Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.27 2009年01月13日(火)
主力の携帯電話販売事業は、現在、利益が出ているものの、厳しい事業環境が続いており先行き不透明感が強かった。また、純投資事業は、かねてから投資家サイドで事業継続に疑問符が付いていた事業である。今回の構造改革では、・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.26 2008年12月02日(火)
09/3期は4期連続の経常増益が見込まれる。その原動力が投資育成の株式売却益であるため若干不安も残るが、特別損失に計上する予定の投資有価証券評価損については保守的に見積ったとの事で、当期純利益・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.25 2008年08月19日(火)
第2四半期連結累計期間の連結営業利益、連結経常利益を下方修正した。大型案件の受注が下期に期ずれすることが主要因で、下期に挽回できるとしている。業績は07年3月期を底に回復基調・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.24 2008年07月15日(火)
09/3期は売上高が横ばいにとどまるものの、機器販売・サービスの収益性改善により、二桁の営業増益が見込まれる。主要事業を中心に利益体質が定着しつつあり、業績は07/3期を底に回復基・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.23 2007年12月04日(火)
機器販売・サービスのコア3事業が堅調に推移しており、安定的な連結収益基盤の構築が着実に進んでいます。また今中間期は、M&A等により医療事業の更なる強化を図りました。こうした・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.22 2007年08月07日(火)
通期の利益予想は据え置かれましたが、ほとんどの事業で損益が改善しており、特に携帯電話販売のアイ・ティー・テレコム(株)を中心にしたモバイル事業では大幅改善となっています。第・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.21 2007年06月05日(火)
携帯電話販売事業、医療事業、自動車アフターマーケット事業のコア3事業を中心に安定的な連結収益基盤の構築が着実に進んでいるとの判断から、「06経営基本計画」の・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.20 2007年02月27日(火)
同社の事業は法人向けが多いため、業績は下期偏重で、特に第4四半期に集中する傾向があります。携帯電話販売事業も3月が大きな商戦期です。同社が現在取り組む『機器販売・サービスの強化』はこの・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.19 2006年11月29日(水)
中間決算は赤字となりましたが、同社の事業は従来、業績は下期偏重で特に第4四半期に集中する傾向があります。特に機器販売・サービスにおいてこの傾向が強く・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.18 2006年08月22日(火)
新興株式市場において、上場企業の各種問題に起因する上場審査の厳格化や、システム問題による上場手続きの一時期停止等によるIPO(新規公開)環境の変化に加え、機器販売・サ-ビスのモバ・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.17 2006年06月06日(火)
新興株式市場において、上場企業の各種問題に起因する上場審査の厳格化や、システム問題による上場手続きの一時期停止等によるIPO(新規公開)環境の変化に加え、機器販売・サ-ビスのモバイル事業の利益減少等・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.16 2006年03月07日(火)
機器販売・サービスに関しては第4四半期に売上が集中する傾向がありますが、現在のところ業績は当初計画どおりに推移しているようです。
同社は今期を「事業創出サイクルの加速の元年」と位置づけ・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.15 2005年12月13日(火)
上期は増収・営業減益、通期でも減収・減益の見込みですが、同社が目標としている、「機器販売・サービスの黒字化」は前期に続いて達成の見込みであり、増益の予想です・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.14 2005年09月06日(火)
第1四半期の決算短信の1ページ目だけを見ると、売上は増加したものの大幅な損失となったことにのみ目がいきがちですが、上記の通り「同社のビジネス上の特質」、「投資育成事業における前年同期の特殊要因」などが要因で・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.13 2005年06月14日(火)
減収・減益となりましたが、同社が目指している「機器販売・サービスの黒字化」が実質的に達成できました。
また経営基本計画においては、グループ会社の連結事業収益の・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.12 2005年03月15日(火)
通期で減収の見通しですが、当期純利益においては10億円の黒字を見込んでいます。また、経営基本計画において「オリンパスとの一層の戦略的関係強化」を掲げていますが、上述のケイエスオリンパスの子会社化など・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.11 2004年12月07日(火)
足元の中間決算では達成できませんでしたが、同社が目標としている「機器販売・サービス」での営業黒字化が通期では達成できる見込です。
また、中期的な取り組みにおいてはオリンパスとの一層の・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.10 2004年08月25日(水)
同社はその事業内容の特性から、今回のような特殊要因による業績数値の変動が避けがたいという要素があり、そのため今後も業績を見ていくうえでは表面上だけではなく、そうした点に留意していく必要があります・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.9 2004年06月22日(火)
目標としていた「機器販売・サービス」の黒字転換を達成することができ、収益力の安定性が強化されました。
経営基本計画によれば・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.8 2004年03月02日(火)
前期にあったコストが今期なくなったという面はあるものの、売上、利益共に堅調に推移しているようです。特に事業のベースと位置付ける機器販売・サービスは、増収で営業利益ベースでの損失額も縮小しています・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.7 2003年12月16日(火)
本文中でも触れましたが、2007年3月期に向けた経営基本計画を策定中で、来年の5月頃までには発表できる予定です。
計画のベースとしては・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.6 2003年09月02日(火)
第1四半期は赤字となっていますが、これはシステムインテグレーション関連(システム開発関連)会社群の売上計上が第4四半期(1月〜3月)に比較的多いためで、通期の営業利益・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.5 2003年07月01日(火)
企業のIT投資抑制、株式市場の低迷など良好な市場環境ではありませんが、フュージョン・コミュニケーションズの黒字化など、これまでの投資・育成が実ってきた明るい面も見えてきました・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.4 2003年04月08日(火)
オリンパスとの戦略的関係強化は同社の企業理念、具体的な活動・行動を変更させるものでなく、様々な事業の発掘・投資・育成を従来以上に効率化、スピードアップさせる為・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.3 2002年11月05日(火)
同社は大変積極的に事業展開を行っており、様々なリリースを同社HPでみることができます。その中でも、今回取り上げた2つの事業は、「企業構造改革」という観点から、非常に・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.2 2002年06月18日(火)
5月1日に同社では新社長として取締役CFOであった横尾昭信氏が就任しました。横尾氏は53歳。もともと同社設立のビジョン作りの中核メンバーの1人です。
また、本年6月25日の・・・
ブリッジレポート:(2725)ITX vol.1 2002年02月05日(火)
同社では、中長期的なビジョンのひとつとして「構造改革プロデューサー事業の確立」を掲げています。
これは、大企業、オールドエコノミー企業が新しい時代に生き残り、・・・
ブリッジメール
説明会の案内、レポート情報、各企業のニュースリリースなどの情報が盛りだくさんのメールマガジン
登録前に「メルマガ利用規約」をお読みください。
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー