ブリッジレポート
(2435:JASDAQ) シダー 企業HP
山崎 嘉忠 社長
山崎 嘉忠 社長

【ブリッジレポート vol.20】2012年3月期上期業績レポート
取材概要「12年4月に改正介護保険法が施行される予定だ。その詳細は未だ明らかになっていないが、改正のポイントの一つとして、「医療と介護の連携強化」・・・」続きは本文をご覧ください。
2012年1月24日掲載
企業基本情報
企業名
株式会社シダー
社長
山崎 嘉忠
所在地
北九州市小倉北区大畠 1-7-19
事業内容
介護サービス展開。デイサービス中心に訪問看護、施設介護も。九州・山口地盤だが関東にも進出。
決算期
3月 末日
業種
サービス業
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2011年3月 8,746 225 295 158
2010年3月 8,332 408 419 237
2009年3月 7,075 149 100 46
2008年3月 5,921 56 42 16
2007年3月 4,519 -403 -406 -247
2006年3月 4,251 309 297 166
2005年3月 3,649 352 288 164
2004年3月 3,125 122 97 41
2003年3月 2,352 111 104 30
2002年3月 1,594 17 21 11
2001年3月 281 -20 -21 -14
株式情報(12/22現在データ)
株価 発行済株式数 時価総額 ROE(実) 売買単位
359円 5,738,000株 2,060百万円 13.2% 100株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
15.00円 4.2% 45.66円 7.9倍 217.93円 1.6倍
※株価は12/22終値。ROE、BPSは前期末実績。
 
シダーの2012年3月期上期決算について、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
今回のポイント
 
 
会社概要
 
デイサービス及び有料老人ホームを中心とした介護サービスを、本社のある福岡県を中心に、北海道、首都圏、関西圏、中国・四国地区、山口県で展開。リハビリテーションに重点を置き、より人間らしく生きるための生活支援を行う事を経営方針としている。有料老人ホームでは施設数で業界12位、総居室数で15位のポジションにある(出所:「月刊シニアビジネスマーケット」2011年10月号より)。
 
<事業セグメント>
事業は、同社の施設の来場者にサービスを提供するデイサービス事業、有料老人ホーム等の施設の入居者を対象にサービスを提供する施設事業、及び利用者の自宅を訪問して日常生活訓練や機能訓練等を行うリハビリサービスや日常生活の手伝いを行うホームヘルパーサービス等の介護サービスを提供する在宅サービス事業に分かれる。11/3期の売上構成比は、それぞれ37.6%、53.9%、8.5%。

2011年10月31日現在の拠点数は次の通り。
 
 
 
2012年3月期上期決算
 
 
入居率及び稼働率の向上で営業利益が3倍弱に拡大
売上高は前年同期比5.7%増の4,592百万円。有料老人ホームの入居者やリハビリ施設の利用者が順調に増加し、施設サービス事業やデイサービス事業の売上が増加。入居率及び稼働率の向上による限界利益の増加に加え、運営の効率化や経費削減に向けた取り組みも成果をあげ、営業利益が同3倍弱に拡大。支払利息の増加等で営業外費用が増加したものの、特別損失がなくなった事等で四半期純利益は154百万円と同2.4倍に増加した。 尚、有料老人ホーム2施設を新規開設した。
 
(2)セグメント別動向
 
デイサービス事業
売上高は前年同期比3.2%増の1,695百万円、セグメント利益は同24.2%増の253百万円。新規の施設開設は無かったが、既存デイサービス施設のサービスの質の向上に努めると共に積極的な営業活動を展開した事で利用者数が増加し施設稼働率が上昇した(現在75%超)。デイサービス施設は日曜日の稼働率が50%程度に低下する傾向があり、ならしてみると概ね80%程度が最大値となるため、75%超の稼働率はフル稼働に近い。
 
 
施設サービス事業
売上高は前年同期比8.1%増の2,514百万円、セグメント利益は同66.2%増の353百万円。既存の有料老人ホームの入居者獲得が順調に進み入居率が向上(今期新たに開設した施設を含めた11年9月末の入居率は91.4%)。限界利益の増加で大幅な増益となった。また、有料老人ホーム「ラ・ナシカ せんだい」(宮城県仙台市:51室)及び「ラ・ナシカ よこすか」(神奈川県横須賀市:43室)を新規開設し、2施設ともに入居者獲得は順調。特に「ラ・ナシカ よこすか」は開設1カ月で満床となった。尚、10月31日現在の施設数は30施設(1,570室)。
 
