PR
「いろはにマネー」では、複数企業と提携し情報を提供する広告収益モデルで運営しています。
当サイト経由での申し込みが発生した場合は、各企業から支払いを受け取ることがありますが、広告の出稿によって「サービスへの評価が変わる/ユーザーの方へ不都合な変更をする」ことはありません。

NTN(エヌティエヌ)の株価はなぜ安い?業績低迷の理由や今後の展望を徹底解説

・NTNの株価が安いのはなぜ?
・同業他社と比較した強みや弱みは?
・今後の株価や配当はどうなるの?

このようなお悩みを解決します。


🔰いろはに結論

  • NTNは長く業績低迷が続いているために株価が安い
  • 新中期経営計画による構造変革で、利益率の改善に期待
  • 業績によっては配当が無配になる可能性があり、配当を期待しての購入もできない

NTNは世界中の自動車などで使われているベアリングを主に生産している会社で、日経225にも採用されている銘柄です。

それにもかかわらず、「株価が安い」と言われることがあります。

実際に株価が安いと言われる理由にはどのようなものがあるでしょうか。

そこで今回は、NTNの株価が安いと言われる理由やNTNの株価・配当の今後について分かりやすく解説していきます。

執筆:いろはにマネー編集部
執筆:いろはにマネー編集部

いろはにマネーは、20年以上にわたり投資家向けサービスを提供する株式会社インベストメントブリッジが運営しています。
株式や投資信託などの投資経験があるメンバー、仮想通貨投資経験者、20枚以上のクレカ保有者、証券アナリスト試験合格者など、それぞれの記事領域に見識の深いメンバーが運営しています。
X(旧Twitter):@IrohaniMoney

NTNの株価はなぜ安い?理由3つを解説

NTNの株価はなぜ安い?

💡このパートの要約

NTNの株価が安い理由は…

  • 10年間で4度の赤字!業績が低迷しており、収益安定性が低い
  • 自己資本比率が30%未満と低く、安全性の面で不安
  • 中国などの新興競合メーカーの台頭による競争激化と低価格競争

まず、NTNの株価推移を見てみましょう。

2002年から2024年までのチャートですが、2007年に最高値を更新して以降、ずっと低迷していることが分かります。

NTNの株価が安くて、なかなか上がらないのはなぜなんだろう?

NTNの株価が安い、上がらないと言われる背景には、いくつかの理由があります。

大きく以下の3つに分けて、考察していきましょう。

業績の低迷と収益安定性の低さ

NTNの株価が安い理由の一つは、業績が低迷しており、収益安定性が低いことが挙げられます。

ここで、NTNの業績の推移を見てみましょう。

NTNの業績
同社HPより
2019年3月期2020年3月期2021年3月期2022年3月期2023年3月期2024年3月期
売上高7,3386,5205,6286,4207,7408,363
営業利益27275-3169171281
営業利益率3.7%1.2%-0.6%1.1%2.2%3.4%
当期純利益-70-440-11673104106
単位:億円
同社HPと最新の決算短信よりいろはにマネー作成。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国内外において工場の稼働率が低下し、2019年3月期から2021年3月期まで当期純利益が赤字になっています。

2022年3月期は黒字転換したものの、コロナ禍の低調な業績から完全に回復することはできておらず、株価があまり上がっていません。

2014年にも赤字になっているんだよね…

2014年には特別損失や事業再編費用を計上したことから、146億円の当期純損失を計上しました。

このように、同社は約10年間で4回の赤字があることになります。

このような状況から、収益は安定しているとはいえないため、投資家の目にはよく映らないでしょう。

2024年3月期も、前中期経営計画の営業利益目標に届いていないね。

また同社は、今期の純利益が前期比52.7%減の50億円となる見通しを発表しました。

同社は現在、収益性の低い工場の再編などの構造改革を行っており、その関連費用を計上することを減益になる理由として説明しています。

自己資本比率が29%と低く、安全性の面で不安

NTNの株価が安い背景には、自己資本比率が29%と低く、安全性の面で不安があることが挙げられます。

自己資本比率とは?

自己資本比率とは、総資産に対する自己資本の割合のことを指します。

自己資本は他人資本(負債)とは異なり返済・支払義務がないため、自己資本比率が大きいほど財務安全性の高い企業だと評価されます。

製造業の自己資本比率の平均は約50%となっています。

これを踏まえると、NTNの自己資本比率29%はかなり低いことが分かります。

自己資本比率の他にも、企業の安全性や効率性などを分析する際に使う指標があります。

銘柄選びの際にも役に立つので、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

新興競合メーカーの台頭による競争激化と低価格競争

NTNの株価が安い理由の3つ目は、新興競合メーカーの台頭による競争激化と低価格競争にあります。

同社のメイン製品であるベアリングは、その収益力が低下しています。

2024年3月期も中期経営計画で発表した目標の営業利益に届いていないね。

その原因として、ベアリングを安く生産できる中国などの台頭が挙げられます。

安く大量にベアリングを生産する中国と価格競争をしなければならず、コストに関わらず利益率が上げにくい状況となっています。

また、原材料価格の高騰により調達コストが増加している中、それに対する価格転嫁が遅れている状況です。

中期経営計画で発表された構造改革によって体質が改善し、利益率の改善がみられることを期待しよう!

NTNの事業内容・業績

NTNの事業内容・業績

💡このパートの要約

  • NTNはベアリング(軸受)をメインの製品とするメーカー
  • 業績面では、コロナ禍で赤字になってから徐々に回復を見せ、黒字転換
  • 2025年3月期の当期純利益は前期比52.7%減となる見通しで、コストの削減が必須

ここでは、NTNの事業内容や業績について詳しく見ていきます。

事業内容

NTNではベアリング(軸受)を主力製品として、以下の3つの事業を展開しています。

自動車市場向け

自動車市場向けでは、ベアリングをはじめとした車の様々な部品を提供し、省燃費化やCO2排出量の削減に貢献しています。

ベアリングとは
ベアリングのイメージ
同社HPより

なんでベアリングは環境に優しいの?

ベアリングは、機械の中の軸を滑らかに回転させる部品です。

このベアリングがあることで摩擦が小さくなり、より少ないエネルギーで機械を動かすことができるのです。

同事業では、ハブベアリングとドライブシャフトが売上高の約8割を占めています。

製品解説

ハブベアリング:車輪を効率よく回転させるための部品で、車体の重さを受け止めてタイヤを回す役割

ドライブシャフト:エンジンやモータの動力をタイヤに伝える部品で、日本では同社が初めて実用化

NTNのハブベアリング売上比率
同社HPより

これらはEV(電気自動車)においても使用され続けるものなんだワン!

現在、自動車市場では世界的にEVシフトが加速し、ニーズにも変化が生まれています。

このような中、同社はEV特有のニーズに合致する高い付加価値を持つ商品の開発・提供を通じて事業拡大を図っています。

産業機械市場向け

産業機械市場向けでは、建設機械、農業機械、風力発電装置等の様々な産業機械に対してベアリングを提供し、産業機械の環境負荷の低減を実現しています。

また、労働人口の減少により需要が高まるロボット市場向けにも商品を提供しており、製造現場の自動化や省人化、生産性の向上に貢献しています。

補修市場向け

補修市場向けでは、一般機械の補修用ベアリングなどを販売代理店を通じて提供し、設備の生産性向上と安定稼働に貢献しています。

ベアリングの取り扱いや困りごとなどを解決する幅広い技術サービスも展開しており、商品の提供からアフターサービスまで万全の体制で顧客をサポートしています。

どんなサポートがあるのかな?

例えば技術講習会やセミナーなどでは、繊細さを要するベアリングの取り扱い方を学べる機会を提供しています。

また、設備に取り付けられたベアリングに関する困りごとが発生した際には、同社の技術エキスパートが速やかに解決まで支援するサービスを展開しています。

リモートでの技術支援サービスも行っているんだワン!

業績

業績はどうだったのかな?

この記事の前半でも詳しく説明しているワン!

