結婚費用はいつから貯めればいい?平均資金などお金のお悩みを解決

約 7 分で読み終わります!

結婚費用アイキャッチ

・結婚費用ってどのくらいかかるんだろう?
・どうやって準備すればいいか分からない…

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • 婚約から新婚旅行までの費用総額の平均は469.2万円
  • ご祝儀や親・親族からの支援で負担が減るケースがある
  • 結婚などのライフイベントに備えて資産形成をしておこう

人生のライフイベントの中でも「結婚」「出産」「住宅購入」は大きな出費を伴います。

各ライフイベントでどのくらいの費用が必要なのかを知ることで、人生設計がしやすくなりますよね。

そこで今回は「結婚」についての費用とその内訳、貯蓄の方法などを解説していきます。

一生に一度の結婚なんだから、しっかり準備したいね!

【平均】結婚費用はどのくらい必要?

結婚費用平均

さっそくですが、結婚に必要な費用についてご存知ですか?

ゼクシィの結婚トレンド調査2020によると、婚約や結納から新婚旅行までの平均的な費用は469.2万円でした。

ちなみに首都圏の平均は493.8万円だワン!

平均だけでなく、皆がどのくらいの費用をかけているのかも見てみましょう。

グラフから分かるように、300~600万円程度が多い印象ですね。

結構お金かかるんだね…

ご祝儀で負担が軽減

大変なように感じますが、ご祝儀の存在を忘れてはいけません。

同調査によると、ご祝儀総額の全国平均は227.8万円でした。

実質的な負担は平均241.4万円ということになるワン!

ただ、ご祝儀はあくまでも挙式の際に頂くものなので、あらかじめ準備するべき費用が減るというわけではありません。

他にも負担が軽減されるケースとしては「親や親族からの援助」があります。

実際に71.3%のカップルが結婚の際に、親や親族からの援助があったと回答しています。

援助総額の全国平均は192.4万円にもなり、ご祝儀と合わせると49万円が実質的な負担になる計算となります。

結婚費用の内訳【支払うタイミングも】

結婚費用の内訳と支払うタイミング

結婚の費用を抑えたい、もしくは予算の範囲内で盛大にやりたい!と思う方もいると思います。

そこで一度、平均的な結婚費用の内訳を把握しておきましょう。

「婚約」「結婚」「新婚旅行」など、支払うタイミングも異なるので注意が必要ですよ。

婚約にかかる費用

まず、婚約の時期にかかる費用について理解しておきましょう。

  • 仲人へのお礼:結納金の1割程度
  • 結納式:22.7万円
  • 両家の顔合わせ:6.5万円
  • 婚約指輪:35.7万円

※すべて全国平均で表記しています。

仲人へのお礼

全日本観光葬祭互助協会によると、仲人へのお礼は結納金の1割程度と言われています。

例えば結納金が50万円であれば、お礼は5万円となるんですね。

ちなみに結納金とは、結納の時に男性側から女性側に贈られる「結婚の準備金」のことを指します。

最近だと仲人を立てないカップルが多いみたいだワン!

結納式

ゼクシィの調査によると、結納式の平均的な費用は22.7万円でした。

しかし、結納の在り方には変化があるようです。

ハナユメ」のアンケートによると、約8割の人が結納をしていないようですよ。

結納でなくて、略式結納をする人もいるよ!

両家の顔合わせ

食事を含む両家の顔合わせは6.5万円が平均となっています。

料亭やレストラン、ホテルで行われるのが一般的です。

婚約指輪

婚約指輪の平均購入額は35.7万円となりました。

あれ?婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪は男性から女性への婚約を表す指輪のことで、結婚指輪は互いの結婚を証明する指輪のこと。

一般的な費用として「婚約指輪>結婚指輪」となる傾向がある

結婚にかかる費用

ここで言う「結婚」とは婚約を終えて、式を挙げることなどを指します。

  • 結婚指輪:25.1万円
  • 挙式・披露宴・パーティー:362.3万円

※すべて全国平均で表記しています。

結婚指輪

結婚指輪の全国平均は25.1万円でした。

婚約指輪よりは費用を抑えられるものの、決して軽い出費とは言えませんね。

挙式・披露宴・パーティー

結婚において最も大きい費用が、挙式・披露宴・パーティーになります。

なんと首都圏平均では、382.6万円となっているのです。

昨年よりも7.4万円ほど増加しており、増加傾向にあります。

ご祝儀は挙式のタイミングでいただけることが多いんだワン!

新婚旅行にかかる費用

全国平均では新婚旅行の費用は65.1万円でした。

これにプラスして、お土産代も全国平均では11.6万円となっています。

結婚資金はいつから貯める?

結婚資金はいつから貯める

これに関しては一概に「○○年前から準備をしましょう」とは言い切れません。

と言うのも、人によって結婚費用や元々ある貯蓄額、年収が異なるからです。

以下では結婚資金を貯めるための2ステップを用意したので、パートナーと一緒に考えてみてくださいね。

結婚資金を貯めるステップは意外とシンプルです。

  1. 負担割合を決める
  2. 目標と現実のギャップを認識する

負担割合を決める

結婚資金は2人だけで出す場合や両家から出す場合など、人によって様々です。

負担割合の決め方の例をいくつかご紹介します。

  • 招待した人数で割る
  • 夫婦間の収入の差で決める
  • 2人で結婚用の資金を貯める

稀に新郎・新婦のどちらか一方が全額負担するケースもあります。

僕の親の場合は挙式に読んだ人数で割ったらしいよ!

目標と現実のギャップを認識する

結婚資金に限らず、貯蓄をする際には「目標と現実のギャップを認識する」ことが重要です。

今回は結婚費用に対してのギャップを認識する方法を紹介します。

  1. 結婚に必要なお金を把握する
  2. 現時点で結婚に回せるお金を計算する
  3. 固定費や浪費を見直す
  4. 今後、いくら必要なのか把握する

ゼクシィの調査によると、結婚資金として夫婦でかなりの金額を貯金している方も多いようです。

9割以上の人が100万円以上貯金しており、半数以上の人が300万円以上貯金をしているようです。

結婚資金は余裕をもって貯めている人が多いんだね!

結婚資金を計画的に貯めたい方は、以下の例を参考にしてみてくださいね。

5年後までに結婚したい、同棲カップル

目標貯金額:200万円
現在の貯金額:50万円
⇒150万円を追加で貯める。

150万円÷60ヵ月(5年)=2.5万円ずつ、毎月貯金が必要。

毎月2人合計で2.5万円貯金:5年後に結婚
毎月1人2.5万円ずつ貯金:2年半で結婚できる!

月に2.5万円を貯金するのであれば、固定費を見直すだけでも十分に効果がありますね。

また、結婚を機に保険を見直す方も多いようです。

2人の将来を見据えて、早めに保険のプロに相談するとコスト削減につながるかもしれません。

\無料で相談/

結婚「後」も視野に入れよう

結婚後も視野に入れる

婚約から新婚旅行までを終えて一安心したいところですが、まだ注意が必要です。

実は結婚後にも「新婚生活」や「出産」「育児」などのライフイベントがあります。

特に結婚後に同棲しようと考えている方は特に注意が必要だワン!

新婚生活にかかる費用は、引っ越しの有無によって大きく異なります。

例えば賃貸であれば、初期費用は家賃の4~5か月分かかると考えた方が良いでしょう。

加えて水道・ガス・光熱費などもかかるので、十分な資金が必要です。

エネワンでんき

資産形成も進めよう

結婚後の将来に備えて、貯金だけでなく、「お金を増やす」ための資産形成も重要になります。

NISAやつみたてNISAであれば節税にもなるので、長期の資産形成におすすめです。

例えば楽天証券であれば、お得な楽天ポイントを使って投資することもできます。

いきなり投資はハードル高いかも…

そんな方には、1円から企業に「融資」できるFundsもおすすめです。

Fundsでは企業にお金を貸すことで利息を定期的に受け取る仕組みのため、価格下落リスクを抑えることが可能です。

メルペイでも支払うことが出来るので、不用品を売ったお金で資産形成を進めることが出来ますよ。

結婚にまつわるお金【まとめ】

結婚費用まとめ

以上、結婚費用について解説してきました。

ここで一度、大事な3点を復習しましょう。

  • 婚約から新婚旅行までの費用総額の平均は469.2万円
  • ご祝儀や親・親族からの支援で負担が減るケースがある
  • 結婚などのライフイベントに備えて資産形成をしておこう

結婚の費用を考える際には結婚「後」についても考える必要があります。

ライフイベント毎にかかる費用を把握しておくもの大事だね!

いろはに投資では「出産費用」や「資産形成」などについても分かりやすく解説しているので、是非参考にして下さいね。

ぜひ今のうちから資産形成をして、ライフイベントに備えましょう。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。