【徹底解説】CAMFIRE Owners(キャンプファイヤー オーナーズ)の評判・利回りは?

約 7 分で読み終わります!

CAMPFIRE Ownersアイキャッチ

近年注目を集めている「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」は、個人でもファンドを通じて資金を貸し付けて、分配金(利息)を得られる仕組み

そんな中、国内最大級のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」の子会社が運営する「CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤー オーナーズ)」は、そのコンセプトが人気を集めています。

・CAMPFIRE Ownersは他のサービスと何が違うの?
・CAMPFIRE Ownersの評判ってどうなの?儲かるの?

このような疑問を解決いたします。


この記事の結論

  • CAMPFIRE Ownersは投資を通じて支援ができるソーシャルレンディングサービス
  • 利回りは3.0%〜7.0%(年率・税引前)が期待できる
  • 日本保証とのコラボなど、独自の取り組みもあるので安心して利用できる

CAMPFIRE Ownersとは

CAMPFIRE Ownersとは

CAMPFIRE Ownersとは、企業に対して個人がオンライン上で融資出来る「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」サービスです。

CAMPFIRE Ownersの仕組み
CAMPFIRE OwnersのHPより

通常、「融資」では数百万円~数億円の資金が必要になりますが、CAMPFIRE Ownersでは1万円から始めることができます。

※最低投資金額が1万円以上のものもある。

なんで1万円からできるの?

それは、多くの個人投資家が少額投資することで資金が大口化され、最終的には数百万円~数億円の規模になるためです。

しかも、投資した後は定期的に分配金を受け取れるため、ただ「待つだけ」で利益を得ることが出来ます。

それぞれの案件は「ファンド」としてCAMPFIRE Ownersに公開されているので、確認してみてくださいね。

貸付先が倒産した場合など、必ず利益を得られるとは限らない点は注意して欲しいワン!

運営会社情報

自分のお金を預けるからには、運営会社の情報も気になりますよね。

CAMPFIRE Ownersの運営会社は株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALで、国内最大級のクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を運営する株式会社CAMPFIREの子会社です。

もちろん第二種金融商品取引業の登録も行っており、資本金も1億5,500万円(親会社は資本剰余金含め67億8,106万円)と、安心できる企業です。

しかも株式会社CAMPFIREの社長は、連続起業家の家入 一真氏

上場企業のGMOペパボ(3633 東証一部)やBASE(4477 マザーズ)も設立したすごい人だワン!

株式会社CAMPFIREには、元アクセンチュアの中島副社長、元ゴールドマン・サックスの櫻本社外取締役、現BASE社長の鶴岡取締役など信頼できる役員も揃っていて安心ですね。

他社との違いは?

でも、ソーシャルレンディングサービスってたくさんあるよね。

たくさんあるソーシャルレンディングの中でも、CAMPFIRE Ownersは以下の2点が特徴的と言えます。

  • 情報公開の透明性が高く、安心できる仕組みが整っている
  • 借り手を「応援」する、CAMPFIREならではの優しさがある

一点目の「情報公開の透明性が高く、安心できる仕組みが整っている」については、借り手インタビューの存在が挙げられます。

CAMPFIRE Ownersでは案件毎に借り手インタビューが公開されているので、創業の経緯や資金調達の背景など、借り手の思いを簡単に見ることが出来ます。

借り手インタビュー
CAMPFIRE Owners HPより

どんな企業にお金を貸すのか気になるもんね!

二点目の「借り手を『応援』する、CAMPFIREならではの優しさがある」については、CAMPFIREグループ自体の想いが挙げられます。

CAMPFIREの家入社長が「クラウドファンディングも、仲間と焚き火を囲むように『挑戦者の小さな火をみんなで囲み、楽しみながらその火を大きくしていく』という想いを込めて、CAMPFIREというサービス名にしました。」と語っている通り、CAMPFIREは挑戦者を応援するための仕組みです。

CAMPFIRE Ownersも同じ想いを受け継いでいるため、共感できる案件へ投資することで、借り手を応援することが出来ます。

カンボジア農家支援ファンドやエチオピア環境リサイクルファンドなど、社会貢献になる案件もあるんだワン!

他のソーシャルレンディングサービスとの比較を知りたい方は、「【2021年】おすすめのソーシャルレンディングは?利回りを徹底比較!」もご覧ください。

気になる利回りは?

気になる利回りは?

CAMPFIRE OwnersのWebサイトでは、予定利回り3.0%〜7.0%(年率・税引前)と記載されています。

実際に公開されているファンドの利回りを確認してみたところ、概ね4.0%~7.0%のファンドが多かったです。

1万円投資しても、400円~700円ってことか…

一見するとリターンは低いように思えますが、現在の普通預金金利が0.001%ということを考えると、銀行に預けておくよりは高い利回りによる資産運用が期待できるということですね。

他のソーシャルレンディングサービスも平均利回りは5%程度なんだワン!

他の資産運用手段としては株式投資や投資信託もありますが、株式相場の変動によって大きく値動きすることも多いです。

CAMPFIRE Ownersで予定通りファンドが運用されれば、投資元本+分配金(利息)を受け取ることができるので、株式投資に比べると心理的な負担が少ない点も嬉しいですね。

CAMPFIRE Ownrsの評判・安全性を分析

CAMPFIRE Ownrsの評判・安全性を分析

実際にCAMPFIRE Ownersで投資する時には、安全性も気になりますよね。

少額でも、大切なお金だからね!

まずは、CAMPFIRE Ownersの評判を見てみましょう。

評判を分析

「日本保証コラボ」とは、日本保証による保証付きのファンドのこと。

借り手が倒産した場合でも日本保証が債務保証してくれるため、保証がないファンドと比べて、投資金額が戻ってくる可能性が高い安心の仕組みです。

CAMPFIRE Ownersは保証付きの不動産案件をシリーズ化しているんだワン!

コロナ禍で売上に大きな打撃を受けた旅館業や飲食業などを対象に、借入金利の優遇によって資金繰り支援を行ったことは大きな反響を集めました。

CAMPFIREならではの優しさを感じるね!

サイトにアクセスすると分かる通り、CAMPFIRE Ownersはデザイン性が高く、使い勝手の良いサイト。

ストレスなく入金~投資、利益の確認ができるのは投資家として嬉しいですよね。

安全性を分析

評判は良さそうだけど、安全なのかな?

大前提として、ソーシャルレンディングサービスでは貸付先の倒産によって元本が戻ってこないリスクがあります。

とは言え、株式投資でも企業が倒産すれば株価はゼロになりますし、相場次第で大きく損をしてしまうこともありますよね。

CAMPFIRE Ownersのファンドも100%安全とは言えませんが、以下の3点から安全性は高いと言えるでしょう。

  • 日本保証とコラボ:コラボファンドでは日本保証による保証契約がある
  • 厳正な審査:外部の専門家(弁護士等)を交えた審査委員会による事前審査を実施。ファンド運用中も定期的なモニタリングを実施。
  • 資金の管理:投資家の預かり金、貸付先からの返済元本や支払利息等は専用銀行口座で会社資産と区別して厳格に管理。

ここまで徹底しているなら、安心して投資が出来そう!

【まとめ】CAMPFIRE Ownrsの評判・利回り

【まとめ】CAMPFIRE Ownrsの評判・利回り

CAMPFIRE Ownersの特徴や利回り、評判などを解説してきました。

最後にこの記事のポイントを3つにまとめておきますね!

  • CAMPFIRE Ownersは投資を通じて支援ができるソーシャルレンディングサービス
  • 利回りは3.0%〜7.0%(年率・税引前)が期待できる
  • 日本保証とのコラボなど、独自の取り組みもあるので安心して利用できる

投資家登録は無料なので、興味がある人は詳細を確認してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。