【2022年最新】ポケットWiFiおすすめ6選!無制限で使えるものやレンタル可能なものまで徹底解説

2022年7月22日に更新しました。

ポケットWiFiおすすめ アイキャッチ

・ポケットWiFi、種類が多くて何が良いかわからない…
・ポケットWiFiの選び方や、おすすめがあれば教えて!

このような疑問にお答えします。


この記事の結論

  • ポケットWiFiには「WiMAX」「クラウドSIM」「キャリアSIM」の3種類がある
  • ポケットWiFiを選ぶなら、価格・データ量・速度の三拍子揃ったWiMAX
  • 月額最安級で使えて、乗り換えの際もお得な「Broad WiMAX」がおすすめ!
  • スマホのテザリングや、ポケットWiFiのレンタルを活用するのも一つの手

自宅はもちろん、どこでもWi-Fiを使うことができるのがポケットWiFiです。

テレワーク等、出先での仕事にも便利ですが、種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

せっかく契約するから、損はしたくないな…

この記事は、「そもそも、ポケットWiFiとは?」という内容をはじめ、ポケットWiFiの種類や失敗しない選び方まで徹底解説していきます。

本当におすすめできるポケットWiFiも紹介しますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

この記事でポケットWiFiの悩みが解消するワン!

初めての方におすすめできるポケットWiFi

ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは、その名の通りポケットにも入るくらいコンパクトなWi-Fiルーターです。

ルーターとはパソコンやスマホなどの端末をネットに繋げる機械のこと。

ポケット型WiFi図解

「各通信会社の基地局(アンテナ)から電波を受信し、その電波をお使いのスマホやパソコンに送信する」という役割をしています。

ポケットWiFiは、通信会社とスマホの中継役だね!

Wi-Fiを使用すれば、スマホのデータ消費をゼロにすることができますし、利用する回線によってはスマホのSIMよりも高速通信が可能です。

データ量を気にせずインターネットを楽しみたい人出先でも速度にストレスを感じることなく作業をしたい人などに、特におすすめのサービスと言えます。

ポケットWiFiのおすすめ6選

ポケットWiFiのおすすめ紹介

ここからは早速、おすすめのポケットWiFiを紹介していきます!

ポケットWiFi選びで難儀している方は、まずはこの中から検討してみてください。

①Broad WiMAX

Broad WiMAX公式
サービス名Broad WiMAX
月額料金初月~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
端末代21,780円
契約期間3年/2年
支払い方法口座振替、クレジットカード
プラスエリアモード無料
その他・他社解約金を最大19,000円負担
・乗換え違約金が無料になる「いつでも解約サポート」有
公式サイトhttps://wimax-broad.jp/lp/5g/

ポケットWiFiで特におすすめなのが、株式会社リンクライフが提供するWiMAXBroad WiMAXです。

「お客様サポート満足度」「WiMAX満足度」で4年連続1位を獲得しており、総契約者数は3,500万人にも及びます。

Broad WiMAXの特徴

Broad WiMAXは、業界最安級の月額で高速通信を楽しめる点が特徴です。

キャンペーンの一つである「月額割引」が非常に魅力的で、初月はなんと2,000円という安さでWiMAXを使うことができます

WiMAXの相場は月額4,000円程度だから、初月は半額で使えるんだね!

5G通信規格にも対応しているうえ、au回線に切り替え可能な「プラスエリアモード」も無料で利用でき、通信面も快適ですよ!

もし合わなかったら他社への乗換えサポートもついているため、初めてのポケットWiFiにピッタリだワン!

\月額最安級でWiMAX を使うなら/

より詳しくは「Broad WiMAXの評判・口コミは?キャンペーンや解約方法まで解説」をご覧ください。

②ChargeSPOT Wi-Fi(チャージスポットワイファイ)

チャージスポットwifi
サービス名ChargeSPOT Wi-Fi
月額料金100GB:3,608円(税込)
内訳:Wi-Fiプラン(3,247円)+ChargeSPOT1回(5日間)無料(360円)
Wi-Fiのみでの契約の場合:3,278円(税込)
端末代実質0円
契約期間2年契約
支払い方法クレジットカード
通信回線 ドコモ、au、ソフトバンク(各4G)
その他・コンビニでChargeSPOTを1回(5日間)無料でレンタル可
・大容量100GBで月額料金最安級
公式サイトhttps://mobile.bizplus.jp/chargespot-wifi/

ChargeSPOT Wi-Fi (チャージスポットWi-Fi)は、レンタル充電付きの大容量ポケットWiFiです。

1ヶ月に100GBが使えて税込3,608円という業界最安級の月額料金が設定されています。

大容量だからデータ残量を気にせず、かつお得な料金で使えるのは嬉しいね。

ChargeSPOT Wi-Fi の特徴

最も大きな特徴は、全国に30,000箇所以上設置されている、ChargeSPOT施設のモバイルバッテリーを1回(5日間)無料で使うことができる点です。

月額料金に含まれている360円(税込)で、モバイルバッテリーのレンタルが120時間未満(5日間)まで利用できるため、通常レンタル時の料金に比べて非常にお得です。

ChargeSPOT利用料金表

通常プランは24時間未満の利用で480円(税込)かかるから、ChargeSPOT Wi-Fiのプランがとてもお得なことがわかるワン。

外出先でポケットWiFiの充電が必要になった場合に、ChargeSPOT Wi-Fiなら困ることなく活用することができます。

3キャリア対応かつLTE高速通信だからサクサク、さらに100GBだからビデオ会議など仕事でたくさん使う方にもおすすめだよ!

契約月の基本料金は無料で、支払い方法や最低利用期間など定められています。

詳しくは公式サイトをチェックしてください。

\大容量&充電スポットが使える/

③Rakuten Wi-Fi Pocket

楽天モバイル公式画像
サービス名Rakuten Wi-Fi Pocket
月額料金~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
無制限:3,278円
端末代実質0円(楽天ポイント還元)
契約期間縛りなし
支払い方法口座振替、クレジットカード、楽天ポイント
通信回線楽天モバイルau(パートナー回線エリア)
その他・支払いで楽天ポイントが貯まる
・月額料金は使った分だけの従量課金制
公式サイトhttps://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルのSIMで使う「Rakuten Wi-Fi Pocket」は、キャリアSIM型ながら約3,000円という安さでデータを無制限に使えます

また従量課金制のため、データを使わなかった月は勝手に安くなるのも嬉しいポイントです。

3GB程度しか使わない場合、月々のWi-Fi代が1,000円になるんだね!

Rakuten Wi-Fi Pocketの特徴

Rakuten Wi-Fi Pocketの特徴は、やはりその価格の安さにあります。

楽天モバイル回線・au回線という安定したキャリア回線を使用できるにもかかわらず、月々3,000円でデータ使い放題は、非常に魅力的です。

申し込みでも、支払いでも楽天ポイントが貯まるよ。楽天経済圏の人には特におすすめ!

ただし、楽天モバイルはまだ日の浅いキャリアということもあり、対応エリアが狭い点に注意が必要です。

利用する際には、お住まいの地域が「楽天回線」「パートナー回線(au)」に対応しているかどうか、こちらから確認するようにしましょう。

\月額3,278円でデータ使い放題/

④GMOとくとくBB WiMAX

サービス名GMOとくとくBB WiMAX
月額料金初月~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
端末代0円
契約期間3年
支払い方法クレジットカード
プラスエリアモード無料
その他・最大41,000円キャッシュバック

GMOとくとくBB WiMAXは、Broad WiMAXと並んで人気のあるWiMAXです。

オリコン顧客満足度調査で2年連続No.1に選ばれた実績があり、総契約数は2000万を突破しています。

GMOとくとくBB WiMAXの特徴

GMOとくとくBB WiMAXの特徴は、各種キャンペーン・キャッシュバックを活用すると「WiMAX業界最安値」である点です。

Broad WiMAXをしのいで、さらにお得にWiMAXを使うことができます。

ただし、キャッシュバックの手続きが少しわかりづらく、もらい忘れている人も少なくないようだよ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、巷では「もらわせる気がない」と言われるほど難解と言われています。

業界最安値で使うためにはハードルが高いということを留意しておきましょう。

手続きの簡便さも重視するのであれば、Broad WiMAXの方がおすすめできるワン!

\キャッシュバック手続きも簡単/

⑤THE Wi-Fi

サービス名THE Wi-Fi
月額料金100GB:3,828円
端末代0円(レンタル)
契約期間2年
支払い方法クレジットカード
通信回線ドコモ、au、ソフトバンク(各4G)
その他・海外132か国で利用可能
・使い切ったらデータ補給可能

THE Wi-Fiは、クラウドSIMのポケットWiFiとして人気を集めている会社です。

100GBという制限はあるものの、WiMAXの相場より安い3,000円代から利用することができます

THE Wi-Fiの特徴

クラウドSIM全般の特徴でありますが「3回線全て利用可能」「海外での利用OK」は、利用者によってはかなり魅力的です。

中でも、THE Wi-Fiは全国132か国で利用可能と広範囲であるところがアドバンテージです。

海外旅行や海外出張が多い人は、いちいちSIMの差し替えをしなくて済むから便利だね。

さらに、THE Wi-Fiには「30日間のお試し期間」が設けられている点も特徴です。

クラウドSIMの使い心地が気になる方はもちろん、初めてポケットWiFiを使う方にも嬉しいサービスとなっています。

ただしお試し期間中に30GB以上使ってしまうと、無料で解約できなくなってしまうから気を付けるワン!

⑥Air Wi-Fi

サービス名Air Wi-Fi
月額料金100GB:3,278円
端末代0円(レンタル)
契約期間1年
支払い方法クレジットカード
通信回線ドコモ、au、ソフトバンク(各4G)
その他・1年ごとに無料解約可能
・30日間のお試しモニターあり

Air Wi-Fiは、100GB3,278円という他社を圧倒する安さのポケットWiFiを提供しています。

もちろんクラウドSIMとしての機能は全て揃っているため、価格重視の方におすすめです。

Air Wi-Fiの特徴

Air Wi-Fiは価格の安さはもちろんですが、契約関係の縛りが厳しくない点も魅力です。

他社では2年~3年の縛りが、Air Wi-Fiは1年と短くなっており、環境の変化に合わせて乗り換えていける手軽さがあります。

さらに月額330円のオプションをつければ、いつでも解約金無料にできるよ!

THE Wi-Fiと同じく、30日間のお試しモニターが用意されているのも嬉しいポイントです。

ポケットWiFiが気になったら、こういったお試しサービスを利用して気軽に試してみましょう。

THE Wi-Fiと違い、30日で返却する場合手数料が2,970円がかかる点には注意だワン!

ポケットWiFiの種類

ポケットWiFiの種類

ひとくちにポケットWiFiといっても、大きく分けて3つの種類があります。

以下にその種類と特徴を記載していますので、どれが自分に合っているかチェックして検討してみてください。

①WiMAX

WiMAXは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で無線通信規格の一つです。

日本でもKDDIのグループ会社であるUQコミュニケーションズをはじめとした業者が、WiMAXを使ったポケットWiFiのサービスを展開しています。

お手頃な価格で、データを無制限に使用できる点が魅力と言えます。

大体月額3,000~5,000円程度でデータ使い放題!スマホと比べてもずいぶん安いね。

次世代通信規格である「5G回線」にも対応しており、速度面でも優秀です。

②クラウドSIM型

クラウドSIM型とは、ポケットWiFiのルーターにSIMカードを刺さなくても通信が可能なタイプです。

特徴としては、中容量のデータながら、WiMAXよりも安い料金で使用できる点が挙げられます。

通常ならSIMによって使えるキャリアが決まっているものの、クラウドSIMならドコモ、au、ソフトバンクのどれでも利用することができます。

物理SIMが不要だから、海外での利用が可能なところも嬉しいね!

③キャリアSIM型

キャリアSIMは、名前の通り「大手3キャリアのSIMカードを使って通信するポケットWiFi」です。

キャリアの安定した回線を使える反面、WiMAXやクラウドSIMと比べると、月額料金やデータ量が物足りないのが難点です。

どうしても安定したキャリア回線を使いたいという人以外は、安くてデータも充実したWiMAX・クラウドSIMがおすすめだワン!

ただし、4つ目のキャリアとして名乗りをあげた「楽天モバイル」では、キャリアSIM型ながら格安のポケットWiFiを提供しています

使えるエリアがまだ狭かったり、速度が安定しなかったりとデメリットはあるものの、圧倒的な安さは検討する価値ありです。

楽天モバイルの約3,000円で実質データ無制限は魅力だね!

\キャンペーン実施中/

ポケットWiFiの選び方

ポケットWiFiの選び方

ポケットWiFi、たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない…

ポケットWiFiは非常に数が多いため、迷ってしまいがちかと思います。

せっかくの契約で損をしないためにも、ポケットWiFi選びで抑えておきたいポイントをまとめました!

上記4つさえ抑えれば、間違ったプランを契約してしまう可能性を最小限にできるワン!

①料金

ポケットWiFiは、少しの月額料金の差でも年額にすると大きな違いになることがあります。

そのため、まずは「できる限り安いところ」を基準に選ぶのがおすすめです。以下に、各ポケットWiFiの月額相場を記載します。

WiMAX クラウドSIM型 キャリアSIM型
月額料金(相場)3,000円~5,000円2,000円~3,000円7,000円~8,000円

上記の相場よりも高いポケットWiFiのサービスを契約すると、割高になるから気をつけよう。

②データ量

基本的に、各ポケットWiFiによって使えるデータ量は異なります

自分がどれくらいデータを使うかを考えて、適切なプランを探すことが重要です。

WiMAXクラウドSIM型キャリアSIM型
使えるデータ量実質無制限~100GB実質無制限

とにかくたっぷり使いたい人なら、データ無制限のWiMAXがおすすめです。

キャリアSIM型も無制限に使えますが、月額料金が倍以上します。

一方で「そこまでデータは使わないけど、出先で仕事をしたりすることもある」というライトな人は、クラウドSIM型が最適かと思います。

クラウドSIM型は20GB・50GB・100GBといったように、毎月のデータ量に合わせてプランを選べるのが便利だね。

③通信速度

ポケットWiFiの運営会社が何の回線を使っているかによって、通信速度は異なってきます。

各ポケットWiFiがどこの回線を使っているかは、確認しておくようにしましょう。

WiMAXクラウドSIM型キャリアSIM型
使用回線auMVNO※場所によるドコモ、au、ソフトバンク

クラウドSIMは、いわゆる「格安SIM」のような形式になるため、キャリア回線に比べると速度が出ない場合があります。

より安定した高速通信を求めるなら、キャリア回線を用いた「キャリアSIM型」や「WiMAX」を使うのがおすすめです。

価格の安さと速度のバランスがいいのはWiMAXだね。

④対応エリア

いくら月額を安く抑えたとしても、通信が繋がらなければ意味がありません。

お住まいの地域が、ご希望のポケットWiFiの対応エリアに対応しているかどうかは、要チェックです。

対応エリアは、ポケットWiFiを提供する各社のサイトで見ることができるよ。

特に後発の回線規格であるWiMAXは、まだ対応エリアが広くありません都内ならいいものの、地方在住の場合等は注意しましょう。

WiMAXは、au回線に切り替えられる「プラスエリアモード」が使えると、利用範囲がグッと広がるワン!

\ web申込みで初期費用無料 /

ポケットWiFiまで要らない人はテザリングがおすすめ

ポケットWiFiまでいらないひと

ポケットWiFiが便利なのは分かったけど、100GBとか無制限には使わないかなぁ…

データ大容量のポケットWiFiは便利ですが「元が取れないかも…」と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合は、テザリング機能を利用してスマホをポケットWiFiとして利用するのもおすすめです!

スマホやらポケットWiFiやら、端末をたくさん持ち歩く必要がないのはいいね!

中でもおすすめなのが、ドコモから出ている格安プラン「ahamo」です。

ドコモのキャリア回線なので速度が安定していることはもちろん、月額2,980円で20GBものデータを使うことができます

データ不足が心配な方は、1,980円のオプションを使えば100GBに増量も可能なので安心だワン!

月額を払って新しくポケットWiFiを契約することに抵抗のある方は、スマホのプランをahamoに変えて、テザリングを利用するのがおすすめですよ!

\キャリア回線で速度も快適/

口コミや評判を知りたい方は「【評判】ahamo(アハモ)はデメリットが多い?口コミやメリットを元におすすめの人を徹底解説」を読んでみてください。

ポケットWiFiのレンタルも活用しよう

ポケットWiFiのレンタルも活用

ポケットWiFi、速度面やエリア面を確認してから契約したいんだけど…

ポケットWiFiは、地域によっては速度が出なかったり、最悪繋がらなかったりする可能性もあります。

事前に使い心地を試してみたい場合には、ポケットWiFiのレンタルサービスを利用してみましょう

ポケットWiFiは、会社によっては最短1日からレンタルすることができるよ!

今回紹介した中では、レンタルプランのある「GMOとくとくBB WiMAX」、お試し期間が設けられている「THE Wi-Fi」「Air Wi-Fi」あたりが便利かと思います。

レンタルできるところは他にもあるから、いろいろ調べてみるのをおすすめするワン!

ポケットWiFiの良し悪しを実際に体感してみて、自分にはポケットWiFiが合っているのか、テザリングで十分なのか等、見極めてみましょう。

ポケットWiFiに関するよくある質問

ポケットWiFiに関するよくある質問

ここでは、ポケットWiFiに関するよくある質問をまとめました。

契約をする前に、疑問点・不明点はすべて解消しておくようにしよう。

ポケットWiFiを契約するなら店舗・ネットどちらがおすすめ?

ポケットWiFiの契約は、ネットから行うのが断然おすすめです。

なぜなら「ネットから申し込んだ場合にしか適用されない割引」を用意している会社が非常に多いからです。

例えば今回紹介したBroad WiMAXは、ネット申し込みで初期手数料2万円以上がタダになるよ!

最近では、コスト削減のためにネット契約のみで対応しているところも少なくありません。

わざわざ店舗に足を運ぶ必要もなく便利ですので、ポケットWiFiはネットで申し込むようにしましょう。

ポケットWiFiのうち、口座振替ができるものは?

クレジットカードが使えない人もいるだろうから、口座振替が選択できると便利だね。

今回紹介したポケットWiFiのうち、口座振替に対応しているのは以下の2つです。

ただし口座振替に対応していても、会社によってはクレジットカード支払いの方がお得になる場合があります。

口座振替にすることで損はしないかをよく確認し、可能であればクレジットカード払いを選択するのがおすすめです。

Broad WiMAXは、クレジット払いを選択しないと初期費用割引キャンペーンの対象外になってしまうワン!

データ完全無制限のポケットWiFiはある?

WiMAXは2022年2月以降、3日で15GBの制限がなくなり、データが無制限で使えるようになったよ!

クラウドSIM型や一部キャリアSIM型は使えるデータ量が決まっています。

ゲームや動画視聴で、毎月データをたっぷり使いたい!という方はWiMAXを選ぶのがおすすめです。

今回紹介したポケットWiFiのうち、データ完全無制限で使えるのは以下の2つです。

データ無制限は「5Gが使える新プランのみ」である点に注意!加えてプラスエリアモードにはまだ3日15GBの制限があるワン!

【まとめ】ポケットWiFiおすすめ6選

まとめ ポケットWiFiおすすめ

自分にぴったりのポケットWiFiが見つかったよ!

ポケットWiFiについて、選び方やおすすめの商品など、詳しく解説してきました。

最後に、この記事の内容を4点にまとめます。


この記事の結論

  • ポケットWiFiには「WiMAX」「クラウドSIM」「キャリアSIM」の3種類がある
  • ポケットWiFiを選ぶなら、価格・データ量・速度の三拍子揃ったWiMAXが良い
  • 月額最安級で使えて、乗り換えの際もお得な「Broad WiMAX」がおすすめ!
  • スマホのテザリングや、ポケットWiFiのレンタルを活用するのも一つの手

ポケットWiFiは数多く存在するため、選び方を間違うと相場以上の金額を請求されたり、そもそも繋がらなかったりという問題がおきかねません

この記事で紹介したポイントを参考に、ぜひ自分に合ったポケットWiFiを探してみてください。

迷ったら、業界最安値級でサポートも手厚いBroad WiMAXを検討してみましょう!

もし合わなかった場合でも、乗換え違約金が0円になるオプションが無料付帯するため安心ですよ。

工事不要ですぐに使えるのでおすすめだワン!

\初めてのポケットWiFiを選ぶなら/

友だち追加