Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.19 2011年03月01日(火)
企業の設備投資計画の延期や中止により工事量が減少、マンション等の住宅関連の需要も減退し業界環境は依然として厳しい。しかし、そのような環境下でも、同社は、ブランド力強化、グループ力の強化などに努めている。いずれはこのような企業努力が・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.18 2011年01月11日(火)
企業の設備投資計画の延期や中止により工事量が減少、マンション等の住宅関連の需要も減退し営業利益、経常利益は連続して大幅減益となった。業界環境を考えれば仕方のない結果だろう。しかし、このような環境下でも、同社は、・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.17 2010年08月24日(火)
11/3期は厳しいスタートとなったが、JR東海のリニア実験線、NEXCO中日本(中日本高速道路株式会社)の第二東名高速道路、JR西日本の北陸新幹線など、大型工事案件の発注が相次ぐ他、橋梁・土木分野では前期からの繰越案件の・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.16 2010年06月08日(火)
企業の設備投資計画の延期や中止により工事量が減少し、マンション等の住宅関連の需要も減退し、営業利益、経常利益は2期連続の減益となった。しかし、このような環境下でも、同社グループは、保有機材の品質向上のための・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.15 2010年03月09日(火)
コスト削減は進んでいるのだが、稼働率が上がらず苦戦が続いている。通期業績については、売上が下振れする可能性があるが、極端な下振れでない限り、利益面では予想に沿った着地になると思われる。ただ、新型機材の・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.14 2009年12月22日(火)
企業の設備投資計画の延期や中止により工事量が減少、マンション等の住宅関連の需要も減退し営業利益、経常利益は大幅減益となった。しかし、このような環境下でも、同社グループは、保有機材の品質向上のための入れ替え・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.13 2009年09月01日(火)
第1四半期が期初の想定通りとは言え、通期の業績予想を達成するために超えなければならないハードルは高いように思われる。第2四半期(7-9月)は減収幅、減益幅共に縮小する見込みである事から、その進捗に注目したい。・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.12 2009年06月23日(火)
企業の設備投資計画の延期や中止により工事量が減少し、マンション等の住宅関連の需要も減退し、営業利益、経常利益は減益となった。しかし、このような環境下でも、同社グループは、保有機材の品質向上のための入れ替え・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.11 2009年04月28日(火)
10/3期は来期の飛躍に向けた助走期間となるが、需要が堅調な橋梁、新幹線、私鉄向け等で増収を維持したい考え。また、機材センターの移転・統合等の効果が現れるのは来期以降で、今期はコストが専攻するものの、増収効果と・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.10 2009年02月24日(火)
企業の設備投資計画の延期や中止により工事量が減少し、マンション等の住宅関連の需要も減退。中間期には前年同期比で増益を維持していた営業利益、経常利益は減益に転じた。しかし、このような環境下でも、・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.9 2008年12月02日(火)
業界環境は厳しいが、09/3期第2四半期では経常増益を達成した。また通期でも増益を予想しているが、手持ち案件等から会社側では目標達成には自信を持っているようだ。建設関連との見方から、株価は安値・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.8 2008年09月02日(火)
第1四半期の連結業績は、堅調な推移となった。公共工事関連の発注が縮小、遅延するなど、同社を取り巻く事業環境は決して順風とは言い難い。その中で、企業の設備投資を中心に民間工事関連への・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.7 2008年07月08日(火)
09/3期は業績の回復が見込まれるものの、マンション建設の落ち込み等で事業環境は楽観を許さない。このため、業績予想も慎重なものとなったが、同社の場合、中期的に首都圏でのシェア拡・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.6 2008年02月26日(火)
通期の連結業績予想に対する第3四半期までの進捗率は、売上高が72.1%、営業利益が63.3%、経常利益が64.9%、純利益が61.5%です。前期は第3四半期までの進捗率は、売上高が74.5%・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.5 2007年12月25日(火)
中間決算は期初予想に達しませんでしたが、売上高の未達額はわずかでした。建設業界全体が大きな混乱をきたしているだけに、未達とは言え、同社を評価する声は多いようです。通・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.4 2007年08月28日(火)
売上高、営業利益共に前年同期並みの進捗率であり、順調なスタートを切ったものと思われます。当面の業績拡大に必要な仮設資材の購入や中期的な成長を担うプラント工事分野の拠・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.3 2007年06月05日(火)
減価償却済み資産の稼動率の上昇と値上げ効果により高い利益成長が続きましたが、継続的な設備投資による減価償却費の増加と値上げの一巡により、2008年3月期は巡航速度(同社が目・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.2 2006年12月12日(火)
レンタル資産の大半はオフバランス化(ほぼコストゼロ)されており、しかも、レンタル中の滅失分については購入時価格で弁償されます。要するに、同社のビジネスは現場が動けば、利益が出るビジネス・・・・
ブリッジレポート:(2445)エスアールジータカミヤ vol.1 2006年06月27日(火)
今後の機材不足やそれに伴う単価の上昇を見越して積極的に賃貸資産を拡充し、業容拡大を図る考えです。推定値とは言え、同社のシェアは6%強にとどまるわけですから、シェアアップの余地は大きく、また、安全対策商品の・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー