Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
読売ブリッジサロン
Twitter
Facebook
サイト内 検索
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.28 2017年09月05日(火)
「食道再生上皮シート」の治験は、フェーズ3相当の治験を9症例で実施する。症例数は少ないが、治療治験のため、より高い安全性が求められている事や他の疾患や併用薬との因果関係を排除する必要があるため被験者の・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.27 2017年06月20日(火)
細胞培養センターの「特定細胞加工物製造許可」を取得やMetaTech社との間で細胞シート再生医療事業に関する台湾での独占的事業提携契約を締結等、一定の成果を上げた事に加え、新株予約権の行使が進み資金調達も進んだ・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.26 2017年03月07日(火)
「食道再生上皮シート」は、患者のリクルートに時間を要したため治験の開始が遅れ、販売承認申請(2018年)及び販売承認取得(2019年)が1年後ろ倒しになったが、現在、9症例でフェーズ3相当の治験が進められている・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.25 2016年12月20日(火)
国立がん研究センター(中央病院、東病院の2施設)及び東京女子医大において「食道再生上皮シート」治験が進行中である。2017年の販売承認申請の提出を目指して、フェーズ3相当の治験が9症例で実施されており、順調に進めば・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.24 2016年08月30日(火)
「食道再生上皮シート」の治験開始や自社細胞培養施設の整備に加え、テルモ(株)との「細胞培養器材に関する取引基本契約」の締結や米国Emmaus Medical Inc.との米国角膜再生上皮シート事業関連の特許実施許諾契約等、・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.23 2016年05月31日(火)
「食道再生上皮シートの治験届の再提出」、「テルモ(株)との細胞培養器材に関する取引基本契約締結」共に、期初の予定通りに進んだ。食道再生上皮シートについては、2017年に販売承認申請を提出し、2018年に販売承認を・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.22 2016年03月08日(火)
提出からわずか20日余りで、食道再生上皮シートの治験届を取り下げた。治験届提出後のPMDA(審査機関)との質疑応答の中で、実施中の非臨床試験について、いくつかの変更点が出てきたため、2016年4月前後に再提出する予定で・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.21 2015年12月01日(火)
同社が参加する自己軟骨細胞シートの品質評価に関するプロジェクトが、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(以下、AMED)が公募した平成27年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療等の産業化に・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.20 2015年09月08日(火)
この半年で、「日本発の細胞シート工学を基盤とした新たな治療法を一日も早く患者さんにお届けするという私たちの目標の実現にさらに一歩近づいてきた事を実感している」と言うのが、上期を振り返っての橋本社長の感想だ。・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.19 2015年06月02日(火)
世界に先駆けて先進的な法体系が整備され、国をあげての支援を受ける国内の再生医療ではあるが、第1号の販売承認が下りるのは数年先だ。このため、同社においても、現状では細胞シート再生医療事業の収益化の時期を・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.18 2015年03月24日(火)
世界に先駆けて先進的な法体系が整備され、国をあげての支援を受ける国内の再生医療ではあるが、第1号の販売承認が下りるのは数年先だ。このため、同社においても、現状では細胞シート再生医療事業の収益化の時期を明確に・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.17 2014年12月09日(火)
同社のミッションは、再生医療を一日も早く実現する事。そして日本初のユニークな再生医療技術である「細胞シート工学」を世界に発信し、安全で品質の高い製品、サービスを提供し医療の変革に貢献する事である。・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.16 2014年09月02日(火)
日本の再生医療は承認のためのハードルが高く、世界に比べて実用化が遅れていたが、2013年に実施された薬事法の改正や再生医療の安全性確保等に関する法律(再生医療新法)の成立で法制度の整備が進み環境が大きく変わった。・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.15 2014年06月03日(火)
日本の再生医療は承認のためのハードルが高く、世界に比べて実用化が遅れていたが、2013年に実施された薬事法の改正や再生医療の安全性確保等に関する法律(再生医療新法)の成立で法制度の整備が進み環境が大きく変わった。・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.14 2014年03月11日(火)
日本の再生医療は承認のためのハードルが高く、世界に比べて実用化が遅れていた。しかし、2013年に実施された薬事法の改正や再生医療の安全性確保等に関する法律(再生医療新法)の成立で法制度の整備が進み、再生医療を・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.13 2013年12月10日(火)
経済産業省によると、12年に1,000億円だった再生医療の世界の市場規模は50年には38兆円に拡大する見込みで、細胞を培養する装置等の関連市場も2,400億円(12年)から15兆円(50年)に拡大するという。日本の再生医療は、・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.12 2013年09月17日(火)
4月に成立した再生医療推進法は再生医療の実用化を目指すもので、生命倫理に配慮しつつ、安全な研究開発や普及に向けて総合的に取り組む事が基本理念に盛り込まれている。また、普及を促進する施策を策定・実施する責務が・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.11 2013年06月25日(火)
再生医療ではシート状の細胞を用いる事が少なくないが、温度応答性細胞培養器材を用いて作製した細胞シートは、シート状のまま、かつ細胞外マトリックス等を保持した状態で回収できるため、患部定着率が高く増殖も容易だ・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.10 2013年03月26日(火)
今回、新しい方針が打ち出された。これまで、シーズの発掘から、上市、量産、販売に至るまで、同社の管理の下で一貫して事業を進めていく考えだったが、今後は、同社の最大の武器であり、細胞シートの培養に不可欠な・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.9 2012年09月18日(火)
若干遅れ気味ではあるが、概ね順調な進捗だ。今後の資金繰りに影響するエマウス社からの一時金850万米ドルの入金についても、特に不安はない。製造プロセスに関するデータの提供・検収をもって支払を受ける予定だが、製造は・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.8 2012年07月10日(火)
11/12期決算短信に「継続企業の前提に関する事項の注記」が追記された。研究開発型企業の宿命なのだが、営業損失と営業キャッシュフローのマイナスが続いている事がその理由だ。しかし、既に説明したとおり、・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.7 2012年03月13日(火)
事業計画が1年程度後ろ倒しになった感がある。しかし、計画が後退した訳ではなく、前例の無い再生医療の分野であるだけに事前に織り込む事ができなかった作業が発生したと言う事。今後も新たな作業が増えるかもしれないが、・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.6 2011年11月29日(火)
6月に「角膜再生上皮シート」の販売承認申請が完了(EMAによる受理も確認済み)し、9月には「軟骨再生シート」の臨床研究実施計画を了承する方向性が示された事で全てのパイプラインが臨床研究又はそれ以降の段階に・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.5 2011年09月06日(火)
角膜再生上皮シート事業の収益化に向けた取り組みが着実に進んでいる。来12/12期は欧州での角膜再生上皮シート事業で人道的使用にかかる売上の拡大が見込まれ、期末までには販売承認が取得できそうだ。続く13/12期は、・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.4 2011年05月31日(火)
これまでの医療を根本的に変革する大きな可能性を秘めた新しい再生医療が現実のものとなりつつある。11/12期のスタートは順調であり、軌道に沿って進む歩みにブレがない事が安心感を誘う。実際、今期中に欧州での人道的使用が・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.3 2011年03月08日(火)
マイルストーンが変更され利益計上時期が当初の計画よりも遅れる事となった。しかし、ダムール博士の治験結果(速報)に示されたように治験の結果は良好なようだ。「上市に向けた最大のハードルがクリアされた」と言っても過言ではないだろう。・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.2 2010年11月30日(火)
同社に先んじて株式を上場したバイオベンチャーは多いが、残念ながら多くのケースで期待を裏切られる事が多かった。このため、業績予想の下方修正等があると、「セルシードよ、お前もか」と言いたくなるのだが、先例との・・・
ブリッジレポート:(7776)セルシード vol.1 2010年08月31日(火)
再生医療は、ES細胞(胚性幹細胞:Embryonic stem cells)やiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)といった全ての組織に分化する分化多能性を持った幹細胞を使った方法がよく話題になるが、・・・
ブリッジメール
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー