【比較】イオンカードの作り方・おすすめ5種類の特徴を徹底解説

イオンカード
SBI証券

・イオンカードの種類が多すぎる…。どれを利用したらいい?
・イオンカードの作り方を知りたいな。

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • どのイオンカードでも、イオングループでの買い物がお得になる
  • イオンカードを作るときはインターネット経由で作るのがおすすめ
  • イオンカードを選ぶ際は「貯まるポイント」「付帯サービス」「国際ブランド」に注目

イオンカードは使い勝手の良さから、多くの人が所持している人気のクレジットカードです。

イオングループでの利用でお得になることから、特に主婦層に支持されていますね。

ただイオンカードは50種類以上あるため、どのカードを選べばいいか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、イオンカードの特徴や作成方法、おすすめのイオンカードの選び方について解説していきます。

まだイオンカードを持っていないという方は、WAON一体型で使い勝手の良い「イオンカード セレクトがおススメですよ。

\今なら最大5,000WAON POINTプレゼント/

6月10日までの期間限定で、新規入会+利用でWAON POINTがもらえます。
カードの作成・年会費は無料です。

イオンカードはなんでおすすめ?

おすすめ

そもそもイオンカードはなぜ人気なのでしょうか。

それは、全イオンカードの特典としてイオングループの店舗での買い物がお得になるためです。

具体的にどんなふうにお得なの?

例えば毎月20日・30日は「お客さま感謝デー」となっており、買い物代金が5%割引となります。

対象店舗は全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどです。

さらに通常時のポイント付与率(WAON POINT)は0.5%(200円で1ポイント)ですが、イオングループの店舗では1.0%となり、毎月10日は店舗に関係なくポイント付与率が2倍になります。

イオンでお得なだけじゃなくて、10日はどこでも2倍なんだ!

また、映画を頻繁に見る方にもイオンカードはおすすめです。

というのも、イオンシネマのチケットをイオンカードで支払いすると1枚につき300円割引になるためです。

さらに毎月20日・30日の「お客様感謝デー」では700円割引になります。

イオンカードの作り方

作り方

お得なイオンカードですが、作り方はとっても簡単。

以下の3通りの方法から選べます。

  1. インターネット
  2. 店頭で手続き
  3. 申込書の郵送

どれが一番簡単なのかな…

上記3つの申込方法のうち、「簡潔さ」「特典」という観点から考えると、インターネット申し込みが最もおすすめです。

というのも、インターネット申し込みであればこのまま簡単に申し込みができ、入会キャンペーンの特典も受けられるためです。

インターネットからイオンカードを申込む手順は以下の通りです。

  1. 申込みフォームの入力
  2. 入会審査
  3. 本人確認手続
  4. カード発送
  5. 利用開始

すぐにできそうだね!

イオンカードの作成自体はスマホ1台で簡単にできてしまいます

ただ、イオンカードの作り方は分かっても、「どのカードを選べば良いのかわからない」という方もいると思います。

そこで以下では、イオンカードを選ぶ際のポイント・おススメのカードをご紹介します。

\お得なキャンペーン実施中/

イオンクレジットカード

イオンカードを選ぶ際の3つのポイント

ポイント

 イオンカードを選ぶ際は、以下の3つのポイントを確認しましょう。

  1. たまるポイントの違い
  2. 付帯する特典の違い
  3. 国際ブランドの違い

それぞれ詳しく解説します。

たまるポイントの違い

どのイオンカードを選択するかに応じて「たまるポイント」が変わります。

主なポイントとしては、「WAON POINT」「WAONポイント」の2種類があります。

WAON POINTとWAONポイントって違うものなの?同じかと思ってたよ。

名前が似ていてややこしいですが、両者には以下のような違いがあります。

  • WAON POINT:「イオンカード」での支払いや「WAON POINTカード」を提示して現金で支払いしたときに付与されるポイント
  • WAONポイント:「電子マネーWAON」を利用した場合に付与されるポイント

WAON POINTは貯まるとそのまま支払額に充当されますが、WAONポイントは電子マネーにチャージして使う必要があります。

ちなみに、電子マネーWAONが使えるカードは券面にWAONのイラストが描かれていますよ。

また、クレジットカードの利用で「JALのマイル」がたまるイオンカードもあります。

自分の用途に合わせて貯めたいポイントを考え、そのポイントが貯まるカードを選ぶんだワン!

付帯する特典の違い

イオンカードの種類によって、付帯する特典も異なります。

どんな特典があるの?

例えば、イオン首都高カードであれば毎週日曜日にETC専用カードを利用することで、首都高通行料金が請求時に20%OFFとなります

また、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(ミニオンズ、TGCデザイン)なら、専用Webサイトでイオンシネマのチケットを購入するといつでも映画料金が1,000円(税込)になります

その他にもSuicaやJALと連携したカードなど、多種多様な特典がありますよ。

国際ブランドの違い

イオンカードは基本的に「VISA、Mastercard、JCB」の中から、いずれかの国際ブランドを選択できます。

しかし、選択するイオンカードによっては特定の国際ブランドが選べないこともあるので、注意が必要です。

特定の国際ブランドを狙ってカードを発行したい場合は、その国際ブランドが選択可能であるイオンカードを発行する必要があります。

イオンカードおすすめ5選の比較一覧表

一覧表

とりあえず万人受けしそうな、おすすめのカードはどれ?

イオンカードは50種類以上ありますが、今回はほとんどの方におススメできるカードを5つご紹介致します。

まずは各イオンカードの違いを比較一覧表で確認してみましょう。

イオンカードセレクトイオンゴールドカードイオンJMBカードイオンSuicaカードコスモ・ザ・カード・オーパス
年会費無料無料無料無料無料
ブランドVISA, Master, JCBVISA, Master, JCBVISA, Master, JCBVISA, Master, JCBVisa, Master, JCB
ポイント還元率0.5~1.0%0.5~1.0%0.5~1.0%0.5~1.0%0.5%
たまるポイントWAON POINT/WAONポイントWAON POINT/WAONポイントJALマイルWAON POINTWAON POINT/WAONポイント
家族カード無料3枚まで無料無料不可無料
付帯保険 ショッピング保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ショッピング保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ショッピング保険

早速、各カードの特徴やおすすめポイントを見ていきましょう。

カードによって特徴が異なるから、違いをよく理解しておくんだワン!

イオンカードおすすめ5選の特徴

特徴

イオンカードセレクト【オールインワン】

年会費無料
ブランドVISA, Master, JCB
ポイント還元率0.5~1.0%
たまるポイントWAON POINT/WAONポイント
家族カード追加可能
付帯保険ショッピング保険

イオンカードの中でも最も使い勝手の良いカードが、「イオンカードセレクト」です。

イオンカードセレクトは「クレジット機能」「電子マネーWAON機能」「イオン銀行キャッシュカード機能」という3つの機能を備えている万能カードです。

イオンの複数サービスを1枚のカードに集約できるワン!

イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトのメリットは、主に以下の3点が挙げられます。

  • ポイントの2重取りが可能
  • 4種類のデザインから選べる
  • イオン銀行の普通預金金利が最大0.1%になる

イオンカードセレクトでは、電子マネーWAONをイオン銀行口座からオートチャージでき、オートチャージをすると200円で1WAONポイントが貯まります。

さらにWAONで支払いをすると、200円で1WAONポイントがもらえるため、ポイントの2重取りが可能になります。

また、年会費は永年無料。

カードデザインは通常デザイン+3種類(トイ・ストーリー、ミッキーマウス、ミニオンズ)と豊富です。

イオンカードセレクト(ミニオンズ)なら、専用サイト経由の申込で映画料金が1,000円になるんだよね!

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトには、旅行保険が付いていません

最近のクレジットカードでは年会費無料でも旅行保険が付帯されているものが多いため、この点はデメリットと言えるでしょう。

そのため、海外旅行へ行く際にクレジットカードに付帯される旅行保険を適用させたい人は、楽天カードなど他のカードも作成しましょう。

イオンカードセレクト+もう1枚カードを持っていると安心だワン!

イオンゴールドカード【年会費無料】

年会費無料
ブランドVISA, Master, JCB
ポイント還元率0.5~1.0%
たまるポイントWAON POINT/WAONポイント
家族カード追加可能
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

イオンカードをメインカードにするのであれば、「イオンゴールドカード」の保有がおすすめです。

通常のイオンカードの特典はそのままに、イオンラウンジサービスなどの特典が充実しているのが特徴です。

ただ、イオンゴールドカードは誰でも申し込めるわけではありません。

直近1年の利用額が100万円を超えるとインビテーション(招待)が届くので、その際にゴールドカードへ移行出来ますよ。

年間100万円ってことは、毎月8万円ちょっとか!

イオンゴールドカードのメリット

イオンゴールドカードのメリットとして、主に以下の3点が挙げられます。

  • ゴールドカードなのに年会費が無料
  • 旅行保険制度が充実
  • 対象の国内空港ラウンジが無料で利用できる

まず、ゴールドカードで年会費無料なのは非常にお得なポイント。

全国のイオン内にあるイオンラウンジを無料で利用できたり(同伴者3名まで)、国内空港ラウンジ(羽田・成田・新千歳・伊丹・福岡・那覇)も無料で利用できます。

さらにイオンゴールドカードのクレジット払いで支払うなどの条件条件を満たせば国内旅行保険は最大3,000万円・海外旅行保険は最大5,000円万円まで保障してくれます。

ゴールドカードなのに年会費無料ってすごいね!

イオンゴールドカードのデメリット

イオンゴールドカードは年会費無料とはいえ招待制なので、招待がなければ申し込みできません。

そのため全員が保有できるカードではないという点はデメリットと言えるでしょう。

しかし、招待の条件が「直近1年以内のカード利用額が100万円以上」と公式サイトに明記されているため、そこまでハードルは高くないですね。

イオンをよく使う人なら、すぐに達成できちゃうワン!

\今なら最大5,000WAON POINTプレゼント/

6月10日までの期間限定で、新規入会+利用でWAON POINTがもらえます。
カードの作成・年会費は無料です。

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)【マイルが貯まる】

年会費無料
ブランドVISA, Master, JCB
ポイント還元率0.5~1.0%
たまるポイントJALマイル
家族カード無料
付帯保険ショッピング保険

普段からJALのマイルを貯めている方におすすめなのが「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」です。

マイルの還元率はWAONポイントと同じで、カードショッピングやWAONを200円利用すると1マイル獲得できます。

また毎月5日・15日・25日は「お客様わくわくデー」として、イオングループの店舗では通常の倍のマイル(200円で2マイル)を獲得できます。

マイルを貯めたいならこのカード一択だね!

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)のメリット

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)のメリットは、主に以下の3点が挙げられます。

  • 55歳以上の会員向けの追加特典がある
  • 毎月10日の「ありが10デー」はマイルが5倍に
  • 新規入会/利用で、最大5,500マイル貯まる

55歳以上の会員向けの追加特典って何?

例えば、55歳以上の方は毎月15日の「G.G感謝デー」では、イオングループでの買い物代金が5%オフになります。

また、毎月10日にイオングループの店舗で買い物をすると、通常の5倍マイルが貯まります
※電子マネーのWAONで支払う必要あり。

さらに今なら新規入会・利用で最大5,500マイルをゲットできます。(2022年1月10日までの申込)

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)のデメリット

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)のデメリットは、主に以下の2点が挙げられます。

  • JMB機能付帯ラウンジは利用できない
  • ゴールドカードへの招待は来ない

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)はJALマイルが貯まるので、飛行機に頻繁に乗る方におすすめです。

しかし、空港内のラウンジは利用できないので、ラウンジを利用するのであれば他のカードと併用する必要があります。

また、年間100万円の利用で招待が来るイオンゴールドカードの取り扱いがありません

イオンゴールドカードを作りたい人にはデメリットになるんだワン!

