IPOに当たらない理由は?当選確率を上げる方法を分かりやすく解説!【完全版】

約 12 分で読み終わります!

IPO当選確率

・IPO投資はなぜ人気があるんだろう?
・当選確率を上げる方法はあるのかな?

このような疑問にお答えします。


この記事の結論

  • 個人投資家は完全平等抽選がおススメ!
  • IPOの当選確率を上げるには、証券口座選びが大切!
  • 戦略的に複数の証券口座を持とう!

IPO株では初値で儲かることが多いため、個人投資家を中心に抽選が激化しています。

そのため、現在お持ちの証券口座で普通に申し込みをしたとしても、当選する確率は低いでしょう。

当選確率を上げる方法はあるの?

この記事では、証券会社毎の抽選方式の違いやIPOの当選確率を上げる方法について分かりやすく解説します。

「そもそもIPOって何?」という方は、『【保存版】上場(IPO)とは?メリット・デメリットも初心者向けに解説』を先に読んでくださいね。

\IPO取り扱い実績No.1/

独自のIPOポイント制度があるSBI証券でまずは申し込んでおきましょう!

IPOはなぜ当たらない?

IPOなぜ当たらない

IPO(上場)する企業では比較的公募価格が低く見積もられていることが多いため、初値が高くなる傾向にあります。

そのため、IPO投資は勝率の高い投資方法として非常に人気が高く、購入申込者が増えています。

私の友達もIPO申込んでるって言ってたよ!

しかし、IPO時に売り出す株式数は決まっているため、全員がIPO株を購入できるわけではありません。

特に人気のある銘柄だと多くの投資家が申し込みするため、当選確率が非常に低くなります。

正式な公表はされていないものの、当選確率は一般的には1%程度と言われることも。

年間で100件のIPOがあると、1年に1回当たるかどうかですね。

当選確率が低いんだったら、申し込んでも意味がないの?

確かに当選確率は低いですが、いくつかの方法を組み合わせることで当選確率を上げることは可能です。

以下ではまずIPO投資の抽選方法からご説明し、当選確率を上げる4つのコツもご紹介します。

IPOの抽選方法は3つ

IPOの抽選方法

証券会社によってIPOの抽選方法は異なります。

そのため各証券会社の抽選方法を知り、自分に合った証券会社で口座開設をすることが大切です。

IPOの抽選方法は主に以下の3つがあります。

  • 完全平等抽選
  • 優遇抽選
  • 店頭配分

それぞれ詳しく解説します。

完全平等抽選

完全平等抽選とは、応募した全ての投資家に一人一票の抽選権が与えられる抽選方法です。

すべての投資家が等しい確率で抽選されるため、資金量の多さは関係ありません。

私でも、お金持ちの人と同じ確率で当たるのね!

完全平等抽選のため、何度応募しても抽選に当たらないケースもあれば、数回の挑戦で当選するケースもあるなど、運に左右されることになります。

完全平等抽選で有名なマネックス証券のWebサイトでは、「コンピューターで無作為に抽選を行っています。この過程はシステム化されており、人間の恣意が途中で関与することはありません。」と記されています。

完全平等抽選は、あまり資金力のない個人投資家におススメの抽選方法です。

まずは以下の証券会社で、無料口座開設してみましょう。

マネックス証券について詳しく知りたい方は「マネックス証券の手数料や評判は?」の記事も読んでみると良いワン!

優遇抽選

完全平等ではなく、優遇抽選を採用している証券会社もあります。

優遇抽選制度ってどんなものなの?

優遇抽選制度とは、口座資産が多い投資家だったり、IPOの落選回数が多かったりするなど、各証券会社が設定した条件を満たした方の当選確率が高くなる抽選方式です。

優遇特典がある証券会社

  • SBI証券:IPOに外れると貯まる「チャレンジポイント」が多いと当選しやすくなる
  • SMBC日興証券:ダイレクトコース限定で、預り資産残高等に応じて設定される
  • SBIネオトレード証券:売買代金等に応じてステージが設定される

店頭配分

抽選ではありませんが、各証券会社のお得意さま(資産や取引量が多い)に配る店頭配分もあります。

優遇抽選と同じってこと?

優遇抽選と似てはいますが、条件が定まっていないため全く同じとは言えません。

IPO株は利益を得られる可能性が高いため、各証券会社の担当者は上顧客との取引拡大、損失の発生した顧客への補填などさまざまな目的でIPO株を配分しています。

店頭配分はお店がある証券会社のため、ネット証券ではあまり関係ないですね。

証券会社の違い【早見表】

抽選方法は大切なんだね!

実際にそれぞれの証券会社はどんな抽選方法なのか、IPO実績と一緒に以下の表にまとめてみました。

SBI証券SMBC日興証券マネックス証券楽天証券松井証券SBIネオトレード証券DMM株GMOクリック証券
IPO銘柄数(2020年)8553503818751
主幹事数 (2020年) 1516000000
抽選方法60%:完全平等抽選
30%:IPOチャレンジポイント

10%:裁量配分
最大15%:オンライン配分
10%:完全平等抽選
最大5%:優遇抽選
完全平等抽選完全平等抽選70%以上:完全平等抽選90%:優遇抽選
10%:完全平等抽選
完全平等抽選完全平等抽選
事前入金必要 必要 必要 必要 不要 不要 不要 必要
⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み

IPOの当選確率を上げる4つのコツ

当選確率を上げる

IPOの当選確率を上げるコツとして、以下の4つが挙げられます。

  • ネット証券から申し込む
  • 主幹事の多い証券会社の抽選に申し込む
  • ライバルの少ない証券会社から申し込む
  • 複数の証券会社から申し込む

それぞれ詳しく解説します。

① ネット証券から申し込む

IPOの当選確率を上げるためには、ネット証券から申し込むのがおすすめです。

と言うのも、ネット証券では完全平等抽選だったり、条件が明確にされた優遇抽選が行われるためです。

店頭販売をしている証券会社ではどうしても店頭配分となることが多く、資金が少ない個人投資家には配分が回ってこないことが多いです。

人気のある銘柄は、お金持ちの方が配分されやすいんだね…

しかし、ネット証券であれば誰でも等しく当選する「完全平等抽選」や、外れても次回以降当たりやすくなる「ポイント制度」があるなど、個人投資家にも当選のチャンスがあります。

例えばSBI証券では「IPOチャレンジポイント」制度があります。

IPOチャレンジポイント制度とは

抽選に外れる度にポイントが貯まって、次のIPO抽選の当選確率が上がる制度。

IPOチャレンジポイントに割り当てられたIPO株(30%)はチャレンジポイントが多い人から当選していく。

⇒何度も挑戦すると、当選確率がグンと上がる!

そのため、個人投資家がIPO投資するのであればネット証券から申し込むのがおススメです。

② 主幹事の多い証券会社で抽選に申し込む

IPOで「主幹事」を務める証券会社の抽選に申し込みをすると、抽選確率は上がります。

と言うのも、IPO株を各証券会社に割り当てる時、主幹事証券は80%以上もの株式を割り当てられることが多いためです。

主幹事証券ってなんだっけ?

主幹事証券とは、企業がIPOする際に各種事務手続きや株価設定、株式上場後の資金調達の助言などを中心的に担う証券会社のことです。

また、主幹事からIPO株の販売を委託された「委託幹事(裏幹事)」が、そのIPO銘柄の取り扱い証券会社となることも覚えておきましょう。

主幹事証券はIPO株の割当が多いため、当選確率も上がります

野村證券・みずほ証券・大和証券・SMBC日興証券SBI証券は主幹事実績が多いワン!

③ ライバルの少ない証券会社から申し込む

ライバル(口座数)が比較的少ない証券会社から申し込むと、IPO抽選に当選する確率は高まります。

口座数が多い証券会社ではそれだけIPOに申し込む投資家の数も多いため、当選確率も下がってしまいますよね。

しかし、誕生したばかりなどの理由で、まだライバルの少ない証券会社から申し込みをすると、当選確率も高くなります

具体的には、LINE証券DMM株GMOクリック証券口座数が少ない今がチャンスです。

証券会社にも「穴場」があるんだね!

\最大4,000円相当の株がもらえる/

④ 複数の証券会社から申し込む

多くの証券会社を使って申し込みを行い、抽選回数を増やすことも当選確率を上げる大切な方法です。

一回あたりの当選確率は1%であっても、複数の証券会社から申し込むと2%、3%、と少しでも当選確率は上げられます。

当選確率が上がるのはわかるけど、どの証券口座を開設したら良いか分からないよ。

おすすめなのは、以下の3ステップです。

  • 事前入金が不要な証券口座を開く
  • 普段使い出来る証券口座を開く
  • 家族の証券口座を開く

まず①の「事前入金が不要な証券口座を開く」ですが、松井証券SBIネオトレード証券DMM株ではIPO申込時に事前入金が不要です。

IPO申込時に事前入金が必要な場合、1社あたり数十万円必要になるため、簡単に複数口座での申込は出来ないですよね。

しかし、事前入金が不要な証券口座を持つことで、気軽に複数口座での申込が出来るようになります。

ちなみに、IPOは当選しても購入申込をしなければキャンセルできるワン!

次に②の普段使い出来る証券口座を開くですが、通常の株取引やNISAで使いやすい証券口座を開くのがおススメです。

手数料が安いSBI証券楽天証券、アメリカ株投資で人気のマネックス証券、1株投資で人気のLINE証券などで口座開設しておくと、IPOの時だけでなく普段の投資でも活用できます。

最後に③の「家族の証券口座を開く」ですが、結婚している方であればパートナーの口座、子供の口座も作ってIPOに申し込むことが出来ます。

もちろん口座開設は本人がする必要がありますが、家族の口座でもIPOに申し込むことで、当選確率は何倍にも跳ね上がります。

SBI証券楽天証券では未成年口座も作ることができますよ。

単純にたくさんの口座を作るんじゃなくて、こんな戦略的にできるのか!

当選確率を上げるためにおすすめのネット証券4社

ネット証券

ここまで、IPOの抽選方法や当選確率を上げるための方法について解説してきました。

最後に、「まずは口座開設しておきたい」おすすめのネット証券を5社ご紹介致します。

どこも口座開設は無料なので、気軽に申し込んでみましょう。

① SBI証券

SBI証券HP

ネット証券の中でもトップクラスの人気を誇るSBI証券は、口座開設数600万超え、IPO取り扱い実績No.1など、多くの実績を持っています。

IPO取り扱い実績が多いことや、IPOチャレンジポイント制度もあるため、「IPO投資と言えばSBI証券」と口にする投資家も多いですね。

IPOチャレンジポイント制度とは

抽選に外れる度にポイントが貯まって、次のIPO抽選の当選確率が上がる制度。

IPOチャレンジポイントに割り当てられたIPO株(30%)はチャレンジポイントが多い人から当選していく。

⇒何度も挑戦すると、当選確率がグンと上がる!

投資家100人が選んだIPO投資におすすめの証券会社はどこ?」の記事でもNo.1にランクインしたワン!

\まずは定番のSBI証券/

② マネックス証券

マネックス

マネックス証券はIPO取り扱い実績も多く、完全平等抽選のため人気のある証券会社です。

また、マネックス証券で取り扱うIPO銘柄の情報をメールでお知らせする機能もあるので、申し込み忘れを減らせる点も嬉しいですね。

誰でも当選確率が平等なのね!

IPO以外では米国株投資に強みがあり、米国株の取扱銘柄数は4,000種類以上と、かなり豊富にそろっています。

アメリカ株投資をしたい人にもおすすめだね!

③ 楽天証券

楽天証券

楽天証券は3年連続新規口座開設数No.1で、口座開設数は600万口座を超えています。

手数料も安く、初心者でも使いやすいスマホアプリが人気を集めています。

楽天証券のIPO取引では、マネックス証券と同様、コンピュータによる完全平等の抽選を採用しています。

抽選方法も開示されており、その日の国内株式取引の市場が閉まった後、日経平均終値の下三桁の数をベースに算出されています。

また、IPOの取扱銘柄数が増えている点も要注目です。

以前はIPOの年間取扱数が2~15銘柄でしたが、2020年のIPO取扱銘柄数は38銘柄と大幅に増えています。

楽天ポイントも貯まるし、取扱銘柄数も増えているのは嬉しいな!

④ LINE証券

LINE証券

LINE証券はネット証券としては後発組ですが、スマホアプリで完結する手軽さお得なキャンペーンで人気を集めています。

そんなLINE証券は、野村證券と協業で2021年5月末からIPO銘柄の取り扱いを始めました。

大手ネット証券に比べ口座開設数がまだ少ないため、ライバルの少ない状態でIPOの当選確率を高めることが出来ますね。

ライバルが少ないと、当選確率が上がりやすいよね!

証券会社の比較表(再掲)

SBI証券SMBC日興証券マネックス証券楽天証券松井証券SBIネオトレード証券DMM株GMOクリック証券
IPO銘柄数(2020年)8553503818751
主幹事数 (2020年) 1516000000
抽選方法60%:完全平等抽選
30%:IPOチャレンジポイント

10%:裁量配分
最大15%:オンライン配分
10%:完全平等抽選
最大5%:優遇抽選
完全平等抽選完全平等抽選70%以上:完全平等抽選90%:優遇抽選
10%:完全平等抽選
完全平等抽選完全平等抽選
事前入金必要 必要 必要 必要 不要 不要 不要 必要
⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み ⇒無料申し込み

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

【まとめ】IPOの当選確率を上げよう!

まとめ

今回はIPOの当選確率を上げる方法について解説しました。

最後に重要な点をおさらいしましょう。

  • 個人投資家は完全平等抽選がおススメ!
  • IPOの当選確率を上げるには、証券口座選びが大切!
  • 戦略的に複数の証券口座を持とう!

SBI証券の「IPOチャレンジポイント」は面白そうだね!

話題の企業が上場する場合、初値が高くなると予想され、IPOの抽選は激化します。

この記事に書かれているコツを実践してみて、IPO投資にチャレンジしてみましょう!

\IPO取り扱い実績No.1/

独自のIPOポイント制度があるSBI証券でまずは申し込んでおきましょう!

※本記事は2021年10月8日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。