同社の業績は以下のようになっています。

NTNの業績
同社HPより
2019年3月期2020年3月期2021年3月期2022年3月期2023年3月期2024年3月期
売上高7,3386,5205,6286,4207,7408,363
営業利益27275-3169171281
営業利益率3.7%1.2%-0.6%1.1%2.2%3.4%
当期純利益-70-440-11673104106
単位:億円
同社HPと最新の決算短信よりいろはにマネー作成。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国内外において工場の稼働率が低下し、2019年3月期から2021年3月期まで当期純利益が赤字になっています。

また、全体的に営業利益率の低さが目立ちます。

コストがかかりすぎているね…

コロナ禍で赤字となってからはある程度回復してきていることが分かり、自動車や産業機械の需要回復が見込まれます。

特に、自動車市場向けのセグメントでは5期ぶりの営業黒字化となり、半導体不足によって生産が上がらなかった以前と比べると調子を取り戻しています。

ただし、2025年3月期の純利益は前期比52.7%減の50億円となる見通しで、今後はコスト改善が必須となっています。

今は構造改革のためにコストを割いていて、長期的に見れば利益率も改善する可能性はありそうだね!

NTNと同業他社を比較!強みや弱みは?

NTNの強みや弱みは?

💡このパートの要約

NTNは同業他社と比較して…

  • 7割を超える海外売上比率を誇る
  • 配当利回りが比較的高い
  • 自己資本比率が30%未満と低い

NTNの強みや弱みは何でしょうか。

同じく日本の大手ベアリングメーカーである「日本精工(6471)」、「ジェイテクト(6473)」と比較した特徴を見ていきましょう。

まずは、以下に各社の主要財務データと参考指標を表にまとめています。

NTNNSK(日本精工)JTEKT
売上高(億円)8,3637,88918,915
当期純利益(億円)10685402
営業利益率3.4%3.5%3.9%
自己資本比率29.0%44.1%48.0%
ROE(自己資本利益率)4.4%1.3%5.53%
PER(株価収益率)15.47倍43.68倍9.15倍
PBR(株価純資産倍率)0.62倍0.57倍0.46倍
EPS(1株当たり純利益)4.857.7111.21
配当利回り3.72%4.54%2.84%
配当性向50.2%173.7%30.7%
2024年6月17日時点の各社情報を元にいろはにマネー作成。

NTNの強みと弱みは、大きく3つが挙げられます。

それぞれ見ていきましょう。

7割を超える海外売上比率

NTNは競合と比べて、海外売上比率が高いことが特徴的です。

海外での売上比率を比較してみましょう。

売上高NTNNSKJTEKT
日本2,1002,7117,357
海外計6,2635,17811,555
海外比率74.89%65.64%61.09%
単位:億円
各企業の24年3月期決算短信より

NTNは7割を超える海外売上比率なんだね!

同社は全世界27か国に研究開発や生産拠点を設けており、グローバルに事業を展開しています。

海外ではまだアメリカや欧州で営業赤字となっていますが、売上高の伸びは日本に比べて大きく、今後も拡大していくことが予想されます。

今後も海外での成長に期待だワン!

配当利回りが比較的高い

NTNは配当利回りが比較的高いことも特徴的です。

ここで、各企業の配当利回りを見ていきましょう。

配当利回りNTNNSKJTEKT
2025年3月期(予想)3.72%4.54%2.84%
2024年3月期(実績)3.42%3.64%2.80%
各社の2024年6月17日時点の情報よりいろはにマネー作成。
株価には各社の平均株価を使用

NTNの配当利回りは前期3.42%、今期は3.72%の予想です。

これは、一般的に高配当銘柄の条件となる3.5%を超えており、配当利回りが高いと言えるでしょう。

配当利回りが一番高いのはNSKですが、配当性向が173.7%もあり、利益を超えて配当金を支払っていることになります。

これでは企業の持続性や将来性の面で不安だね…

一方、NTNの配当性向は50.2%と、企業の持続性を確保しつつ株主還元に力を入れていることが分かります。

自己資本比率が30%未満と低い

NTNの株価が安くなっている理由の際にも述べましたが、同社の自己資本比率は30%未満と低くなっています。

こちら他の2社と比較してみましょう。

NTNNSKJTEKT
自己資本比率29.0%44.1%48.0%
各企業の2024年3月期決算短信より

NTNだけ30%を切っているね…

自己資本比率は財務の安全性を見る指標であり、30%以上を確保しておくのが望ましいとされています。

また、製造業の自己資本比率の平均が約50%であることを考えると、同社の自己資本比率29%はかなり低いことが分かります。

NTNの株価や配当は今後どうなる?将来性や見通しを分析

NTNの株価や配当は今後どうなる?

