イオンカードは作るべき?おすすめカードやデメリットも紹介【初心者必見】

イオンカードのアイキャッチ

・イオンカードが気になってるけど、作った方がいい?
・イオンカードの種類が多すぎて、選べないな…。

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • イオンカードはライフスタイルで選ぶのが最適
  • ほとんどのイオンカードで年会費は無料
  • おすすめはWAONポイントを貯めやすい「イオンカードセレクト」

イオンカードはイオン系列店での買い物が便利になる、おすすめのクレジットカードです。

とはいえイオンカードを作りたくても種類が多く、どれを選ぶべきか悩んでいる方も多いはず。

結論、カード選びに迷っている方はイオンにおける高いポイント還元率が魅力の「イオンカードセレクト」がおすすめです。

今回はイオンカードを発行するメリットやデメリット、さらにおすすめカード5種類の特徴を解説していきます。

この記事を読めば、自分にぴったりのイオンカードが見つかるワン!

\最大 8,000 WAON POINT プレゼント/

7月10日までの期間限定で、新規入会+利用でWAON POINTがもらえます。
カードの作成・年会費は無料です。

イオンカードの特徴

イオンカードの特徴
年会費永年無料
年齢制限18歳以上
※高校生不可(卒業年度の1月1日以降は可能)
国際ブランドVisa・Mastercard・JCB
発行日数原則1~2週間
※イオン限定で使える仮カードは即日発行可能
種類・機能・クレジットカード
・WAON
ポイントWAONポイント
基本還元率0.5ポイント(特定の場合に1%以上)
付帯保険ショッピング(年間50万円まで)
便利なサービス・家族カード(2枚まで無料)
・ETCカード(無料)
電子マネーApple Pay・WAON・イオンiD・Pay Pay

イオンカードとは、イオンクレジットサービス株式会社の発行するクレジットカードです。

大手総合スーパーであるイオングループのカードということで、イオンでの買い物等に役立つ特典が豊富にあります。

特に交通系ICカードをはじめ、様々な機能と一体化されたイオンカードも発行されており、2022年5月時点では計52種類

えっ!種類が多すぎて困っちゃうな…。

カード選びで迷っている方に向けて、本記事では特に利用者から人気の高い5枚を厳選して紹介するのでご安心ください。

イオンカードのメリット6つ

イオンカードのメリット

イオンカードを作るメリットって何があるの?

イオンカードを作成するメリットとしては、以下の6つです。

それぞれイオンカードならではの魅力なので、1つずつ確認していきましょう。

①WAONポイントが貯まりやすい

イオンカードはWAONポイントを効率よく貯めやすいカードだと言えます。

WAONポイントとは

WAONポイントとは、イオンカード等で買い物をすると貯まるポイント。電子マネー(WAON)に交換することで「1ポイント=1円」として使えます。

WAONポイントを使えば現金いらずで簡単にキャッシュレス決済ができるなど、メリットは盛りだくさんです。

ほかにもイオンカードポイントモールと呼ばれるネットショッピングの利用で、最大21倍のポイントが付与されることも。

イオンカードの利用で貯まったポイントを支払いに回しつつ、家計の負担を減らしていきましょう。

ポイ活をするなら、ぜひ発行したいクレカだワン!

②イオン系列の買い物でポイントが2倍

イオンカードの基本ポイント還元率は0.5%ですが、イオン系列での買い物では還元率が2倍の1.0%にアップします。

イオン、ダイエー、マックスバリュなど、対象店舗も多そうだ!

例えばイオンで税込10,000円の買い物をした場合、もらえるWAONポイントは以下の通りです。

  • イオンカード以外での支払い:50円分のポイント
  • イオンカードでの支払い:100円分のポイント

さらにイオンカードを利用すれば、20日と30日の購入代金が5%引きとなる「お客さま感謝デー」の特典も適用されます。

自宅近くにイオン系列店があるなど、買い物の機会が多い方はぜひ発行しておきたい1枚だと言えるでしょう。

③イオンシネマで映画が割引

全国のイオンシネマにて映画を見る際、イオンカード払いならチケット代金が300円引きになります。

イオンシネマの一般料金は1,800円(もしくは1,700円)のため、約15%オフでの映画鑑賞が可能に。

カード本人のほか、同伴者1名にも割引が適用されるワン!

さらに以下のカードを所持している方は、専用Webサイトからのチケット購入ならば優待価格の1,000円となります。

  • イオンカード(ミニオンズ)
  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)
  • イオンカード(TGCデザイン)

いつでも1,000円で映画を見れるなんて、映画ファンは必見だ!

イオンカードは映画鑑賞に関する特典が充実しているので、見逃せませんね。

④お得な優待特典が魅力

イオンカードでは映画鑑賞以外でも、カードの掲示や利用で割引等が受けられる優待特典が豊富です。

利用できる場面は多岐にわたっており、例えば以下のような店舗やサービスで割引を受けることが可能に。

店舗名ジャンル優待特典内容
HIS旅行代理店国内・海外ツアーが3,000円OFF
ニッポンレンタカーレンタカー基本料金最大15%OFF
AOKI衣料品商品総額より5%割引
ビッグエコーカラオケ一般室料より30%OFF
Hulu動画配信サービス無料トライアルを2週間→1ヶ月に延長

年会費無料のカードで、こんなに特典を受けられるんだ!

カードの提示だけで割引が適用される店舗も多く、クレカ決済をほぼ使わない方も所持して損のないカードだと言えます。

大手チェーン店のみならず個人店や観光施設等も優待をを受けられる場合があるので、公式サイトから確認してみましょう。

⑤種類やデザインが豊富

イオンカードはデザインの差も含め、2022年5月現在では52種類もの券面から選ぶことができます。

中でも以下のように、他サービスと提携されたクレジットカードは利便性も高くておすすめです。

  • 交通系ICカード付きのイオンカード
    イオンSuicaカード、イオンSUGOCAカード等
  • カーライフに役立つイオンカード
    →イオン首都高カード、イオンNEXCO西日本カード等
  • お得にマイルを貯められるイオンカード
    →イオンJMB(JALマイレージバンク)カード等

交通系ICカード付きカードはオートチャージが利用できたり、カーライフ向けカードは通行料金が割引になったりと魅力が満載。

さらにディズニーキャラクターや人気アイドルとコラボした券面もあるため、クレカ決済時の楽しみにもなりますね。

趣味やライフスタイルに合わせて、カードを選べそうだ!

⑥無料でゴールドカードを発行可能

数あるイオンカードの中でも、以下の対象カードはステータス性のあるイオンゴールドカードへの切り替えが可能です。

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン)
  • イオンカード(WAON一体型/トイ・ストーリー デザイン)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
  • イオンカードセレクト(トイ・ストーリー デザイン)

上記カードの利用実績に応じて、ゴールドカードへのインビテーション(招待)が届きます。

ゴールドカードでは珍しく、年会費が無料だワン!

イオンゴールドカードなら充実した付帯保険があり、空港ラウンジの無料利用もできるため、ぜひ狙ってみましょう。

ゴールドカードの魅力について詳しくは、以下の記事も併せてご覧ください。

\キャンペーン実施中/

イオンクレジットカード

イオンカードのデメリット3つ

イオンカードのデメリット

逆にイオンカードを作る際の注意点はある?

イオンカードを作成するデメリットとしては、以下の3つです。

カードの発行後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、それぞれ確認していきましょう。

①カードの発行まで時間がかかる

イオンカードは原則、クレジットカード単体で審査に3~4日、カードが手元に届くまで1週間ほどの時間がかかります。

中でもイオン銀行と一体化した「イオンカードセレクト」の場合、口座の開設期間も含めると2週間近くかかる可能性も。

早く作る方法はないの?

急ぎでカードを使う予定がある方には、ネットで申し込み、店頭で即日発行が可能な「仮カード」の作成がおすすめです。

仮カードがあればイオンマークのある店舗ですぐ利用できるため、クレカ会員同様にポイントをお得に貯められますよ。

時間がかかっても、即日発行でない他社クレカと発行期間は変わらないワン!

②ポイント還元率が平均より低い

イオンカードは基本のポイント還元率が0.5%と、近年1%が基準となりつつある還元率の中では低めです。

その代わりにイオン系列カード決済におけるポイント還元率は1%ということで、高めに設定されています。

さらにイオンカードを所持していれば各種店舗で優待が受けられるため、還元率の低さは十分カバーしていると言えるでしょう。

他社の一般カードだと、これほど優待特典の充実したものは少ないワン!

クレジットカードを複数枚所持している方は、普段買い物をしている場所によって使い分けるのが良いですね。

③旅行保険が付帯していない

イオンカードは基本的に旅行傷害保険の付帯がないため、旅先で思わぬトラブルが生じた際に補償を受けられません。

旅行代理店やレジャー施設など旅行関連の優待が豊富な分、旅行保険がないのはネックですね。

とはいえ「イオンSuicaカード」や近畿日本ツーリストと提携した「KNTカード」など、旅行保険の付帯したカードも一部あります

主な利用目的に応じて、自分にぴったりのイオンカードを選んでみましょう。

国内旅行の場合、保険金額は最高500万円〜2,000万円くらいだワン!

イオンカードの効率的なWAONポイントの貯め方

イオンカードのポイントの貯め方

イオンカードのポイントは、どう貯めるのが正解?

イオンカードは効率の良い貯め方を知っておくことで、WAONポイントをグッと増やしやすくなります。

方法はいくつかありますが、中でもイオンカード保有者なら必ず知っておきたいのが以下の2つ。

特にポイントアップの日はポイントを増やすのに最適なので、それぞれ確認していきましょう。

①お客さま感謝デー・ありが10デー

「お客さま感謝デー」と「ありが10デー」はイオンカードやWAONカードの利用でお得になる、イオンの目玉イベントです。

具体的な日程とイベント概要については以下の通り。

イベント名イベント日程イベント概要
お客さま感謝デー毎月20日、30日買い物代金が5%オフになる
ありが10デー毎月10日ポイントが通常の5倍もらえる

このため「お客さま感謝デー」はお得に商品を買ってポイントを貯め、「ありが10デー」ではがっぽりポイントを狙えます。

10日、20日、30日は忘れずイオンに行かなきゃ!

イオン系列店が自宅の近くにある方は、ぜひ上記の日に店舗を訪れて買い物しましょう。

②オートチャージ設定で実質還元率が1.5%

イオン系列店のカード決済における還元率は通常1.0%ですが、「イオンカードセレクト」ならば実質還元率が1.5%にアップします。

イオンカードセレクトでWAONにオートチャージするとポイント加算される特典を活用していて、具体的には以下の通り。

項目ポイント還元率
基本ポイント還元率0.5%
イオン系列での決済+0.5%
イオンカードセレクトのオートチャージ+0.5%
合計ポイント還元率1.5%

他のイオンカードよりも高還元で嬉しいな!

他のイオンカードでもWAONへのオートチャージは可能ですが、ボーナスのポイントは付与されません。

最大1.5%還元になるのはイオンカードセレクトだけなので、還元率を重視したい方は必見です。

③クレカ積立の設定でポイントを自動で貯める

WealthNavi for AEONCARD

イオンカードは、全自動の資産運用ロボアドバイザーの「WealthNavi(ウェルスナビ)」と連携し、新たなサービス「WealthNavi for AEON CARD」を開始しました。

「WealthNavi for AEON CARD」 で運用を始めた後に、イオンカードでクレカ積立設定をすることで、毎月一定額の積立投資を行いながら、WAON POINTを自動で貯めることができます

WealthNavi(ウェルスナビ)は2022年オリコン顧客満足度1位になった全自動の資産運用サービスだワン!

NISAにも対応していて将来を見据えた資産運用をしつつ、ポイントも貯めることができるから一石二鳥だね!

クレカ積立をお客様感謝デーやオートチャージ等と合わせて設定することで、ポイントをさらに効率よく貯めることができますね

\最大 8,000 WAON POINT プレゼント/

7月10日までの期間限定で、新規入会+利用でWAON POINTがもらえます。
カードの作成・年会費は無料です。

おすすめのイオンカード5選

おすすめのイオンカード

自分にはどのイオンカードが合ってるのかな?

50種類以上あるイオンカードの中でも、おすすめのクレジットカードは以下の5枚です。

上記の5枚は保有者の満足度も高いため、自分に最適なカードを見つけたい方はここから選ぶと良いでしょう。

各カードの特徴について、深堀りしていきます。

①イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトがおすすめな人

  • 電子マネーWAONをよく使う人
  • イオンでの買い物にてポイント還元率を最大化したい人
  • キャッシュカードとクレジットカードを一体化したい人

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードとイオンカードが一体化しているクレジットカードです。

カードの主な特徴としては以下の通り。

  • オートチャージ200円ごとに1WAONポイント付与
  • 公共料金の支払いに利用するとWAONポイント付与
  • 条件達成により、無料でゴールドカードに変更可能

イオンカードで唯一、WAONへのオートチャージでポイントを獲得できるため、還元率を最大化したい方は本カードがおすすめです。

イオンでの買い物が多い人には、最適なカードだね!

