電気代の節約方法5選!簡単にできる節約術を分かりやすくご紹介

電気代アイキャッチ

・電気代を安くする方法を知りたい!
・どんな節約術があるの?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • 節電の前に、まずは電気契約の見直しをしよう
  • 電気チョイスなら無料で最適な電気会社を比較できる
    公式サイト:https://user.denkichoice.jp/
  • 家電の使い方を工夫すれば節約にもなる

原油価格の高騰など、電気代はここ数年で上昇傾向にあります。

いつもと同じように使っていたのに、電気代が上がって驚いた人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、電気代を簡単に節約できる方法を5つご紹介します。

5つご紹介しますが、一番大切なのは「あなたに最適な電力会社」と契約することです。

新電力プランを活用すれば、無理せずに節約ができますよ。

\無料で電気料金を比較/

電気チョイスなら、新電力プラン専門スタッフが最適なプランを提案!
面倒な手続きもサポートしてもらえます。

電気の契約を見直す

電気見出し1

電気代を安くするには、電気の契約見直しが一番おすすめです。

2016年に電気の小売業が自由化されて以降、たくさんの会社で多様なプランが登場しています。

新電力会社と呼ばれているね。

今の契約によっては、電力会社を変えることで大幅に安くなる場合もあります。

電気代でお悩みの方は、新しい電力会社を探してみてはいかがでしょうか。

電気チョイスなら最適なプランが見つかる

電力会社の見直しと言っても、どの会社が一番お得なのかわかりませんよね。

2021年の時点で新電力会社は全国に706社もあり、その中から1社選ぶのは一苦労です。

そこでおススメなのが、一括比較を利用すること。

例えば「電気チョイス」なら、あなたに合った電力会社をプロから提案してもらえます。

さらに切り替え手続きのサポートもあり、手数料や登録料などはかかりません。

プロに選んでもらえると安心ね。

相談や乗り換えは電話で対応してくれるので、何度もメールをする必要もないですよ。

\無料で電気料金を比較/

電気チョイスなら、新電力プラン専門スタッフが最適なプランを提案!
面倒な手続きもサポートしてもらえます。

電気消費量の多い家電の使い方を見直す

電気見出し2

毎日の暮らしの中ですぐできる節約方法の1つに、家電の使い方の見直しがあります。

特に以下の家電は、家庭の中で電気消費量が多いと言われています。

  • 冷蔵庫
  • 照明
  • エアコン
  • テレビ

どれもよく使う家電だね

この4つの家電は毎月の電気代の大半を占めており、使い方を見直すだけで節約効果が期待できます。

それぞれの節約方法を、1つずつ見ていきましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫は食品の保存のため大切な役割がありますが、以下のような工夫で節約が可能です。

冷蔵庫で節電する工夫

  • 開けている時間を減らす
  • 食材を詰めすぎない
  • 温度設定を「強」から「中」にする
  • 壁から離しておく
  • 熱いものは冷ましてから入れる

冷蔵庫で電気代を節約するポイントは、消費電力を抑えることです。

熱いものを冷ます時に多く電力が使われるので、できるだけ庫内を冷たい状態で保つことが大切になります。

開けている時間を減らし、熱いものは冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。

また、温度設定を「強」から「中」にすることでも、電力の消費を抑えられます。

あまり温度を下げすぎると、食品が傷むから注意だワン!

また壁にぴったり付けて配置してしまうと、放熱しにくくなり、余分な電力を消費してしまいます。

冷蔵庫を置く時は、左右に5センチ以上の隙間を開けて配置がおすすめです。

照明

家庭内で意外に電力を消耗しているのが、各部屋にある照明です。

照明で節電する方法は、以下のものがあります。

照明で節電する工夫

  • 使わない時はオフにする
  • LEDに変える
  • 照明の汚れを掃除する
  • 人感センサーを取り入れる

使わない時にオフにする、消費電力の低いLEDに変えるといったことは、もう実践されている人も多いのではないでしょうか。

照明の汚れをそのままにしていると明るさがダウンしてしまうため、こまめに掃除するのも節電に効果的です。

お掃除も大切なのね!

庭や廊下などでは、必要な時だけ明るくなる人感センサー付きのライトがおすすめです。

玄関のドアに人感センサーライトを設置すれば、帰ってきた時に明るいだけでなく防犯にも繋がります

エアコン

エアコンは電気代を意識しやすいアイテムの1つです。

エアコンの節電方法は以下のものがあります。

エアコンで節電する工夫

  • 設定温度を1度見直す
  • 短時間の外出なら付けっぱなしにする
  • 扇風機やサーキュレーターと一緒に使う
  • 部屋の広さに合うエアコンを選ぶ
  • 窓の断熱を意識する

エアコンの設定温度を1度見直すと、冷房なら13%、暖房なら10%の節電になると言われています。

過ごしやすさが変わらないのであれば、設定温度を見直してみましょう。

エコモードが付いていれば活用しよう!

最近は断熱性の高い家が多いですが、窓はガラスなので暑さ・寒さを通してしまいます。

カーテンや断熱シートで窓からの外気温を遮断し、エアコンの消費を抑えると良いでしょう。

また部屋の広さに合わないエアコンを使うと、余分に電力を消耗します。

小さな部屋向けのエアコンの方が安く購入できますが、広い部屋で使うと電気代が高くなるので気をつけてくださいね。

テレビ

ゲームやドラマなど、リラックスタイムに欠かせないのがテレビです。

テレビの節電方法は以下のものがあります。

テレビで節電する工夫

  • 使わない時はオフにする
  • 長期間使わない時は電源から切る
  • 明るさを調節する
  • 画面の掃除をこまめにする

テレビの付けっぱなしはNGだワン!

テレビを使わない時はオフにするのはもちろん、長期間使わない時は電源から切るのがおすすめです。

テレビに限らず電化製品には、使わない時も待機電力が使われており、電源から切るだけでも節電になります。

録画予約をしている人は、電源を切ると使えなくなるから注意だよ!

またテレビ画面の明るさを見直すと、余分な消費電力が抑えられます。

画面が汚れると暗く見えがちなので、こまめに掃除をして画面を明るく保ちましょう。

季節ごとに節電方法を変える

電気見出し3

夏と冬では、生活のしかたが変わってきます。

暑い時と寒い時で家電の使い方も違うため、その時の状況に応じた対策が必要です。

節電の方法は、季節によって違うのね!

夏と冬それぞれの節電方法を紹介します。

夏の節約方法

部屋の温度を下げるため、夏場の電気代はエアコンの利用が大半を占めています。

ただ熱中症の危険があるため、冷房を我慢するのはやめてくださいね。

冷気が一箇所に集中しすぎないよう、扇風機で空気を循環させ、部屋全体を冷ますのがおすすめです。

扇風機を上に向け、エアコンと向かい合うようにするといいワン!

エアコンは部屋の温度を下げる時に電力を消耗するので、短期間でのオンオフ繰り返しは逆効果です。

少しの外出であれば、付けっぱなしにするほうが節約になります。

夏場エアコンの他に電気を消耗しやすいアイテムとして、冷蔵庫が挙げられます。

開け締めの時間を減らし、エアーカーテンを使うなどして、庫内の温度を下げないよう心がけましょう。

冷蔵庫で涼むのはやめよう。

冬の節約方法

夏の方が冷房で電気を使いそうな気がしますが、実は一番電気代が高くなるのは1月~3月の冬場です。

部屋を温めるのにたくさん電気を使うため、寒暖差の激しい冬のほうが高くなる傾向があります。

冬場でも扇風機やサーキュレーターで空気を拡散させ、効率よく部屋を温めましょう。

湿度が低いと寒く感じやすくなるため、加湿器を使うか、濡れたタオルなどを干して置くのもおすすめです。

扇風機・サーキュレーターは一年中役に立つワン!

電気代が安いこたつや電気毛布も、必要に応じて取り入れましょう。

\無料で電気料金を比較/

電気チョイスなら、新電力プラン専門スタッフが最適なプランを提案!
面倒な手続きもサポートしてもらえます。

古い家電を買い替える

電気見出し4

もし古い家電をお使いであれば、新しいものに買い替えると節電できる場合があります。

最近の家電は節電対策に優れており、昔のものに比べ電気の消費量が抑えられることが多いです。

参考にエアコンの1ヶ月あたりの電気代を、18年前と現在のもので電気代を比べてみました。

1日6時間ほどで30日間使ったと仮定し、1kWhあたり27円で試算した表は以下の通りです。

2004年製2022年製
冷房11,178円7,678円
暖房9,185円7,339円
出典:富士通ゼネラル

2022年製のほうが安いわ!

18年前のエアコンに比べ、冷房なら3,500円、暖房なら1,846円も毎月安くなる結果になりました。

エアコン以外でも買い替えで節電できるものは多いので、古い家電を使っている人は、買い替えも検討してみてくださいね。

その他の電気代を節約する方法

電気見出し5

家庭や生活の中ですぐにできる節電方法は、他にもたくさんあります。

主なものを以下にまとめました。

すぐできる節電対策

  • 便座のふたを閉める
  • パソコンは少しの間なら切らずにスリープ
  • 炊飯器は長時間保温せず、冷凍して電子レンジで温める
  • 洗濯物はまとめて洗う
  • お風呂の自動保温をできるだけやめる
  • 電気ポットの保温をやめる

お風呂やポットの保温をやめるだけでも、電気代の節約になります。

なんとなく使ってしまいがちな保温ですが、必要なければ思い切ってやめてみましょう。

熱が逃げないよう便座のフタを締めておく、洗濯物をまとめて洗うといった方法もあります。

立ち上げで電気を多く消耗するパソコンに関しては、少しの間だけならスリープ機能を使う方がおすすめです。

できることから始めてみよう!

【まとめ】電気代を節約する方法

電気見出し6

電気代を節約する方法が良くわかった!

電気代の節約方法について解説しました。

最後にこの記事の結論を3つにまとめます。

  • 節電の前に、まずは電気契約の見直しをしよう
  • 電気チョイスなら無料で最適な電気会社を比較できる
    公式サイト:https://user.denkichoice.jp/
  • 家電の使い方を工夫すれば節約にもなる

電気代は、家電の使い方を見直すことで節約できます。

こまめなオンオフが大切ですが、場合によっては付けっぱなしにする方が電気の消費を抑えられます。

また、電気代で一番大切なのは電力会社選びです。

どの電力会社が良いか迷う人は、電気チョイスでぴったりのプランを探してみましょう。

\無料で電気料金を比較/

電気チョイスなら、新電力プラン専門スタッフが最適なプランを提案!
面倒な手続きもサポートしてもらえます。

友だち追加