Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
読売ブリッジサロン
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(2317)システナ vol.41 2018年08月29日(水)
通期予想に対する進捗率は、売上高24.0%(通期実績ベースの前年同期22.8%)、営業利益24.4%(同17.3%)、経常利益24.8%(同17.9%)、当期純利益24.8%(同17.5%)と順調。主要事業の売上が収益性の改善を・・・
ブリッジレポート:(3254)プレサンスコーポレーション vol.10 2018年08月29日(水)
期初の売上確保率は77.9%と例年を上回る高水準でスタートしたが、第2四半期初は93.1%と更に上昇し、これも前期、前々期を上回っており、売上に関しては今期も期初計画達成はほぼ確実とみられる。利益についても、利益率は・・・
ブリッジレポート:(3299)ムゲンエステート vol.16 2018年08月29日(水)
上場以来初めての通期減収減益予想となってしまった。第1四半期までは堅調だった投資用不動産の販売件数が第2四半期に入り急ブレーキがかかった格好だ。会社側では投資用不動産の販売価格を見直し、販売を一層強化するということ・・・
ブリッジレポート:(3673)ブロードリーフ vol.8 2018年08月29日(水)
期初想定していた通りシステム販売のユーザー更新需要が好調で、通期業績を上方修正した。そうした足元の好調さに加え、中・大規模整備事業者向けのAI機能などを搭載した「.NS3Ai」や、小規模事業者向けのクラウド版で・・・
ブリッジレポート:(4205)日本ゼオン vol.22 2018年08月29日(水)
増収減益とはなったが、通期予想に対する進捗率は過去数年と比較しても低くはなく、まずは順調なスタートとなったようだ。原材料は予想を上回って値上がりしている一方、円/ドルレートは想定よりも円安で推移しており・・・
ブリッジレポート:(4317)レイ vol.39 2018年08月29日(水)
通期予想に対する進捗率は、売上高20.1%(実績ベースの前年同期22.4%)、営業利益9.3%(同19.2%)、経常利益9.4%(同20.6%)、当期純利益7.2%(同21.5%)。前年同期よりも進捗が遅れている。SP・イベント部門と・・・
ブリッジレポート:(4319)TAC vol.30 2018年08月29日(水)
19年3月期第1四半期の現金ベース売上高の通期予想に対する進捗率は23.3%であった。過去5年の実績ベースでの構成比と比較すると、例年通りの順調なスタートといえる。一方営業利益(発生ベース)は、過去5年間で最も低かった・・・
ブリッジレポート:(4783)日本コンピュータ・ダイナミクス vol.52 2018年08月29日(水)
情報サービス産業各社の売上は検収が集中する9月末と3月末に偏る傾向があり、パーキングシステム事業で地方自治体等との取引も多い同社は3月期末への偏重が顕著である。こうした中、システム開発事業、サポート&サービス事業が・・・
ブリッジレポート:(6094)フリークアウト・ホールディングス vol.4 2018年08月29日(水)
前回のレポートでは、「IRIS、Fintechを始めとした新事業の進捗と合わせ今期の投資がいつごろから成果として顕在してくるのかを注目したい。」と書いたが、IRISの持分法適用開始を始め、新プロダクト「Red for Publishers」や・・・
ブリッジレポート:(6498)キッツ vol.34 2018年08月29日(水)
通期予想に対する進捗率は、売上高24.8%(実績ベースの前年同期23.5%)、営業利益23.6%(同19.1%)、経常利益23.2%(同19.3%)、当期純利益24.1%(同15.6%)、と順調。主力の建築設備向けは首都圏の再開発で需要が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.56 2018年08月29日(水)
18/9期は、第1四半期に国内でオンロードフルフェイスタイプの「RYD」を、北米でオフロード用のモトクロスヘルメット「VFX-EVO」を、それぞれ発売し、第2四半期には欧州でオフロード用のモトクロスヘルメット「VFX-WR」を・・・
ブリッジレポート:(8130)サンゲツ vol.16 2018年08月29日(水)
増収増益とはなったが、海外事業におけるGoodrich社連結開始の効果が大きく、主力のインテリア事業において壁装材、床材が低調だったのが気になるところである。ただKoroseal社の売上は堅調であり、前期から継続して好調な・・・
ブリッジレポート:(9416)ビジョン vol.7 2018年08月29日(水)
クラウドWiFiの高速立ち上げと社内常備型法人向けサービス「グローバルWiFi for Biz」の提供に加え、回線調達コストの低廉化、AI活用FAQやチャットボット対応等による業務の効率化、店舗スマート化戦略の推進等、高成長を・・・