イオンSuicaカード【Suicaをお得に】

年会費無料
ブランドVISA, Master, JCB
ポイント還元率0.5~1.0%
たまるポイントWAON POINT
家族カード不可
付帯保険海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

普段からJRやバスを利用する方におすすめなのが「イオンSuicaカード」です。

クレジットカードの利用でたまった、WAON POINTをSuicaへ入金(チャージ)することができます。

Suicaとイオンカードが一体となったクレジットカードで、カードの枚数を減らせるんだワン!

イオンSuicaカードのメリット

イオンSuicaカードのメリットとして、主に以下の2点が挙げられます。

  • オートチャージ機能付き
  • モバイルSuicaに対応

オートチャージ機能では、あらかじめ設定している条件(例えば残高1,000円以下)を満たすと自動的にSuicaがチャージされます。

クレジットカードと連動しているので、手間をかけずにチャージできるのが魅力的ですね。

改札機を通るときに残高を気にしないで良いんだね!

しかもモバイルSuicaに対応しているため、お持ちのスマートフォンで利用できますよ。

イオンSuicaカードのデメリット

イオンSuicaカードのデメリットは、主に以下の2点が挙げられます。

  • Suicaチャージの還元率が悪い
  • 電子マネーWAONが利用できない

イオンSuicaカードからSuicaにチャージする際の還元率は0.25%(400円で1ポイント)となります。

還元率は高くないんだね…

とはいっても現金でSuicaにチャージするとポイントは貯まらないため、少しはお得に利用できますね。

また、イオンSuicaカードでは電子マネーWAONの機能が利用できません

どうしてもWAONが必要であれば、「WAONカードプラス」という追加カードがありますが、発行手数料に330円(税込)かかるため、注意しましょう。

コスモ・ザ・カード・オーパス【ガソリン代を節約】

年会費無料
ブランドVisa, Master, JCB
ポイント還元率0.5%
たまるポイントWAON POINT/WAONポイント
家族カード無料
付帯保険ショッピング保険

車に乗る機会が多い方におすすめしたいのが「コスモ・ザ・カード・オーパス」です。

コスモ・ザ・カード・オーパスはコスモ石油とイオングループが提携しているので、さまざまなメリットがあります。

以下で詳しく解説するワン!

コスモ・ザ・カード・オーパスのメリット

コスモ・ザ・カード・オーパスのメリットとして、主に以下の2点が挙げられます。

  • 会員価格で給油できる
  • 給油1リットルにつき10円キャッシュバック

コスモ石油で「コスモ・ザ・カード・オーパス」を利用すると、ガソリンなどが会員価格で給油できます。

会員価格は地域や店舗によって違いますが、一般価格より1リットルあたり2~6円程安くなります。

また、入会から3ヶ月間は最大50リットル(500円)まで、1リットルにつき10円キャッシュバックがされます。

車通勤をしている人にお得なカードね!

コスモ・ザ・カード・オーパスのデメリット

当然ですが、コスモ石油以外での値引きは受けられません

そのため、普段からコスモ石油を使ってガソリンを入れている人以外にはおすすめできません。

ちなみに、ENEOSでは楽天カードが、出光興産にはNTTグループカードがお得といったように、各ガソリンスタンドごとにお得になるカードがありますよ。

コスモ石油を使っている人は是非作って欲しいワン!

\今なら最大5,000WAON POINTプレゼント/

おすすめのイオンカード【まとめ】

まとめ

僕はイオンカードセレクトにしようかな!

イオンカードの作成方法や選び方、おすすめのカードまでご紹介しました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • どのイオンカードでも、イオングループでの買い物がお得になる
  • イオンカードを作るときはインターネット経由で作るのがおすすめ
  • イオンカードを選ぶ際は「貯まるポイント」「付帯サービス」「国際ブランド」に注目

イオンカードは種類によって受けられる特典が異なるため、事前に各特徴を理解して選ぶのが大切です。

あなたの生活スタイルと相性の良いカードを申し込み、賢く使いこなしましょう!

\今なら最大5,000WAON POINTプレゼント/

6月10日までの期間限定で、新規入会+利用でWAON POINTがもらえます。
カードの作成・年会費は無料です。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加