Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
読売ブリッジサロン
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.25 2017年07月25日(火)
同社の強みは、コンタクトセンター、フィールド部隊、そしてITモバイル。この強みを活かして、人でしかできないサービスに磨きをかけ、差別化を図っていく考え。創業から手掛けるコンタクトセンターは質の高い顧客対応力が・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.24 2017年02月14日(火)
同社は2016年10月30日に創立30周年を迎えた。地方拠点と地方人材の活用を成長エンジンとし、創立から15年で株式を上場し、そして株式上場から15年が経過した事になる。これを機に更なる成長に向けた事業の基盤の構築に・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.23 2016年11月22日(火)
“NEXT 10”プロジェクトの下、強みであるコンタクトセンター、フィールド部隊、そしてITモバイルを活かして、人でしかできないサービス、同社にしかできないサービスに磨きをかけていく考えだ。昨今、コンタクトセンター・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.22 2016年08月23日(火)
同社には、顧客企業から様々な要望が寄せられている。新たにサービスを開始したエネルギー自由化対応サービスや民泊・インバウンド対応サービスは、こうした要望に応えたもので、現場部隊であるフィールドワーク子会社の・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.21 2016年07月12日(火)
富山BPOタウンは3月末で約200名となった。期末時点で700〜750席が空いており(売上計上がない)、その減価償却費約2億円が利益の圧迫要因となったが、270億円超の売上がもたらしたスケールメリットは想定以上に大きく、・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.20 2016年03月08日(火)
厚生労働省が1月29日に発表した2015年12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.27倍となり、前月に比べて0.02ポイント上昇した。1991年12月(1.31倍)以来24年ぶりの高い水準だと言う。業績が順調に拡大している同社だが、・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.19 2015年12月22日(火)
同社の玉上社長は11月9日の上期決算説明会で「伸び代は大きいが、リスクも顕在化してきた」と上期決算を総括した。事実、主要事業が揃って高い売上の伸びを示しており、確かに伸び代は大きそうだ。特にインシュアランス事業は・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.18 2015年09月01日(火)
上期予想に対する進捗率は、売上高52.4%、営業利益54.2%、経常利益49.3%。16/3期は順調なスタートを切ったと言えるが、コンタクトセンターの整備に加え、システム、インフラ、現場部隊、モバイル対応等への投資に・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.17 2015年07月14日(火)
新中期経営計画では、高い営業利益率を維持しながら売上の拡大を目指す事になる。事業セグメント毎の取り組みは(横展開、縦展開及び新規分野)、日々の業務を通して吸い上げられたクライアントニーズに基づくものや・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.16 2015年02月24日(火)
来16/3期も主力事業を中心に好調な業績が続く見込みだ。ロードアシスト事業は、国内の車両販売が頭打ちとなる中、自動車メーカーや販売会社がサービス収入の拡大に力を入れている事が追い風となる。・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.15 2014年12月16日(火)
ロードアシスト事業、プロパティアシスト事業、及びインシュアランスBPOの3事業は来期以降の見通しも明るい。ロードアシスト事業では、国内の車両販売が頭打ちとなる中、自動車メーカーや販売会社がサービス収入の拡大に・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.14 2014年08月12日(火)
上期予想に対する進捗率は、売上高48.3%(前期の実績ベースの進捗率48.0%)、営業利益54.1%(同47.5%)、経常利益60.3%(同42.1%)。合弁会社の好調もあり、経常利益の進捗が顕著である。会社側の想定を・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.13 2014年07月15日(火)
14/3期は合弁会社への業務移管の影響を吸収して、営業利益が過去最高を更新した。円高修正の恩恵も一部にはあったが、充実したサービスラインナップを有する事と、個々のサービスにおいて販売力・収益性の両面で・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.12 2014年02月18日(火)
合弁会社への業務移管の影響を短期間で吸収し、14/3期は増益に転じる見込み。円高修正の恩恵も一部にはあったが、充実したサービスラインナップを有する事と、個々のサービスにおいて販売力・収益性の両面で・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.11 2013年12月24日(火)
合弁会社への業務移管の影響を短期間で吸収し、14/3期は増益に転じる見込み。円高修正の恩恵も一部にはあったが、充実したサービスラインナップを有する事と、個々のサービスにおいて販売力・収益性の両面で・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.10 2013年08月27日(火)
売上が順調に伸びている事に加え、コストの抑制や業務プロセスの見直し等による生産性の改善も顕著で、合弁会社への業務移管に伴う利益面での影響を吸収できる体制が整いつつあるようだ。このため、下期は山形BPOガーデン・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.9 2013年07月09日(火)
今後、ダイレクト通販系損保のロードサービスのシェア拡大に伴い認知度が向上したロードサービス(同社の事業セグメントではロードアシスト事業)の保険特約化の流れが進む見込みであり、ロードアシスト事業の中期的な見通しは・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.8 2013年02月19日(火)
13/3期第3四半期はNKSJグループ向けサービスを合弁会社(株)プライムアシスタンスに移管した影響が大きかったが、中期的には(株)プライムアシスタンスを通じて、NKSJグループが保有する保険契約向けのサービスへの展開が・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.7 2012年12月18日(火)
注力分野として挙げているインシュアランス事業の延長保証プログラム、ヘルスケア・プログラム、及びプロパティアシスト事業のホームアシスト・サービスがいずれも順調だ。延長保証プログラムでは、海外メーカーに比べて・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.6 2012年09月05日(水)
インシュアランス事業やプロパティアシスト事業の動向から注力分野は順調に推移しているものと思われる。ただ、下期以降、NKSJグループの受託業務が合弁会社へ移行するため、主力のロードアシスト事業がこの影響を受ける。・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.5 2012年07月03日(火)
ロードアシスタンスサービスはこれまで自動車保険のオプションとして扱われていたが、需要が大きいため損保各社は自動車保険の標準付帯サービスとして取り扱いを拡大させていく考え。国内3大損保グループの一角を占める・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.4 2012年02月21日(火)
12/3期は第3次中期経営計画の2年目として、事業の「選択と集中」の加速及びIT化を中心とする原価管理体制の見直しに取り組んでいる。想定を超える円高の影響等で原価管理の面での効果が見え難くなっているものの、・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.3 2011年12月06日(火)
2012年3月期第2四半期は、為替の影響を考慮すれば概ね会社計画線での着地となった。会社側は第1四半期の時点で第2四半期より売上利益の成長モメンタムが上昇基調に転じるとしていたが、見事にその想定を具現化した格好である。・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.2 2011年08月23日(火)
2012年3月期第1四半期は、為替の影響を考慮すれば概ね計画線での着地だったと言えよう。第3次中期経営計画2期目を静かに船出していったとの印象である。成長要素の高い事業への経営資源集中を根幹とした第3次中期経営計画に・・・
ブリッジレポート:(4290)プレステージ・インターナショナル vol.1 2011年06月28日(火)
2011年3月期は、セグメント間の入り繰りや為替の影響が多少あったものの、概ね2010年3月に開示された第3次中期経営計画に沿った着地だったと言えよう。成長要素の高い事業への経営資源集中を根幹とした第3次中期経営計画に・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー