【超カンタン解説】結婚費用はいつから貯金すればいい?費用や結婚資金の相場は?

約 5 分で読み終わります!

結婚費用

この記事は2019年4月22日公開の記事を更新したものです。


この記事の結論

  • 婚約から新婚旅行までには平均して488万円かかる
  • 実質的には約260万円を目安に結婚資金を準備する
  • 貯金プランは2ステップで考える

いきなりですが、あなたは結婚を考えていますか?

もしあなたが20代や30代で、「そろそろパートナーと結婚したい!」と思っているなら、きっとこんなことが頭によぎると思います。

「結婚って、色々お金がかかりそう…」

  • 婚約指輪
  • 結婚式
  • 新婚旅行
  • 新居

など、結婚には多くの出費が伴います。

結婚は一生に一度の宝物なんだから、お金の心配なんてしたくないよ!

ふたりの幸せのためにも、結婚にかかる費用相場や貯金をいつから始めるべきかを知っておくのは大切ですよね。

今回の記事では、まったく予備知識がない方でも安心して結婚の準備ができるように費用や貯金について解説していきます!

結婚費用は〇百万円かかる

最初に、結婚全体にかかる費用の平均を見ていきましょう。

ゼクシィが行なった結婚トレンド調査2018(以下、同調査)によると、婚約から新婚旅行までにかかった費用は300~500万円の割合が最も高く、首都圏平均は488万円でした。

結婚にかかった費用の割合
首都圏でのデータ

高い!高すぎる!
なんでこんなにお金がかかるの?

ありささんの謎をヒモ解くために、結婚費用の内訳を見てみましょう。

項目別結婚費用

同調査によると、最もお金がかかるのは挙式・披露宴・パーティの費用で、首都圏平均はなんと372.4万円でした。

挙式代は

  • 会場の規模
  • 招待する人数
  • 料理や装飾へのこだわり

などによって値段が変動してしまうので悩みますよね。

とはいっても、一生に一度の結婚式はできるだけ華やかに、思い出に残る式にしたいと思う方も多いはず!

もちろん!私は結婚式で後悔したくないもん!

でも、平均とはいえ488万円を準備するのは結構大変ですよね…

安心してください。実はこの金額にはある「落とし穴」があるんです。

結婚費用の落とし穴!

488万円と聞いて怖気づいているあなた!「ご祝儀」の存在を忘れていませんか?

一番お金がかかる挙式ですが、ご祝儀がもらえるので実質的な負担を考えると意外と少ないんですよ。

ズバリ、ご祝儀の首都圏平均は224.8万円

ということは、実質的には264万円(以下では約260万円とします)を目安に貯金ができればOKなんです!

実際、同調査によると「結婚費用のための夫婦の貯金総額」での首都圏平均は345.7万円となっており、割合を見てみると、100~300万円が最も多いです。

貯金額

では、結婚資金約260万円を準備するためのプランを一緒に考えていきましょう!

貯金プランは2ステップで立てよう!

貯金プランの考え方は意外とシンプルです。以下では2つのステップに分けてご説明します。

1.負担割合を決める

まずは260万円のうち、あなたとパートナーの間で負担割合を決めることが大切です。

50%ずつで130万円とするか、あなたが少し多めで70%の180万円とするかなど、負担割合によって貯金額は大幅に変わってきます。

決める際には、

  • あなたとパートナーの収入の差
  • (同棲しているなら)現在の生活費の負担割合

などを考慮して、パートナーとしっかりと話し合うようにしましょう。

パートナーの意見も聞いて、お互い不満のない形で割合を決めるようにしたいね。

2.目標と現状のギャップを認識する

負担割合が決まったら、目標と現状のギャップ(差額)を考えましょう。

例えば、あなたが180万円用意することになった場合、これから貯金する必要のある金額は「180万円ー現在の貯金額」となります。

ギャップを認識する

以上の2ステップに沿って考えてみると、意外と簡単に貯金プランを立てることができます。

結婚費用ってとても高額に見えるけど、ご祝儀代とかプランをちゃんと立てれば、意外と準備できそう!

このように、目標と現実のギャップから貯金プランを立てられるようになれば、結婚費用に関する不安はグーッと抑えられませんか?

お金の知識・正しい考え方を身に着ける「金融リテラシー」は結婚の準備にも役立つんです!

結婚「後」も視野に入れて!

貯金もバッチリできて、結婚式は大成功!
新婚旅行も楽しかった~

と思うのもつかの間、結婚後も、もちろんお金はかかります。

これ以外にも、出産費用子育て費用等を考えれば、将来的に多くの資金が必要となりますよね。

そこで最後に、貯金だけではないお金を増やしていく方法について簡単にご紹介します。

「資産形成」という選択肢

お金を増やす(資金準備)と聞くと、収入ー支出=貯蓄と考えてしまう方が多いと思います。

ですが、いろはに投資の他の記事でもお伝えしているように、貯蓄だけでなく「投資」という選択肢もありますし、人生100年時代では資産形成が重要になります。

なので、この機会にぜひ投資や資産形成についていろはに投資で勉強を始めてみてください!

また、結婚という大きな節目を迎えるにあたって、FP(ファイナンシャルプランナー)やIFA(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)に相談することもおすすめですよ。

Podcast(音声配信)

▼この記事に関連したPodcastも配信しています▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。