ブリッジレポート
(2925:JASDAQ) ピックルスコーポレーション 企業HP
荻野 芳朗 社長
荻野 芳朗 社長

【ブリッジレポート vol.6】2010年2月期第1四半期業績レポート
取材概要「通期予想に対する進捗率は、連結営業利益で32.6%と高く、今期は好スタートとなった。野菜の価格が安定的に推移していることや、売上増の一方で・・・」続きは本文をご覧ください。
2009年7月28日掲載
企業基本情報
企業名
株式会社ピックルスコーポレーション
社長
荻野 芳朗
所在地
埼玉県所沢市くすのき台3-18-3
事業内容
漬物業界1位、シェア約4%。セブン&アイ向け約6割。地方スーパー、生協などに拡大中
決算期
2月末日
業種
食料品(製造業)
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2009年2月 18,502 399 413 202
2008年2月 17,870 286 373 205
2007年2月 16,775 293 355 218
2006年2月 16,563 158 205 -37
2005年2月 18,186 74 146 144
2004年2月 18,038 268 285 99
2003年2月 18,047 101 98 36
2002年2月 16,542 548 514 230
2001年2月 16,895 302 287 266
株式情報(7/15現在データ)
株価 発行済株式数 時価総額 ROE(実) 売買単位
335円 6,394,774株 2,142百万円 4.0% 100株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
10円 3.0% 33.54円 10.0倍 815.35円 0.4倍
※株価は7/15終値。発行済株式数は直近第1四半期末の発行済株式数から自己株式を控除。
 
ピックルスコーポレーションの2010年2月期第1四半期業績について、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
今回のポイント
 
 
会社概要
 
浅漬・惣菜の製造・販売及び青果物・漬物等の仕入販売を行なっている。「野菜の元気をお届けします」をスローガンに掲げ、コーポレートカラーの緑は新鮮感を表している。自社製品は、契約栽培によるトレーサビリティの確保された国産野菜(約70%が契約栽培)が中心で保存料・合成着色料は使用しない。また、製造現場では、工場内での温度管理の徹底や入室前の全従業員の服装・健康チェック、更にはISO9001、HACCPの取得や5S活動に取り組む等、「安全な食へのこだわり」は強い。

資本関係では、「きゅうりのキューちゃん」の東海漬物(株)が株式の49.6%を保有するが、依存度は低く、わずかにふる漬等の仕入があるのみだ(09/2期は仕入高全体の3.9%)。むしろ同社を語る上で忘れてならないのが、セブン&アイ・ホールディングス(3382)で、09/2期は同グループ向けの売上が全体の51.2%を占めた。
09/2期の品目別売上構成は、製品売上が54%(浅漬41%、惣菜10%、ふる漬3%)、商品売上が46%(漬物39%、青果物7%)。また、販路別では、量販店55%、コンビニ24%、外食・その他21%。
 
 
2010年2月期第1四半期業績
 
 
当第1四半期間の食品業界は、商品販売単価の下落傾向が更に強まり、体力の弱い中小のメーカーや問屋では経営不安が心配される状況となった。

このような状況のもと、同社グループは、全国の製造・販売拠点を活用して量販店漬物売場や惣菜売場向けの製品開発・拡販を積極的に行った他、大手量販店向けのプライベートブランド商品の開発にも注力した。品質・衛生管理面では、国際規格ISO9001認証範囲拡大に向けた取り組みを行った。

以上の結果、当第1四半期の業績は、売上高は4,693百万円となった。利益は、原料野菜価格の安定、原材料調達方法の見直しなどにより、営業利益141百万円、経常利益164百万円、四半期純利益87百万円となった。
 
 
当第1四半期間末の総資産は、前年度末に比べて785百万円増加し、11,515百万円となった。これは主に受取手形及び売掛金と土地の増加によるもの。
負債は、前年度末に比べて752百万円増加し、6,301百万円となった。これは主に支払手形及び買掛金と短期借入金の増加によるもの。
純資産は33百万円増加し、5,214百万円となった。
 
 
当第1四半期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前年度末に比べ86百万円減少し、367百万円となった。
当第1四半期間における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおり。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動によって得られた資金は45百万円となった。収入の主な要因は税金等調整前四半期純利益、仕入債務の増加で、支出の主な要因は売上債権の増加。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動によって使用した資金は536百万円となった。主な要因は有形固定資産の取得によるもの。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動によって得られた資金は404百万円となった。主な要因は短期借入金の純増加によるもの。
 
2010年2月期業績予想
 
 
取材を終えて
通期予想に対する進捗率は、連結営業利益で32.6%と高く、今期は好スタートとなった。野菜の価格が安定的に推移していることや、売上増の一方で販管費が前年比で減少していることなどにより、利益を大きく伸ばした。
同社は、生産工場と販売店舗を結ぶ流通網(全国ネットワーク)を完成させており、関西での新工場が完成・稼働すれば、収益は一段の拡大が期待できよう。
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2017 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(4645)市進 vol.8 | ブリッジレポート:(2437)シンワアートオークション vol.17»

ブリッジレポート(バックナンバー)
最新のブリッジサロン動画
アンケート
ブリッジメール
アラート申込み
CLOSE