FX海外口座のメリット・デメリットを暴露【金融庁は注意喚起】

海外FXのメリット・デメリットアイキャッチ

・海外FXは初心者でも安心して利用できるのかな?
・海外FXと国内FXを比べた、それぞれのメリットは?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • 高いレバレッジで取引できる海外FXは初心者にはリスクが高い
  • 国内FXと海外FXでは税制が異なるので注意
  • 国内FX会社には日本語サポートの安心感がある

海外FXとは海外のFX会社に口座を開設して、海外のFX会社でFX取引を行うことを指します。

海外FX会社はハイレバレッジ取引が可能な点などメリットもある反面、デメリットも多いのが事実。

実際に海外FX業者の利用については金融庁も注意喚起をしており、FX初心者が利用するのはおすすめしません。

今回は海外FXのメリット・デメリットを中心に、FX初心者が国内FX会社を利用すべき理由を解説していきます。

本記事を読めば、初心者が海外FXを避けるべき理由が分かるワン!

トレーダーに選ばれる外資系FX/

アヴァトレードは55種類もの通貨ペアを取引可能。

操作性に優れたアプリでMT4・MT5が利用できるなど、機能面や使い勝手も抜群です。

海外FXとは

海外FXとは

そもそも海外FXってなに?

海外FXとは、海外のFX会社に口座を開設して取引を行うことです。

日本のみならず海外にも多数のFX会社があり、海外のFX会社を利用する日本の投資家も存在します。

さらに国内のFX会社と比べて優れている部分も多いため、海外FXに取り組むFX投資家も増加傾向です。

海外に様々な銀行や証券会社があるように、海外には様々なFX会社が存在するワン!

金融庁は海外FX会社の利用に対し注意喚起

日本国内では、金融庁の未登録業者による金融商品などの勧誘が禁止されています。

FX会社も同様であり、未登録の海外FX会社が日本国内で顧客の勧誘活動は本来禁止です。

さらに金融庁は無登録の海外FX会社との取引を行わないよう、以下のように注意喚起をしています。

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。
また最近、海外所在の無登録業者とバイナリーオプション取引を行い、出金に応じてもらえないなどのトラブルになっている例も見られます。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。
取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。

金融庁「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」より引用

そもそも国内投資家が、海外FXを行うこと自体は法律違反ではありません

ただし金融庁も注意喚起しているとおり、海外FX会社の利用は初心者には本来ハードルが高いものという認識が必要です。

やみくもに海外FX業者の口座を開設するのは危ないね…。

海外FX会社の日本法人は国内FX会社と同じ位置付け

通常に営業している国内FX会社は、すべて金融庁の登録業者です。

また海外FX会社の中には日本法人を設立して、金融庁の登録業者として展開する会社も複数存します。

下記が金融庁に登録された日本法人が展開する海外系のFX会社です。

  • OANDA証券
  • サクソバンク証券
  • FXTF
  • フォレックス・ドットコム他

上記は国内FX会社と同様に金融庁のルールに基づき、国内で事業運営がなされています。

それゆえ本記事が対象とする海外FX会社とは異なるので、自分の取引スタイルに合わせて利用してみましょう。

金融庁に登録されている海外FX会社の取引条件は、おおむね国内FX会社と同等だワン!

海外FXのメリット2選

海外FXのメリット

海外FXに取り組むメリットはどこにあるの?

海外FXの優位性については、下記2点を取り上げることができます。

それぞれ見ていきましょう。

①ハイレバトレードが可能

海外FXの最大の特徴は、高いレバレッジの取引が可能という点です。

海外FX会社は自由にレバレッジの設定が行えるため、100倍や1,000倍などの高いレバレッジの取引ができます。

国内FXの最大レバレッジは25倍だから、圧倒的な違いだね!

高いレバレッジの取引で連勝すれば、少額資金を一気に大きな資金に増やせるのが海外FXの魅力と言えるでしょう。

しかしレバレッジは諸刃の剣で損切りの遅れが命取りになるため、損切りができない初心者のハイレバ取引は危険です。

ハイレバ取引は早期に大金を得ようとして、早期に資金を失う結果に陥りがちだワン!

②MT4やMT5など利用できるツール類が豊富

国内では世界的なFX取引ツールである、MT4やMT5の利用ができるFX会社は限られています。

しかしながら、海外FX会社であればMT4やMT5の利用が可能な会社は多いです。

また独自のオリジナルツールを用意している海外FX会社も、多く存在します。

海外の様々なツールを使えるのは、海外FXのメリットと言えるでしょう。

海外FX会社のツールはデモ口座で利用できるケースもあるんだよ。

初心者が海外FXを利用するデメリット3選

初心者が海外FXを利用するデメリット

海外FXのデメリットは何があるの?

初心者が海外FXを利用するデメリットとしては、以下の3点です。

FX取引での大損を避けるためにも、しっかり確認しておきましょう。

①詐欺的な業者が存在する

海外FX会社を利用した詐欺は時々発生しており、そのほとんどが入金後に出金できなくなったというもの。

海外よりも情報の少ない日本で、詐欺的なFX業者を見抜く手段は限られるワン!

国内FX会社であればトラブルが発生した際は最終的に弁護士や金融庁に相談することが可能です。

しかし海外FX会社は金融庁の管轄外であり、トラブルが発生しても全て自己責任での対応が必要に。

海外のFX会社とのトラブルになると、利用者にとっては相当なストレスが生じるといっても過言ではありません。

海外FX会社を利用しないのが一番の詐欺の回避方法だね!

②高いレバレッジが危険

レバレッジは投資資金を一気に増やす可能性がある反面、一気に減らす可能性もある諸刃の剣となります。

初心者はレバレッジの良い面しか見ない傾向がありますが、負の側面も見ておかないと後々の後悔に繋がりかねません。

取引経験が少ない初心者であれば、海外FXを利用したハイレバトレードは避けましょう。

レバレッジが高くなればなるほど、損切りのハードルが上がるのは注意だね!

③出金時のリスクがある

国内FX会社なら出金を指示すると、早期に指定の銀行口座に出金がなされるのが通常です。

一方で海外FX業者によっては、何かと理由を付けて出金を遅らせようとする、もしくは出金を依頼しても着金までに時間がかかるケースも。

せっかくトレードで資金を増やしても、利益の出金ができないのはメンタル的に苦しいよね!

投資は資金を最終的に手元に回収してこそ、始めて成功です。

海外FXに取り組む際は、国内FX会社ではほとんど存在しない出金リスクを認識する必要があります。

国内FX会社なら出金トラブルはほとんどないワン!

海外FXの税金は国内とは異なる

海外FXの税金

海外FXで利益が出た時の税金はどうなるの?

国内FX会社で取引して得た利益は「先物取引に係る雑所得」となり、20.315%の税率で一律に課税されます。

一方で海外FXの利益は「雑所得」となるため、他の収入との合算による総合課税です。

総合課税での税率は所得額に応じて異なり、下記7段階の累進課税となります。

課税される所得金額税率控除額
1,000円 から 1,949,000円まで5%0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%2,796,000円
40,000,000円 以上45%4,796,000円
国税庁のホームページ(NO.2260 所得税の税率)より

さらに上記の所得税に加え、住民税(10%)と復興特別所得税(2.1%)が課税されます。

よって上記の課税される所得金額に+12.1%を付加した税率が、海外FXの税率です。

住民税の支払い請求は、確定申告による所得税の支払い後に来るから注意だワン!

海外FX会社と比べた国内FX会社のメリット3選

海外FXと比べた国内FXのメリット

海外FXと比べた際の、国内FXのメリットは?

海外FXとの比較で国内FX会社を利用するメリットは、以下の3点が挙げられます。

どれもFX取引をする上で大きな安心材料となるため、1つずつ確認していきましょう。

①出金リスクを考える必要がない

国内のFX業者は、金融庁の定めたルール下での事業運営が必要です。

また国内FX会社は以下のような厳しいルールが求められており、出金リスクはほとんどありません。

  • 顧客資産の分別管理
  • 健全経営のため自己資本の充実

出金リスクがないって、国内FX会社なら当たり前なんだね。

国内FX会社であれば、仮に出金トラブルがあった場合は金融庁に申し出ることもできます。

投資資金の出金リスクを考える必要がない点は、海外FXに比べ国内FXの最大のメリットだと言えるでしょう。

国内FX会社なら当たり前のことが、海外FXでは当たり前ではないのは海外FXのリスクだワン!

②スプレッドが狭い

日本には多数のFX会社が存在しており、スプレッドの狭さを競うスプレッド競争が長く行われています。

その結果、日本はFX取引において世界でも屈指の低スプレッド環境が用意される国となりました。

例えばドル円やユーロドルなどの主要通貨では、0.1銭(0.1pips)を切るスプレッドのFX会社もあるなど非常に低水準です。

スプレッド競争の激しい国内FX会社に比べると、海外FX会社のスプレッドは全体的に広いといわざるを得ません。

スプレッドの差は、長期的な視点だとバカにならないワン!

③日本語サポートの充実

国内FX業者はコールセンターやチャットなどを通して、顧客サポートが行われています。

トラブルが生じた場合でも、日本語でサポートを受けられるという点は初心者から上級者を含めて非常に安心です。

困った時でも、母国語で的確に状況説明できるのは大事!

日本語対応可能としている海外FX業者もありますが、基本的にはメールでの対応なので即時対応してくれないケースも。

値動きの激しいFXにおけるトラブルを最小限に抑えるためにも、日本語サポートが充実した国内FX会社は有利ですよ。

国内FX会社と比べた海外FX会社のメリット

国内FXと比べた海外FXのメリット

海外FX会社と国内FX会社は、ロスカット時の対応が違うって本当…?

国内FX会社と比べた海外FX会社のメリットとしては、ゼロカットシステム(ゼロカット)が採用されている点です。

ゼロカットシステムは投資家の損失が投資資金に限られるもので、それゆえ高いレバレッジをかけた取引が行いやすくなります。

海外FX会社は、投資資金以上の損失負担を投資家に求めない場合がほとんどだワン!

FX取引はレバレッジを掛けた取引が基本ですが、国内FX会社では投資資金以上の損失を迫られるケースも。

それゆえ海外FX業者は預けた証拠金以上の損失が出ない点から、ハイレバレッジを狙う投資家に支持されているのです。

海外の投資家の所に出向いて資金の回収するのは、現実的ではないもんね。

国内FX会社にゼロカットシステムはない

国内FX会社の場合は投資資金以上の損失を計上してしまうと、マイナス分をFX会社に支払う必要があります。

そのため投資資金がゼロになった上に損失分の支払いを求められる、という悲惨な事態が起こりうるのです。

日本ではゼロカットが投資家に対する損失補填に当たるとして、認められていないワン!

これらの事態を避けるために、国内ではレバレッジを最大25倍にするなどの規制が行われています。

ゼロカットシステムの存在は、海外FX会社を利用する上で有利な点だと言えるでしょう。

海外FXと国内FXとでは、利益の出し方も大きく違うってことだね!

初心者は国内FX業者を使おう【おすすめの国内FX会社4選】

初心者は国内FXを使おう

初心者は国内FX会社の利用が良さそうだけど、どの国内FX口座がいいの?

これまで解説したように、FX初心者は海外FX会社の利用よりも国内FX会社の利用がおすすめです。

FX初心者にもおすすめできる、国内FX会社としては以下の4社。

利用者数も多い大手FX業社なので、それぞれ確認していきましょう。

①アヴァトレード【機能性抜群の外資系FXサービス】

アヴァトレードの公式サイト

アヴァトレードはイスラエルに本社を置く「Avaグループ」が提供する、人気の外資系FXサービスです。

日系FX業者だと通貨ペア数は30種類程度が一般的なものの、アヴァトレードは55種類で取引できるなど外資系ならではの魅力が盛りだくさん。

日本国内で運営されているから、最大レバレッジは日系サービス同様に25倍だワン!

また、大手FX業者でも取り扱いが希少なMT4・MT5の両方に対応しており、チャート機能や分析ツールのレベルは最高峰です。

充実の機能面にもかかわらず、取引ツールはFX初心者でも直感的に利用できるほどのシンプルな操作性で、高い人気を誇っています。

トレーダーに選ばれる外資系FX/

アヴァトレードは55種類もの通貨ペアを取引可能。

操作性に優れたアプリでMT4・MT5が利用できるなど、機能面や使い勝手も抜群です。

②外為どっとコム【24時間サポート体制】

外為どっとコム

外為どっとコムは老舗のFX業者で、電話サポートを24時間体制で行なっているのが安心です。

また低スプレッドや1,000通貨という初心者に優しい取引環境を提供しており、FXに対するハードルの低さも魅力。

さらにオンラインンセミナーを開催するなど、FX知識を高める場があるのも初心者目線だと言えます。

はじめてのFX口座開設で迷っているなら、充実のサービス提供を行なっている外為どっとコムを利用してみましょう。

新規口座開設キャンペーン

FX口座開設+取引量に応じて最大30万2千円をキャッシュバック。
このチャンスを活かし、外為どっとコムでFXを始めましょう!

外為どっとコムの詳細は、「外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判・口コミは?」をご覧ください。

③DMM FX【LINEとAIチャットのサポートあり】

DMM FX

DMM FXは大手DMM.comグループ「DMM.com証券」が提供しており、運営元の信頼性から人気の高いFX口座です。

取引単位が10,000通貨と取引単位が大きい一面はあるものの、サポート体制はトップレベルで充実しています。

電話の24時間対応に加え、LINEサポートおよびAIチャットのサポートにも対応。

簡単な疑問や相談しづらい内容については、LINEやAIチャットで気兼ねなく問い合わせることができますよ。

\最大20万円キャッシュバック/

口座開設・維持手数料は無料です。

DMM FXの詳細は、「DMM FXの評判は?デモ口座やスプレッド・キャンペーンについても解説!」の記事をご覧ください。

④外貨ex byGMO【安心のGMOインターネットグループ】

外貨ex

外貨ex byGMOはFX業界最大手のGMOインターネットグループに属しており、初心者でも安心の取引環境を提供しています。

1,000通貨からの少額取引に対応しており、平日と祝日の午前7:00~午後10:00は電話サポートも行っているのが魅力。

さらにサービス面ではスワップポイントが高水準なため、ポジションを保有しているだけでも利益を狙いやすいです。

安心の大手企業が運営しており、長期目線でしっかりと利益を出したい方は外貨ex byGMOの利用がよいでしょう。

\最大30万円キャッシュバック/

業界最狭水準のスプレッドと高水準のスワップポイントも魅力
最短、即日からでも取引が可能!

【まとめ】FX海外口座の高いレバレッジは諸刃の剣

FX海外口座まとめ

FX初心者は、通常通り国内FX会社を利用したほうが良さそうだね!

この記事では、海外FXのメリット・デメリットに加えて初心者が国内FX会社を利用すべき理由を解説しました。

最後に、本記事のポイントを3つ紹介していきます。

  • 高いレバレッジで取引できる海外FXは初心者にはリスクが高い
  • 国内FXと海外FXでは税制が異なるので注意
  • 国内FX会社には日本語サポートの安心感がある

海外FXはハイレバトレードで一気に資金を増やせる可能性を秘める反面、大きく資金を失ってしまうリスクも高いです。

まずは「アヴァトレード」など外資系を含めた国内FXサービスでFX取引に慣れ、勝てる自信を付けてから海外FXに取り組みましょう。

トレーダーに選ばれる外資系FX/

アヴァトレードは55種類もの通貨ペアを取引可能。

操作性に優れたアプリでMT4・MT5が利用できるなど、機能面や使い勝手も抜群です。