仮想通貨ポリゴン(MATIC)とは?Polygonチェーンの将来性やマティックの買い方を解説

ポリゴン(MATIC)とは?

・ポリゴン(MATIC)ってどんな仮想通貨なんだろう?
・ポリゴンに今後の将来性があるのか知りたいな…
・MATICを買える取引所も知りたい。

このような悩みを解決します。


この記事の結論


ポリゴンは処理速度の速さと手数料の安さで人気のブロックチェーンです。
2021年の1年で価格が150倍以上に高騰しており、多くの投資家から注目を集めています。

今回は、ポリゴン(Polygon/MATIC)の特徴や将来性・買い方を解説します。

この記事を読めば、MATICの価格予想や購入できる取引所が分かるワン!

MATICの購入におすすめの取引所

  • SBIVCトレード おすすめ!
    公式サイト: https://www.sbivc.co.jp/
    Polygonチェーン上のMATICを日本初上場!NFT取引でMATICが必要な人におすすめ。
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    セキュリティに定評あり!安心感のある大手取引所を使いたい人におすすめ。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    仮想通貨の取引量No.1!板取引でMATICを買いたい人におすすめ。

目次

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは? 3つの特徴を解説

ポリゴン(MATIC)とは?
通貨名ポリゴン(Polygon/MATIC)
シンボルMATIC
主な取引所SBIVCトレードbitFlyerbitbank
現在の価格 約114円
発行枚数発行上限:100億枚
時価総額約1兆円
時価総額ランキング:10位
ツイッターhttps://twitter.com/0xPolygon
Twitterフォロワー数:170万人以上
公式HPhttps://polygon.technology/
※2022年11月下旬時点

ポリゴン(Polygon)とは、イーサリアムブロックチェーンの課題解決を目指すレイヤー2(セカンドレイヤー)ソリューションです。

Polygonネットワーク上では仮想通貨MATICが用いられます。

用語解説

  • ブロックチェーン
    →偽造や改ざんが極めて難しい分散型のデータベース
  • イーサリアム
    →ブロックチェーン開発における主流のプラットフォーム
  • レイヤー2(セカンドレイヤー)
    →メインのブロックチェーンをサポートし、使いやすくする技術を指す
  • ソリューション
    →日本語で「問題を解決する」という意味の言葉

2017年のローンチ後はMATIC(マティック)と呼ばれていたよ。
2021年のリブランディングで名称がPolygon(ポリゴン)に変わり、通貨のシンボルとしてMATICが使われているんだ。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の主な特徴は以下の3つだワン!

イーサリアムのセカンドレイヤー

Polygon
出典:Polygon

Polygon(ポリゴン)はイーサリアムの 「スケーラビリティ問題」の解決を目指す、セカンドレイヤー(レイヤー2)ソリューションです。

イーサリアムのスケーラビリティ問題とは

  • 取引量の増加に伴うデータ処理の遅延を指す
  • 手数料の高騰や送金スピード低下が発生する
  • DeFiNFT市場の過熱とともに問題が深刻化

ソラナアバランチなどのブロックチェーン(レイヤー1)とは異なり、ポリゴンはイーサリアムの負荷を減らす役割を担っているよ。

処理能力が高く手数料が安い

ポリゴン(Polygon)はコンセンサスアルゴリズムにPoSを採用しており、高い処理能力を実現しています。

イーサリアムと比較して手数料が非常に安く、スピーディな取引が可能です。

用語解説

  • コンセンサスアルゴリズム
    →「合意の方法」という意味で、ブロックチェーンに取引を記録するための仕組み。PoWやPoSなどの種類がある
  • PoW
    ビットコインに採用されているアルゴリズム。セキュリティ面に優れるが消費電力量が多い
  • PoS
    →ブロック生成にかかる時間が安定する。イーサリアムは2022年にPoSに移行

取引速度を比較

  • ビットコイン
    →1秒あたり7件
  • イーサリアム
    →1秒あたり15件
  • ポリゴン
    →1秒あたり65,000件

Polygonはイーサリアムとの互換性を保ちつつ、ユーザーや開発者が利用しやすいチェーンを提供しているワン!

ディズニーなど大企業と協業

ポリゴンはディズニーの事業開発プログラムである「2022 Disney Accelerator」に選出されました。

デジタルグッズ開発におけるディズニーとの協業が発表されており、今後の展開に注目が集まっています。

ポリゴンネットワークは、インスタグラムやスターバックスのWeb3プロジェクトにも採用されているよ。

MATICの購入におすすめの取引所

  • SBIVCトレード おすすめ!
    公式サイト: https://www.sbivc.co.jp/
    Polygonチェーン上のMATICを日本初上場!NFT取引でMATICが必要な人におすすめ。
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    セキュリティに定評あり!安心感のある大手取引所を使いたい人におすすめ。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    仮想通貨の取引量No.1!板取引でMATICを買いたい人におすすめ。

仮想通貨MATIC(マティック)の価格推移

ポリゴン(MATIC)の価格推移

ポリゴン(MATIC)の今までの値動きが知りたいな。

ここからは、ポリゴン(MATIC)の価格推移をチャートで見ていくワン!

ポリゴン(MATIC)の全期間チャートを確認

ポリゴン(MATIC)の最高値は、2021年12月につけた328円台です。

仮想通貨市場の好況・不況に影響を受けながら価格推移しており、2021年の5月や年末に高騰しています。

MATICの年末価格

  • 2019年12月末:約1.6円
  • 2020年12月末:約1.9円
  • 2021年12月末:約290円

市場に活気が戻ってきたら、MATICの上昇も期待できるね。
買い時を逃さないようにチェックしておこう。

2021年までの値動き【チャート】

2021年の初頭に1.8円台をつけていたMATICは、仮想通貨市場の盛り上がりを追い風に価格を上昇させました。

5月に260円台に高騰し、夏場には一旦70円台まで下落したものの、12月には320円台まで爆上げしました

5月の主な出来事

  • DeFi利用者数の増加
    →DeFi市場の拡大とともにPolygonチェーンのユーザーが拡大
  • Google CloudがPolygonチェーンのデータに対応
    →Polygonのオンチェーンデータを分析・比較可能

11~12月の主な出来事

  • UniswapがPolygon採用
    →人気の高いDEX(分散型取引所)がマルチチェーンに対応
  • polygon zk day開催
    →イーサリアム共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏が登壇
  • DeFi・NFT市場の拡大
    →イーサリアムの手数料高騰に伴い、Polygonチェーンの需要増加

2021年初頭からの1年間で、150倍以上に価格が高騰したワン!

2022年の価格動向【チャート】

2022年の仮想通貨暴落Terraの崩壊・FTXの破綻騒動等)に影響を受け、MATICの価格は前年よりも大きく下落しています。

2022年の初頭は290円台でしたが、市況の悪さもあり6月には50円台を割り込みました。

2022年以降のニュースの中には、大型の資金調達成功やディズニーとの提携など、明るい話題もあったんだ。

11月には一時180円台に高騰しているワン。
投資家からの期待値が高い銘柄だワン!

MATICの購入におすすめの取引所

  • SBIVCトレード おすすめ!
    公式サイト: https://www.sbivc.co.jp/
    Polygonチェーン上のMATICを日本初上場!NFT取引でMATICが必要な人におすすめ。
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
    公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp/
    セキュリティに定評あり!安心感のある大手取引所を使いたい人におすすめ。
  • bitbank
    公式サイト:https://bitbank.cc/
    仮想通貨の取引量No.1!板取引でMATICを買いたい人におすすめ。

ポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性・今後の価格予想

ポリゴン(MATIC)の将来性

ポリゴン(MATIC)には、今後の将来性はあるのかな?

価格予想と合わせて、ポリゴン(MATIC)の将来性をチェックしてみるワン!

大企業とのさらなる提携に注目

ポリゴンは多数の大企業との提携が決まっており、今後のユースケース拡大に期待が集まっています。

ポリゴンと提携した企業・プロジェクト

  • ディズニー
    →「2022 Disney Accelerator」の6社のうちの1つにポリゴンを選出
  • インスタグラム
    →イーサリアム・ポリゴンのNFTを投稿できる機能を開発
  • スターバックス
    →NFTのデジタルスタンプを入手できるサービスにポリゴンネットワークを採用
  • eBay
    →米eコマース大手のNFTコレクションがポリゴンブロックチェーンを採用

2022年2月には、ソフトバンクなど複数の投資家から約520億円を調達しているよ。

多数のDApps開発が進んでいる

2022年8月時点で、ポリゴン上のDApps(分散型アプリ)37,000件を突破しました。

ポリゴンに関連したプロジェクト

  • Uniswap
    →ユーザー数の多いDEXがポリゴンチェーンに対応
  • Terra基盤のプロジェクトをサポート
    →48プロジェクトがTerraからポリゴンに移行
  • The Sandbox
    メタバース上の仮想土地(ランド)をイーサリアムメインネットからポリゴンに移行
  • マイクリプトヒーローズ
    →日本発のNFTゲームと戦略的パートナーシップを締結

ポリゴンに対応したWeb3スマホや、新たなL2ソリューション「zkEVM」の開発も進められているワン!

今後の価格は?ポリゴン(MATIC)の将来価格を予想

海外の仮想通貨価格予想サイトによる、ポリゴン(MATIC)の価格予想は以下の通りです。

今後の価格上昇を見込んだ、ポジティブな予想が出ています。

5年後(2027年)の価格予想

※2022年11月下旬の為替レートで計算

2022年11月下旬に約120円台だったポリゴン(MATIC)が、5年後には5~7倍に高騰するという価格予想が出ているよ。

あくまでも価格予想だから、プロジェクトや相場の状況をチェックして投資判断するワン!

【日本で買える】仮想通貨MATICの購入におすすめの国内取引所

MATICの購入におすすめの国内取引所

ポリゴン(MATIC)はどこで買えるのかな?

MATICを買える国内取引所を紹介するワン!

取引所評判特徴取引手数料入出金手数料送金手数料(BTC)最低取引額(BTC)取引所形式
SBIVCトレード評判を見る手数料が安い
NFTマーケットプレイスを手掛けている
アバランチエイダコインが買える
販売所:無料
取引所:Maker -0.01%/Taker 0.05%
無料無料販売所:0.0001BTC
取引所:0.000001BTC
あり
bitFlyer評判を見る 初めてのビットコイン購入におすすめ
仮想通貨の積立ができる
・Braveブラウザを連携できる
販売所:無料
取引所:約定数量×0.01~0.15%
入金:無料
出金:220円~770円
0.0004BTC販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
あり
bitbank評判を見る・取引量国内No.1
アルトコインの板取引に強い
アスター、ポリゴンを国内初上場
販売所:無料
取引所:Maker -0.02%/Taker 0.12% (一部銘柄を除く)
入金:無料
出金:550円/770円(3万円以上)
0.0006BTC販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
あり
2022年11月時点の特徴・手数料/右にスクロールできます

SBIVCトレード|ネイティブトークンのMATICを買える

SBIVCトレード公式

手数料の安い取引所を利用したい方にはSBIVCトレードがおすすめです。
入出金・送金手数料が無料となっており、コストを抑えて仮想通貨を購入できます。

また、SBIVCトレードはPolygonチェーンで使えるMATIC(ネイティブトークン)を国内で初上場しました。
NFTアート取引やDAppsなど、Polygonチェーンの利用予定がある方におすすめの取引所です。

MATICのネイティブトークンとは

  • ポリゴンネットワークで発行されたトークンで、ポリゴン上で利用できるトークンのこと
  • イーサリアム上で発行された「ERC-20」規格のMATICトークンは、ポリゴン上で活用できない
  • イーサリアム上のMATICをポリゴン上のMATICに交換するには、海外取引所やDeFiを利用する手間がかかる

MATIC対応の「SBI NFTマーケット」や「SBI Web3ウォレット」など、SBIグループはPolygonの様々な開発を進めているよ。

\ 手数料無料&人気銘柄が買える /

各種手数料が無料!海外で人気の銘柄も新規取り扱いスタート。
スマホから口座開設でき、アプリで簡単に取引が始められます。

bitFlyer(ビットフライヤー)|利用者の多い大手取引所

ビットフライヤーキャプチャ
取扱い銘柄(18銘柄)の詳細(クリックで開きます)

ユーザー数の多い取引所を使いたい方には、大手取引所のbitFlyerがおすすめです。
最新のセキュリティ技術を次々に導入し、業界最長の7年以上ハッキング被害0を継続しています。

3大メガバンクや大企業と提携して事業を展開しており、抜群の信頼性を誇る取引所です。

ビットコインの板取引(取引所形式)に強く、6年連続ビットコイン取引量No.1を達成しているワン!

※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

\限定タイアップ実施中/

bitFlyerの口座開設&暗号資産購入で、もれなく3,000円相当のビットコインをプレゼント!
2月28日までの期間限定タイアップキャンペーンです。

bitbank(ビットバンク)|板取引でMATICを買える

bitbank公式

本格トレードを始めたい方には、上級者に人気のbitbankがおすすめです。
仮想通貨の取引量国内No.1※を誇り、スマホアプリから快適な板取引ができます。

※2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

MATICの板取引に対応しているため、販売所スプレッドを避けてMATICを取引したい方におすすめです。

アバランチ(AVAX)やアスター(ASTR)など、人気アルトコインを多く扱っている取引所だよ。

\最短即日取引可能/

板取引でコストを削減!スマホで本格的なトレードが可能。
「スマホで本人確認」なら最短1日で取引開始できます。

仮想通貨MATIC(マティック)の買い方・購入方法

ポリゴン(MATIC)の買い方

ポリゴン(MATIC)の購入方法を詳しく知りたいな。

ネイティブトークンが買えるSBIVCトレードを例に、ポリゴン(MATIC)の買い方を紹介するワン!

SBIVCトレードで無料口座開設する

SBIVCトレード

まずはSBIVCトレードの公式サイトにアクセスし、無料口座開設を行います

口座開設の流れ

  • アカウント作成
    →メールアドレス・パスワードの登録
  • 電話番号認証
    →SMS認証・電話認証から選択
  • 基本情報を入力
    →名前・住所・出金先口座情報などを入力
  • 本人確認を行う
    →本人確認書類と顔写真を撮影して提出

「スマホでかんたん本人確認」を選べば、最短で翌営業日には口座が開設されるんだ。
無料登録は簡単だから、先に済ませておくといいよ。

開設された取引口座に日本円を入金する

SBIVCトレード

口座開設が完了したら、取引に使う日本円を入金します

アプリの入金方法

  • ホーム画面より「資産/入出金」を選択
  • 「JPY」→「日本円を入金」をタップ
  • 入金額と振込元の銀行を選択し、入金手続きを行う

SBIVCトレードでは、振込手数料無料のクイック入金に対応しているワン。
土・日・祝日を含めた24時間リアルタイムで即時入金できるワン!

ポリゴン(MATIC)を購入する

入金が反映されたら、ポリゴン(MATIC)を購入します

SBIVCトレードでのポリゴン(MATIC)の買い方

販売所を使った仮想通貨の買い方

  • ホーム画面より「販売所」をタップ
  • MATICをタップし、「買う」をタップ
  • 「今すぐ注文」「価格指定注文」を選択
  • 希望の数量を入力して注文する

スマホアプリを使えば、初心者でも簡単にMATICを買えるんだね!

ポリゴン(Polygon/MATIC)に関するQ&A

ポリゴン(MATIC)に関するQ&A

ポリゴン(MATIC)のよくある質問集をチェックしておきたいな。

Q&Aを確認して、ポリゴン(MATIC)購入の参考にするといいワン!

ポリゴン(MATIC)のステーキング方法は?

MATICの主なステーキング方法は以下の通りです。

MATICのステーキング方法

※期間に応じて変動。2022年11月時点

ステーキングとは、該当の仮想通貨を保有して利回りを得る仕組みだよ。
慣れていないなら取引所のステーキングサービスから始めてみよう。

ポリゴンネットワークに対応したMATICはどこで買える?

2022年11月下旬時点、ポリゴンネットワークで利用できるMATIC(ネイティブトークン)はSBIVCトレードで購入できます。

MATICのネイティブトークンが簡単に買えるため、ポリゴン上のNFT取引やDAppsの利用を考えているならSBIVCトレードを使うと便利です

MATICのネイティブトークンとは

  • ポリゴンネットワークで発行されたトークンで、ポリゴン上で利用できるトークンのこと
  • イーサリアム上で発行された「ERC-20」規格のMATICトークンは、ポリゴン上で活用できない
  • イーサリアム上のMATICをポリゴン上のMATICに交換するには、海外取引所やDeFiを利用する手間がかかる

これまでは海外取引所DEXを使わないと手に入らなかったネイティブトークンが、国内取引所で手軽に取引できるようになったワン!

ポリゴン(MATIC)の最新ニュースを確認する方法は?

ポリゴン(MATIC)に関する最新ニュースは、以下のサイトからチェックできます。

ポリゴン(MATIC)のニュースを確認できるサイト

翻訳機能を使いつつ、ポリゴン(MATIC)の最新ニュースを手に入れるワン!

ポリゴン(MATIC)は過去に何倍まで高騰した?

ポリゴン(MATIC)は2021年に大きな価格変動を見せました

ポリゴン(MATIC)の過去の値動き

  • 2021年4月から5月
    →1か月で約5倍
  • 2020年12月から2021年12月
    →1年で約160倍

2021年の始めには、MATICは2円前後で買えたんだね!

2021年の年末には320円台まで高騰して、今は大分落ち着いてきているよ。
今後の急騰にも期待したいね。

ポリゴン(MATIC)の現在価格は日本円でいくら?

MATICの価格情報

  • MATICの現在価格
    →上記リアルタイムデータを参照
  • MATICの最高値
    約328円(2021年12月)
  • MATICの最安値
    約0.4円(2019年5月)

※コインマーケットキャップ参考(データは2022年11月下旬時点)

ポリゴン(MATIC)が安いうちに、何枚か買っておくのも良いかもしれないね!

ガチホ(長期投資)デイトレード(短期投資)など、自分に合った投資手法で利益を狙うと良いワン!

【まとめ】ポリゴン(Polygon/MATIC)の将来性・買い方

ポリゴン(MATIC)まとめ

ポリゴン(MATIC)について、よく理解できたよ!

今回はポリゴン(MATIC)の特徴や今後の将来性、買い方について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントをまとめます。

  • ポリゴン(Polygon/MATIC)はイーサリアムの課題を解決するレイヤー2ソリューション
  • ディズニーやスターバックスなど、大企業との提携が進んでおり将来性が期待される
  • 取引所を比較した結果、MATICの購入におすすめなのはSBIVCトレード

MATICを購入する際は、ネイティブトークンが買えるSBIVCトレードなど用途に合った取引所に無料登録するのがおすすめです。

人気アルトコインのMATICを取引して、トレードやNFT売買による利益獲得を狙いましょう!

取引所への無料登録は5分ほどで終わるから、サクッと登録しておくワン!
早ければ即日~翌日には取引を始められるワン!

MATICの購入におすすめの取引所

LINEのバナー