【ココナラ、i-plugなど】2021年3月注目のIPO銘柄5選を振り返り!

約 5 分で読み終わります!

IPOとは?

そもそもIPO(Initial Public Offering)とは「上場」のことを指し、新規に上場する銘柄のことをIPO銘柄と呼びます。
IPO銘柄は上場直後に株価が高騰する事例が多くあるので、投資家の間ではビッグイベントとされているんですよ♪

3月は13社がIPOしましたが、その中でも注目の銘柄を編集部が5つ選出しました!

SBI証券

注目IPO5選を振り返り!

(4176)ココナラ –得意を売買するスキルマーケット-

ココナラは2012年に設立された、スキルマーケット「ココナラ」をはじめとするサービスの運営·開発を行う企業です。

個人のスキルや経験に価値がつけられ、直接売買される仕組みが興味深かったので、ピックアップしました!

ココナラの概要は以下の通りです。

3月19日に東証マザーズに上場しました。

公募価格初値騰落率高値(3月22日)公募価格からの上昇率
1,200円2,300円+91.7%2,899円+141.6%

4月6日現在、時価総額は約441億円となっており、知識・スキル・経験を商品化して「ECのように売買できる」マッチングプラットフォームの運営・開発を行っています。

テレビCMが全国(一部地域を除く)で放送されているため、認知度も上がっています。
また、取引数は100万回を超えていて、これからも取引は拡大していくと予想されます。

IPO取扱証券会社
大和証券(共主)、みずほ証券(共主)、SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券など

(4177)i-plug -新卒に特化したダイレクトリクルーティングサービス-

i-plugは2012年に設立された、企業から学生に直接オファーを送ることができる新卒に特化したダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」の運営·開発を行う企業です。

就活生にとって魅力的なサービスを提供している点を評価して、ピックアップしました!

企業は「会いたい学生」の情報を検索して効率的にコンタクトを取ることができます。

Offer Boxより

i-plugの概要は以下の通りです。

3月19日に東証マザーズに上場しました。

公募価格初値騰落率高値(3月19日)公募価格からの上昇率

2,620円

6,000円

+129.0%
6,370円+143.1%

4月6日現在、時価総額は約183億円となっています。

労働人口が減少していく将来の労働市場において、同社はAIやICTを利用したマッチングサービスを展開することで、企業の採用活動の効率化を図っています。

登録学生数は2021年4月現在、21、22年卒合算で30万2千人となっています。

そんなに多いんだ!

IPO取扱証券会社
大和証券(主)、SBI証券マネックス証券松井証券など

LINE公式アカウントでは、記事の更新情報を配信しています!また、友達登録すると限定記事もご覧いただけます。

友だち追加

(4179)ジーネクスト –テクノロジーで顧客対応のDX支援-

ジーネクストは2001年に設立された顧客対応DXプラットフォーム「Discoveriez」の開発・販売などを行う企業です。

「Discoveriez」は、顧客対応に関する最新の戦略・運営を提案するコンサルティングサービスになっています。

トレンドになっているDX関連銘柄である事を考慮してピックアップしました!

ジーネクストの概要は以下の通りです。

3月25日に東証マザーズに上場しました。

公募価格初値騰落率高値(3月25日)公募価格からの上昇率
1,230円2,851円+131.8%3,145円+155.7%

4月6日現在、時価総額は約91億円となっています。

3月25日の上場日に高値を記録しましたが、公募価格に対して大きな伸びを見せました。

DXへの期待が大きいんだね!

同社のクラウド事業はこの一年で6割強の増収になっているなど、新型コロナウイルスの影響も小さく、期待のできる産業と言えるでしょう。

IPO取扱証券会社
SMBC日興証券(主)、みずほ証券、マネックス証券松井証券など

↓松井証券なら事前入金不要↓

松井証券

(4180)Appier Group –人工知能で企業の意思決定支援-

Appier Groupは2012年に設立されました。

最先端の機械学習を活用したAI技術によって、マーケティングセールス領域において、企業の持つデータが真の価値を発揮することを可能にするAIプラットフォームの提供を行う台湾の企業です。

データ×AIを活用したビジネスが重要になってきている環境を踏まえ、この企業をピックアップしました!

Appier Groupの概要は以下の通りです。

3月30日に東証マザーズに上場しました。

公募価格初値騰落率高値(4月5日)公募価格からの上昇率
1,600円2,030円+26.9%2,559円+59.9%

4月6日現在、時価総額は約1,949億円となっています。

IPO取扱証券会社
SMBC日興証券(共主)、みずほ証券(共主)、SBI証券楽天証券など

(7363)ベビーカレンダー -妊娠・出産の毎日を笑顔に-

ベビーカレンダーは1991年に設立された、妊娠・出産に関わるすべての方の毎日を「便利に、ラクに」していくサービスを提供している企業です。

フェムテックが注目されている中、女性のライフステージを支える事業に成長性を感じてピックアップしました!

ベビーカレンダーの概要は以下の通りです。

3月25日に東証マザーズに上場しました。

公募価格初値騰落率高値(4月5日)公募価格からの上昇率

4,200円
9,400円+123.8%13,050円+210.7%

4月6日現在、時価総額は約83億円となっています。

なんでこんなに高騰しているの!?

初値を含め株価が高騰した原因としては、以下の3点が考えられます。

  • 国による「こども庁」創設が注目されたこと
  • フェムテック銘柄として注目されたこと
  • 公募株式数が少なかったこと

IPO取扱証券会社
SBI証券(主)、楽天証券マネックス証券松井証券など

↓主幹事証券のSBIがおすすめ↓

SBI証券

以上、3月の注目IPO企業5社をご紹介しました。

4月は12社のIPOが予定されています。
4月の注目IPO企業についてはこちらの記事をご覧ください↓

Yuki.U
Yuki.U

=作者紹介=
大学では経済学や商学を勉強。
ファッションが好きで、新作をチェックしたり、古着巡りをしたりするのが趣味。

IPO関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。