債務不履行(デフォルト)とは?事例も分かりやすく解説

約 9 分で読み終わります!

債務不履行とは

・デフォルトって何?
・デフォルトの見極め方が知りたいな…

このようなお悩みにお答えします。


この記事の結論

  • 債務不履行(デフォルト)とは、債券の利息や額面金額が約束通りに支払われないこと
  • 格付けが一つの判断材料になる
  • 過去には国家がデフォルトしたこともある

投資に関する勉強をしていると、「債務不履行(デフォルト)」という言葉を目にすることもありますが、どういう意味なのでしょうか。

この記事では、債務不履行(デフォルト)の定義や判断材料から、実例まで分かりやすく解説します。

最近では個人が少額から企業に融資できる「Funds」のようなサービスもあるので、一緒にチェックしてみてくださいね。

債務不履行(デフォルト)とは?

デフォルトとは

債務不履行(デフォルト)とは、投資の世界では債券の利払いや額面金額が期日通りに支払われないことを言います。

債券発行元の財政悪化などから返済不能になった場合に、デフォルトとなってしまいます。

Default(デフォルト)

「怠る」や「怠慢」という意味がある言葉で、使う分野によって意味合いが異なる。

スポーツ分野で使う場合は「棄権」、コンピュータ分野では「初期設定」などを指す。

金融分野で使う場合は「債務不履行」となる。

そもそも、債務不履行ってどんな意味?

そもそも債務不履行とは、約束が守られないこと(債務を果たせない状態)を意味します。

債務不履行

例えば、お店で洋服を買うというのも一つの約束・契約となります。

この場合、以下のような義務と権利の関係になりますね。

  • お店:お客が求める商品を渡す義務(債務)、お金を受け取る権利(債権)
  • お客:お金を支払う義務(債務)、商品を受け取る権利(債権)

このように、何か契約する際には債務と債権が発生します。

しかし、全ての契約が果たされる保証はありません。

上記の例だと、お店がお客に商品を渡せない場合、債務が果たせていないということになります。

この、債務を果たせない状態のことを、債務不履行と言うのです。

債券での債務不履行とは?

ここでは、債券での債務不履行について見ていきましょう。

債券での債務不履行状態とは、次のような状態です。

  • 債券の利払い日に利息が支払われない
  • 債券の額面金額の返済(償還)ができない

そもそも債券とは、国や企業が資金を調達するために発行する借用書のようなものです。

債券

投資家が債券を買うことで、発行元は資金を調達できます。

ただし、債券の場合はお金の貸し借りであるため、発行元はお金の返済義務があります。

また、利息も発生するため、利払い日には利子を支払わなければなりません。

この利払い日や返済日(満期)に決まった金額を支払えない状態を、債券での債務不履行と言います。

お金を払ってもらえないのは大ダメージだな…

3種類の債務不履行

債務不履行だからと言って、利息や額面金額が全て戻ってこないわけではありません。

債務不履行は、不履行の状態によって以下の3つの種類に分けられます。

  1. 利払いも額面金額の償還もできない「履行不能」
  2. 利払い日や償還日を延長する「履行遅延」
  3. 利払いのみが停止する場合や、額面金額の一部のみカットするといった「不完全債務」

必ずしも全額ゼロ円になるわけではないのか!

しかし、どの状態でも損害は発生するため、投資家にとってダメージは大きいですね。

個人投資家でも少額で貸付できる「Funds」では、そのほとんどが上場企業となっているので、比較的安心して投資ができますよ。

貸付投資のFunds(ファンズ)

国債なら安全?

国債なら安全?

債券の債務不履行は、企業が発行する債券に限ったことではありません。

債券には国が発行する「国債」もあり、この国債も債務不履行になる可能性は十分あるのです。

国でも支払えなくなるの!?

国は国民のために公共事業をしますが、これには当然お金が必要です。

このお金を賄うために発行されるのが国債であり、国債にも利息や償還日があります。

しかし、国家とはいえ必ずしも返済するお金が用意できるわけではありません。

利息や償還日のために新たに国債を発行すれば一時期はしのげますが、自転車操業となり、いずれは行き詰まってしまいます。

実際、ギリシャやアルゼンチンなど過去にデフォルトした国はあります。

国債だからといって「絶対安全」ではないんだワン!

デフォルトの可能性を見分けるには?

可能性を見分ける

デフォルトしそうな債券を避ける方法ってあるの?

デフォルトの可能性を見分けるための一つの判断材料が「格付け」です。

格付けを活用することで、債券を発行する国や企業の信用リスクを知ることが出来ます。

信用リスクとは、国や企業の財政状態などの悪化が元に債務不履行に陥る可能性のことだワン!

信用リスクが高い発行元の債券は、利息や額面金額の支払いができない可能性が高いということになります。

そのため、債券に投資する際には信用リスクの見極めが重要になるのです。

そもそも、格付けって何だっけ?

格付けとは、第三者である格付け機関が、債券の発行元の利払い状況や返済の確実性などを客観的に評価したものです。

アルファベットや+・-、数字などの符号で発行元の信用度合いをランク付けしています。

格付け会社によって表記は異なりますが、一般的にはAAA(トリプルA)がもっとも信用が高い債券とされます。

BBB以上であれば「投資適格格付け」と呼ばれ、デフォルトの可能性が低いと判断されます。

逆にBB以下であれは「投機的格付け」と呼ばれ、デフォルトの可能性が高いと判断されます。

格付けについてより詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

債務不履行の株式市場への影響は?

株式市場への影響

デフォルトは株にも影響するの?

当たり前ですが、企業の社債がデフォルトすると社債発行企業の株価は大きく下がります

その企業は上場廃止になる可能性も高いです。

しかし、債務不履行の影響はその企業だけにはとどまりません。

「次はあの会社では?」といった不安が連鎖となり、同業他社や株式市場全体にマイナスの影響が出てしまう可能性もあります。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

債務不履行の事例

事例

デフォルトって実際に起こったことあるの?

ここでは、実際に過去に起こったデフォルトの事例を見てみましょう。

会社更生法適用によるデフォルト

会社更生法とは、債務の返済が難しい企業を倒産させずに支えるための手続きのことです。

この手続きが申請・受理された時点で、その企業の社債はデフォルトになります。

過去には、以下のような企業でも会社更生法適用でデフォルトが起こっています。

マイカル

マイカルは、全国展開していた大手総合スーパー。

マイカルは、2001年に経営破綻による会社更生法適用でデフォルトを起こしています。

デフォルト後は財産の再分配により、一部は投資家のもとに返還されました。

しかし、破綻前に発行されていた3,500億円もの社債のうち、投資家に戻ったのは額面の10%~30%ほどでした。

JAL(日本航空)

JALのデフォルトは記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

2010年に経営破綻により会社更生法適用、3,500億円の公的資金の投入で経営再建しました。

会社更生法適用時には株価の大幅な下落だけでなく、発行済みの670億円もの社債はデフォルトとなりました。

JALのデフォルトは大きなニュースになったよね…

エンロン

海外の大企業でもデフォルトは起こっています。

エンロンは、アメリカの巨大エネルギー企業でした。

しかし、不正会計の発覚により格付けが急降下、債券価格が大幅に下落しました。

そしてエンロンは破綻し、2001年にアメリカでの会社更生法にあたる「破産法」を適用し、デフォルトとなりました

当時は巨大企業のデフォルトで、世界の債券市場には大きな衝撃が走りました。

事業再生ADRによるデフォルト

事業再生ADRとは、裁判所の手続きを介さない経営再建方法のことを言います。

私的整理でもある事業再生ADRでは、債務者や株主との交渉で事業再建を目指す手続きのため、申請したからと言って必ずしもデフォルトになる訳ではありません。

しかし、ADRを適用することでデフォルトになった企業もあります。

日本エスコン

日本エスコンは、分譲マンションの企画や販売をしていた企業です。

日本エスコンでは2009年に事業再生ADRを申請し、約80億円の社債をデフォルト

事業再生ADRを申請してデフォルトした最初の企業でもあります。

アイフル

消費者金融大手アイフルでは、業績不振から2009年にADRを申請、約2,800億円の債券の返済猶予を申請しました。

同時期には同業の武富士も債務不履行に陥るなど、業界全体が危機に陥りました。

ウィルコム

PHS会社であるウィルコムは、2009年に事業再生ADRの手続きに入りました

申請に伴い日本格付研究所はウィルコムをDに格下げし、350億円の社債がデフォルトになりました。

企業がデフォルトする前には格付けが下げられているんだワン!

国債のデフォルト

「国家であれば安心だ」というイメージもあるかもしれませんが、国家のデフォルトも実際に起こっています。

ギリシャ

2009年、ギリシャ政府による赤字隠ぺいが発覚し、ギリシャ国債の格下げが行われました。

その後2015年には、返済期限を迎えた約2,200億円の国際通貨基金への負債を返済できない状態に陥ったのです。

これにより国際通貨基金はギリシャを「延滞国」と認定し、事実上のデフォルトとなりました。

レバノン

レバノンでは2019年頃から経済が急速に悪化し、銀行預金の引き出し制限やインフレ・失業率の悪化などが起こりました。

その結果、国家破綻の懸念が高まり、投資家の資金引き上げや国外からの送金の減少も発生しました。

そして2020年、レバノン政府は償還期限を迎えた12億ドルの国債と、同年に返済期限を迎える46億ドルの支払い延期を発表し、デフォルトとなりました。

アルゼンチン

アルゼンチンは過去9回にわたりデフォルトを起こしています。

最大のデフォルトでもある2001年には、政府が約20兆円もの利払い停止を宣言し、アルゼンチンは事実上破産しました。

このデフォルト後、アルゼンチンは極端なインフレになりましたが、2015年には経済危機を脱出。

しかし2020年に9回目のデフォルトが発生し、支払期限の約5億ドルの利払いが停止しました。

【まとめ】債務不履行(デフォルト)とは

まとめ

債務不履行(デフォルト)についてよく分かったよ!

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • 債務不履行(デフォルト)とは、債券の利息や額面金額が約束通りに支払われないこと
  • 格付けが一つの判断材料になる
  • 過去には国家がデフォルトしたこともある

債券はデフォルトリスクもありますが、比較的ローリスクな投資です。

最近では個人が少額から企業に融資できる「Funds」のようなサービスもあるので、一緒にチェックしてみてくださいね。

Podcast

いろはに投資の「ながら学習」 毎週月・水・金に更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。