE