公共料金におすすめのクレジットカードランキング!還元率やメリットを徹底比較

※2022年9月16日に更新しました。

公共料金クレジットカード アイキャッチ

・公共料金おすすめのクレジットカードはどれ?
・メリットや注意点を知りたい

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • 公共料金に一番おすすめはJCB Wカード
  • 還元率が高く、持ちやすいカードを選ぼう
  • カードの種類によっては公共料金で還元率が下がる場合も

公共料金は口座引き落としもできますが、クレジットカード払いの方がおすすめです。

毎月支払うものなので、お得なクレジットカードでポイントをたくさん貯めましょう。

この記事では、公共料金におすすめのクレジットカードを、ランキング形式で紹介します。

公共料金をクレジットカードで支払う注意点も解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

公共料金の支払いにおすすめのカード

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードランキング

まず最初に、公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードランキングを紹介します。

カード名還元率年会費貯まるポイント
JCBカードW1%永年無料Oki Dokiポイント
三井住友カード(NL)0.5%~5% 永年無料Vポイント
リクルートカード1.2%永年無料リクルートポイント
dカード1%永年無料dポイント
PayPayカード1%永年無料PayPayポイント
三菱UFJカード VIASOカード0.5%永年無料VIASOポイントプログラム
au PAYカード1%無料
(条件あり)
Pontaポイント
交換先により還元率が変わる場合があります。

上記のカードはすべて、毎月の公共料金支払いに最適なカードです。

それぞれの特徴とおすすめの人を解説するので、自分に合うか確かめながら読んでみてください。

1枚ずつ詳しく見ていこう!

JCBカードW

JCBカードW

年会費永年無料
還元率1%
貯まるポイントOki Dokiポイント
ポイントの使い道交換・お買い物など
ブランドJCB
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp/
還元率は交換先により異なります。

こんな人におすすめ

  • 39歳以下の人
  • Amazon・スターバックスをよく使う人

JCBカードWは公共料金支払いやお買い物で1%のポイントが貯まります。

ポイントアップ特典が多くAmazonで2%、スターバックスで5.5%還元されるため、公共料金以外でもお得です。

39歳以下限定ですが、加入後は40歳を過ぎてもお得なまま使い続けられます。

ポイントの使い道がとても豊富ですが、交換先によっては還元率が1%以下になるので気をつけましょう。

貯まったポイントはJCBギフトカードや賞品交換、Amazonでお買い物にも使えるワン!

\9月30日まで!新規入会キャンペーン実施中/

9月30日までの入会+Amazon利用で最大1万円をプレゼント!
さらに、+Apple Pay ・ Google Pay でのカード利用で最大5,000円キャッシュバック!

さらに詳しくは「JCBカードWの評判・デメリットは?JCB CARD W Plus Lとの違いも解説」をご覧ください。

三井住友カード(NL) 

三井住友カード
発行会社三井住友カード株式会社
年会費(本会員)永年無料
 国際ブランドVisa・Mastercard
旅行損害保険海外旅行:最高2,000万円
国内旅行:なし
ポイント名Vポイント
おすすめポイントVpassアプリで利用通理や利用制限、ポイント管理も対応
公式サイトhttps://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp

こんな人におすすめ

  • 対象コンビニ、マクドナルドによく行く人
  • ネット証券、投資に興味がある人
  • 三井住友銀行を利用している人

「三井住友カード(NL)」はクレジットカード番号がカードに記載されていないスタイリッシュなナンバーレスデザインです。

カード番号や有効期限はどうやって確認するの?

「Vpass」というスマホアプリからいつでも確認することができるワン!

公共料金の支払いでポイントが還元されるのはもちろんですが、対象コンビニとマクドナルドでVisaのタッチ決済を利用すると還元率が最大5%となります。

また、Visaのタッチ決済がApple Payに対応しているため、コンビニなどではカードの現物が不要です。

ポイントの貯め方

通常ポイント(0.5%)+対象コンビニやマクドナルド(+2%)+Visaのタッチ決済(+2.5%)=5%

また、SBI証券にカードで投資をすると積立額の0.5~2.0%が還元されるのも特徴のひとつ。

2022年5月30日より、三井住友カードで貯まる「Vポイント」をSBI証券での投資に利用できるようになりました

これから投資することも考えているなら特におすすめだワン!

SBI証券での積立投資に対応したクレジットカードは三井住友カードのみだよ!

日々の支払いやお買い物、投資まで幅広く活用できるクレジットカードです。

\毎日のお買物でポイント貯まる/

リクルートカード

リクルートカードの画像
リクルートカード 公式サイトより
年会費永年無料
還元率1.2%
貯まるポイントリクルートポイント
ポイントの使い道お買い物
ブランドVISA/Mastercard/JCB
公式サイトhttps://recruit-card.jp/

こんな人におすすめ

  • 還元率が高いカードで支払いたい
  • Pontaやdポイントを貯めている
  • リクルートのサービスを使う

リクルートカードは、年会費無料なのに1.2%という高い還元率が特徴です。

今回のランキングの中でも一番の高還元なので、毎月の公共料金の支払いでどんどんポイントが貯まります。

10,000円支払えば120ポイント貯まるのね!

年会費無料カードの還元率は高くても1%だから、リクルートカードは特別だワン!

貯まったポイントはじゃらんやホットペッパーグルメなど、リクルートが提供するサービスで使えます。

Pontaやdポイントにも交換できるので、ポイントの使い道に困ることもないでしょう。

高い還元率を求める方は、リクルートカードがおすすめです。

毎月のお買い物でも1.2%貯まるよ!

\最大6,000円相当のポイント/

リクルートカード新規入会+利用で、最大6,000円相当のポイントをプレゼント!
年会費は永年無料で、1.2%の高還元率です。

詳細は「リクルートカードは高還元率!評判やメリット・デメリット・ポイント付与について紹介」をご覧ください。

dカード

dカード
年会費永年無料
還元率1%
貯まるポイントdポイント
ポイントの使い道お買い物
ブランドVISA/Mastercard
公式サイトhttps://d-card.jp/st/

こんな人におすすめ

  • dポイントを貯めている人
  • d払いを使う人
  • マツモトキヨシやビッグエコーをよく使う人

dカードはドコモが提供していますが、ドコモユーザーでなくても誰でも加入できるカードです。

年会費は永年無料で、共料金100円(税込)支払いにつき1円分のdポイントが貯まります

通常の還元率1%に加え、マツモトキヨシなどの「dカード特約店」では、ポイントが倍増するメリットも。

マツモトキヨシやビッグエコーでは3%多く貯まるよ!

QRコード決済の「d払い」と一緒に使えば、ポイント二重取りも可能です。

貯まったポイントは、dポイント加盟店でお買い物や、ドコモサービスの料金充当にも当てられます。

マクドナルドやすき家などで、dポイントが使えるワン!

\最大4,000ポイントプレゼント/

dカード新規入会&各種設定&利用で4,000 dポイントがもらえるキャンペーンを実施中
キャンペーンの詳細は公式サイトをチェック!

さらに「dポイントのお得な貯め方とは?簡単に実践できる方法を紹介」もご覧ください。

PayPayカード

PayPayカード
年会費永年無料
還元率1%
貯まるポイントPayPayポイント
ポイントの使い道お買い物
ブランドVISA/Mastercard/JCB
公式サイトhttps://www.paypay-card.co.jp/

こんな人におすすめ

  • PayPayを使っている人
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOをよく使う人
  • すぐに使いたい人

PayPayカードはQRコード決済の「PayPay」に特化したカードですが、公共料金の支払いでも1%のポイントが貯まります。

貯まったポイントはPayPayでお買い物などに使えます。

PayPayは使える店が多いから、ポイントの使い道に困らないね!

Yahoo!ショッピングやLOHACOでいつも3%還元されるメリットも。

最短2分のスピード審査に対応しているため、すぐに使いたい人にも最適です。

ヤフーカードを持っている人は、PayPayカードに自動切り替えになるワン!

\最大12,000円相当のポイント付与/

新規入会&最大100回利用で最大12,000円相当のPayPayポイントが特典でもらえる!

さらに年会費無料で還元率は常時1%!

さらに詳しくは「【評判】PayPayカードとは?特徴やメリット・デメリット・ポイント還元率を徹底解説!」をご覧ください。

三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード
年会費永年無料
還元率0.5%
貯まるポイントVIASOポイントプログラム
ポイントの使い道自動充当・キャッシュバック
ブランドMastercard
公式サイトhttps://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/

こんな人におすすめ

  • ポイントを直接キャッシュバックして欲しい人
  • ポイントをよく失効させてしまう人

三菱UFJカード VIASOカードは貯まったポイントが、自動でキャッシュバックされるのが特徴です。

ポイントを直接現金で欲しい人や、使うのを忘れて失効させてしまう人も、三菱UFJカード VIASOカードなら安心でしょう。

年に1回、貯まったポイントがまとめてキャッシュバックされるワン!

