【ESGとは?】ESG投資のメリットやデメリットも解説!

約 7 分で読み終わります!

ESGとは

この記事の結論

  • ESGとは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」
  • ESG投資は主に7種類に分けられる
  • ESG投資は長期の資産形成に向いている

ESGとは?

ESGとは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」の略です。

世界的に持続可能な社会を目指していく(SDGs)中で、企業が長期的に成長するためにはESGへの取り組みが重要との見方が急速に広まっています。

それぞれどのようなことを示すのかな?

それぞれの具体的な取り組みを見ていきましょう。

ESGとは

Environment(環境)

  • 再生可能エネルギーの使用
  • 二酸化炭素排出量の削減
  • 製造工程での廃棄物低減

Social(社会)

  • 地域社会への貢献
  • ダイバーシティ(人材の多様化)
  • 人的資本(人財)の活用

Governance(企業統治)

  • 積極的な情報開示
  • 取締役会の多様性(社外取締役など)
  • 資本効率への高い意識

3つの観点における幅広い取り組みを各企業が実施しています。

近年では、これら3つの観点から企業を分析して投資する「ESG投資」が注目されています。

ESGと投資がどのように関係するんだろう?

ESG投資とは?

これまで投資家は企業の営業利益やキャッシュ・フローなどの財務情報をもとに投資判断を行ってきました。

しかし、企業が持続的成長を目指すためにはESGを意識して取り組むことが不可欠だとする価値観が広まっています。

そのため近年は、企業がESGに配慮しているかを投資判断材料の1つとして重視するようになりました。

非財務情報も投資をする上で重要になってきたんだ!

実際に、環境改善や社会貢献につながる製品・サービスを開発したことで大きく成長した企業が数多く現れています。

ESGを自社が果たすべき課題として掲げ、その取り組み状況を積極的に開示することで、ブランド力や企業価値を高めている企業も多いです。

このように、企業が取り組んでいるESG活動を吟味して投資を行うことを「ESG投資」と言います!

ESG投資はなぜ拡大した?

ESG投資が拡大したきっかけは、2006年に国連責任投資原則(PRI)が「投資にESGの視点を組み入れること」といった考え方を機関投資家の投資原則として掲げたことから始まりました。

日本では、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がPRIに2015年に署名したことで、ESG投資が広がり始めました。

2020年8月時点で世界の3,332機関が署名し、日本でも85機関が署名しています。
PRIの投資原則が提唱された2006年より世界での署名数は約1.7倍に増加しました。

また世界のESG投資額を見ると、ESG投資が世界各国で拡大していることが分かります。

世界でESG投資額は増加し、特に増加率300%を超えた日本がもっとも大きく成長しました。

また総運用資産に占めるESG資産の割合も日本では3.4%から18.3%へと増加しました。

世界、そして日本でESG投資が広まっていることがわかった!

ESG投資の種類

GSIA(Global Sustainable Investment Alliance)によると、ESG投資の手法は7つに分類されます。

ESG投資の7種類

ESG投資といっても、こんなに投資の種類があるんだ!

それぞれの投資方法を具体的に見ていきましょう!

  • ネガティブスクリーニング

ネガティブスクリーニングとは、特定の業界を投資対象から除外する手法です。
例えば、アルコール、タバコ、銃器、カジノ、または化石燃料を扱う業種が該当します。

すなわち、ESGと逆方向のものには投資を行わないということです。

  • ポジティブスクリーニング

同業種の中でESGのパフォーマンスが優れている企業に投資をする手法です。
環境問題や人権問題、従業員への対応、ダイバーシティなどに積極的に取り組んでいるかが判断材料になります。

  • 国際的規範に基づくスクリーニング

ESG分野での国際基準に照らし合わせ、その基準をクリアしていない企業を投資先から除外する手法です。
国際基準には、国際労働機関(ILO)などの国際機関が定めるものが参照されます。

  • ESGインテグレーション

ESGインテグレーションは、最初から投資対象を狭く絞るのではなく、従来用いられていた財務情報に基づく投資判断に、環境・社会・ガバナンスといった「非財務情報」を組み入れる方法です。

ESG投資のうち、現在主流となりつつある投資手法だワン!

  • サステナビリティ・テーマ型投資

サステナビリティ・テーマ型投資は、サステナビリティ(持続可能性)をテーマとする事業を投資対象とする方法です。
サステナビリティをテーマとする事業には、再生可能エネルギーや持続可能な農業といったものが挙げられます。

  • インパクト/コミュニティ投資

インパクト/コミュニティ投資は企業の財務情報から判断して得られるリターン、および「社会的・環境的に強い好影響」をもたらす技術やサービスによる事業を投資対象とする方法です。
途上国における教育事業やエネルギー事業などが挙げられます。

  • 企業エンゲージメント

企業エンゲージメントは、株主の立場から企業に対してESGを呼びかけて、ESGに対する配慮を行うよう働きかける方法です。
株主の権利を用いて、積極的に企業の意思決定に意見することを指します。
投資判断だけではなく、投資後の働きかけも重要な戦略となります。

ESG投資といっても、どのような視点を持つかで投資手法が大きく変わることが分かります。

LINE公式アカウントでは、記事の更新情報を配信しています!また、友達登録すると限定記事もご覧いただけます。

友だち追加

ESG投資のメリット・デメリット

ESG投資のメリット

ESG投資のメリットは以下の3点です。

  • 長期の資産形成に向いている
  • 安定した運用ができる
  • 社会貢献に繋がる

ESG投資は、企業の長期的な将来性や持続性などを分析・評価した上で、投資先を選別する投資手法となるので、長期的な資産運用に向いています。

また一時的な企業業績の悪化が起こったとしても、投資家は長期的な企業の成長を見込んで投資をしているため、投資対象から外されづらく安定した運用が可能です。

さらにESGを意識して投資をすれば、地球温暖化対策や女性活躍を推進している企業の社会課題解決を後押しすることができます。

近年では多くの年金基金がESG投資を組み入れるなどESG投資の規模が大きくなっているため、個人投資家にとっても重要なテーマになっています。

ESG投資のデメリット

ESG投資のデメリットは以下の2点です。

  • 短期的なリターンが小さくなる可能性がある
  • 投資先の選定に時間がかかる

ESG投資の場合はリターン+ESGへの貢献等も考慮して投資先を重視するため、短期的な目線で見るとリターンは小さくなりやすい傾向があります。

さらにESG投資の場合は、財務情報だけでなくESG要素も見極めた上で投資判断を下す必要があるため、数多くの定性・定量データを探して分析するなど、準備や作業に多くの時間と労力がかかります。

投資初心者だとESG投資は難しいのかな…

そんなことはありません!

最近ではESGにフォーカスしたアナリストレポートも増えてきているため、個人投資家でも活用することができます。

また、ESGにフォーカスした投資信託もあります。

投資信託ではプロの投資家がESGを評価した銘柄に投資してくれるため、労力をかけずにESG投資ができます。

また、最近ではESG関連のETFも増えてきているので、それらのETFに投資するのもいいかもしれませんね!

今後、株式投資をするときは、財務情報だけでなくESGも意識してみましょう!

Podcast(音声配信)

▼この記事に関連したPodcastも配信しています▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。