ブリッジレポート
(2435:JASDAQ) シダー 企業HP
山崎 嘉忠 社長
山崎 嘉忠 社長

【ブリッジレポート vol.10】2009年3月期第3四半期業績レポート
取材概要「下方修正が相次いだ第3四半期決算だったが、同社の業績は順調だ。進捗率から考えて、2009年3月期の業績は利益面で上振れ期待が高まってきた・・・」続きは本文をご覧ください。
2009年3月3日掲載
企業基本情報
企業名
株式会社シダー
社長
山崎 嘉忠
所在地
北九州市小倉北区大畠 1-7-19
事業内容
介護サービス展開。デイサービス中心に訪問看護、施設介護も。九州・山口地盤だが関東にも進出。
決算期
3月 末日
業種
サービス業
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2008年3月 5,921 56 42 16
2007年3月 4,519 -403 -406 -247
2006年3月 4,251 309 297 166
2005年3月 3,649 352 288 164
2004年3月 3,125 122 97 41
2003年3月 2,352 111 104 30
2002年3月 1,594 17 21 11
2001年3月 281 -20 -21 -14
株式情報(2/16現在データ)
株価 発行済株式数 時価総額 ROE(実) 売買単位
329円 5,738,000株 1,888百万円 1.9% 100株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
0.00円 0.0% 7.98円 41.2倍 157.17円 2.1倍
※株価は2/16終値。
 
シダーの2009年3月期第3四半期決算について、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
今回のポイント
 
 
会社概要
 
デイサービス及び有料老人ホームを中心とした介護サービスを北海道地区、千葉地区、大阪地区、中国地区、四国地区、福岡地区等で展開している。有料老人ホームでは施設数で業界(全国有料老人ホーム開設事業者)12位、総居室数で13位のポジションにある(日刊シニアビジネスマーケット08年11月号より)。
事業は、同社の施設の来場者にサービスを提供するデイサービス事業、施設の入居者を対象にサービスを提供する施設事業、及び利用者の自宅を訪問して日常生活訓練や機能訓練等を行うリハビリサービスや日常生活のお手伝いを行うホームヘルパーサービス等の介護サービスを提供する在宅サービス事業に分かれる。09/3期第2四半期の売上構成比は、それぞれ42.6%、47.3%、10.1%。
 
 
2009年3月期第3四半期決算
 
 
前年同期比20.1%の増収、74百万円の経常利益(前年同期は9百万円の経常損失)。

前期の第2四半期以降、四半期毎の営業・経常利益が黒字転換しており、今期もその流れの中にある。有料老人ホーム各施設の入居率が向上している事に加え、サービスの向上等で新規利用者の獲得が進み、デイサービス事業の施設稼働率も改善している。また、人員配置や業務手順の見直し等、効率的運営への継続的な取り組みに加え、全体的な売上ボリュームの拡大もあり、新しい施設をオープンする際の先行投資負担を吸収して利益を出せるようになってきた。
尚、08年10月と11月に有料老人ホーム2施設とグループホーム1施設を新たにオープンした。
 
 
有料老人ホーム事業の拡大で、有利子負債及び総資産が増加しているものの、資産効率及び資産の収益性が確実に改善しており、利益体質が定着してきた。
キャッシュ・フローも改善しており、前年同期に54百万円のマイナスだった営業CFが106百万円の黒字となった。金融機関の貸し渋りが喧伝されている昨今ではあるが、借り入れにより調達した資金で積極的な設備投資を行ったため、投資CFは1,072百万円のマイナス。一方、財務CFは1,166百万円の黒字となり、現金及び現金同等物の第3四半期末残高は529百万円と前期末比200百万円増加した。
 
 
2009年3月期業績予想
 
 
通期の業績予想に変更は無く、前期比20.2%の増収、同109.3%の経常増益予想。
下期に予定していた3施設のオープンを第3四半期に完了しており、通期予想に対する進捗率は、売上高が73.4%(前年同期は73.5%)、営業利益が87.3%(前年同期は2百万円の損失)、経常利益が82.2%(同9百万円の損失)。
 
取材を終えて
下方修正が相次いだ第3四半期決算だったが、同社の業績は順調だ。進捗率から考えて、2009年3月期の業績は利益面で上振れ期待が高まってきた。また、限界利益率の高い同社の事業特性を考えると、売上高82億円、経常利益4.5億円と言う来期2010年3月期の目標も射程圏内にあると考える。配当の実施が現実味を帯びてきた。
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2018 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(2453)ジャパンベストレスキューシステム vol.10 | ブリッジレポート:(9628)燦ホールディングス vol.21»

ブリッジレポート(バックナンバー)
最新のブリッジサロン動画
アンケート
ブリッジメール
アラート申込み
CLOSE