💡このパートの要約

  • NTNは低調な業績により長年株価が低迷している
  • 構造改革により、長期的に見れば株価が上昇する可能性はある
  • 不安定な業績から、安定的な増配を求めて投資するのには向いていない

NTNの今後はどうなっていくでしょうか。

株価の推移や配当政策を改めて見ながら、将来性や今後の見通しを分析していきます。

株価の推移

NTNの株価推移について改めてみていきましょう。

同社の株価は、2007年に高値をつけてから横ばいの状態が続いています。

また、2015年ごろには一度回復しているものの、そこからはまた低迷を続けています。

なんでだろう?

この要因の一つに、低調な業績が挙げられます。

2025年3月期は過去最高の売上高を計画する一方、当期純利益が減益予想なこともあり、今後の株価の大きな上昇は見込めません。

ただし、業績向上のための取り組みも積極的に行っています。

最近では利益率の向上を目指すために、中期経営計画で構造改革を発表し、収益率の低い工場の再編などに取り組んでいます。

また、電気自動車(EV)生産の伸びを考えて、EV化に焦点を当てたペアリング開発を強化するなど、ニーズの変化への対応力にも注目です。

こういった一連の積極的な投資活動などにより業績の向上が見られることで株価が上昇する可能性は十分にあります。

ただし、長期的ビジョンがゆえに業績や株価に反映されるのはまだまだ時間がかかりそうだワン!

配当政策

次に、NTNの今後の配当政策についてみていきます。

直近5年間の1株当たりの年間配当金と今期の配当金予想を見てみましょう。

年間中間期末
2025年3月期11円(予想)5.5円(予想)5.5円(予想)
2024年3月期10円5円5円
2023年3月期5円2.5円2.5円
2022年3月期0円0円0円
2021年3月期0円0円0円
2020年3月期5円5円0円
同社HPよりいろはにマネー作成。

最近は増配傾向だけど、無配の時もあったんだね!

2021年3月期と2021年3月期は赤字の影響もあり無配となっており、さらに遡ると2013年3月期にも無配となっています。

配当利回りは3.57%と比較的高く、株価も安いので買いやすいですが、業績が安定していません。

配当を期待して買う株ではなさそうだね…

このような実績の中、配当が継続して得られるかどうかはかなり怪しいでしょう。

NTNは配当の方針として、「中長期的な視点から安定的に継続しつつ、経営成績に応じて配当」としており、業績によって左右されるため、安定的な増配を見込むには至らないと評価できます。

【まとめ】NTNの株価が安い理由

【まとめ】NTNの株価はなぜ安い?

NTNの株価が安い理由について、よくわかったよ!

最後にこの記事の重要なポイントをまとめます。


🔰いろはにまとめ

  • NTNは長く業績低迷が続いているために株価が安い
  • 新中期経営計画による構造変革で、利益率の改善に期待
  • 業績によっては配当が無配になる可能性があり、配当を期待しての購入もできない

NTNは、長らく続いている業績低迷のために株価が安くなっていました。

今期も前期比で減益予想のため、今後も大きく株価が上昇することはないでしょう。

また、自己資本比率も30%未満と低く、安全性の面で不安が残ります。

でも、悪いところばかりじゃないよね!

新中期経営計画では、構造改革による利益率の改善も見込まれており、長期的に見て業績が良くなっていく可能性があります。

業績、特に利益面で改善が見られれば株価が上昇するでしょう。

NTNの今後の動向に注目だね!

その他にも、日本の個別株について分析した記事があるので、ぜひあわせてご覧ください。

◆全部無料で、お金や投資に関して誰でも簡単に学べます

いろはにマネーの会員(無料)限定サービスでは、

  • お金や投資の最新情報がわかるメールマガジンを受け取れる📧
  • NISAやiDeCoなど資産形成の方法・やり方が初心者でもわかる💡
  • 資産運用したい方に向けて、個別株式やFXなどの投資方法についてもご用意📈

まずはメールアドレスを入力するだけでOK! ぜひともご登録ください。

[signup-form]


ブックマークした記事を見る
anasbw banner

日本株・優待・配当のおすすめ記事

Loading...

興味のあるカテゴリから探す

anasbw banner
この記事をブックマークすると、
マイページからいつでも読めます! この記事をブックマークする ブックマークした記事を見る
0
MENU