Information Interchange of the Company and Investor
株式投資・IR情報ポータルサイト ブリッジサロン
アンケートモニター募集
Twitter
Facebook
HOME 掲載企業データベース 適時開示 セミナー開催情報 当社について お問い合わせ サイトマップ
ブリッジレポート
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
「ブリッジレポート」では、注目企業の事業内容・経営戦略・将来の姿などをわかり易くお伝えします。掲載企業は随時フォローアップ!
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.49 2017年04月11日(火)
折からのリターンライダーブームの中、同業他社を圧倒するラインナップと洗練されたグラフィックデザイン、更には、BMWとの提携等、今回も見応えと話題性に富んだ同社ブースだった。もちろん業績も好調だ。上期予想に・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.48 2016年12月20日(火)
17/9期のプレミアムヘルメットの販売数量計画は、前期比微増を想定している。工場は前期からの受注残もありフル稼働の状態にあり、休日出勤を増やして対応しているが、需要に供給が追いつかない。言い換えると、今期の・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.47 2016年08月09日(火)
15/9期の為替レート(1USドル=120.04円、1ユーロ=137.48円)に対して、16/9期の前提(1USドル=109.68円、1ユーロ=124.93円)は大幅な円高だが、好調な受注による高水準の工場稼働率と為替予約により、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.46 2016年05月17日(火)
通期予想に対する進捗率は、売上高44.3%、営業利益59.5%、経常利益60.7%と順調。上期は海外売上高が減少したが、主力の欧州は、ドイツの大規模ディーラーの調整が12月でほぼ終わり、1月以降、回復基調にあるようだ・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.45 2016年04月12日(火)
サーキットユースに重点を置いて開発された「X-14」と“ENJ・OY THE RIDE !”をコンセプトに開発された「J・O」と言う対照的な2つのモデルが今シーズンの新製品である。発売を直前に控えて共に前評判は上々で、ネットでも・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.44 2016年03月01日(火)
上期の決算を上方修正する等、16/9期の出足は順調だ。国内は、引き続き訪日客需要があったものと思われ、想定以上だったのではないだろうか。海外では、中国で販売強化の成果が出ているようだし、ドイツでの苦戦が響き・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.43 2015年12月15日(火)
16/9期の業績予想はネガティブな材料を全て織り込んだ。例えば、北米での在庫調整を想定しているが、足元で顕在化しているわけではなく、前期の出荷を踏まえての想定である。今期は北米での大規模な販促を予定しており、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.42 2015年05月26日(火)
今期の欧州での販売は為替の急激な変動の影響を受けるが、子会社を中心にした販売ネットワークの整備が進んでおり(現在、売上の70%は子会社経由による販売)、販売力は年々向上している。デフレ懸念が残り、景気の足元が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.41 2015年04月21日(火)
第42回東京モーターサイクルショー2015の同社の目玉となった「HORNET ADV」と「J-FORCE IV」はまずまずの評価を得たようだ。明確なコンセプトの下で更なる高機能化を図った新製品を、毎期、継続的に投入できる事が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.40 2014年12月24日(水)
(社)日本自動車工業会によると、日本の250CC以上のバイク市場(販売台数)は2011年に底打ちして2013年は60千台を超えた。また、Motorcycle Industry Councilによると海外のバイク市場は、米国が2010年から2011年に・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.39 2014年08月26日(火)
14/3期第3四半期の地域別の売上をみると、当第3四半期(4-6月期)は欧州地域で前年同期比28.0%の増収になるなど回復傾向が強まっていることが確認された。回復が遅れていた南ヨーロッパの二輪車市場が底打ちしてきたことに・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.38 2014年05月20日(火)
通期の業績予想が据え置かれたが、足元の好調な販売に加え、新製品が高い評価を得ている事から先行きに特段の不安はない。日本では景況感の回復を追い風に二輪車市場が回復基調にあり、二輪車市場にようやく底打ち感が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.37 2014年04月15日(火)
2014年のバイクシーズンを前に投入された新製品「Z-7」。軽量・コンパクトがコンセプトとは言え、モノトーンで単純な形状の競輪用ヘルメットを手にした事がある筆者は、複雑な形状で、メタリックの様な外観から、それなりの・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.36 2014年02月18日(火)
今後の二輪車の市場動向を占う上で、好悪の材料が表面化している。米国におけるQE3解除への懸念からくる世界的な株式市場の調整と新興国通貨の混乱など、これまで順調に回復してきた株式市場と為替市場に変化が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.35 2013年12月24日(火)
リーマンショック以降、同社を取り巻く環境は、日本と欧米における個人消費の冷え込み、円高進行、流通在庫の増加の三重苦に見舞われてきた。こうした中、同社では外部環境の好転に頼るのではなく、顧客満足度の高い付加価値の・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.34 2013年08月20日(火)
