年会費無料のETCカードおすすめ10選ランキング!失敗しない選び方を紹介

※2022年9月1日に更新しました。

ETCカードおすすめランキング

・ETCカードはどれがおすすめ?
・ETCカードの年会費が無料になるクレカを知りたいな。

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • JCBカードWはETCカードの中でも利用しやすい
  • ETCカードはクレジットカード発行がおすすめ
  • ETCカードは年会費や付帯サービスでを選ぼう

ETCカードは高速道路の料金所にて車を停めずに、通行料金を精算できる便利なICカードです。

特にクレジットカード会社の発行するETCカードは年会費が無料で、ポイント還元を受けられるカードもあります。

とはいえクレジット機能のついたETCカードは種類が多く、どれを発行すべきか悩んでいる方も多いはず。

今回はETCカード付帯クレジットカードを10枚紹介するとともに、あなたに最適なETCカードの選び方も紹介します。

この記事を読めば、自分にぴったりのETCカードが見つかるワン!

\無料でETCカードが発行できる/

JCBカードWならETC利用でもポイントが1%還元。
Amazonでの買い物もお得なカードです。

おすすめのETCカードを比較【早見表】

おすすめのETCカード早見表

おすすめETCカードの比較結果をすぐ知りたいな。

年会費が無料なおすすめETCカードをいち早く知りたい方向けに、まずは早見表で10枚を比較しました。

カード名年会費ETCカード年会費通常還元率
三井住友カード(NL)無料550円
(年に1度利用で翌年も無料)
0.5%
JCB CARD W無料無料1.0%
イオンカードセレクト無料無料0.5%
三菱UFJカード VIASOカード無料無料0.5%
エポスカード無料無料0.5%
カード名年会費ETCカード年会費通常還元率
楽天カード無料550円
(ダイヤモンド・プラチナ会員は無料)
1.0%
ライフカード無料550円
(年に1度利用で翌年も無料)
0.5%
リクルートカード無料無料
(ViSA・Mastercardは発行手数料あり)
1.2%
au PAY カード 無料無料
(発行手数料あり)
1.0%
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス無料無料0.5%

ETCカードの発行手数料の有無やポイントの通常還元率など、クレジットカードによって差が見られました。

とはいえ重視したい項目によってカードの良し悪しは変わるため、興味のある判断基準から選ぶと良いでしょう。

各基準について、これから詳しく解説するワン!

ETCカードはクレジット発行のものを選ぶ

ETCカードはクレジット発行がおすすめ

ETCカードには大きく分けて、以下の2種類が存在しています。

  • ETCパーソナルカード
    →有料道路の支払いのみ利用できるETCカード
  • クレジットカード発行会社のETCカード
    →クレジットカード機能の付帯したETCカード

どちらもETCカードとしての役目を果たすものの、選ぶべきはクレジットカード発行会社のETCカードです。

どうしてクレジットカード発行が良いの?

ETCパーソナルカードはクレカを作らずに発行可能ですが、申込時に保証金(デポジット)を預託する必要があります。

具体的には以下のように毎月予想される高速道路料金を申告し、その4倍の金額を預けなければいけません。

平均利用(月額)デポジット額
5,000円20,000円
10,000円40,000円
20,000円80,000円

さらにETCパーソナルカードは、年会費1,257円もかかるんだワン!

一方でクレカ会社が発行するETCカードは年会費無料の場合が多く、支払いをクレカ連携すればポイントも付与されます。

クレジットカード会社の審査に通る方であれば、クレカ会社発行のETCカードを選ぶようにしましょう。

ETCカード付帯のクレジットカードの選び方5つ

ETCカードの選び方

ETCカードを作るために、クレカの選び方を知りたいな。

ETCカードを発行するために必要なクレジットカードの選び方としては、以下の5つです。

自分のライフスタイルに合ったカードを発行すれば、お得な特典を最大限に活かすことが可能に。

それではクレジットカードを選ぶ際のポイントについて、確認していきましょう。

①年会費が無料のものを選ぶ

ETCカード付帯のクレジットカードを選ぶ際に重視したいのが、年会費がどの程度かかるかです。

クレカ自体の年会費が無料でも、発行会社によりETCカード料金として年間550円~1,100円かかる場合があります。

もし高速を使わなくても、年会費を払うのは嫌だなぁ…。

高速道路を利用しない可能性を踏まえ、クレカとETCカード両方の年会費がかからないクレジットカードがおすすめです。

ETCカードの年会費が完全無料のクレカ以外に、利用頻度によって年会費が0円となるカードもありますよ。

②特典や付帯サービスで選ぶ

クレジットカードには付帯特典として、旅行保険や特定店舗でのポイント高還元などを受けられるものがあります。

特に車を運転する機会の多い方には、車関係の特典が付いたクレジットカードがおすすめですね。

例えば「JCB CARD W」なら、出光昭和シェルでのカード払いでポイント還元率がアップします。

自分にとって利用しやすい付帯特典のあるクレジットカードを発行し、日々の暮らしをより豊かにしましょう。

一般カードでも付帯特典が豪華なものがあるワン!

③ポイントの使い道で選ぶ

せっかく貯めたポイントを無駄なく使うためにも、使い道が豊富なクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

中でもおすすめの使い道としては以下の通り。

  • 実店舗での買い物が多い
    →商品券やクーポンに交換できるクレジットカード
  • 飛行機での旅行が好き
    →マイルに交換できるクレジットカード
  • ネットショッピングが好き
    →Amazonや楽天のポイントが貯まるクレジットカード

色んな使い道があるんだね!

同じポイント交換先でも、発行会社によって1ポイントあたりの価値が変わる場合もあるため、よく確認しておきましょう。

④ETCカードが一体化されているかで選ぶ

通常はETCカードとクレジットカードが別で発行されることから、カードは計2枚になるのが一般的です。

一方で種類は少ないものの、クレカ機能とETC機能が一体化しているクレジットカードも存在します。

クレジットカードとETCカード一体型であれば、カードは1枚で済むことから財布を圧迫しないのがメリット。

クレカのバリエーションを重視するか、クレカの枚数を減らすかによってカードを選ぶようにしましょう。

ポイントの貯まり方については、大きな差異がないから安心だワン!

⑤学生はクレカの作りやすさで選ぶ

学生のうちに自動車免許を取得し、高速道路を利用してドライブに出かけたいと考える方も多いでしょう。

まだ安定した職業に就いていない学生の場合は、審査が比較的緩いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

一般カードなら、学生でも審査に通りやすいワン!

中でも「三井住友カード(NL)」は審査がさほど厳しくなく、学生限定でポイント還元率がアップする特典もありますよ。

ETCカードおすすめ10選比較ランキング

ETCカードおすすめランキング

結局、どのETC付帯クレジットカードがいいの?

ETCカード付帯クレジットカードの比較ランキングとして、1位から順に見ていきましょう。

今回のETCカードに関するランキング結果は、以下の通り。

人それぞれETCカードに求める価値は違うため、「これが最強のカードだ!」と断言はできません

とはいえ本記事で紹介するカードは利便性の高いものばかりなので、1枚ずつ特徴を見ていきましょう。

どれも保有者からの人気も高いクレカとして有名だワン!

1位:JCBカード W

JCBカードW

発行会社 株式会社ジェーシービー
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費 年会費・発行手数料無料
 国際ブランドJCB
旅行損害保険海外旅行:最高2,000万円
国内旅行:なし
ポイント名Oki Dokiポイント
おすすめポイント・ディズニーランドの貸切イベントに応募できる
・Apple Pay・Google Pay・QUICPay対応
・アプリで利用状況、ポイントを管理できる
・JCB特典でハワイのワイキキトロリーに無料乗車

JCBカードWは提携している優待店でクレカを使うことにより、高いポイント還元率になるのが魅力です。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • 年会費・発行手数料無料
  • ETCカードのポイントが1%還元
  • 入会キャンペーン時期であれば4%還元になる

ETCカードは「ETCスルーカード」と呼ばれ、年会費やカード発行手数料が一切かからないのがポイントです。

高速道路に乗る機会が少ない人も安心だね!

\無料でETCカードが発行できる/

JCBカードWならETC利用でもポイントが1%還元。
Amazonでの買い物もお得なカードです。

2位:三井住友カード(NL)

三井住友カード
発行会社三井住友カード株式会社
年会費(本会員)永年無料
ETCカード550円(1年に1回の利用で年会費無料)
 国際ブランドVisa、Mastercard
旅行損害保険海外旅行:最高2,000万円
国内旅行:なし
ポイント名Vポイント
おすすめポイントVpassアプリで利用通理や利用制限、ポイント管理も対応

三井住友カード(NL)はカード番号がカードの券面に記載されていない、ナンバーレスのクレカです。

カード番号や有効期限はアプリで確認できるワン!

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • ETCカードは1年間に1回の利用で年会費無料
  • 通行料金が最大50%割引
  • ETCマイレージが貯まる

三井住友カード(NL)は対象コンビニやマクドナルドで利用すれば通常ポイント+2%還元ですが、ポイントの貯まりやすさも魅力ですよ。

また、2022年5月30日より、三井住友カードで貯まる「Vポイント」をSBI証券での投資に利用できるようになりました。

SBI証券での積立投資に対応したクレジットカードは三井住友カードのみですし、SBI証券で投資している方にもおすすめです。

現在、以下のような期間限定キャンペーンも開催中です。(9月30日まで)

  • 新規入会&ご利用で最大15,000円相当プレゼント
  • Vポイントギフトコード1,000円分プレゼント

※詳細は公式サイトをご覧ください。

カードを作るなら、今がお得だね!

\最短5分で即時発行/

3位:イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
発行会社株式会社イオン銀行
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費年会費・発行手数料無料
 国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
旅行損害保険なし
ポイント名WAONポイント
おすすめポイント・サービスエリアでの買い物がWAONポイント2倍
・E-NEXCOポイントへの交換で全国の高速道路がお得
・サービスエリアやパーキングエリアで優待サービス

イオン系列店で買い物の機会が多い人には、イオンカードセレクト一択と言えるでしょう。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • 年会費・発行手数料無料
  • ETCゲート車両損傷お見舞金制度

またイオンカードセレクトのほか、下記のように各高速道路と提携した特典のあるカードも発行されています。

  • イオンE-NEXCOpassカード
  • イオン首都高カード
  • イオンNEXCO中日本カード
  • イオンTHURUWAYカード

利用機会の多い高速道路の区間に合わせ、ぴったりのイオンカードを作成してみてくださいね。

クレカ・電子マネー・キャッシュカードの3機能が1枚に備わってるワン!

\新規入会キャンペーン実施中/

4位:三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード
発行会社三菱UFJニコス株式会社
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費年会費・発行手数料無料
 国際ブランドMastercard
旅行損害保険海外旅行:最高2,000万円
国内旅行:なし
ポイント名VIASOポイント
おすすめポイント・新規入会で最大10,000円キャッシュバック
・貯まったポイントは自動で還元
・ETCの利用でポイント2倍

三菱UFJカード VIASOカードは、貯まったポイントを自動でキャッシュバックしてくれる機能が特徴です。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • 年会費・発行手数料無料
  • ETCゲート車両損傷お見舞金制度

三菱UFJカード VIASOカードのETCカードは年会費が無料であるのに加え、VIASOポイントが2倍になります。

高速道路をたくさん使う人はお得だね!

\簡単Web申し込み&スピード発行/

5位:エポスカード

エポスカード
エポスカード キャンペーンサイトより
発行会社株式会社丸井グループ
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費年会費・発行手数料無料
 国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
旅行損害保険海外旅行:最高500万円
国内旅行:なし
ポイント名エポスポイント
おすすめポイント・紛失、盗難時に61日前まで遡り全額補償
・アプリでETCの利用履歴照会

エポスカードは年会費が無料なのはもちろん、最短即日発行にも対応した便利なクレジットカードです。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • エポスポイントとマイレージが貯まる
  • 紛失・盗難による全額補償
  • アプリやWebで利用明細の確認

カードが紛失や盗難にあった際も、届け出た日を含む61日前から遡り、それ以降の不正使用の損害を全額補償してくれます

一般カードなのに全額補償があるなんてスゴい!

\2,000円分のポイントがもらえる/

6位:楽天カード

楽天カード公式サイト
発行会社株式会社楽天
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費550円
(条件付きで無料)
 国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
旅行損害保険海外旅行:最高500万円
国内旅行:なし
ポイント名楽天ポイント
おすすめポイント・ENEOSでのポイントアップ
・車検などのポイントアップ

楽天カードはポイント還元率の高さをはじめ、充実の特典を受けられることで人気を誇るクレジットカードです。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • ENEOSサービスステーションでの給油でポイント1.5倍
  • マイカー割(車検・保険満了時期をお知らせ)
  • 自動車保険のポイントは2~3倍

楽天ETCカードは通常年会費が550円かかるものの、以下に当てはまれば無料になります。

  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天PointClubのダイヤモンドもしくはプラチナ会員

楽天カードは6種類のラインナップがあるため、自分に最適なクレカはどれかじっくり選びましょう。

楽天経済圏を活用していれば、楽天カード一択だワン!

\5,000ポイントプレゼント/

新規入会とカード利用で5,000ポイントプレゼント!
さらに年会費は永年無料です。

7位:ライフカード

ライフカード
発行会社ライフカード株式会社
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費550円もしくは1100円
(条件付きで無料)
 国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
旅行損害保険なし
ポイント名ライフポイント
おすすめポイント・普段使いの料金と一括管理

ライフカードは入会後1年間はポイント1.5%という高還元に加え、年間利用額に応じて翌年のポイントが最大2倍になります。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • ETCマイレージサービスを利用可能
  • ETC料金はカード利用額とまとめて請求

年会費は原則1,100円、ライフカードが提携している一部のカードでは550円となりますが、以下の場合なら無料です。

  • カード(ETCカード含む)を1度でも利用した場合
  • ETCカードを追加するカードが年会費有料の場合
  • ETCカードを追加するカードがビジネスカードの場合

ライフカードは信販系のクレジットカードということで、審査に不安のある方でも発行しやすいでしょう。

初めてのクレカとしても、保有しやすいワン!

\新規入会プログラム開催中/

8位:リクルートカード

リクルートカードの画像
リクルートカード 公式サイトより
発行会社三菱UFJニコス、ジェーシービー
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費無料(条件によって発行手数料あり)
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
旅行損害保険なし
ポイント名リクルートポイント
おすすめポイント・ポイントは1.2%の高還元

リクルートカードは利用額に対して1.2%のポイントが貯まるという、高還元率が特徴のクレジットカードです。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • 高速道路の通行料金でもポイントが貯まる
  • じゃらんnet等のサービスでポイントを使える

年会費は無料ですが、発行手数料はJCBのみ無料で、VisaはMastercard発行時に1,100円がかかる点に注意しましょう。

カードは三菱UFJニコス、またはジェーシービーが発行しているワン!

\最大6,000円相当のポイント/

リクルートカード新規入会+利用で、最大6,000円相当のポイントをプレゼント!
年会費は永年無料で、1.2%の高還元率です。

9位: au PAY カード

auPayカード
発行会社KDDI株式会社
年会費(本会員)永年無料
ETCカード年会費無料( 発行手数料あり)
 国際ブランド Visa・Mastercard
旅行損害保険海外旅行:最高2,000万円
国内旅行:なし
ポイント名Pontaポイント
おすすめポイント・使うことで手数料が無料

au PAY カードは携帯キャリアや電気をau系列にしている方にとって、おすすめのクレジットカードです。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • ETCマイレージに加えてPontaポイントも1%分付与
  • ETC料金はカード利用額とまとめて請求

Pontaポイントも貯まりやすく、auじぶん銀行をau PAYカードの口座にすれば最大3,000円プレゼントされるのも魅力です。

Pontaポイント還元率は常時1%以上と高めだワン!

\最大5%還元/

10位:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

セゾンブルー
発行会社株式会社クレディセゾン
年会費(本会員)U25は永年無料、26歳以上は初年度無料・2年目以降3,300円
ETCカード年会費無料
 国際ブランドAMEX
旅行損害保険あり
ポイント名セゾン永久不滅ポイント
おすすめポイント・ポイントが永久不滅で多彩な使い道

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは株式会社クレディセゾンが発行するAMEXカードです。

ETCカードに関する特徴としては、以下の通り。

ETCカードのまとめ

  • ETCカードの発行手数料・年会費が無料
  • 永久不滅ポイントを貯められる

永久不滅ポイントは、Amazonギフト券などに交換可能な他、お支払いに使用したり、運用することが可能です。

家族とポイントを合算することもできるワン!

\ AMEXカードが26歳まで年会費無料! /

ETCカードを使うメリット3つ

ETCカードを使うメリット

ETCカードは何が便利なの?

ETCカードを使うメリットとしては、大きく以下の3つが挙げられます。

高速道路を利用する際はぜひ持っておきたいカードなので、それぞれ確認していきましょう。

①料金所で停まる必要がない

ETCカードは高速道路の料金所にて、停止することなく通行できる自動料金支払いシステムを導入しています。

一般レーンを利用する場合は入口で通行券を受け取り、料金所で通行料金を支払うことから計2回の停車が必要です。

渋滞の原因にもなるよね…。

ETCカードを持っていれば、車載器によって入る時も出る時もすべて自動精算というスムーズな通行を実現可能に。

料金所で毎回財布や小銭を取り出すことに手間を感じていた方は、ETCカードを利用する価値が大いにあるでしょう。

アイドリングの削減で、排出ガス低減にも貢献できるワン!

②割引が適用される

ETCカードを利用すれば、高速道路において独自の割引サービスを受けられるようになります。

主な割引サービス例としては、以下の通り。

割引名割引内容対象車種
深夜割引毎日午前0時から午前4時まで通行料金が30%割引すべての車種
休日割引地方部の高速道路が30%割引普通車・軽自動車等(二輪車)
平日朝夕割引地方部の高速道路の利用回数に応じて30%・50%還元すべての車種

割引の併用はできないから注意だワン!

曜日や時間帯に応じた割引以外のほか、特定の区間限定で受けられる割引など、適用される場面の広さも魅力。

最大で高速料金が半額になる場合もあるため、高速道路の移動コストを減らしたい方は必見ですね。

スムーズに通行できて、高速料金もお得なんてスゴい!

③将来的な一般レーンの廃止に備えられる

国土交通省は2020年頃から高速道路のETC専用化を進めており、その理由としては以下の通りです。

  • 高速道路の混雑緩和
  • 管理コストの削減
  • キャッシュレス化の推進

具体的な廃止の目標は2020年時点で首都圏が5年以内、地方が10年以内とされています。

将来はETCカードがないと、高速に乗れないのか…。

遅くとも2030年には一般レーンが無くなる可能性が高いので、早めにETCカードを発行して備えるのが安心です。

ETCカードを使う時の注意点3つ

ETCカードを使う注意点

ETCカードを使うとき、何に気をつけたらいい?

ETCカードを利用する際の注意点としては、以下の3つが挙げられます。

発行したETCカードをうまく使いこなすためにも、それぞれ確認していきましょう。

①カードの入れ忘れに注意

ETCカードを車載器に差し忘れて高速道路に入ってしまうと、通過記録を読み取ることができません。

その場合は高速を出る際に申告が必要ですが、場合によっては現金での決済や通常料金以上の請求をされる可能性も。

カードの入れ忘れは面倒なことになりそうだ…。

車載器によってはETCカードの挿入忘れを通知してくれる場合もありますが、高速道路の直前では誰しも焦るものです。

高速道路に入る予定の車がある場合には、出発時にETCカードが正しく挿入されているか確認しましょう。

②車を離れる際はカードを取り出す

車を降りる際にはETCカードを入れっぱなしにせず、面倒であっても毎回取り出すのが正解です。

入れ忘れ防止のためにも、入れっぱなしじゃダメ?

ETCカードを入れたままにすると、以下のようなリスクが高まります。

  • 車内の高温によるカード劣化
  • 不正利用時に補償が受けられない
  • ETC一体型クレカは買い物時にクレカを使えない

カード会社の保険規約には、「ETCカードの車内放置による損害は適用外」といった内容が記載されている場合が多いです。

上記のような事態を避けるためにも、車を降りたらカードを抜く癖をつけましょう。

③ETCマイレージは事前登録が必要

ETCカードを使うことで、通行料金の割引に利用できるETCマイレージを貯めることができます。

しかしETCマイレージはカード会社のポイントと異なり、事前に「ETCカードマイレージ」のサイトから登録が必要です。

登録時はETCカードの番号などが必要になりますので、カードが手元に届いた段階ですぐ登録するようにしましょう。

ETCマイレージサービスの登録に、入会費や年会費はかからないワン!

ETCカードおすすめランキング:まとめ

ETCおすすめランキングまとめ

自分にぴったりETCカードがわかったよ!僕もさっそく発行してみる!

ETCカードの10枚比較ランキングを中心に、5つの選び方やカード利用の注意点も交えて解説しました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • JCBカードWはETCカードの中でも利用しやすい
  • ETCカードはクレジットカード発行がおすすめ
  • ETCカード年会費や付帯サービスでカードを選ぼう

ETCカードを発行するならば、デポジット不要でポイントも貯めやすいクレジットカード付帯カード一択です。

「どうしてもクレカを選べない…」という方は、ETCカード年会費が0円でポイントも貯まりやすい「JCBカードW」を検討してみましょう。

\無料でETCカードが発行できる/

JCBカードWならETC利用でもポイントが1%還元。
Amazonでの買い物もお得なカードです。