【アート投資】コンテンポラリーアートとは?投資対象としてあり?

約 7 分で読み終わります!

コンテンポラリーアートとはのアイキャッチ

この記事の結論

  • コンテンポラリーアートとは第二次世界大戦以降の、意味の提示自由な解釈が特徴の美術作品のこと。
  • 近年コンテンポラリーアートの市場は成長しており、投資対象として魅力的。
  • 共同保有をすれば100円から購入できるので初心者にもおすすめ!

コンテンポラリーアートという言葉をご存じですか?

コンテンポラリーアートとは現代美術のことで、第二次世界大戦以降の美術作品のことを指すのが一般的です。

今回はコンテンポラリーアートの概要から、アート投資まで幅広く解説します!

コンテポラリーアートとは?

コンテンポラリーアート(現代美術)はモダンアート(近代美術)と対比して考えられることが多いです。

モダンアートは普遍的な美の追求を目指し、一部の深い教養を持った人を鑑賞者として想定していました。
それに対して、コンテンポラリーアートは作品が示す意味を重要視し、鑑賞者が自由に解釈するモノという前提があります。

コンテンポラリーアートは多くの人が楽しむことができる芸術作品と言えるでしょう。

コンテンポラリーアート流行の背景

なぜコンテンポラリーアートが注目されているのでしょうか?

アートへの投資の注目度が高まったきっかけは中国の急速な経済成長にあると言われています。
経済成長に伴い中国で富裕層が増加し、彼らが投資先の分散化としてアートを購入したことでアート市場は急速に成長しました。

日本では前澤友作氏がアメリカの画家であるバスキアの作品を2016年に約62億円2017年に約123億円で立て続けに落札したことで話題になりました。

123億円!?想像もつかない金額だね…。

代表的なコンテンポラリーアート作家

バンクシー(生年月日不詳)

代表的な作品:「赤い風船に手を伸ばす少女」

街の壁などに政治色が強い絵を残す正体不明の芸術家。
「芸術テロリスト」とも呼ばれ彼の行為には賛否が分かれる。
ドキュメンタリー映画が製作されるなど強い影響力を持つ芸術家。

マルセル・デュシャン(1887-1968)

代表的な作品:「泉」

フランス生まれの芸術家。
現代アートの生みの親と言われる。
アートの鑑賞を、「思考を楽しむもの」と考え新たな時代の流れを作った。

草間彌生(1929-)

代表的な作品:「かぼちゃ」

ドット柄をモチーフにした作品が印象的。
赤い髪と赤い服がトレードマーク。
絵画の他にも小説や詩集なども発表。

奈良美智(1959-)

代表的な作品:「ナイフ・ビハインド・バック」

睨みつけるような独特な目つきの女の子をモチーフにした作品で知られる。
絵画だけでなく立体作品なども多数。

村上隆(1962-)

代表的な作品:「花」

「スーパーフラット」という二次元の平面的な絵画の概念を提唱。
アニメや漫画から強い影響を受けた作品が印象的。
有限会社Kaikai Kikiの創業者・代表取締役。

アート投資はおすすめ?

アート投資では中長期で大きなリターンを得られる可能性があります。

まずは、アート投資のリスクとリターンを見ていきましょう。

アート投資のリスクとリターン

アート作品は政治情勢や経済状況の影響をあまり受けないため、比較的リスクが小さい投資と言えます。

ただ、売りたい時に買い手がいるかどうか(流動性)は不確実な点には注意が必要です。

また、現物を保有する場合は特有のリスクがあるため気を付けなければなりません。

  • 偽物リスク
    購入した作品が偽物だった場合、大きな損害を被ることになります。
    現在ではブロックチェーンを利用した書き換え不可能なデジタル証明書の普及も進んでおり、偽物リスクは抑えられつつあるようです。
  • 破損リスク
    自宅が火事になったり、思いがけず作品が破損してしまったりすることがあります。
    その場合、アート作品としての価値が大きく減少してしまいます。
  • 盗難リスク
    現物を保有する場合、一定の盗難リスクがあります。

どのくらい価値が上昇するかは作品ごとに大きく異なるため、リターンの大きさを一概に示すことは困難です。

しかしアート市場は近年大きく成長しており、コンテンポラリーアートが占める割合もどんどん大きくなっています

そのため、価値ある作品を見定めることができれば今後大きなリターンを獲得することが可能です。

また、アート作品は一般的に作者が亡くなると価値が上昇する傾向があります。

作者が亡くなると既存の作品の稀少性が高まるからだワン!

コンテンポラリーアート作家の中にはいまだに第一線で活躍している方が多いです。

彼らの作品を購入することで数年後~数十年後に市場価値が大きく増大する可能性があります。

アートの投資以外の魅力

アートは資産としての価値だけでなく、それ自体に大きな魅力があります。

  • 鑑賞を楽しむことができる
    アート作品の本来の価値は鑑賞を楽しむ所にあります。
    特にコロナの影響で家で過ごす時間が長くなったいま、自宅にアート作品を飾ることでより心の豊かさを実感できるかもしれません。
  • アーティストを応援できる
    アート作品を購入することはそのアーティストを応援することに繋がります。
    自分が目をつけた駆け出しのアーティストが有名になれば、自分のことのように喜びを感じることが出来るでしょう。

自分の好きな経営者の会社に投資する応援投資と共通する部分があるね!

アートに投資する方法

アート作品への投資方法を大きく4つご紹介します。

オークション

アート作品の購入で一番イメージが付きやすいのがオークションではないでしょうか?

有名なアーティストの作品はオークションで販売されるのが一般的です。
ニュースでは何十億という落札価格が報道されることもありますが、決して一部の富裕層のためだけのものではありません。

Sotheby’s(サザビーズ)SBI Art AuctionShinwa Auctionなどでは数万円から数十万円で落札された作品もあります。

画廊

美術館

画廊とは美術品を展示するギャラリーのことで、実物を見て購入できるというメリットがあります。

また、画廊に足を運ぶことでまだ無名の若手アーティストの作品に出会うこともできます。

もしかすると今後有名になる芸術家の作品を格安で手に入れることができるかもしれません!

ネットでの直接購入

芸術作品をインターネット上で直接購入する方法もあります。

ネットでの直接購入を利用すれば多数の芸術家の作品を同時に比較することができます。

また、画廊に足を運ばずに作品を鑑賞し購入の検討をすることができるため、画廊に行くハードルが高いと感じる初心者の方におすすめです。

This Is Galleryというサービスが有名です。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

共同保有

リスクを最小限に抑えたい方には共同保有がおすすめです。

1つの芸術作品を出資額に応じて複数のオーナーと共同で保有する方法です。

購入したオーナー権は売却することが可能なので換金性も高い投資と言えます。

アートの共同保有のサービスを2つご紹介します。

ANDART(アンドアート)

ANDART(アンドアート)は、「1万円から始める本格アートコレクション」がコンセプトの会員権プラットフォームサービスです。

草間彌生やバンクシーなど有名コンテンポラリーアート作家の作品を1万円から購入することができます。

購入した作品はオンラインコレクションとして鑑賞することが可能です。

1万円で有名作品のオーナーになれるんだ!

STRAYM(ストレイム)

STRAYM(ストレイム)は、「100円からアートコレクターに」がコンセプトのアート作品の共同オーナー権の保有と売買ができるマッチングサービスです。

ANDARTとは異なり数十万円~数百万円程度の作品を中心に100円からオーナーになることができます。

100円で投資できるのは初心者にとってはありがたいね!

これらのサービスはアート作品に少額で投資ができ、専門家が選定を行うというメリットがある反面、現物を保有することができないというデメリットがあります。

部屋に飾るなど芸術作品として鑑賞を楽しみたい方は実物を購入することをおすすめします。

Podcast

いろはに投資の「ながら学習」 毎週月・水・金に更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。