米国景気回復に伴うQE3解除に対する懸念があるものの、足元6月の米国自動車販売台数(乗用車と小型トラック)は季節調整済み年率換算(SAAR)で1,596万台となるなど回復感を強めている。今後北米の2輪車市場においても・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.33 2013年05月21日(火)
昨年年末のアベノミクスの導入以降、ドル円相場及びユーロ円相場はわずか5ヶ月で20%以上の円安が進行、日経平均株価も60%以上上昇するなど、円安・株高のピッチの速さに警戒感が高まっている。一方、サププライム・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.32 2013年04月09日(火)
大手代理店との提携の下での販売となる米国は若干在庫調整が遅れているようだが、欧州では流通在庫の調整が完了したドイツやフランスで新製品が素直に受け入れられる環境が整ってきた。また、日本では何よりも景況感の改善が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.31 2013年02月12日(火)
同社にとって最大のマーケットである欧州経済の先行きとユーロ円相場の動向には目が離せない。昨年7月26日にECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁が「ECBは責務の範囲内でユーロを守るためにできることは何でもする用意がある」と・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.30 2013年01月22日(火)
同社にとって最大のマーケットである欧州経済の先行きとユーロ円相場の動向には目が離せない。9月に入りECB(欧州中央銀行)がOMT(事前に量的制限を設けない新しい国債購入プログラム)を決定以降、南欧の国債利回りは・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.29 2012年08月21日(火)
同社にとって最大のマーケットである欧州経済の先行きとユーロ安に対する不安は依然として払拭できない。しかし、スペインやイタリアを中心に欧州債務危機が深刻化する中、ECBのドラギ総裁は8月2日の理事会後の記者会見で、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.28 2012年05月15日(火)
ギリシャの総選挙では緊縮財政路線に反対する急進左派が躍進して連立与党が議席を減らし、フランスの仏大統領選では、欧州の債務問題対策でドイツのメルケル首相と共に中心的な役割を果たしてきた現職のサルコジ氏が敗北した。・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.27 2012年04月10日(火)
3月23日(金)から3月25日(日)にかけて、江東区有明の東京ビッグサイトにおいて第39回東京モーターサイクルショーが開催されました。東京モーターサイクルショーは、春のバイクシーズンに先がけて毎年3月下旬に開催される・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.26 2012年03月21日(水)
第1四半期は2桁減収、赤字転落となった。円高の影響もあり、上期は予想業績未達の可能性もある。一方で、ニューモデル投入を控えて受注は増加しており、第2四半期以降の巻き返しが期待される。需要期を迎える第3四半期後半以降・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.25 2011年12月20日(火)
11/9期は前期以上の生産調整を余儀なくされたものの、雇用維持を最優先とする基本方針の下、正規社員、非正規社員共に人員削減は一切行わなかった。12/9期も日米欧3極に加え、新興国のマクロ経済の先行きにも不透明感が・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.24 2011年09月27日(火)
政治の混乱等で震災からの復興が遅れている国内での販売に先行き不透明感がある上、史上最高値水準にある為替レートも懸念材料である。しかし、海外販売が回復基調にある事が明るい材料。極端な円高が修正されれば、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.23 2011年05月24日(火)
3月11日に発生した東日本大震災では、岩手工場と茨城工場が被災した。このうち茨城工場が3月22日に操業を再開し、被害が大きかった岩手工場もレーザー加工機等、被害を受けた生産設備の修理が完了し、3月31日に通常稼働に戻った・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.22 2011年02月22日(火)
第1四半期は大幅な減益となったが、上期の苦戦は当初から予想されていた事で想定の範囲内。長引く円高の継続や海外での在庫調整の遅れ等、懸念材料はあるものの、第1四半期の国内がそうであったように国内外で新モデルへの・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.21 2010年12月28日(火)
四輪者販売を押し上げたエコカー補助金のような特別な援護策も無く、日米欧の二輪車販売が前期比マイナス成長を続けた事に加え、急激な円高の影響もあり10/9期は厳しい決算となった。11/9期も日米欧市場が病み上がりの・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.20 2010年08月10日(火)
同社の業績には季節性があるため、四半期業績は右肩上がりにならないが、前年同期比の推移を見るとモーメンタムの好転が明らかだ。リーマンショック後の大恐慌的なパニックに加え、その後のソブリンリスクと欧州の金融不安等・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.19 2010年05月18日(火)
上期は前年同期比43%の営業減益となったが、第2四半期(1-3月)の3ヶ月間に限ると、前年同期と同水準の営業利益を確保した。新製品効果と経費削減効果が顕在化しつつあり、業績は最悪期を脱した感がある。ただ、スタートでの予想以上の苦戦に加え、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.18 2010年04月06日(火)
