Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(2675)ダイナック vol.31 2017年02月28日(火)
16/12期は、原価やシフト管理の徹底等で主力のレストラン・バー事業で収益性の改善が進んだが、売上が伸び悩んだ。秋頃からキャンペーンに対する反応が鈍くなっていると言う。繁忙期の期末にかけて店舗数が減少した事も・・・
ブリッジレポート:(3633)GMOペパボ vol.3 2017年02月28日(火)
2016年12月期より新セグメントとして計上されることとなった「ハンドメイド事業」だが、売上構成比は2015年12月期の10.2%から17.1%へと拡大し、主力事業の一つであるEC支援事業に迫る勢いとなっている。ただ、損失額は・・・
ブリッジレポート:(4783)日本コンピュータ・ダイナミクス vol.46 2017年02月28日(火)
情報サービス産業各社の売上は検収が集中する9月末と3月末に偏る傾向があるが、書き入れ時となる4Qを前に堅調に推移している。11月には売上高を上方修正したが、コスト管理は進展しており、利益面でも会社予想を・・・
ブリッジレポート:(6191)エボラブルアジア vol.1 2017年02月28日(火)
2016年3月に東証マザーズへ上場した同社だが、11月14日開催の取締役会において、2017年9月期中に東証1部への市場変更を目指すことを決議した。もちろん東京証券取引所の承認が必ず得られると現時点で明言できるものでは・・・
ブリッジレポート:(6250)やまびこ vol.4 2017年02月28日(火)
対前年同期比で減収となったが、為替の影響が大きく、実態は国内外ともに総じて堅調のようだ。通期の着地も為替次第の部分があることは否めないが、順調な進捗であり大きな下振れリスクは考えにくいだろう。北米、欧州での・・・
ブリッジレポート:(8912)エリアクエスト vol.23 2017年02月28日(火)
通期予想に対する進捗率は、売上高48.6%、営業利益45.5%、経常利益45.5%、純利益53.4%。業績が下期偏重の同社としては順調な進捗。サブリース物件の新規開拓が順調に進んでおり、期末170物件を計画しているが・・・
ブリッジレポート:(9837)モリト vol.8 2017年02月28日(火)
第2四半期に通期業績予想の下方修正を行い、修正後予想に対しても第2四半期実績の進捗率は利益で約4割と低調な推移となっていたが、結果的には予想を上回る着地となり、年度後半は巻き返すことができたようだ。今期もその・・・
ブリッジレポート:(2179)成学社 vol.28 2017年02月21日(火)
塾生数は、個別指導部門が微増にとどまる一方、クラス指導部門減少の影響が大きく、総数は直近5年の最低となった。ただ、単価の高い個別指導分野の増加もあり、第3四半期の進捗率は売上高で76.1%と、過去数年と比較しても・・・
ブリッジレポート:(2405)フジコー vol.10 2017年02月21日(火)
森林発電事業は順調にスタートし収益に大きく貢献し始めた点は頼もしいが、現時点では事業停止処分で今期の見通しが未定となり投資家としては判断が極めて難しい状況となってしまった。第4四半期(4−6月)に予定されている・・・
ブリッジレポート:(5162)朝日ラバー vol.37 2017年02月21日(火)
同社の17/3期第3四半期連結累計期間の決算は、前年同期比8.9%の増収、216.4%の経常増益と非常に好決算となった。ASA COLOR LED、RFIDタグ用ゴム製品,卓球ラケット用ラバー、医療用ゴム製品などの受注が好調に推移し・・・
ブリッジレポート:(6181)パートナーエージェント vol.3 2017年02月21日(火)
コネクトシップの新システムの再開がいつ頃になるかは残念ながら現時点では明確ではないが、同社ならではの経営ビジョンに基づくものとして期待されているだけに一日も早い再稼働が望まれる。一方、下方修正のもう一つの・・・
ブリッジレポート:(6498)キッツ vol.28 2017年02月21日(火)
第3期中期経営計画(〜19/3期)の2年目となる来18/3期の計画は、売上高1,150億円、営業利益90億円、経常利益87億円、親会社株主に帰属する当期純利益57億円。バルブ事業において、主力の国内建築設備市場に回復の兆しが・・・
ブリッジレポート:(9416)ビジョン vol.1 2017年02月21日(火)
13/12期には19億円弱だったグローバルWiFi事業の売上が16/12期は79億円弱に拡大した。伸び盛りのグローバルWiFi事業だが、市場の拡大もさる事ながら、高品質・低価格の実現に向けた地道な企業努力が高成長の背景にある。・・・
ブリッジレポート:(2317)システナ vol.35 2017年02月14日(火)