対象の携帯代やプロバイダ料金の支払いで、還元率が2倍になるメリットも。

ただし基本の還元率は0.5%と、低めに設定されているので注意してくださいね。

\自動ポイントバックが便利/

詳しくは「三菱UFJカード VIASOカードの評判は?審査やポイント還元率、キャンペーンについても解説」をご覧ください。

au PAYカード

auPayカード
年会費無料(条件あり)
還元率1%
貯まるポイントPontaポイント
ポイントの使い道お買い物
ブランドVISA/Mastercard
公式サイトhttps://www.kddi-fs.com/

こんな人におすすめ

  • au・UQモバイルを使っている人
  • au PAYを使っている人
  • Pontaを貯めている人

au PAYカードはauユーザーではない人も、誰でも加入できるカードです。

公共料金100円(税込)支払いにつき1円分のPontaポイントが貯まります。

Pontaポイントはローソンなどでお買い物に使えるよ!

au PAYと合わせ使いで、ポイントが二重取りできる特徴もあります。

年会費は無料ですが、au回線やUQモバイルを使っていない人が1年間利用しないと、1,375円(税込)の年会費がかかるのて注意しましょう。

au回線やUQモバイル、povoを使っていれば無条件で年会費無料だワン!

\ポイント最大5%還元/

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードの選び方

公共料金を支払うクレジットカードはどうやって選んだらいい?

公共料金に使えるクレジットカードは多いですが、できればお得に支払いたいですよね。

選ぶ時は、以下の3つを重視しましょう。

  1. 年会費
  2. 還元率
  3. ポイントの使いやすさ

公共料金は生きている限り毎月支払うため、年会費無料で持ち続けられるものがおすすめです。

還元率が高いことはもちろん、ポイントが使いやすいかどうかも注目する必要があります。

せっかくポイントが貯まっても、使えなければ意味がありませんね。

ふだん貯めているポイントや、使っている携帯会社に合わせて、クレジットカードも選ぶと良いでしょう。

ポイントを使い忘れてしまう人は、直接キャッシュバックされる三菱UFJカード VIASOカードがおすすめだワン!

年会費がかからないクレジットカードは「年会費無料のクレジットカードおすすめランキング」をご覧ください。

公共料金の支払いにおすすめのカード

クレジットカードで支払える公共料金の種類

公共料金は口座引き落としで支払うイメージがありますが、現在では様々な公共料金がクレジットカード払いに対応しています。

クレジットカードで支払える主な公共料金は、以下のものがあります。

  1. 電気代
  2. ガス代
  3. 水道料金
  4. 固定電話代
  5. NHK受信料
  6. 新聞代
  7. タクシー代
  8. 電車
  9. バス代

光熱費だけでなく、NHK受信料や新聞代、固定電話代などもカード決済が可能です。

ただし水道料金など一部地域では、クレジットカード払いに対応していない場合があります。

クレジットカードが使えるどうか、サービスの提供会社に確認してから利用しましょう。

対応していたら、どんどん使ってポイントを貯めよう!

公共料金をクレジットカードで支払うメリット

公共料金をクレジットカードで支払うとどんなメリットがあるの?

公共料金をクレジットカードで支払うと、以下の3つのメリットがあります。

1つずつ詳しく解説します。

ポイントが貯まる

公共料金をクレジットカードで支払う最大のメリットは、ポイントが貯まることです。

口座振替や現金ではポイントはたまらないので、クレジットカードだけの特別なメリットと言えます。

例えば還元率1%のクレジットカードで支払った場合、10,000円につき100円分のポイントが貯まります。

電気代やガス代など、毎月必ず支払う公共料金で1%のポイントが貯まれば、その分節約効果も高まるでしょう。

還元率が高いクレジットカードの方がお得だよ!

払い忘れを防げる

クレジットカードには、払い忘れるのを防ぐ効果もあります。

口座振替にしていて、うっかり残高不足で引き落としできないと慌ててしまいますよね。

口座残高の確認をついつい忘れちゃうこと、あるよね。

クレジットカードはカード会社が立て替えて支払ってくれるため、口座の残高がなくても払い忘れることはありませんよ。

利用分が翌月まとめて引き落とされるため、資金の計画も立てやすくなります。

忙しくて口座の残高を確認できない人も、公共料金はクレジットカード払いがおすすめです。

家族名義のカードで支払えることが多い

ふだんのお買い物をする時は、一般的に本人名義のクレジットカードに限られます。

ですが公共料金では、家族名義のクレジットカードを使えることが多いです。

契約人が夫でも、妻名義のクレジットカードで支払えることが多いワン!

また離れて暮らす家族や名字が違う場合でも、対応できる場合があります。

対応できるかは会社によって異なるため、まずはお使いのサービス提供会社に問い合わせてみましょう。

家族カードについては「楽天カードの家族カードはお得?ポイント付与やキャンペーン、メリットを解説」が参考になるのでご覧ください。

公共料金の支払いにおすすめのカード

公共料金をクレジットカードで支払う注意点

公共料金をクレジットカードで支払うメリットを紹介しましたが、注意しておきたい点も3つほどあります。

後で慌てないように、注意点もしっかり読んでおくワン!

公共料金で還元率が下がるカードがある

一部のクレジットカードでは、公共料金の支払いで還元率が下がってしまう場合もあります。

例として楽天カードの還元率は1%ですが、公共料金を支払うと0.2%まで下がってしまいます。

還元率が5分の1に落ちるんだね!

またカードによっては、公共料金が支払えるもののポイント還元の対象外という場合も。

お手持ちのカードが公共料金でポイント還元に対応しているか、公式サイトなどで確認することをおすすめします。

楽天カードのポイントについては「楽天カードのポイント還元率は?新規入会で8,000ポイントもらう方法も解説!」で詳しく解説しています。

地域によってはクレジットカード非対応

クレジットカードで支払える公共料金は増えましたが、全てのサービスには対応していません

電気代やガス代は多くの会社でクレジットカードが使えますが、水道代はカード決済に非対応の地域もあります。

タクシーやバスの公共料金も、現金で支払うことが多いよね。

支払いたい料金がカード決済に対応しているかは、サービス提供会社の公式サイトや、窓口などで確認できます。

引っ越しで住む地域が変わる人は、あらかじめカード決済に対応しているか調べておくと良いでしょう。

口座振替割引が使えない

水道光熱費などを口座振替で支払うと、口座振替として毎月55円(税込)値引きされるメリットがあります。

ですがクレジットカードで支払うと、毎月55円(税込)の口座振替割引は適用されません。

じゃあクレジットカード払いは損なの?

クレジットカードはポイントが貯まるから、絶対損とは言えないワン!

クレジットカード払いと口座振替のどちらがお得かは、支払う金額によって変わります。

還元率1%のクレジットカードで電気代を支払った場合、貯まるポイントは以下の通り。

電気代貯まるポイント
4,000円40ポイント
4,500円45ポイント
5,000円50ポイント
5,500円55ポイント
6,000円60ポイント
6,500円65ポイント

1ポイント1円とした場合、55円分のポイントを貯めるには、5500円以上の利用が必要です。

つまり毎月5,500円以上使う人なら、クレジットカードの方がお得という計算になります。

家族と一緒に住んでいる人なら、毎月5,500円以上使うよね。

口座振替割引は電気・ガス・水道それぞれで55円(税込)値引きされます。

今いくら支払っているか明細を確認し、5,500円超えていればクレジットカード払いがおすすめです。

コンビニで公共料金をクレジットカード払いできる?

コンビニに行って公共料金をクレジットカード払いできたら便利ですよね。

ですが残念ながら、コンビニでは公共料金のクレジットカード払いには対応していません。

食料品などを買う時はクレジットカード払いできますが、払込用紙の場合は、基本的に現金のみとなります。

じゃあ、振込用紙の人はポイントを貯められないの?

ほとんどのコンビニでは現金払いのみですが、例外としてセブンイレブンではnanaco決済にも対応しています。

nanacoに「セブンカード・プラス」でチャージすれば0.5%の還元もありお得です。

三井住友カードゴールドも日頃の買い物でお得なポイント還元率となっているので要チェックだワン!

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードまとめ

公共料金のクレジットカード払いについてよくわかった!

公共料金におすすめのクレジットカードと、メリットについて解説しました。

最後に今回の重要な点を3つにまとめます。

  • 公共料金に一番おすすめはJCB Wカード
  • 還元率が高く、持ちやすいカードを選ぼう
  • カードの種類によっては公共料金で還元率が下がる場合も

公共料金はクレジットカードがおすすめですが、口座振替割引が使えない注意点もあります。

月に5,500円以上支払う人なら、クレジットカードの方がお得です。

リクルートカードは通常の還元率が1.2%でとても高く、公共料金の支払いに最適です。

まだ持っていない人は、ぜひこの機会に作ってみてくださいね。

公共料金の支払いにおすすめのカード

友だち追加