Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
読売ブリッジサロン
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.22 2017年07月04日(火)
同社の第1四半期売上高の通期実績に対する構成比を過去にさかのぼってみると、概ね24〜25%となっている。今期の対通期予想進捗率は25.3%であり、トップラインはほぼ予想通りに推移しているようだ。一方営業利益の構成比は・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.21 2017年04月18日(火)
国内、特に首都圏マーケットは大手顧客の設備投資抑制、価格競争の激化と、決して良好とは言い難い事業環境であり、同社もその影響は避けられないようだ。ただ、そうした環境下でも、競合優位である営業・サービス体制を・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.20 2017年01月17日(火)
業績モメンタムに大きな変化はない。国内では、今年に入り、大手外食チェーンの出店抑制傾向が続いているものの、同社は幅広いポートフォリオをもっており、売上は対前年同期比プラスであった。また、海外では為替の影響を・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ vol.19 2016年10月25日(火)
前回レポートで、「国内売上は通期予想3.9%増収に対し、第1四半期はそれを大きく上回る8.2%であったことが注目される。もちろん今期はまだ始まったばかりであるが第2四半期以降、国内売上のモメンタムを注視したい。」と・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.18 2016年06月21日(火)
第1四半期売上高の通期実績に対する構成比を過去5年間さかのぼってみると、2013年12月期の22.5%を除くと24.0〜25.1%となっている。今期の対通期予想進捗率は24.8%であり、第1四半期増収率が通期予想を上回る・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.17 2016年04月12日(火)
今回のポイントで触れたとおり、同社は新たに2016年から2020年までの5年間の経営ビジョンを発表している。同ビジョンでは、経営方針として「フードサービス機器業界 グループ売上高世界No.1」の達成と「グローバルな環境変化に・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.16 2016年01月12日(火)
期首には2%程度の伸びと見ていた国内売上だが、飲食店及び飲食店以外の顧客への拡販、スチコンを始めとした調理系機器の拡販などの施策が想定通り結果に結び付き、第3四半期累計では前年同期比6.3%増と好調だ。加えて・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.15 2015年09月29日(火)
前回のレポートで『今後、国内においては、会社側が「増税後の影響は当初想定より限定的」と捉えていた前年同期との比較となる第2四半期以降の国内販売状況に注目したい。』と記したが、主力製品の既存及び新規顧客への・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.14 2015年06月23日(火)
前回のレポートで触れたように、会社側は好調だった2014年の需要反動減を懸念しており、現に当第1四半期は国内売上はほぼ横ばいで、利益は微減益だった。一方で海外売上は主要通貨である米ドルの円安によるプラス影響に・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.13 2015年03月31日(火)
国内において潜在顧客数が減少傾向にある等逆風の中、製氷機や業務用冷蔵庫等の主力製品で既に高いシェアを有している同社は、業態別の売上でみても飲食店・飲食店以外共に売上を増加させている。この背景としては、・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.12 2014年12月24日(水)
第3四半期(累計)売上高の通期予想に対する進捗率78.7%となっている。同社は冷蔵庫、製氷機といった取扱い製品の性質上、気温の上昇する第2四半期(4-6月)ないし第3四半期(7-9月)売上高の構成比が高く、・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.11 2014年10月07日(火)
下期の売上動向について会社側は国内外共に慎重に見ているようだが、上方修正後の通期見通しに対する上期実績の進捗率は売上で5割を上回り、利益では6割に近い。また、売上構成比の高い第3四半期(7-9月)が冷夏の予想から・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.10 2014年07月08日(火)
消費税率引上げに伴う駆け込み需要後の反動減も懸念されるため、会社側は見通しを変えていないが、第1四半期は売上高・営業利益とも順調に推移したこともあり、特に営業利益に関してはかなりの進捗度合いであるといえる。・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.9 2014年04月08日(火)
会社側の今期予想は約5%の増収・営業増益、経常減益。為替、M&Aという外部の投資家からは予想が極めて難しい要因が介在するためなんとも言い難いが、前期比1.9%増と、かなり堅めの伸びを計画している国内市場で、・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.8 2014年01月14日(火)
第3四半期の通期予想の対する進捗率は、7月29日に上方修正を行いながらも売上高で7割超、利益で9割超となっており、慎重な見方でスタートした今期であったが業績は好調に推移している。業務用冷蔵庫、製氷機が主力製品で・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.7 2013年10月15日(火)
慎重な見通しでスタートした今期であったが、上方修正により2ケタの増収・増益予想となった。売上、利益両面において円安効果が大きいことは確かだが、それのみでなく、特に国内市場においては顧客ニーズにマッチした・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.6 2013年07月02日(火)
期初時点では、通期の国内売上をほぼ前年並みと見込んでいたが、第1四半期は前年同期比+4%と前提を大きく上回るスタートとなった。また、利益面においても、主力製品の販売増や円安の影響で大幅な増益となった結果、・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.5 2013年04月23日(火)
従来から中期的な売上・利益の成長、シェア拡大に向けて積極的なM&Aの実施を経営戦略として掲げてきた同社だが、短期間に上記2件のM&Aを実行した。特にWestern社の買収は、成長市場における有力な販売ルートの獲得と・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.4 2013年01月22日(火)
第3四半期(7−9月)については、特別に大きな変化があったわけではなく、第2四半期までの好調な流れが継続している。復興需要など外部環境に恵まれた点もあるだろうが、「プラス領域の開拓」、「競争力の高い省エネタイプの・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.3 2012年11月06日(火)
好調な上期であったが、会社側では3Q以降の業績について国内、海外ともにかなり慎重に見ている。確かに海外市場は、欧米の子会社ランサー、グラムともに苦戦が予想されるなど不透明感が強いようだが、「プラス領域」の開拓が・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.2 2012年08月14日(火)
通期予想の進捗率は、第1四半期終了時点で売上高で25.1%、経常利益で32.9%と大変好調だ。震災の復興需要が予想以上に根強かったこともあるようだが、顧客開拓が順調に進んだのに加え、節電意識の高まりの中で、省エネタイプ・・・
ブリッジレポート:(6465)ホシザキ電機 vol.1 2012年05月15日(火)
中期的な売上、利益拡大のためには、M&Aを着実に実行できるかどうかが重要なポイントの一つとなってくる。ただ、案件を成立させた場合でも、収益への貢献が想定通りに進むかについては不確定要因も多いことは留意して・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー