【FXのデイトレード完全まとめ】失敗しないための注意点3つとは?

fxのデイトレードアイキャッチ画像

・FXのデイトレードって、どんな取引方法?
・デイトレードのメリットやデメリットは、何があるのかな?

このような悩みを解決します。


この記事の結論

  • FXのデイトレードは1回の取引が「最短数分・最大1日」で完結する手法
  • 低リスクかつ短時間で利益を得ることが可能
  • 取引コストが抑えるなら、スプレッドの狭いFX業者がおすすめ

FXのデイトレードは短期間で稼げる手法として有名ですが、「本当に稼げるのか不安で始められない…」という方も多いはず。

せっかく始めるなら、短期間で確実に利益を出したいよね!

実際にデイトレードで勝率を上げるには、正しい知識や注意点を理解しておく必要があります。

そこで本記事では、FXのデイトレードのメリットや注意点、成功させるコツについて具体的に解説しました。

他の取引手法との違いや自分がデイトレードに向いているのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

デイトレードは他の取引手法にはないメリットが複数あるので、要チェックだワン!

デイトレードにおすすめのFX会社3選

  • SBI FXトレード
    公式サイト:https://www.sbifxt.co.jp/
    使いやすいスマホアプリと業界でも最狭水準のスプレッドが魅力!
  • 外為どっとコム
    公式サイト:https://www.gaitame.com/
    ぴたんこテクニカルで取引タイミングを逃さない!
  • みんなのFX【当サイト限定タイアップ中】
    公式サイト:https://min-fx.jp/
    視覚的に通貨の強さがわかる「通貨強弱」や「ヒートマップ」が魅力!
この記事を書いた人:山本健太
この記事を書いた人:山本健太

株式投資歴7年とFX歴5年の経験を持ち、FP2級の資格を保有する投資家兼金融ライター。
現在は上場企業に勤務し、証券外務員資格の取得に向けて勉強中。
SEO検定1級の資格を保有しており、自身のサイトやブログの集客・アクセスアップにも注力している。

具体的なデイトレの方法は、「デイトレードのやり方を徹底解説!現役トレーダーがコツや銘柄の選び方を大公開」をご覧ください。

FXのデイトレードとは

fxのデイトレードとは

FXのデイトレードってよく聞くけど、どんな手法なの?

FXのデイトレードは取引手法の1つで、1回の取引を「最短数分〜最大1日」で終了させ、翌日に持ち越さない取引手法です。

そのため普段忙しい方でもスキマ時間を使ってトレードができ、夜間は為替変動を気にする必要なく安心して眠れます。

デイトレードに向いている人の特徴としては、以下のとおり。

  • 日中忙しくてトレードできない方
  • 保有ポジションの値動きが気になる方
  • コツコツと利益を積み重ねたい方

一方で、1日中仕事や家事が忙しすぎてチャートを見る時間もない方や、ギャンブル的にトレードしたい方には不向きです。

ここからは他の取引手法との違いや、デイトレードにおすすめの通貨ペアについて解説します。

デイトレードをしている人のことを、デイトレーダーと呼ぶワン!

①他のトレード手法との違い

デイトレード以外にもFXには以下のような取引手法があるので、違いを覚えておきましょう。

トレード手法ポジション保有期間トレードの特徴
デイトレード数時間〜1日・資金効率がいい
・ポジションを翌日まで持ち越さない
・1日に何回もトレードを行い小さい利益を重ねる
スキャルピング数秒〜数分・数秒単位で取引するため常に相場を見ておく必要がある
・1日に数回のトレードで利益を重ねる
スイングトレード数日〜数週間・常に相場を見ておく必要がない
・デイトレードより大きな利益を狙える
ポジショントレード数週間〜数年・長くポジションを持つためさまざまな為替変動リスクを受ける
・スワップポイントで利益を出せる

スキャルピングはデイトレードと似ており、保有時間が短く値幅は限定的となるため、一回の取引で得られる利益は大きくありません。

しかし、リスクを抑えた取引ができるメリットがあります。

スキャルピングは、デイトレード以上に短期間の取引なんだね!

スイングトレードやポジショントレードは取引期間が長いため、大きく利益を得られる一方でリスクも大きくなります。

低リスクで取引したい方は、スキャルピングやデイトレードを選択しましょう。

それぞれのメリット・デメリットを見極めて、自分にとって最適なトレード手法を選ぶことが大切だワン!

②デイトレードにおすすめの通貨ペア

デイトレードにおすすめの通貨ペアは、下記のとおりです。

通貨ペアスプレッド(銭)※1高値(銭)※2安値(銭)※2値動き幅(銭)
米ドル/円0.18131.636130.383 1.253
ユーロ/円0.48143.128141.2361.892
豪ドル/円0.5888.3387.051.280
英ポンド/円0.88161.776160.0961.680
参照:SBI FXトレード
※1 注文数量1〜1,000,000 ※2 2023年3月23日時点の情報

デイトレードは1日に複数回トレードを行うため、スプレッドの狭さとある程度の値動きがある通貨を選びましょう。

上記の表にあげている通貨ペアの中でも米ドル/円のスプレッドが最も狭いので、通貨ペアにこだわりがなければ米ドル/円がおすすめです。

スプレッドは重要指標発表後や時間帯により広がる場合があるから、取引前はよく確認するんだワン!

FXのデイトレードを成功させる3つのコツ

デイトレードを成功させるコツ

デイトレードには、成功させるコツってあるの?

ここでは、デイトレードを成功させる3つのコツを紹介します。

成功させるコツを理解し、少しでも利益を上げる確率を上げていきましょう。

①デモトレードか少額で取引を始める

デイトレードを始める場合は、「デモトレード」もしくは少額からトレードするのがおすすめです。

本やネットでの勉強も有効ですが、実際にトレードを行うことで、取引方法やツールの使い方がより効率的に身につきます。

特にFX初心者の場合、何が起きているのかわからず混乱し、注文間違いやトレードチャンスを逃してしまうケースも多いです。

いきなり多額の資金を使って失敗するのは怖いから、まずは少額取引が安心だね。

SBI FXトレード」ならば1通貨から取引できるため、数千円程度の少額から始めたい方にも最適です。

②世界各国の経済指標を把握する【ファンダメンタルズ分析】

各国の金融政策や政治情勢などの経済的要因を考慮し、為替レートを予想する手法を「ファンダメンタルズ分析」といいます。

世界各国の経済指標を把握しておくことで、予想外の値動きに対するリスクを減少させられるでしょう。

特にFOMC(連邦公開市場委員会)やECB(欧州中央銀行)理事会開催後は、世界中のトレーダーが注目しているため為替レートが大きく変動しやすい傾向があります。

2022年11月の米国CPI発表後、米ドル/円が6円以上動いたワン!

③過去チャートを分析する【テクニカル分析】

チャートの値動きパターンから、為替レートを予想する手法を「テクニカル分析」といいます。

過去チャートの値動きを分析することで、トレンド(チャートの方向性)や特定の時間軸の細かい値動きを把握できます。

よく使われるインジケーター(分析ツール)として移動平均線があります。

移動平均線
出典:TradingView

移動平均線とは、一定期間の終値の平均を算出し線で結びチャート上に表示させるインジケーターです。

移動平均線が上向なら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断するワン!

デイトレードなどの短期売買手法は、チャートの細かな値動きを把握する必要があり、テクニカル分析が非常に重要です。

FXのデイトレードを行う3つのメリット

デイトレードを行うメリット

4種類ある取引手法の中から、デイトレードを選ぶメリットって何があるの?

ここでは.デイトレードを取引手法として選ぶメリットを3つ紹介します。

デイトレードのメリットを理解し、自分に合う取引手法なのか確認していきましょう。

①短時間で取引が成立する

FXのデイトレードは、取引1回あたり最短数分で取引が成立します。

短時間といってもスキャルピングのように数秒単位の細かい取引ではないため、チャートを常に確認する必要はありません。

細かすぎず、期間も長すぎないから使いやすい手法だね!

そのため、忙しい会社員の方や主婦でもスマホを使って隙間時間に取引できます。

また、翌日までポジションを持ち越すことがないため、寝ている間の為替変動を気にせず、安心してトレードを行えるでしょう。

②資金効率がよく利益を重ねやすい

FXのデイトレードは、取引を数時間から1日以内に完了させる取引手法であり、他の取引手法に比べて資金を効率的に活用できるという特徴があります。

トレードの機会があれば何度でも取引ができるため、あらかじめ決められた資金で何度でも取引が行えます。

さらにレバレッジをかけることで、より少額からでも始められます。

レバレッジを活用すれば、さらに少額でも取引できるワン!

しかし、予想以上に損失が出る可能性もあるため、レバレッジをかける際は資金管理を徹底しておきましょう。

③スワップポイントを気にする必要がない

FXのデイトレードはその日のうちにトレードを完了させるため、スワップポイントを気にする必要がありません。

スワップポイントとは、通貨ペアごとの金利差によって、ポジションを保有している日数分だけ2国間の金利を得られる権利のことです。

スワップポイントは、通貨ペアやFX会社によって異なるため、以下の表にまとめているので参考にしてください。

FX会社米ドル/円ユーロ/円
SBI FXトレード買:-187
売:180
買:110
売:-115
外為どっとコム買:510
売:-585
買:390
売:-435
みんなのFX買:510
売:-510
買:420
売:-420
※2023年3月1日のデータ

スワップポイントはポジションを1日以上保有する必要があるから、デイトレードでは気にする必要がないワン!

FXのデイトレードを行う3つのデメリット

デイトレードを行うデメリット

1日で取引が完結するデイトレードにデメリットはあるの?

デイトレードを行うデメリットとしては、以下の3点です。

デイトレードを始めて失敗するリスクを軽減させるためにも、しっかり注意点を確認しておきましょう。

①コツコツ利益を積み重ねる必要がある

デイトレードは数分、数時間単位のチャートで取引を行うため、1回あたりの利益が少なく、大きな利益は狙えません

損失を抑えられるメリットがある一方で、1回で大きな利益を得たい方にとってはデメリットです。

しかし、デイトレードはその日のうちに利益を確定させられるため、上達すれば他の取引手法より利益を重ねられる可能性もあります。

②スプレッドのコストが高くなる

デイトレードは複数回取引を行うため、スプレッドのコストが長期保有よりも高くなります。

スプレッドは「取引回数×通貨量×スプレッド」で決まるため、1回の取引制度を高め、できるだけ取引回数を減らしましょう。

FX会社や通貨ペア、取引時間によってスプレッドが変動するため、取引する際はよく確認しておくワン!

FX取引においてスプレッドを避けることは不可能ですが、デイトレードを行うする際は、コストを抑えるためにも「原則固定制」を採用しているFX会社を選択しましょう。

原則固定性を採用しているFX会社は、後ほど紹介します

③場数を踏む必要がある

デイトレードでは、短期間内で売買のタイミングを正確に判断することが重要です。

1日に何度も短期的な取引が行われるため、慣れていないと、感情的な取引や、リスクを恐れて適切な売買タイミングを逃してしまうことも。

そのため、どうしても取引経験が少ない方にとっては、うまく運用することが難しくなります。

まずはFX会社が提供している無料デモツールを利用して、売買タイミングやチャート分析の方法を把握してから実際の取引に挑戦しましょう。

デモツールは、口座開設や会員登録をしなくても利用できることが多いワン!

FXのデイトレード時における注意点3つ

デイトレード時の注意点

実際にデイトレードを行うときに、気をつけるべきことは?

デイトレードで失敗しないために、以下3つの注意点を解説していきます。

これらを丁寧に確認し、デイトレードの勝率を高めていきましょう。

①重要指標の発表前は取引を控える

重要指標の発表前後は大幅な値動きになりやすいため、デイトレードに慣れていない方は取引を控えるのが無難です。

2022年11月に発表された米国CPIでは、発表後に米ドル/円が6円以上動きました。

CPI発表後の値動き
出典:TradingView

値幅が大きければ得られる利益も大きくなりますが、損失も大きくなるため安定して利益を重ねていきたい方は、重要指標発表前後の取引はやめておきましょう。

主要な重要指標として、以下のようなものがあります。

経済指標名内容発表時期
米雇用統計アメリカの雇用情勢を示した統計指標毎月第1金曜日
米消費者物価指数(CPI)一般消費者が購入する商品やサービスの価格動向を示す指標毎月15日前後
政策金利の発表各国の中央銀行が定める目標金利国により違う
各金融政策スケジュール

②損切り注文をする

FXのトレードでは、損切りできるかどうかが勝敗を決めるほど損切りが大切です。

金融先物取引業協会が行った「損失を出した原因はどのような理由があるのか」というアンケートでは「損切りできなかったから」が60%近くをしめています。

実際には、損切りの重要性を理解していても、実行できない人が多いのが現実です。

対策として、自分だけの損切りルールを定め、徹底的に守ることが大切です。

損切りがどうしてもできない方は、自動注文システム「逆指値」の利用を検討してみましょう。

これによって感情に左右されず損切りが実行されるため、リスク管理が向上します。

逆指値はトリガー条件を設定しておけば、ポジションを自動で決済をしてくれるシステムだワン!

③取引する通貨ペアが変動しやすい時間を調べておく

デイトレードは、短期取引になるため取引する通貨ペアが変動しやすい時間を把握しておきましょう。

変動しやすい時間帯は、世界三代市場と言われる市場がオープンしている時間になります。

それぞれの時間は、以下のとおり。

市場オープン時間動きやすい通貨ペア
東京市場8:00〜17:00・米ドル/円
・豪ドル/円
・ポンド/円
・ユーロ/円
ロンドン市場夏時間:16:00〜26:00
冬時間:17:00〜27:00
・ユーロ/円
・ユーロ/米ドル
・ポンド/円
・ポンド/ドル
ニューヨーク市場夏時間:21:00〜6:00
冬時間:22:00〜7:00
・米ドル/円
・ユーロ/ドル

取引する通貨ペアが変動しやすい時間を把握しておくことで、効率的なトレードができるようになるでしょう。

FXのデイトレードができるおすすめFX会社3選

デイトレードにおすすめのFX口座

デイトレードを実践したいけど、おすすめのFX会社ってどこかな?

デイトレードができるおすすめFX会社を3つ紹介します。

どれも多くのデイトレーダーが利用している定番口座なので、特徴を確認していきましょう。

①SBI FXトレード

SBI FXトレードのトップ画像
スプレッド※米ドル/円:0.18銭
ユーロ/円0.48銭
ポンド/円:0.88銭
最小取引単位1通貨
デモ口座なし
※注文数量が1〜100万通貨までの数値 原則固定・例外あり

SBI FXトレードは、2023年オリコン顧客満足度調査の初心者部門にて第一位を獲得している人気のFX会社です。

さらにスプレッドの狭さが魅力であり、特にドル円のスプレッドは業界最狭水準の数字になっています。

主要通貨だけでなく、新興国通貨を含む全34種類の通貨ペアを取り扱っており、取り扱い通貨ペアの数は業界の中でもトップクラスです。

さらに1通貨単位から取引を開始できるため、FX初心者でも低リスクでデイトレードを始められるでしょう。

SBI FXトレードの特徴

  • トップクラスの通貨ペア(全34種類)を取り扱っている
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供している
  • 1通貨単位から取引できる

1通貨から始められるなら資金が少なくても安心だね!

大手の安心感と少額からデイトレードを始めたい方は、SBI FXトレードで口座開設してみましょう。

\口座開設キャンペーン実施中/

SBIFXトレードキャンペーン

新規口座開設と30万通貨以上の取引をした方を対象に、取引高に応じてキャッシュバック。
さらにAmazonプライム3ヶ月分がもらえるプログラムも!

さらに詳しくは、「SBI FXトレードの評判は?SBI証券との違いやメリット・デメリットを大調査」をご覧ください。

②外為どっとコム

外為どっとこむ
スプレッド※米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭*
ポンド/円:0.9銭
最小取引単位1,000通貨
デモ口座あり
※午前9時〜午前3時 原則固定・例外あり。「ユーロ/円」はキャンペーンスプレッド

外為どっとコムは、2002年からサービスを開始している老舗FX会社です。

全30種類の通貨ペアを取り扱っており、主要通貨は業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

ぴたんこテクニカルという優れた取引ツールを提供し、以下の機能が備わっているため初心者でも取引タイミングを逃しません。

ぴたんこテクニカルの機能

  • お天気シグナル
    複数のテクニカルを使用して、売買シグナルをお天気マークでわかりやすく表示
  • みらい予測チャート
    現在のチャートと今後の値動きを予測したチャートを表示

さらに、外為どっとコムは著名な講師やトレーダーにより、FXに関する情報をほぼ毎日ライブ配信しています。

独自コンテンツやセミナーが充実しているため、FX初心者でも安心して始められるでしょう。

外為どっとコムの特徴

  • 初心者も安心の取引ツールを提供
  • 著名トレーダーを招いて、ほぼ毎日講義を開催
  • HDI格付け調査「Webサポート/問合せ窓口(電話)部門」で最高評価の三ッ星を獲得
    ※2019年-2022年

デイトレードを実践したいけど、おすすめのFX会社ってどこかな?

\最大100万2千円キャッシュバック/

口座開設&1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!
さらに、取引量に応じて最大100万キ円ャッシュバックがもらえます。

さらに詳しくは「【必見】外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判・口コミは?スプレッド・スワップポイント・最新キャンペーンを解説」をご覧ください。

③みんなのFX

みんなのFXの画像
スプレッド※米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
ポンド/円:0.9銭
最小取引単位1,000通貨
デモ口座あり
AM8:00〜翌5:00、原則固定(例外あり)

みんなのFXは「みんかぶFX年間総合部門」で第一位を獲得している人気のFX会社です。

スプレッドは業界最狭水準で提供しているため、1日に数回トレードを行うデイトレードでもコストを抑えられます。

スマホアプリには、視覚的に通貨の強さがわかる「通貨強弱」や「ヒートマップ」が搭載されています。

一目でその時に強い通貨と弱い通貨がわかり、値動きのある通貨ペアを見つけらるため、デイトレードをする際に最適です。

公式のYoutubeチャンネルやコールセンターでの問い合わせなど、トレーダーをサポートする体制が万全なので、初心者も安心して利用できるでしょう。

みんなのFXの特徴

  • 口座開設が最大1時間で終了
  • 初心者でも安心して取引できる万全のサポート
  • スマホアプリには「通貨強弱」「ヒートマップ」など視覚的にわかりやすい分析ツールを搭載

旬な通貨ペアを視覚的にみられるのは嬉しいね!

申し込みから最短1時間で取引開始できるので、通貨強弱やヒートマップをデイトレードで使ってみたい方は必見です。

\期間限定タイアップ特典/

以下リンク経由で新規口座開設&取引を行うと最大41万円プレゼント!
通常キャンペーンと合わせて最大41万円がもらえるチャンスです。

さらに詳しくは「みんなのFXの評判・口コミは?【スワップポイントの高さが魅力】」をご覧ください。

FXのデイトレードに関するよくある質問

デイトレードのよくある質問

デイトレードについて、もう少し気になるところがある…。

FXのデイトレードに関するよくある質問を3つ紹介します。

FXのデイトレードについて、よくある質問を理解しておきましょう。

①FXのデイトレードは誰でもできますか?

FXのデイトレードは、以下の条件を全て満たしている方であれば誰でも取引できます

  • FX口座を開設している
  • 必要資金(証拠金)を入金している

基本的にFX口座を開設して必要資金を入金していれば取引可能ですが、利益を得られるかどうかは誰にも予想できません。

特にデイトレードは、1日に複数回取引を行う必要があるため経験は必要ですが、誰でも取り組める手法です。

まず初心者は自己資金を使わず、デモツールから始めるとよいでしょう。

②FXのデイトレードは1日どれくらい取引するの?

FXのデイトレードは1回あたりの取引時間が「数分~1日」の範囲内で行われるため、1日10回以上取引する方もいれば、1回だけの方もいます。

家事や仕事などで日中は時間がとれない方は朝にポジションを保有して、休憩時間や仕事終わりに取引することもあります。

取引回数が多ければ利益も積み重ねやすくなりますが、その分リスクも発生しやすいので、あなたの生活に合ったトレードスタイルで取引しましょう。

③FXのデイトレードは資金がいくら必要?

FXのデイトレードに必要な資金は、余裕資金の量に左右されます。

余裕資金とは、たとえ資金が無くなったとしても生活に支障がでない金額のことを指します。

余裕資金の範囲を超えた取引を行うと、損失による恐怖から通常の取引ができなくなることや、精神的な余裕が失われることが多いです。

デイトレードに限らず、FXの取引は余裕資金で行うようにしましょう。

【まとめ】FXのデイトレードを活用してコツコツ利益を積み上げよう

デイトレードまとめ

FXのデイトレードは、忙しい人でもスキマ時間にトレードできるのがいいね!

本記事では、デイトレードの概要やメリット、成功させるコツについて解説してきました。

最後に本記事のポイントを3つにまとめます。

  • FXのデイトレードは1回の取引が「最短数分・最大1日」で完結する手法
  • 低リスクかつ短時間で利益を得ることが可能
  • 取引コストが抑えるなら、スプレッドの狭いFX業者がおすすめ

デイトレードは1回あたりの取引時間が短いため、忙しい方でも低リスクでコツコツと利益を積み重ねられます。

当日中に取引が完結するため、ポジションを翌日以降に持ち越したくない方や、低リスクで取引をしたい方におすすめなトレード手法と言えるでしょう。

\口座開設キャンペーン実施中/

SBIFXトレードキャンペーン

新規口座開設と30万通貨以上の取引をした方を対象に、取引高に応じてキャッシュバック。
さらにAmazonプライム3ヶ月分がもらえるプログラムも!