ブリッジレポート:(9698)クレオ vol.2 2018年08月29日(水)
同社の業績には季節性があり、特に利益面での通期業績に対する1Qのインパクトは小さいが、全ての事業で計画を上回る上々のスタートとなった。加えて、同社においては、スポット的な案件が少なく、大手企業向け等の安定性と・・・
ブリッジレポート:(2925)ピックルスコーポレーション vol.42 2018年08月22日(水)
4月以降は野菜の生育が順調だった事に加え、佐賀工場も順調に立ち上がったようで、2期連続で過去最高の売上・利益を目指す19/2期は上々のスタートとなった。懸念材料は野菜生産への猛暑の影響だ。足元の価格が上昇・・・
ブリッジレポート:(3667)enish vol.24 2018年08月22日(水)
「欅のキセキ」の寄与で売上が大きくボリュームアップしたものの、強力なIPを使ったタイトルは損益分岐点が高い。しかし、下期は売上のボリュームアップに向け、「欅のキセキ」の(株)ローソンとの連携、「12オーディンズ」・・・
ブリッジレポート:(3822)Minoriソリューションズ vol.5 2018年08月22日(水)
19/3期の業績予想は保守的だが、SCSKとの連携によるCAEソリューション、導入のしやすさ・使いやすさで高い評価を受けている「RPA『MinoRobo』」、同社の他には4社のみが手掛ける「SAP® ByDesign」の導入支援、と材料は豊富だ。・・・
ブリッジレポート:(3912)モバイルファクトリー vol.3 2018年08月22日(水)
現在、イーサリアムを使ったアプリは1,000 個程度に過ぎないが、2〜3年後には、その100〜200倍に拡大している可能性がある、と言う。その成長市場において、ユーザー接点とデベロッパー接点を持つ「Uniqys Network」は・・・
ブリッジレポート:(4847)インテリジェント ウェイブ vol.36 2018年08月22日(水)
一つの大きな目標だった売上高100億円を達成した事で、今後は営業利益10億円を目指し、100億円超の売上を維持しつつ、収益性を高めていく。その原動力となるのがクラウドサービスであり、ブロックチェーンやFintech(新規決済・・・
ブリッジレポート:(5162)朝日ラバー vol.43 2018年08月22日(水)
第1四半期決算において、工業用ゴム事業の売上高が順調に拡大していることが確認された。主力の自動車内装照明向けのシリコーンゴムキャップ付きLED「ASA COLOR LED」に加え、自動車用精密ゴム製品の受注も堅調に推移した他・・・
ブリッジレポート:(6050)イー・ガーディアン vol.25 2018年08月22日(水)
ゲームサポートを中心とした既存サービスの市場拡大に加え、仮想通貨やeスポーツのように新たな成長分野が次々に生まれている事が同社の強み。仮想通貨分野では、既に2つのサービスを開始しており、法整備の進展と共に参入・・・
ブリッジレポート:(6914)オプテックスグループ vol.65 2018年08月22日(水)
ほぼ計画通りの上期決算であったが、株価は大幅な下落に転じ年初来安値を記録した。設備投資関連の市場環境はAI、自動化・省人化などを背景に中長期的には需要は堅調と見られるが、同社に限らず昨年来の株価上昇もあり・・・
ブリッジレポート:(8912)エリアクエスト vol.29 2018年08月22日(水)
清原社長は、以前から中期の展望を語る中で19/6期の減益見通しに言及していた。要因は、既に説明した通り、販売用不動産の売却がなくなる中での、営業部門や管理部門の強化(人員増強)と社員の処遇改善による販管費の増加・・・
ブリッジレポート:(3645)メディカルネット vol.5 2018年08月15日(水)
今期も引き続き成長投資を行うが、2桁の増収増益予想であり、まだ利益水準は低いものの着実に足固めは進んでいるようだ。既存3事業の拡大スピードと共に、広島大学発のベンチャー企業「株式会社ミルテル」との資本・業務提携・・・
ブリッジレポート:(4319)TAC vol.29 2018年08月15日(水)
小幅の増収増益ではあったが、ほぼ期初予想通りの着地となった。過去8期の期初予想と実績の差異を見てみると、乖離幅は縮小し前々期、前期とほぼ誤差の範囲といえよう。保守的な予想数値との見方もあろうが、少なくともここ2期は・・・
ブリッジレポート:(4829)日本エンタープライズ vol.45 2018年08月15日(水)
成長戦略の実現に向け事業ポートフォリオの再構築に取り組んでいく考えで、ビジネスサポートサービスとシステム開発・運用サービスの拡大により広告代理サービスの事業譲渡の影響をどこまでカバーできるかが19/5期の・・・
ブリッジレポート:(6181)パートナーエージェント vol.9 2018年08月15日(水)
ファスト婚活事業のパーティー参加者数は2年前の3倍強と順調に拡大している。一方、主力事業であるパートナーエージェント事業における19年3月期第1四半期の新規入会会員数は前期第4四半期を下回ったものの、微減にとどまり・・・
