ブリッジレポート
(4301:東証1部) アミューズ 企業HP
畠中 達郎 社長
畠中 達郎 社長

【ブリッジレポート vol.35】2012年3月期第3四半期業績レポート
取材概要「通期業績については、事業環境によほどの大きな変化がない限り会社計画を上振れる公算が高いだろう。来期以降に視線を向けても、既存コア事業・・・」続きは本文をご覧ください。
2012年3月27日掲載
企業基本情報
企業名
株式会社アミューズ
社長
畠中 達郎
所在地
東京都渋谷区桜丘町 20-1 渋谷インフォスタワー
事業内容
サザンオールスターズ・福山雅治・ポルノグラフィティなどのミュージシャン、富田靖子・三宅裕司・深津絵里・岸谷五朗などの俳優、その他文化人まで、219組のアーティストのマネージメントのほか、映画やTV番組制作など各種映像ソフトの製作・販売、海外舞台の招聘・携帯やPC でのサイト運営やコンテンツ配信など、エンターテインメント事業を幅広く展開しています。
決算期
3月
業種
サービス業
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2011年3月 26,122 2,161 2,120 1,136
2010年3月 28,740 1,268 1,205 -880
2009年3月 32,185 3,282 3,236 1,552
2008年3月 23,684 1,200 1,204 582
2007年3月 24,914 566 565 185
2006年3月 29,440 1,801 1,798 897
2005年3月 24,377 1,378 1,382 761
2004年3月 26,243 1,813 1,828 972
2003年3月 28,145 2,905 2,723 1,086
2002年3月 23,360 1,632 1,603 1,019
2001年3月 19,755 2,236 2,039 543
2000年3月 15,079 860 649 344
株式情報(3/12現在データ)
株価 発行済株式数(自己株式を控除) 時価総額 ROE(実) 売買単位
1,110円 9,236,849株 10,253百万円 10.0% 100株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
35.00円 3.2% 180.79円 6.1倍 1,273.85円 0.8倍
※株価は3/12終値 発行済株式数は直近四半期末の発行済株式数から自己株式を控除、ROE、BPSは前期末実績。
 
アミューズの2012年3月期第3四半期決算について、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
今回のポイント
 
 
会社概要
 
芸能プロダクション大手。サザンオールスターズ、福山雅治、ポルノグラフィティなど人気アーティストを数多く抱えている。グループ全体の事業の核を「コンテンツビジネス」におき、文化を創造する総合エンターテインメント集団として、テレビ番組や映画の企画・制作、海外舞台の招聘等でも豊富な実績を有する。
グループは、同社の他、子会社12社(連結子会社7社)及び関連会社2社からなり、特に、映像ソフトの製作・製造・販売を行なうアミューズソフトエンタテインメントの業績への寄与が大きい。
 
<事業内容>
事業は、コンサートの収入、テレビ・CM出演料、新譜楽曲の印税、ファンクラブ会員収入や商品販売収入等のアーティストマネージメント事業(11/3期売上構成比63.6%)、テレビ番組・映画制作収入、及びビデオ・DVD販売等のメディアビジュアル事業(同 27.7%)、及び旧譜楽曲の印税収入などのコンテンツ事業(同8.6%)に分かれる。
 
<舞台のご案内> 詳細はアミューズオフィシャルウェブサイト
http://www.amuse.co.jp/stages/
 
「海盗セブン」(ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.12)
東京公演  12年3月8日(木)〜4月22日(日)
 会場   赤坂ACTシアター
名古屋公演 12年4月27日(金)〜4月29日(日)
 会場   中京大学文化市民会館オーロラホール
新潟公演  12年5月5日(土)〜5月6日(日)
 会場   新潟テルサ
福岡公演  12年5月12日(土)〜5月14日(月)
 会場   福岡サンパレス
大阪公演  12年5月20日(日)〜5月31日(木)
 会場   オリックス劇場
      (旧大阪厚生年金会館 大ホール)
「海盗セブン」オフィシャルサイト
 
作・演出 :岸谷五朗
出演 :大地真央、三浦春馬、森公美子、施鐘泰(JONTE)、小野武彦、岸谷五朗,寺脇康文
 
かつて7つの海を盗み出した7人の怪盗がいたと言う。その名は"海盗セブン"。彼らに盗めぬものはなく、彼らに触れた人はいない。7人の存在は、神秘に近く生きた伝説となっていた。しかし、居所を誰も知らないはずの彼らのもとに届いた一通のInvitationにより、伝説は新たな鼓動を始めることになる。差出人はフィクサー・ジョーと呼ばれる謎の男。初めて一堂に会した海盗セブンに、フィクサー・ジョーが発するとんでもない依頼とは。
そして7人それぞれの思惑が絡み合い、事態は思いもよらない方向へ−
過去最大規模で贈る本作は、笑って笑って元気になれる、地球ゴージャズ流・大冒険活劇!
 
