【2022年】豪ドル/円の見通しを解説!年内100円到達の可能性はある?

豪ドル見通しアイキャッチ

・豪ドル/円が100円に到達する可能性は?
・豪ドルにはどんな特徴があるの?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • 豪ドル/円、2022年内の100円ブレイクはない?!
  • 豪ドルを取引するなら、鉄鉱石や石炭の価格動向や中国との外交問題に注目
  • スプレッドならSBIFXトレード、総合力ならみんなのFX、自動売買ならマネースクエア

スワップポイントの高さから長期投資の対象として人気の高かった豪ドル(通称、オージー)。

一時期と比べスワップポイント投資の魅力は薄れてしまいました。

ですが、一般社団法人金融先物取引業協会のレポートによると、2022年7月の店頭FX月間取引金額で米ドル/円、ポンド/円に続いて豪ドル/円がきており、相変わらず人気の高さが伺えます。

この記事では、そんな豪ドルの長期的な見通しや特徴、おすすめFX口座について初心者向けに分かりやすく解説します。

はたして豪ドル/円100円時代は再来するのでしょうか?

豪ドルの取引をするなら、この記事で書かれていることを知っておいて損はないワン!

\最大30万2千円キャッシュバック/

SBI FXトレードなら、新規口座開設&取引で最大30万2千円キャッシュバックされるキャンペーンを実施中!
無料口座開設は約5分で登録完了します。

▼ この記事は音声でも聞くことが出来ます▼

豪ドル/円の見通し 100円到達の可能性は?

豪ドル見通し

豪ドル/円100円越えはありそうなのかな?

2022年8月時点での豪ドル/円の注目点は100円に到達するかどうか、そしてそれはいつか?ではないでしょうか。

豪ドル/円の直近の動きをチャートで振り返りつつ、FX会社が公開している今後の見通しを確認しましょう。

豪ドル/円チャート

2018年から下降トレンドが続いていましたが、2020年3月の59.90を底に反転し上昇トレンドへ

2021年5月から調整に入り、2022年2月までは77.80-86.00のレンジの展開。

2022年3月にレンジをブレイクし上昇トレンドが継続、96.00あたりがレジスタンス(抵抗)となっています。

ここからさらに一段高となり100円に到達するのか、もしくはこのもみ合いがまだ続くのか、はたまた手仕舞い売りがかさんで下落するのか…といった展開が考えられそうです。

豪ドル/円は大きなレンジ相場と見ている人が多く、100円のラインも多くの相場参加者に意識されているんだワン!

豪ドル/円見通し動画 

FX会社の中には、毎日毎週と有益なマーケット情報やレポートを公開しているところがあります。

ここではFX会社が公開している豪ドル/円見通し動画をチェックしてみましょう。

役に立ちそうなコンテンツが多くて、最近は動画をよく見てるよ!

米ドル/円、豪ドル/円の見通し(後編)【エミンの月間為替相場見通し】5月号

松井証券の動画コンテンツ「マネーサテライト」より。

2022年5月時点の豪ドル/円見通しをエコノミストのエミン・ユルマズ氏が解説。

オーストラリアのインフレ率や原油価格などの材料をプロはどのように見ているのかを学べます。

RBAの利上げ後に豪ドルが売られる可能性も!?

マネースクエアの動画コンテンツ「マーケットView」より、2022年7月27日公開動画。

2022年8月以降の展開を予想していましたが果たして豪ドル売りはあるのでしょうか?

ファンダメンタルズとテクニカル両方の分析から当面のレンジを確認しましょう。

豪ドル投資を考える【ジョセフ・クラフトさんが解説!】

SBIFXトレードの動画コンテンツより、2022年7月6日公開動画。

SBI FXトレードの社外取締役ジョセフ・クラフト氏による豪ドル投資考察です。

利上げによってスワップ投資としての魅力再燃? このような環境が下支えになって豪ドル高の環境が続くのでしょうか。

銀行・証券会社による豪ドル分析レポート

続いて国内銀行・証券会社のマンスリーレポートも見てみましょう。

FX会社のマーケット情報は翌日、翌週の分析が多いですが、こちらのレポートだと月単位の長期的な視点を学べます。

三菱UFJ銀行レポート:高トレンドを維持 (2022年7月29日)

楽天証券レポート:当面は上値重く推移する見通し (2022年8月10日)

※上記2つのリンクはPDFページが開きます。

以下は三菱UFJ銀行のレポートによる予想レンジです。

22年8月〜9月10月〜12月23年1月〜3月4月〜6月
豪ドル/円88.0-98.088.0-98.089.0-99.089.0-99.0
豪ドル/米ドル0.67-0.740.68-0.750.69-0.760.70-0.77

これを見ると豪ドル/円の100円到達は当面なさそうだね。

\最大30万2千円キャッシュバック/

SBI FXトレードなら、新規口座開設&取引で最大30万2千円キャッシュバックされるキャンペーンを実施中!
無料口座開設は約5分で登録完了します。

豪ドルの特徴と主な相場変動要因

豪ドルの特徴

豪ドル/円や豪ドル/米ドルでFX取引するなら、豪ドルの基本的な特徴は把握しておきましょう。

資源国通貨として有名

豪ドルは資源国通貨として有名です。

外務省のサイトでオーストラリアの基礎データによると、輸出品目のトップ3は鉄鉱石(32.0%)、石炭(12.0%)、天然ガス(10.0%)となっています。

コモディティ市場の影響を受けやすいので、豪ドルを取引する際は鉄鉱石の価格なども注視しておくのがおすすめです。

豪ドル円と鉄鉱石の比較チャート
TradingView提供のAUDJPYチャート 豪ドル/円と鉄鉱石の価格比較

また、オーストラリアの貿易相手は輸出輸入どちらも中国がトップです。

中国との外交関係や中国の経済状況が豪ドル相場を大きく左右させる…ということを常に意識しておいてくださいね。

ちなみに経済的にはお互い依存関係となっている豪中だけど、2015年頃から外交関係が良好とは言えない状況になっているんだワン!

世界5位の取引量

豪ドルって世界でどのくらい流通しているんだろう?

BIS(国際決済銀行)が行っている3年ごとの調査結果によると、取引高のシェアで豪ドルは2010年以降世界5位をキープしています

1位は米ドルで2位はユーロ、3位日本円、4位ポンドと続くワン!

豪ドルの取引量シェア
出典:BIS

また、国内に目を向けてみましょう。

2022年(1〜7月)の調査によると、FXの通貨ペア別取引金額のシェアで豪ドル/円は3位です。

米ドル/円、ポンド/円に次いで人気の高い通貨ペアと言えますね。

FX店頭市場通貨ペア別取引金額割合
金融先物取引業協会統計データ(2022年度7月までの累計)をもとに筆者作成

オーストラリアの政策金利

政策金利とは

中央銀行が一般の銀行に貸し付ける際の金利のこと。

景気や物価を調整するために、各国の中央銀行(日本は日本銀行)が設定しています。

外国為替が変動する要因にはさまざまなものがありますが、特に「金利」はFXと強い相関関係があるといわれています。

豪ドルにおいても特に注視しておきたい要因の一つです。

なお、豪ドルの政策金利はオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が、毎月第一火曜日に実施している「金融政策委員会」で決定しています。

豪ドル政策金利推移
出典:外為どっとコム

勝ち組トレーダーの多くは、取引している通貨の政策金利(短期金利)に注目しているんだワン!

豪ドルを取引するメリット

豪ドルメリット

豪ドルを取引するメリットってなにがあるの?

他のドルストレートや他のクロス円でもなく「豪ドル」を選ぶメリットは次の3つです。

1つ1つメリットを確認していきましょう。

少ない資金で取引できる

豪ドルよりも人気のある通貨ペアというと米ドル/円、ポンド/円になりますが、それらよりも少ない資金で同じ数量のポジションを保有できるのが一つ目のメリットです。

米ドル/円ポンド/円豪ドル/円
5,000通貨27,000円32,400円18,600円
1万通貨54,000円64,800円37,200円
5万通貨270,000円324,000円186,000円
【比較】ポジション必要証拠金 レバレッジ25倍、米ドル/円135.00円、ポンド/円162.00円、豪ドル円93.00円で試算

口座資金が一緒なら必要証拠金が少ない方が(ロスカットラインまで)余裕のあるトレードになるワン。

取引コストが少ない

スプレッドはいわゆるFXの実質的な取引コストです。

スプレッドが狭いほど有利に取引ができるので、トレーダー目線で言うとスプレッドは狭ければ狭い方が望ましいわけです。

その点豪ドルは、豪ドル/円と豪ドル/米ドルがほとんどのFX会社でスプレッドが低い傾向にあります。

米ドル/円、ユーロ/米ドル、メキシコペソ/円に次いで低スプレッドの印象です。

スキャルピングやデイトレードをするならスプレッドは気にしておきたいね!

FXスキャルピングについては、FXスキャルピングとは?実践的手法3選&スキャルOKなFX口座を紹介で詳しく説明しています。

リピート系注文に向いている

長期目線で見ると巨大なレンジ相場となっている豪ドル/円、豪ドル/NZドルは、リピート系注文に打ってつけの通貨ペアと言えます。(もちろん今後、チャートが崩れる可能性はあります)

もちろん今後、チャートが崩れる可能性もあるワン!

リピート系注文の元祖「トラリピ」を提供しているマネースクエアでは、トラリピ利用者の半数が豪ドル/NZドルでトラリピを行っているそうです。(マネースクエア調べ)

もしもいまFXの自動売買を検討しているのでしたら、豪ドルのリピート系注文をチェックしておいた方がよいかもしれません。

豪ドル円月足チャート
TradingView提供のAUDJPYチャート
豪ドル/NZドル月足チャート
TradingView提供のAUDNZDチャート

リピート系注文とは

あらかじめ決められた価格帯(レンジ)の中で自動的に売買を繰り返し、コツコツと利益を積み重ねていく取引方法。

ほぼ放置した状態で年利10〜30%を目指せる。

相場が上がるか下がるかをざっくりと予想したり、最初にちょっとした設定が必要ですが、難しい設定が苦手な人向けに「選択型タイプのリピート系注文」を提供しているところもあります。

利益率や損益グラフなどを参考にして運用するストラテジーを選ぶだけなので、FX初心者でもスムーズに始められるでしょう。

\新規口座開設キャンペーン実施中/

豪ドルを取引するデメリット

豪ドルデメリット

豪ドルを取引するデメリットなんてなさそうだけど…?

FXで取り扱われている通貨ペアの中で豪ドルならではのデメリットはありません。(もちろんFX取引のリスクはあります)

デメリットを強いて挙げるなら、次の2つになるでしょうか。

デメリットもしっかり確認しておきましょう。

スプレッドの広い通貨ペアがある

人気のある豪ドル/円はさほど気になりません。

ですが、米ドル/円やユーロ/米ドルのスプレッドと比べると、ユーロ/豪ドルやポンド/豪ドルあたりはスプレッドが広い傾向にあります。

米ドル/円0.2銭
ユーロ/米ドル0.3pips
豪ドル/円0.6銭
豪ドル/米ドル0.8pips
ユーロ/豪ドル1.5pips
ポンド/豪ドル1.5pips
豪ドル/NZドル2.9pips
通貨ペアのスプレッド「みんなのFX」リアルタイム為替レートより

米ドル/円と比べると、ユーロ/豪ドルは7.5倍もスプレッドが広くなっています。

スプレッドが広い通貨ペアで取引するなら、それなりの根拠をもって取引するようにしたいね!

相場の急変動リスク

どんな通貨ペアにも言えることですが、米ドルやユーロなどの取引量の多い通貨と比べると豪ドルは取引量が劣るため、相場が急変動するリスクが高い傾向にあると言われます。

だからといって豪ドルが初心者に不向きというわけではありません。

むしろボラティリティの高いポンドの方がこわいワン!

豪ドルの取引におすすめのFX会社

豪ドルfxおすすめ会社

豪ドルを取引するのにおすすめのFX会社、口座を教えて!

豪ドル/円や豪ドル/米ドルなどを取引するのにおすすめのFX会社を3つご紹介しましょう。

  • SBI FXトレード                                                     豪ドル/円0.00銭、豪ドル/米ドル0.00pips!業界最狭水準スプレッド!
  • みんなのFX                                                   高水準のスプレッド&スワップポイント!みんなのシストレで自動売買も可能!
  • マネースクエア                                                                             リピート系注文の元祖トリラピで豪ドルの自動売買ができる!マーケット情報が充実!

SBI FXトレード(SBI FXトレード)

SBIFXトレード
取扱通貨ペアスプレッド ※1スワップポイント ※2
豪ドル/円
AUD/JPY
0.4銭買い:43円
売り:−48円
豪ドル/米ドル
AUD/USD
0.59pips買い:−15円
売り:10円
ユーロ/豪ドル
EUR/AUD
1.1pips買い:−67円
売り:62円
ポンド/豪ドル
GBP/AUD
1.2pips買い:−10円
売り:5円
豪ドル/NZドル
AUD/NZD
1.89pips買い:−10円
売り:5円
豪ドル/スイスフラン
AUD/CHF
2.4pips買い:45円
売り:−50円

※1 注文数量1~1,000通貨時の最頻値

※2 1日あたりのスワップポイント実績値(2022年8月17日)。1万通貨単位

スプレッドの狭さが目立つワン!

取引手数料無料
口座開設費用無料
口座維持費用無料
クイック入金提携銀行7行
最小取引単位1通貨
通貨ペア数34通貨ペア
取引ツール・Rich Client Next(PC)
・WEB NEXT(PC)
・SBI FXTRADE(スマホアプリ)
提携ニュース、投資コンテンツ・MarketWin24
・グローバルインフォ
・SBIリクイディティ・マーケット
デモ口座なし
サポート体制・電話
・問い合わせフォーム
・チャット
スマホで本人確認あり
最短即日取引最短当日
キャンペーン ※1特典1:500円キャッシュバック
条件1:口座開設+初回ログイン
特典2:最大50,000円キャッシュバック
条件2:口座開設+5,000万通貨以上の新規取引
公式サイトhttps://www.sbifxt.co.jp/

※1 期限やエントリーの有無など、詳しくはFX会社の公式サイトでご確認ください

SBI FXトレードの特徴

  • 最小取引単位は「1通貨」で業界最小。
  • 多くの通貨ペアで業界最狭水準のスプレッドを提供。
  • 外貨を積立して為替変動やスワップポイントで利益を狙う「積立FX」も。

2022年オリコン顧客満足度調査にてFX取引初心者部門で3年連続第1位を獲得。

豪ドルとメジャー通貨の通貨ペアは一通りあり、いずれも業界最狭水準のスプレッドを提供しています。(1〜1,000通貨までの取引時)

また、1通貨から取引ができるので5〜10万円くらいの資金からFXを始めたい人に向いています。

豪ドル/円のマーケット情報が充実している点も魅力です。

「週間マーケット展望」で先週を振り返りつつ今週の注目材料と想定レンジを確認、「デイリーレポート」で前日の市況を確認できます。

定期的に外貨を購入していく「積立FX」で豪ドルの積立ができるんだね!

\最大30万2千円キャッシュバック/

SBI FXトレードなら、新規口座開設&取引で最大30万2千円キャッシュバックされるキャンペーンを実施中!
無料口座開設は約5分で登録完了します。

SBIのFXトレードについては、「【1通貨から】SBI FXトレードの評判・口コミは?SBI証券との違いも解説」で詳しく説明しています。

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFX
取扱通貨ペアスプレッド ※1スワップポイント ※2
豪ドル/円
AUD/JPY
0.6銭買い:60円
売り:−60円
豪ドル/米ドル
AUD/USD
0.8pips買い:−10円
売り:9円
ユーロ/豪ドル
EUR/AUD
1.5pips買い:−79円
売り:78円
ポンド/豪ドル
GBP/AUD
1.5pips買い:−15円
売り:14円
豪ドル/NZドル
AUD/NZD
2.9pips買い:0円
売り:0円

※1 2022年8月18日15:15~15:20のリアルタイム為替レートを掲載

※2 1日あたりのスワップポイント実績値(2022年8月16日)。1万通貨単位

豪ドル関連の通貨ペアはスプレッドとスワップポイントのどちらも魅力的だね!

取引手数料無料
口座開設費用無料
口座維持費用無料
クイック入金提携銀行約340行
最小取引単位1,000通貨
通貨ペア数29通貨ペア
取引ツール・FXトレーダー(PC・タブレット)
・Webトレーダー(PC・タブレット)
・FXトレーダー アプリ版(スマホアプリ)
・Trading View(FXトレーダーで利用可)
・Myパフォーマンス(PC・タブレット)
提携ニュース、投資コンテンツ・FXi24
・通貨強弱/ヒートマップ/ポジションブック/TMサイン
デモ口座あり
サポート体制・電話
・問い合わせフォーム
スマホで本人確認あり
最短即日取引最短当日
キャンペーン ※1特典:最大50,000円キャッシュバック
条件:口座開設+5,000万通貨以上の新規取引
公式サイトhttps://min-fx.jp/

※1 期限やエントリーの有無など、詳しくはFX会社の公式サイトでご確認ください

みんなのFXの特徴

  • 1,000通貨単位で取引できるので少額取引が可能。
  • ロシアルーブルやポーランドズロチ、中華人民元など珍しい通貨がある。
  • スマホアプリ「FXトレーダーアプリ版」には「通貨強弱」「ヒートマップ」など、トレーダーに人気のある分析ツールを搭載。

みんなのFXは「みんかぶFX 年間ランキング」で総合部門・スプレッド部門ともに第1位を獲得したFX口座です。

豪ドル関連の通貨ペアは豪ドル/スイスフランがないだけで、有名どころの組み合わせは一通り取り扱っています。

いずれの通貨ペアでも業界屈指の狭いスプレッドを提供しており、取引コストを低く抑えられます。

また、同時開設できる「みんなのシストレ」口座では、豪ドル/円や豪ドル/NZドルのリピート系注文(自動売買)が可能です。

金融ベンダー「FXi24」が24時間提供する為替ニュースや、毎日更新される「FXレポート」などマーケット情報が充実しています。

みんなのFXのYouTubeチャンネルも参考になるワン!

\最大40万円キャッシュバック/

みんなのFXでは口座開設と取引で最大40万円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。
また、6通貨ペアのスプレッドを大幅縮小するキャンペーンも実施しています。

さらに詳しくはみんなのFXの評判・強み・キャンペーンをまとめた記事をご覧ください。

マネースクエアFX(マネースクエア)

トラリピ
取扱通貨ペアスプレッド ※1スワップポイント ※2
豪ドル/円
AUD/JPY
6.4銭買い:16円
売り:−44円
豪ドル/米ドル
AUD/USD
5.4pips買い:−56円
売り:1円
豪ドル/NZドル
AUD/NZD
3.7pips買い:−11円
売り:4円

※1 2022年8月18日17:40~17:45のリアルタイム為替レートを掲載

※2 1日あたりのスワップポイント実績値(2022年8月17日)。1万通貨単位

スプレッドが広いのはトラリピの利用手数料が含まれているからなんだろうね。

取引手数料無料
口座開設費用無料
口座維持費用無料
クイック入金提携銀行10行
最小取引単位1,000通貨
通貨ペア数16通貨ペア
取引ツール・PC用取引ツール(PC・タブレット)
・マネースクエアFX(スマホアプリ)
提携ニュース、投資コンテンツ・Bloomberg
・DZHフィナンシャルリサーチ
デモ口座なし
サポート体制・電話
・メール
スマホで本人確認あり
最短即日取引最短当日
キャンペーン ※1特典:トラリピくんぬいぐるみ
プレゼント条件:口座開設+キャンペーンに応募
公式サイトhttps://www.m2j.co.jp/

※1 期限やエントリーの有無など、詳しくはFX会社の公式サイトでご確認ください

豪ドルで自動売買を運用するのにおすすめのFX会社といえばマネースクエアがあります。

マネースクエアが提供している「トラリピ」は国内FX会社初のリピート系注文として2007年に誕生しました。

利用者の平均取引期間は9.9年(2022年3月マネースクエア調べ)と長く、長期的な運用方法としてトラリピを使っているユーザーが多いようです。

FXというと一年で資金を2倍3倍と増やしていくイメージがありますが、トラリピはどちらかといえば安定志向の運用スタンス。

200万円以上の運用資金で5年ほどかけて資金を2倍にしたい…そんな投資を目指している人に向いています。

サポート体制が充実しているのも魅力です。

トラリピの設定方法から運用に関するあらゆる悩みまで、個別面談形式で対応してくれますし、充実したマーケット情報を毎日見ているだけでも勉強になります。

マネースクエアFX(トラリピ)の特徴

  • 豪ドル/円、豪ドル/NZドルなどのリピート系注文ができる
  • 手数料は無料だが、スプレッドが高め
  • 個別面談に対応など、サポート体制が充実
  • 長期的に安定した資産形成を目指したい人向き

トラリピ利用者の2人に1人がオージーキウイ(豪ドル/NZドル)でトラリピを仕掛けているそうなんだワン!

\新規口座開設キャンペーン実施中/

トリラピについては、「トラリピの評判はヤバい?儲からないという口コミや特徴・キャンペーンについて解説」の記事で詳細を知ることができます。

【豪ドル見通し】まとめ

豪ドル見通しまとめ

この記事では、豪ドル(豪ドル/円)の見通しや豪ドルの相場変動要因などについて解説しました。

国内の店頭FXで人気が高いですし、豪ドル関連の通貨ペアは初心者でも親しみやすいと思われます。

最後に、この記事の3つのポイントをまとめておきましょう。

  • 豪ドル/円、2022年内の100円ブレイクはない?!
  • 豪ドルを取引するなら鉄鉱石や石炭の価格動向や中国との外交問題に注目
  • スプレッドならSBIFXトレード、総合力ならみんなのFX、自動売買ならマネースクエア

豪ドル/円の過去チャートを振り返ると節目となる100円は、多くの投資家が注目しているポイントです。

100円に到達するか、それとも跳ね返され続けるか。

予測するのは楽しいですが、予測に固執しすぎないよう注意だワン!

外れた時はすぐに切り替え、新たな目線で相場を見るのがFXで稼ぐコツですよ!

\最大30万2千円キャッシュバック/

SBI FXトレードなら、新規口座開設&取引で最大30万2千円キャッシュバックされるキャンペーンを実施中!
無料口座開設は約5分で登録完了します。

LINEのバナー