ソリューションデザイン事業における「車載」、「社会インフラ」、「ネットビジネス」、「プロダクト」、及び「業務システム」といった成長分野での開発需要の取り込み、ITサービス事業及びソリューション営業事業での・・・
ブリッジレポート:(3034)クオール vol.34 2017年02月14日(火)
通期予想に対する進捗率は、売上高69.7%、営業利益66.5%、経常利益69.8%、純利益77.3%。若干、進捗が遅れ気味の様に感じるかもしれないが、これは上期の薬価・調剤報酬改定影響を大きく受けたことによるもの・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.24 2017年02月14日(火)
同社は2016年10月30日に創立30周年を迎えた。地方拠点と地方人材の活用を成長エンジンとし、創立から15年で株式を上場し、そして株式上場から15年が経過した事になる。これを機に更なる成長に向けた事業の基盤の構築に・・・
ブリッジレポート:(4317)レイ vol.35 2017年02月14日(火)
上期の決算発表時に、第2四半期(6-8月)の損失発生を踏まえて通期の業績予想を下方修正したが、下期はほぼ期初予想とおりの売上・利益を計上できるとみていた。事実、通期の業績予想に対する第3四半期までの進捗率は・・・
ブリッジレポート:(4709)インフォメーション・ディベロプメント vol.57 2017年02月14日(火)
同社の事業形態上、売上、利益共に上半期よりも下半期の方がウェイトが高く、利益においては第4四半期の占める割合が大きいという傾向がある。第2四半期に不採算が発生した前期ほどではないにせよ、今期の進捗は前々期より・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.30 2017年02月14日(火)
訪日外国人客の急速な増加に加え、東京オリンピック・パラリンピックを控えている事もあり、様々な決済手段に対応するシステム開発が増加しており、金融システムソリューション事業の事業環境は良好。昨今、スマートフォンに・・・
ブリッジレポート:(8130)サンゲツ vol.10 2017年02月14日(火)
第3四半期実績の通期予想に対する進捗率は売上高で71.9%、営業利益で65.0%。売上高は過去3期と比べてもさほど大きな違いはないが、営業利益は第2四半期終了時の通期予想下方修正後でも10%近い遅れとなっている・・・
ブリッジレポート:(2178)トライステージ vol.8 2017年02月07日(火)
今第3四半期(9月〜11月)の営業利益は例年と同じく第2四半期(6月〜8月)からは減少したものの高水準をキープした。ただ、第4四半期(12月〜2月)に関しては、トライステージ単体およびダイレクトメール発送代行事業は・・・
ブリッジレポート:(2462)ライク vol.39 2017年02月07日(火)
介護関連サービス事業の事業主体の(株)サンライズ・ヴィラは、月間20〜30百万円の営業利益を確保できる体制が整った。ただ、実質満床状態のため、来期以降、新規の施設開設(毎期2〜3施設)を計画しており、先行投資が・・・
ブリッジレポート:(3194)キリン堂ホールディングス vol.40 2017年02月07日(火)
第3四半期累計では増収・減益であったが、会計期間(9月-11月)では、前年同期比2.9%増収、同13.7%営業増益となっている。また、本文中で触れたように、既存店動向も、9月-11月は同0.1%増収と堅調だ。上期の不振が尾を引き・・・
ブリッジレポート:(4592)サンバイオ vol.5 2017年02月07日(火)
前回のレポートでも触れたように、外傷性脳損傷のグローバル治験が認められ、日本国内での治験が2016年9月にスタートし、10月には最初の被験者が組み入れられたことは、同社にとって極めて大きな前進である。実際の・・・
ブリッジレポート:(6826)本多通信工業 vol.13 2017年02月07日(火)
累計では減収減益となったが、車載分野の拡大、FA分野および通信分野の回復により、通期予想に対する進捗は売上高でほぼ計画線上、利益は8割を超えており順調な展開となっている。為替に大きな変動がなければという条件付きと・・・
ブリッジレポート:(9445)フォーバルテレコム vol.46 2017年02月07日(火)
同社の17/3期第2四半期決算は、前年同期比9.1%の増収、同14.0%の営業減益と好決算とは言い難い結果となったものの、IP&Mobileソリューション事業の成長性が加速してきており、今後の同社の業績拡大を期待させる内容と・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー