【初心者におすすめ!】インデックスファンドとは?アクティブファンドとの違いも解説!

約 4 分で読み終わります!

インデックスファンドのアイキャッチ

この記事の結論

  • インデックスファンドは特定の株価指数との連動を目指す投資信託
  • アクティブファンドはプロのファンドマネージャーが投資商品を選別・運用している投資信託
  • 初心者にはインデックスファンドがおすすめ!

インデックスファンドとは?

インデックスファンドとは、特定の株価指数との連動を目指す投資信託です。

そのため、インデックスファンドは連動する指数が上昇すると値上がりし、下降すると値下がりします。

代表的な株価指数には日経平均株価やTOPIX、S&P500などがあります。

指数連動のため機械的に運用することができ、手数料は比較的安い傾向があります

アクティブファンドとの違い

アクティブファンドとは、プロのファンドマネージャーが投資商品を選別・運用している投資信託です。

ファンドマネージャーはインデックスの動きを上回ることを目標に、積極的に利益を狙います。

アクティブファンドはプロの専門家が運用しているのでインデックスファンドに比べて手数料が高くなる傾向にあります

インデックスファンドとアクティブファンドの比較

インデックスファンドは受動的という意味でパッシブファンドと呼ばれることもあるワン!

初心者にはインデックスファンドがおすすめ!

「これから資産形成をしたい」という投資初心者の方にはインデックスファンドがおすすめです。

その理由は主に4つあります。

  1. 手数料が安い
    基本的にインデックスファンドはアクティブファンドよりも手数料が安いです。
    最終的な利益は「値上がり益ー手数料」で決まります。
    そのため手数料が安いということは「最終利益が大きくなる可能性が高くなる」ということです。
  2. 値動きがわかりやすい
    市場全体を表す株価指数の値動きはニュースで毎日確認できます。
    簡単に値動きが確認できるので安心して運用することができるでしょう。
  3. 分散効果が高い
    株価指数は市場全体の値動きを表すためのものなので、幅広い国や業界から銘柄を選出しています。
    それに連動するインデックスファンドを購入することで、自然と分散投資が可能になります。
  4. 運用成績が良い
    手数料が高いということもあり、過去の運用成績を見ると大半のアクティブファンドがインデックスファンドに負けてしまっています。
    長期的にインデックスファンドより良い成績を残すアクティブファンドを見つけるのは至難の業と言えます。

超有名投資家のウォーレン・バフェットも、個人投資家はインデックスファンドに投資すべきと言っているワン!

\投資信託の数が豊富!SBI証券が人気/

SBI証券

人気のインデックスファンド3選

最近は米国の株価指数に連動するインデックスファンドが人気です。

その中でも特に人気の3つのファンドをご紹介します。

SBI・バンガード・S&P500

委託会社SBIアセットマネジメント
信託報酬0.0938%程度
純資産総額  1,791億円(小数点以下切り捨て)
運用方針「バンガード・S&P500ETF」を通して、米国の代表的な株価指数であるS&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。
SBI証券HPより(2021/04/17現在)

SBI証券は口座開設数が600万人を超える、ネット最大手の証券会社です。

楽天全米株式インデックスファンド

委託会社楽天投信投資顧問
信託報酬0.132%(信託報酬を含む管理費用:0.162%)
純資産総額     2,519億円(小数点以下切り捨て)
運用方針「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資する。
CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジは行わない。
楽天証券HPより(2021/04/17現在)

楽天証券は楽天ポイントとの連携がお得な人気ネット証券です。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

委託会社三菱UFJ国際投信
信託報酬0.0968%
純資産総額     3,785億円(小数点以下切り捨て)
運用方針米国の株式に投資し、S&P500指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行う。原則として為替ヘッジは行わない。
SBI証券HPより(2021/04/17現在)

インデックスファンドとは?まとめ

インデックスファンドの概要、アクティブファンドとの違い、人気のインデックスファンドをご紹介致しました。

最後に重要ポイントを3点にまとめます。

  • インデックスファンドは特定の株価指数との連動を目指す投資信託
  • アクティブファンドはプロのファンドマネージャーが投資商品を選別・運用している投資信託
  • 初心者にはインデックスファンドがおすすめ!

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

Podcast(音声配信)

▼この記事に関連したPodcastも配信しています▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。