快適で安全な高速走行に必要な事は、「体はホットに、頭はクールに、そして視界良好」。新製品「X-TWELVE」はこれらの点に更なる改良が加えられた。また、経験しないとわからない事だが、高速走行がゆえにライダーが感じる・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.17 2010年02月09日(火)
厳しい事業環境が続いているものの、主力の欧州向けが金融経済危機による落ち込みから持ち直しつつある事が確認できた。また、北米での苦戦やコスト増は当初から予想していた事であり計画の範囲内である。・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.16 2009年12月08日(火)
09/9期は景気悪化の影響に加え、円建て取引をしている欧州のディストリビュータが急激な円高を受けて小売価格の改定を行った事も需要の減少に拍車をかけたようだ。海外への製品デリバリーは、船便で4ヶ月間を要する・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.15 2009年08月11日(火)
在庫調整の遅れから海外では新製品効果が出にくい状況が続いている。米国の場合、大手代理店1社に販売を任せているため流通在庫のコントロールも比較的容易なのだろうが、欧州のように多くの国にまたがり、代理店の数も多いと、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.14 2009年07月07日(火)
過去数年間、高い成長が続いてきたため、当初から今期(09/9期)は足場固めを行なう期との位置付けであったが、昨秋以降の外部環境の厳しさは予想を超えており、上期は苦戦を強いられた。ただ、この3月には、革新的シールド・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.13 2009年06月23日(火)
過去数年間、高い成長が続いてきたため、当初から今期は改めて足場固めを行なう期との位置付けであった。この判断は正しいと考えるが、外部環境の厳しさは当初の予想を超えており、足下は若干苦戦気味である。ただ、この3月・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.12 2009年04月07日(火)
今秋には「東京モーターショー」の開催が予定されているが、米国自動車メーカー等、大手の出展取りやめが喧伝されており、東京モーターショーに限らず、自動車関連のイベントは相次いで縮小されるようだ。・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.11 2009年02月03日(火)
第1四半期は厳しい決算となったが、会社予想の範囲内であり、事業計画に狂いが生じているわけではない。例年、第2四半期は、第1四半期よりも売上が増える事や為替予約が進んでいる事もあり、上期はほぼ期初予想に沿った・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.10 2008年12月16日(火)
同社の業績予想は常に慎重だが、09/9期は世界的な景気の落ち込みと円高で掛け値なく厳しい。配当性向に基づく株主還元を実施しているため、利益が下振れすれば配当も下振れしてしまうが、同社の業績予想はその時点での・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.9 2008年08月12日(火)
第3四半期までの好調な業績を踏まえ、通期の業績予想を上方修正した。売上高純利益率は前期の12.0%に対し、08年9月期は14.1%と一段と向上する見込み。無借金、安定した営業基盤、・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.8 2008年06月24日(火)
同社は、必需品であり、かつファッション性が重視されるプレミアムヘルメットで勝ち残り、世界的に独走態勢を固めつつある。安定した営業基盤を背景に、2007年9月期で12.0%と高・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.7 2008年02月19日(火)
第1四半期の進捗率は営業利益ベースで36.0%(前年同期の進捗率27.8%)。為替の先行きに不透明感はあるものの、2008年9月期も出足は好調です。もっとも、前年同期に比べユーロ安・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.6 2007年12月18日(火)
知名度の向上により欧州では販売エリアが東へ広がっていますが、今後は大西洋を渡り、BRICsの一角をなすブラジルを含め中南米での販売拡大にも取り組む考えです。また最近では、初・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.5 2007年08月07日(火)
プレミアムヘルメットの市場は、評価の高まりと共にオイル・ガス景気に沸くロシア・東欧へと拡大を続けています。販売好調な欧州子会社の勢いは当面弱まりそうになく、来期の業績にも・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.4 2007年05月29日(火)
上期は予想以上のオーダーが収益性の低下につながった新製品のシステムヘルメットですが、増産対応が進み、下期は収益性の改善が見込まれます。上方修正された通期予想ですが・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.3 2007年04月10日(火)
普段何気なく見ているヘルメットですが、他社の製品と比べてみると、同社製品はベンチレーションに対する配慮が他社製品以上になされており、また、シールドの着脱の容易さ・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.2 2007年02月20日(火)
順調なスタートを切ったようです。第1四半期は長期性定期預金の預け入れ(5億円)を行ったため、投資活動によるCFが大幅な資金流出となりました。また、2月15日には、自己株式の消却も実施・・・
ブリッジレポート:(7839)SHOEI vol.1 2006年11月28日(火)
世界一のバイク用ヘルメットメーカーである同社のプレミアムヘルメットは、国内で1個5万円程度、米国で6万円程度、モータースポーツの・・・
ブリッジメール
説明会の案内、レポート情報、各企業のニュースリリースなどの情報が盛りだくさんのメールマガジン
登録前に「メルマガ利用規約」をお読みください。
アラート申込み
ブリッジサロン
ブリッジレポート
ブリッジメール
ブリッジリサーチ
社長ブログ
ニッポンの社長
楽天証券
アジア経営者連合会
ページ先頭に戻る
Copyright (c) 株式会社インベストメントブリッジ All Rights Reserved. 会社概要 免責条項 プライバシーポリシー