ブリッジレポート
(3667:東証1部) enish 企業HP
安徳 孝平 社長
安徳 孝平 社長

【ブリッジレポート vol.17】2016年12月期業績レポート
取材概要「コスト削減が進んでおり、売上の減少に歯止めがかかれば、広告宣伝費いかんで営業利益を計上できる体制が整ってきた。売上高については、リリース・・・」続きは本文をご覧ください。
2017年3月28日掲載
企業基本情報
企業名
株式会社enish
社長
安徳 孝平
所在地
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
事業内容
モバイルゲームの企画・開発・運営会社。ゲーム運営能力に優れ、主力の経営シミュレーションゲーム「ぼくのレストラン供廚筺屮ルショ☆」はロングランのヒット作品
決算期
12月末日
業種
情報・通信
財務情報
項目決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2016年12月 4,970 -361 -401 -340
2015年12月 5,482 -964 -1,004 -1,447
2014年12月 6,452 149 151 22
2013年12月 6,624 1,109 1,078 653
2012年12月 4,430 666 654 373
2011年12月 2,590 526 523 298
2010年12月 415 64 71 55
2010年1月 22 -40 -41 -41
株式情報(2/16現在データ)
株価 発行済株式数 時価総額 ROE(実) 売買単位
567円 7,800,800株 4,423百万円 - 100株
DPS(予) 配当利回り(予) EPS(予) PER(予) BPS(実) PBR(実)
0.00円 - - - 215.96円 2.6倍
※株価は02/16終値。
 
enishの2016年12月期決算と2017年12月期の見通しについて、ブリッジレポートにてご報告致します。
 
今回のポイント
 
 
会社概要
 
レストラン経営シミュレーションゲーム「ぼくのレストランII」やアパレルショップの経営シミュレーションゲーム「ガルショ☆」等の人気作品を有するソーシャルゲームの企画・開発・運営会社。Link with Funというスローガンのもと、「世界中にenishファンを作り出す」ことをミッションとして掲げており、社名の「enish(エニッシュ)」は、人と人との縁(えん、えにし)に由来している。
14年3月には実質的創業者である安徳孝平(アントク コウヘイ)氏が代表取締役社長に就任。ブラウザゲームの収益性を維持しつつ、ネイティブアプリでヒットを創出し、国内とアジアを中心にしたグローバル配信で業容拡大を図っていく考え。

尚、ネイティブゲーム(アプリ)とは端末にダウンロードして楽しむアプリで、主にスマートフォン向けに提供されている。一方、ブラウザゲームはダウンロードせず、GREE、mixi、Mobage等のプラットフォームにアクセスしてブラウザ上で楽しむ。いずれも無料で楽しむ事ができるが、ゲームを進める上で有効なアイテム等を購入した場合、課金が発生する。ブラウザゲームでは、ユーザーへの課金及び料金回収はSNSを運営するプラットフォーム事業者に委託し、同社はその対価としてシステム利用料等を支払っている。
 
【沿革】
 
【事業内容】
事業はゲーム事業の単一セグメント。ブラウザゲームを収益基盤にネイティブアプリ(ゲーム)を育成している。ゲームは無料だが、ゲームを展開する上で有効なアイテム等を購入すると課金が発生する。ブラウザゲームの場合、ユーザーへの課金及び料金回収はSNSを運営するプラットフォーム事業者に委託し、同社はその対価としてシステム利用料等を支払っている。
 
リリース後の「運営」が事業成否のポイントとなるモバイルゲーム
モバイルゲームは、①ゲームを通してプレイヤー同士がコミュニケーションを図る、②基本的には無料でゲームを進めながらアイテム等で課金、③原則無料のためスマートフォンさえあれば気軽に遊べる、④ゲームにゴールがない、⑤リリース後ゲーム進行に合わせて新機能の追加実装、⑥キャラクターやアイテムを追加して運営していくスタイル、といった特徴を有し、パッケージで提供されるゲームと異なり、「リリース」よりもリリース後の「運営」が事業成否のポイントとなる。

「運営」とはゲーム内イベントの運営であり、そのゲームの育成対象となるアイテムやキャラクター等を獲得できる収集イベント、キャラクターを成長させるための育成イベント(育成専用のアイテムの配布等を実施)、及び育成したアイテムやキャラの力を試す活用イベントの3つ。中でも、他のユーザーとの戦いや協力でゲームが進行し、リアルタイムでのランキング表示もある活用イベントは、ユーザーの注目度も高く、最も売上が大きくなる。
 
【主要タイトル】
ネイティブアプリの成長、ブラウザゲームの運営強化、(タイトルの選択と集中及び収益性の維持)の2点をメインテーマとした事業展開を進めている(画像は同社Webサイトより)。
 
「12オーディンズ」は、世界を滅ぼしかけた魔龍の爪あとが残るウルザールを舞台に、プレイヤーは「約束の地」を求めて旅立つ。個性豊かなキャラクターとの出会い、交錯する思いと人間模様、徐々に明らかになっていくストーリー。ジョブシステムと多彩な装備やスキルを駆使した戦略性と共に、派手なエフェクトと3Dで表現される爽快なリアルタイムバトルを堪能できる。

2017年1月にリリース1周年を迎え、累計ダウンロードが200万ダウンロードを突破した。Funmily社との独占ライセンス契約の下、提携先を通して、台湾・香港・マカオでの配信も決まっている。
 
 
2016年12月期決算
 
 
第4四半期は第3四半期との比較で7.2%の減収、1億06百万円の営業損失
広告宣伝費を中心に販管費が減少したものの、事業譲渡による影響等もあり売上が減少する中での労務費・外注費の増加で売上総利益が大きく落ち込み、営業損失が第3四半期を上回る着地。ただ、事業譲渡益1億50百万円を特別利益に計上したため、24百万円の最終利益を確保した。事業譲渡益は、ブラウザゲーム「ドラゴンタクティクス」を、同ゲームの運営委託先である(株)C&Mゲームス(東京都港区、代表取締役社長 上原 仁)に譲渡した事に伴うもの。

四半期ベースでは営業損失が増加したものの、コスト削減は着実に進んでいる。前年同期との比較では、売上が8.1%減少したものの、売上総利益率が大きく改善。順調にダウンロードを伸ばしている「12オーディンズ」のプロモーション強化で販管費が増加したものの、営業損失が大幅に減少した。
 
 
 
「12オーディンズ」が200万ダウンロード達成
プロモーションの強化に加え、「ヴァルキリープロファイル」とのコラボレーション効果もあり、2017年1月にリリース1周年を迎えた「12オーディンズ」のダウンロードが累計200万ダウンロードを突破した。2017年春の大規模アップデートに向け、現在、改修作業が進めされている。また、Funmily社との独占ライセンス契約の下、台湾・香港・マカオでの配信も決まった。
 
ブラウザゲームでの選択と集中
ブラウザゲームでは、「ぼくのレストランII」と「ガルショ☆」にリソースを集中するべく、「ドラゴンタクティクス」を譲渡した。
 
EDIST. CLOSETの会員数が順調に増加
EDIST. CLOSETの会員数が順調に増加しており、期末の会員数が第2四半期末の2倍に拡大した。引き続き、展示会の開催やインフルエンサープロモーションを積極的に実施していく考え。尚、EDIST. CLOSETは人気スタイリストやアパレルとコラボした厳選コーデセットを月額で提供する事業であり、「ソーシャル × ファッション」による新規領域への挑戦である。「ぼくのレストランII」や「ガルショ☆」等の女性向けタイトルの開発・運用で培ったノウハウを活かして事業を進めていく。
 
 
コスト低減が進み営業損失が6割強減少
減収傾向が続いたものの、開発ラインの絞り込みや事業ポートフォリオの最適化を目的としたタイトルのクローズ及び譲渡、更にはこれまでのコスト管理施策の効果もあり、売上総利益が前期の41百万円から6億77百万円に増加した(売上原価:54億40百万円→42億93百万円)。積極的なプロモーション活動に伴う広告宣伝費の増加(77百万円→5億22百万円)で販管費が増加したが、広告宣伝費以外の費目は一様に減少。前期は9億64百万円だった営業損失が3億61百万円と前期比63%減少した。
 
 
期末総資産は前期末に比べて75百万円減の21億77百万円。新株予約権の行使による資金の調達に加え、営業キャッシュ・フローも改善した事で、現預金はわずかな減少にとどまった。自己資本比率は77.4%(前期末71.6%)。
 
 
 
2017年12月期業績予想と中期方針
 
(1)2017年12月期業績
「モバイルゲーム事業を取り巻く環境の変化が激しく、業績も短期的に大きく変動する可能性がある事等から、信頼性の高い業績予想数値を算出することが困難となっている」として、業績予想の開示を見合わせた。
「12オーディンズ」は2017年春の大規模アップデートに加え、台湾・香港・マカオでの配信が始まる予定。ブラウザゲームについては、「ぼくのレストランII」(リリース後6年8ヶ月)と「ガルショ☆」(リリース後6年4ヶ月)の2タイトルにリソースを集中させ減収の抑制に取り組む。この他、女性向けゲームアプリ1タイトルのリリースを下期に予定している。
 
(2)中期方針
安定した収益基盤の構築に向け、非ゲーム事業を育成し拡大させていく。現在、取り組みを進めている非ゲーム事業は、「EDIST. CLOSET」、「metune」、及びゲーム周辺事業の3事業。
「EDIST. CLOSET」では、会員数の拡大に向け、展示会の開催等で認知度を高めていく他、商品構成の見直しやサイトの改善にも取り組んで行く。「metune」では、人気占い師「イヴルルド遙華さん」が全面監修する婚活アプリを2017年春にリリースする予定。ゲーム周辺事業については、17/12期上半期のリリースを予定しているが、提携先への配慮から詳細な説明を控えている。
 
 
今後の注目点
コスト削減が進んでおり、売上の減少に歯止めがかかれば、広告宣伝費いかんで営業利益を計上できる体制が整ってきた。売上高については、リリースから6年以上が経過するブラウザゲームアプリ2タイトルは減収が避けられず、リリースから四半期毎に50万ダウンロードを積み上げてきた「12オーディンズ」との綱引きとなっている。17/12期第1四半期に16/12期第4四半期の実績を上回る売上を計上できるか注目される。第2四半期以降は、春に予定されている「12オーディンズ」の大規模アップデート、下期のゲームアプリ1タイトルのリリース、詳細は未定なようだが、「12オーディンズ」の台湾・香港・マカオでの配信等、材料が出てくる。
収益源の多様化を進めるべく、非ゲーム事業を立ち上げたが、第1弾となる「metune」は認知度を高めながら徐々に収益貢献していくタイプの事業と思われる。ゲーム周辺事業については、詳細な説明が待たれるが、17/12期上半期のリリースを予定しているため、数ヶ月以内に概要を確認できるのではないだろうか。会員数を増やしている「EDIST. CLOSET」のサービス開始時期と共に注目したい。
 
 
 
<参考:コーポレート・ガバナンスについて>
 
 
◎コーポレート・ガバナンス報告書         2016年3月28日更新
<開示している主な原則>
原則 1-4 いわゆる政策保有株式
当社は、ソーシャルゲーム開発に事業を注力するため、当面は、上場株式を保有しない方針であります。なお、今後、政策保有をする場合、中長期的な企業価値向上の観点から、個別に賛否を判断いたします。
 
原則 5-1 株主との建設的な対話に関する方針
当社は、株主との建設的な対話を促進するため、経営陣幹部等を中心に様々な機会を通じて株主と対話を持つよう努めております。
また、広くIR活動を行うため、IR担当役員として取締役執行役員管理部長を指定し、IR担当部署として管理本部経営企画を指定するとともに、経理、総務等の関連部門と有機的な連携に努めております。
アナリストや投資家および株主にタイムリーに情報提供するとともに、お問い合わせに迅速かつ適切に対応するよう努める一方で、対話に際してのインサイダー情報の管理を徹底するよう努めております。なお、株主の意見や懸念につきましては、必要に応じて経営陣幹部や取締役会に報告しております。
 
 
 
本資料は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を意図するものではありません。
このレポートは当社が信頼できると判断した情報源(当該発行会社が作成した会社説明資料等)の情報に基づき作成したものですが、その正確性について当社が保証するものではなく、また当資料の一部また全部を利用することにより生じたいかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。
本レポートに関する一切の権利は(株)インベストメントブリッジにあります。また本資料の内容等につきましては今後予告無く変更される場合があります。
投資にあたっての決定は、ご自身の判断でなされますようお願い申しあげます。
Copyright(C) 2017 Investment Bridge Co.,Ltd. All Rights Reserved.

« ブリッジレポート:(8275)フォーバル vol.57 | ブリッジレポート:(2435)シダー vol.35»

ブリッジレポート(バックナンバー)
アンケート
ブリッジメール
アラート申込み
CLOSE