イオンカードセレクトのメリットやデメリットを詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

\新規入会+ご利用でWAON POINTプレゼント/

②イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードがおすすめな人

  • 普段から電車やバスを多く利用する人
  • Suicaのオートチャージを利用したい人
  • 旅行保険付帯のカードを希望する人

イオンSuicaカードは「Suica」と「イオンカード」が一体となった、交通系クレジットカードです。

Suicaのオートチャージ機能を利用できるほか、以下のような特徴があります。

  • モバイルSuicaとしての利用が可能
  • WAONポイントをSuicaに交換可能
  • 利用付帯の保険機能が充実

イオンカードの中でもSuicaと交換できるのは、イオンSuicaカード会員だけなので、Suicaの利用が多い方は必見です。

Suicaだけでなく、KitacaやSUGOKAと一体化したイオンカードもあるワン!

イオンSuicaカードのメリットやデメリットを詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

③イオンカードミニオンズ

イオンミニオンズ

イオンカードミニオンズがおすすめな人

  • 映画をお得に楽しみたい人
  • USJへ遊びに行く機会の多い人
  • ミニオンズオリジナル商品が欲しい人

イオンカードミニオンズは可愛いキャラクターデザインなのはもちろん、ホビー特典が充実したクレジットカードです。

カードの主な特徴としては以下の通り。

  • イオンシネマなら常時1,000円で映画を鑑賞可能
  • USJでの利用ならポイントが10倍になる
  • 貯まったポイントをミニオンズオリジナル商品へ交換可能

最大の魅力は専用サイトからイオンシネマチケットを購入すれば、いつでも1,000円(税込)で映画を楽しめることです。

近年映画のチケット代は一般料金で1,500円~1,900円ほどかかるため、お得に映画を楽しみたい方は見逃せません。

USJで10倍のポイントがもらえるのも凄い!

\新規入会+ご利用でWAON POINTプレゼント/

デメリットなども詳しく知っておきたいなら「イオンカード(ミニオンズ)のメリット・デメリットは?入会特典も紹介」をご覧ください。

④コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパスがおすすめな人

  • コスモ石油での給油が多い人
  • 普段から車を運転する機会の多い人
  • ETCカード発行にお金をかけたくない人

コスモ・ザ・カード・オーパスはコスモ石油を利用した際、ガソリン代が会員価格になるクレジットカードです。

普段からコスモ石油での給油が多い方には最適なカードでして、主な特徴は以下の通り。

  • ETCカードを無料で発行できる
  • コスモ石油での給油が会員価格になりお得
  • 灯油も会員価格で購入可能

コスモ石油にて本カードを利用すれば会員料金となるため、ガソリン代が1リットルあたり2~6円ほど安くなります

ガソリン代が高騰している今、車に乗る機会が多い方には強い味方となるクレカですね。

入会後3ヶ月、50リットルまで10円/Lがキャッシュバックされる特典もあるワン!

⑤イオンJMBカード

イオンJMBカード

イオンJMBカードがおすすめな人

  • 飛行機での旅行が好きな人
  • JALマイルを貯めている人
  • 飛行機の搭乗をスムーズにしたい人

イオンJMBカードは、「JALマイレージバンク」と「イオンカード」が一体となったクレジットカードです。

WAONの利用200円(税込)につき1マイルが貯まるほか、以下のような特徴があります。

  • 空港でチェックイン不要な「JALタッチ&ゴーサービス」を利用可能
  • 貯まったマイルは電子マネーWAONにも交換可能
  • イオンワールドデスクで海外旅行時のサポートが受けられる

月3回の「お客さまわくわくデー」では、カード利用200円(税込)につき通常の2倍となる2マイルが付与されるのも魅力。

普段はイオン系列のお店で買い物をしており、JALマイルもコツコツ貯めている方には最強のカードと言えるでしょう。

マイラーならぜひ持っておきたい1枚だね!

イオンカードは作るべき?まとめ

イオンカードは作るべき?まとめ

この記事を読んで、イオンカードの便利さを実感したよ!

イオンカードを作成するメリットやデメリットを中心に、おすすめのカードについても解説してきました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • イオンカードはライフスタイルで選ぶのが最適
  • ほとんどのイオンカードで年会費は無料
  • おすすめはWAONポイントを貯めやすい「イオンカードセレクト」

イオンカードは自分の生活に合ったカードを作ることで、ポイント還元や優待特典など様々な恩恵を享受できます

本記事で紹介した5枚のイオンカードはどれも年会費がかからないため、ぜひ発行してより生活を豊かにしましょう。

\最大 8,000 WAON POINT プレゼント/

7月10日までの期間限定で、新規入会+利用でWAON POINTがもらえます。
カードの作成・年会費は無料です。