 
2012年3月期第3四半期決算
 
 
好調が加速
2012年3月期第3四半期は、前年同期比29.4%増収、73.3%営業増益となった。積極的に展開した大型コンサートツアーを始め、年末ライブやイベントを集中的に実施したこと、舞台公演等のライブエンターテインメント活動が好調だったことなどが営業収入増に直結した。加えて、それらの会場やオンラインショップでのグッズ販売及びCM収入も増加した。
利益面では、アーティストマネージメント事業の好調に加え、DVD販売の好調、映画出資作品の損失、管理費の減少によるメディアビジュアル事業の収益性改善が増益に寄与した。事業組合投資損失の計上や為替差損の拡大により営業外損益は悪化しているが、税効果会計の影響等を受け四半期純利益は前年同期比100.3%増で着地した。
尚、第3四半期において、年末ライブを含め集中的にコンサート、イベント等を実施したことに加え、会場のキャパを増やすなどの成果もあり、会社計画を上回る動員数を記録した。そのほか、幅広い年代、ジャンルのアーティストのイベント収入が好調だったこと、それに伴うアーティストグッズの販売増、利益貢献の高いCM収入が好調に推移したことなどにより、会社計画を上回って進捗した。以上のことを踏まえ、通期会社計画を増額修正している(営業収入:従来27,000百万円→30,730百万円、営業利益:従来2,140百万円→2,970百万円)。一株配当についても、株式上場10周年の記念配を従来計画10円から15円に引き上げ、年間配当額を35円とする計画である。
 
 
アーティストマネージメント事業
アーティストマネージメント事業は、前年同期比51.9%増収、同36.3%増益(セグメント調整前ベース、以下同様)と全体業績を牽引した。福山雅治の大型全国ツアーをはじめ、ポルノグラフィティ、flumpool、ONEOK ROCK等のコンサート、三宅裕司が演出・出演した舞台公演、TEAM NACSのソロ公演、若手俳優が一同に集うファン感謝祭イベントなど積極的にライブエンターテインメント活動を展開した結果、イベント収入が大きく伸長した。コンサート等が活発だった事を受けて、ライブ会場及び通販でのグッズ販売やファンクラブ会員収入も堅調に推移した。更には桑田佳祐、福山雅治、三浦春馬、佐藤健によるCM出演がセグメント収益に貢献した。
 
メディアビジュアル事業
メディアビジュアル事業は、前年同期比18.6%減収、同217.4%増益。DVD販売において大型作品がなかったこともあり、営業収入は前年同期比マイナスとなったものの、映画出資作品の損失減少や管理費の削減により、収益性は大きく改善した。
 
コンテンツ事業
コンテンツ事業は、前年同期比12.5%増収、同45.1%営業増益となった。大型全国ツアーを実施した福山雅治の他、サザンオールスターズターズ、BEGIN、ポルノグラフィティ、Perfume等による旧譜楽曲の販売や旧譜楽曲の二次使用による著作権印税や貸与報酬の増加が業績の牽引役となった。
 
(3)財政状況とキャッシュフロー
11年12月末の総資産は22,518百万円。営業活動に伴う現預金及び売上債権の増加、関係会社設立に伴う投資等の増加があった。税金等調整前四半期純利益の増加を背景に、キャッシュフロー残高も8,578百万円まで積み上がってきた。
 
 
 
 
2012年3月期業績予想
 
 
通期会社計画は保守的な印象
年末イベントの好調を織り込む形で会社計画は増額修正されたが、既に進捗率は高く保守的な印象。第4四半期の主なイベントは、Perfume (全国アリーナツアー:1/14〜4/21)、ONE OK ROCK (横浜アリーナ:1/21,22)、地球ゴージャスプロデュース公演vol.12 「海盗セブン」(3/8〜5月)等。配当は1株当たり期末25円を予定(上期末配当を合わせて年35円)している。
 
 
今後の注目点
通期業績については、事業環境によほどの大きな変化がない限り会社計画を上振れる公算が高いだろう。来期以降に視線を向けても、既存コア事業の強化、アジアを中心とした海外展開、更にはODSへの取り組みに注力している点に注目したい。近年のコンサートや舞台等に対するニーズの高まりとODS市場の拡大は、「ライブイズム」をスローガンに、ミュージシャンのコンサートや所属俳優によるオリジナル舞台制作、更には海外舞台の招聘等、積極的にライブビジネスを展開してきた同社にとって大きなビジネスチャンスとなっている。
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2017 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(7707)プレシジョン・システム・サイエンス vol.17 | ブリッジレポート:(3629)クロス・マーケティング vol.13»

コメント

下記規定に同意の上、コメントしてください



※ 公開されません


保存しますか?


ブリッジレポート(バックナンバー)
アンケート
アラートメール登録
メールアドレス
パスワード
CLOSE