【株の値動きを知ろう】ローソク足の見方、移動平均線とは?

約 4 分で読み終わります!

ローソク足の見方(アイキャッチ画像)

この記事の結論

  • ローソク足では「始値」、「高値」、「安値」、「終値」が一目で分かる
  • 陽線は株価の上昇、陰線は株価の下落を表す
  • 移動平均線を活用することで、買い時と売り時の目安が分かる

ローソク足とは?

ローソク足とは、「始値」、「高値」、「安値」、「終値」の4つの値を用いて一本の足を生成する日本発祥のチャートです。
一目で株の値動きや相場の状況を把握できるので、海外でも広く使われています。

それぞれ「はじめね」「たかね」「やすね」「おわりね」と読むワン!

ローソク足の期間を一日とした場合、始値とは一日の最初についた株価のことで、終値とは一日の最後についた株価のことを指します。
安値とは一日についた最も安い株価のことで、高値とは最も高い株価のことです。

ローソク足の見方

ローソク足を見ることで、その期間の値動きの概要を知ることができます。

例えば、上ヒゲが長ければ、株価は大きく上昇したのに、売り圧力が強かった(売る人が多かった)ために最後は押し戻されて取引が終わったことが分かります。

逆に下ヒゲが長ければ、株価は大きく下落したのに、買い圧力が強かった(買う人が多かった)ために最後は押し戻されて終わったことが分かります。

ローソク足を見れば、一目で株価の値動きが分かるのね!

ちなみに、ローソク足は期間によって呼び名が変わるワン!
1日なら日足(ひあし)、1週間なら週足(しゅうあし)、1ヶ月なら月足(つきあし)、分単位なら分足(ふんあし)と呼ぶワン!

株式の投資スタイルについては、こちらの記事もご覧ください。

陽線と陰線の違い

ローソク足には「陽線」「陰線」の2種類があります。

陽線…始値より終値が高い場合のローソク足。株価がその期間で上がったことを表す。

陰線…始値より終値が安い場合のローソク足。株価がその期間で下がったことを表す。

陽線と陰線の違い

移動平均線とは?

移動平均線とは、チャート上でローソク足に絡むように描かれている「一定期間の価格の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフ」のことです。

例えば、5日移動平均線であれば当日を含めた過去5日間の株価の平均値がグラフで表されます。

日足では5日線や25日線、週足では13週線や26週線が使われることが多いです。

移動平均線を見ることで一日の株価の値動きに惑わされず、株価の大まかな方向性を知ることができます。

移動平均線を見ることで、様々な期間の株価トレンドが分かるのね!

移動平均線の活用方法

移動平均線の活用方法として、以下の2つは必ず知っておきましょう。

1.移動平均線が上向きなら株価の上昇トレンド、横ばい状態なら特に方向感がないもみあい局面、下向きなら株価の下降トレンドの可能性が高い。

2.株価が移動平均線より上側にあれば強い相場、下側にあれば弱い相場と判断できる。

移動平均線の活用

例えば上図の場合、移動平均線が緑色の支持線と赤の抵抗線を作っています

株価が移動平均線の上にある場合は、支持線にぶつかるところで買い戻しが入ることが多く、支持線が一種の買いの目安になっていることが分かります。

ですが、株価が支持線を割れこんでしまった場合はこの心理が逆手となり、一気に株価が下がってしまうこともあります。

抵抗線の場合も同じで、抵抗線が一種の売りの目安になるのですが、抵抗線を突き抜けると大幅に株価が上がることもあります。

ただ、これらの活用方法はあくまでも一例のため、必ずこのように株価が動くと過信しないように注意しましょう

実際、初心者がチャートの動きだけで株を売買しても、プロの機関投資家や専業投資家のカモにされてしまうことが多いから注意だワン!

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線を使った株式売買の手法の中でもとくに有名な2つをご紹介いたします。

ゴールデンクロス

株価が大きく下落した後、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に突き抜ける現象のこと。
ゴールデンクロスは、株価が上昇に転じる、買い時のサインです。

デッドクロス

株価が大きく上昇した後、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に抜く現象
デッドクロスは、株価が下落に転じる、売り時のサインです。

また、それぞれの折れ線グラフの交差している部分も注意深く見る必要があります。

交差の角度がゆるやかな場合は弱いサインなので、買い時/売り時の信頼性が低いので注意が必要です。
交差の角度がきつめな場合は強いサインなので、買い時/売り時の信頼性が高いと考えられます。

楽天証券

このような法則を知っていれば、チャートからも株価の動きを予想できるようになるね!

ただし、交差現象が起きる度に売買を繰り返すのは危険だワン!
あくまでもチャートでのシグナルは参考情報として見るようにして欲しいワン!

Podcast(音声配信)

▼この記事に関連したPodcastも配信しています▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。