 
在宅サービス事業
売上高は前年同期比1.2%増の381百万円、セグメント利益1百万円(前年同期は17百万円の損失)。人員配置や業務手順の見直し等、利益率を改善するべく運営の効率化を推進。この一環として、苦戦していた山口県下関市の「あおぞらの里 下関ヘルパーステーション」を福岡県北九州市の「あおぞらの里 小文字ヘルパーステーション」に統合した。
 
 
2012年3月期業績予想
 
<(株)パインの子会社化と連結決算への移行>
10月3日、主力事業の一つである施設サービス事業を強化するべく、福岡県内で介護付有料老人ホーム「小文字の郷」(福岡県北九州市:52室)及び「わじろの郷」(福岡県福岡市:99室)の2施設(いずれも満床)を運営する(株)パイン(本社:福岡県福岡市)の全株式を取得した。11/3期は売上高552百万円、営業損失27百万円、経常損失19百万円、当期純損失19百万円だった。資本金は40百万円。
尚、(株)パインの子会社化に伴い、下期から連結決算に移行する。
 
 
下期より連結決算へ移行。売上高9,666百万円、経常利益437百万円を見込む
上期決算を踏まえ、期初に発表した通期の個別(非連結)業績予想を上方修正した(期初予想:売上高9,321百万円、営業利益305百万円、経常利益320百万円、当期純利益179百万円)。3セグメントそろって増収が見込まれ、限界利益の増加と生産性の向上等で営業利益率も大幅な改善が見込まれる。新規開設は、デイサービスセンター1施設(11年11月に開設済み)、有料法人ホーム4施設(下期は2施設を開設する予定)の開設を予定している。
配当は1株当たり5円増配の期末15円を予定。
 
(2)セグメント別の取り組み
 
デイサービス事業
売上高は前期比5.8%増の3,483百万円を見込んでおり、前提は登録利用者数が同3.9%増の4,306人、月間利用者数が同4.1%増の39,027人。尚、11年11月1日に鳴水デイサービスセンター(福岡県北九州市、定員24名)を開設した。
 
 
施設サービス事業
売上高は前期比9.5%増の5,156百万円を見込んでおり、入居者の前提は同24.9%増の1,506人。下期の開設予定は、12年2月開設予定の「ラ・ナシカ みさと」(埼玉県、60室)及び3月に予定している栃木県の施設(施設名未定、30室)。この他、来期開設予定の案件として、長野県上田市(12年4月開設予定、53室)、長野県松本市(12年5月予定、29室)、山梨県山梨市(12年6月開設予定、29室)、秋田県秋田市(12年10月予定、60室)の4案件が進行中である他、千葉県千葉市で1施設が申請中である。
 
在宅サービス事業
売上高が775百万円と前期比3.7%増加する見込み。
 
(3)今後の事業戦略 −地域のリハビリセンターを目指して−
有料老人ホームについては、近隣の一般・健康な高齢者向け健康教室等を開催し、地域の病院、ケアマネージャー、更には老人会等とネットワークを構築すると共に地域に溶け込む事で入居率の向上につなげていく。また、この地域ネットワークは、その後、デイサービス(リハビリ)や在宅サービスを進める上での基盤ともなるもので、3事業のシナジーを高めながら事業全体を拡大させていく考え。
 
松山市での事業展開
 
 
上記の他、山梨県甲府市で実績を有する他、北九州市八幡西区、北九州市小倉南区、長野県上田市においても、同様の手法で事業を進めている。尚、長野県上田市では、同一施設に有料老人ホームとデイサービスデンターの機能を持たせた。
 
事業展開イメージ
 
職員の配置イメージ
施設を集積させる事で理学士等の職員が地元で安定して働く事のできる環境作りも可能になる。
 
 
 
今後の注目点
12年4月に改正介護保険法が施行される予定だ。その詳細は未だ明らかになっていないが、改正のポイントの一つとして、「医療と介護の連携強化」を挙げる事ができる。具体的には、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが連携した要介護者への包括的な支援(地域包括ケア)が推進される見込みで、同社が取り組んでいく「地域のリハビリセンター」構想はまさに改正の趣旨に合致するものだ。事業シナジーを追求できる「地域のリハビリセンター」構想が勝ちパターンとして定着するか否か、注目していきたい。
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2018 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(4829)日本エンタープライズ vol.19 | ブリッジレポート:(2925)ピックルスコーポレーション vol.16»

安定性に不安が

投稿者 山田直樹 : 2012年01月28日 13:45

医療従事者です。ラ・ナシカ大野城の枡友さんの人柄に魅かれ、投資いたしました!
ぜひ長期株主のみの優待を実施していただきたいです

投稿者 片本彰雄 : 2012年01月28日 22:31

ブリッジレポート(バックナンバー)
最新のブリッジサロン動画
アンケート
ブリッジメール
アラート申込み
CLOSE