ブリッジレポート:(6191)エボラブルアジア vol.4 2018年08月15日(水)
引続き全ての事業分野において、まさに同社行動規範の1つ「即対応、即実行、スピード!!」を体現するような積極的な事業展開を行っている。特にDeNAトラベル社のM&Aは、総合OTAとしてのポジショニング強化という点で大きな意味を・・・
ブリッジレポート:(6191)エボラブルアジア vol.3 2018年08月15日(水)
全ての事業分野においてアグレッシブでスピード感溢れる事業展開が続いている。なかでも国内メルマガ最大手まぐまぐの子会社化はそのシナジーが大いに注目される。会社側によれば、まぐまぐのメルマガ会員の約75%が・・・
ブリッジレポート:(6826)本多通信工業 vol.19 2018年08月15日(水)
第1四半期の決算発表を受け、売り優勢の展開となり年初来安値を記録した。直近6カ月では主要コネクタメーカーおよびTOPIXをアンダーパフォームしている。ただ本文中にも触れたように、事業環境全般は良好で、対ドル・バーツ高も・・・
ブリッジレポート:(2722)アイケイ vol.2 2018年08月08日(水)
期初計画を大きく上回る着地となったが、飯田会長はそれよりも新しいビジネスモデルである「TVショッピングを起点としたマルチチャネル販売」が完成したことが前期最大のトピックスであると考えている。ビジネスモデルが・・・
ブリッジレポート:(3194)キリン堂ホールディングス vol.46 2018年08月08日(水)
前期好調だった既存店売上高が4月、5月とマイナスに転じ第1四半期の既存店売上高は、2017年2月期第2四半期以来の減収となった。第2四半期に入り6月は0.9%増となったが、既存店マイナスの要因である客数が2月から6月まで5カ月・・・
ブリッジレポート:(6044)三機サービス vol.5 2018年08月08日(水)
好調な小売業向けトータルメンテナンス事業と病院向け省エネ事業を主要因に期初計画を大きく超過して着地した18年5月期決算だが、メーカーメンテナンス事業の課題克服に向けた組織体制の大幅変更も人員配置の効率化を通じ・・・
ブリッジレポート:(6575)ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス vol.1 2018年08月08日(水)
人材紹介事業では、「コンサルタントの積極的採用・人材育成」がテーマの一つだが、人材マーケットは需給がひっ迫しており採用計画の進捗が気になるところだが、応募は活発で採用面での不安は少ないようだ。同社グループの・・・
ブリッジレポート:(9266)一家ダイニングプロジェクト vol.1 2018年08月08日(水)
今期も2桁の増収増益で過去最高の売上・利益を更新する予想だが、残念ながら株価は低調な推移となっている。出店計画については前期未達であったものの、今期は順調な進捗であることから、カギはやはり既存店の動向となろう。・・・
ブリッジレポート:(9423)フォーバル・リアルストレート vol.5 2018年08月08日(水)
3Q決算発表時に予想されたが、実績は会社予想を大きく上回って着地した。同社にとって新規開業は開業時の負担が重いだけでなく、開業当初の稼働率は低いため、開業時は利益への影響が大きい。こうした中、新規開業が少なかった・・・
ブリッジレポート:(2435)シダー vol.39 2018年08月01日(水)
3Q決算発表時に予想されたが、実績は会社予想を大きく上回って着地した。同社にとって新規開業は開業時の負担が重いだけでなく、開業当初の稼働率は低いため、開業時は利益への影響が大きい。こうした中、新規開業が少なかった・・・
ブリッジレポート:(2687)シー・ヴイ・エス・ベイエリア vol.52 2018年08月01日(水)
今期より主力事業はホテル事業及びマンションフロント事業及びクリーニング事業となる。1Qでは特にホテル事業とマンションフロント事業が好調なスタートとなった。租税公課の影響等もあり営業・経常損失となったが、2Q以降に・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.27 2018年08月01日(水)
ファーストコンタクトから現場対応までをグループで一貫して提供できる事が同社の強み。創業から手掛けるコンタクトセンターは質の高い顧客対応力が評価されており、リーマン・ショック前後から強化してきたフィールド部隊は・・・
ブリッジレポート:(8903)サンウッド vol.1 2018年08月01日(水)
前期は7期ぶりに売上高が100億円を上回り、さらに今期以降も100億円以上の売上を確保できる見込みで、ここ数年取り組んできた仕入力強化が実を結んできたようだ。ただ残念ながら、株価はJASDAQ指数をアンダーパフォームしており・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー