ポンタ(Ponta×au)のポイント投資はおすすめ?メリット・デメリットや効率の良い貯め方を解説!

・Pontaポイント投資ってなに?
・Pontaポイント投資の攻略方法を知りたい!

このようなお悩みを解決します。


この記事の結論

  • Pontaポイント投資は気軽に投資体験できるサービス
  • 投資に関する知識を付けられるので、これから資産運用していく方におススメ
  • クレジットカードでPontaポイントを効率よく貯めるのがコツ

Pontaポイント投資とは、貯まったPontaポイントを利用して気軽に投資できるサービスです。

現金だと一歩が踏み出せない投資でも、ポイント投資なら始められると思っている方もいるでしょう。

今回はPontaポイント投資の概要や攻略するコツ、おすすめの投資方法を分かりやすくご紹介します。

結論:Pontaポイントで投資するなら

  • auカブコム証券会社
    公式サイト:https://kabu.com/
    au PAYカードとの組み合わせでPontaポイントが貯まる!高機能な取引ツールもあり、学習コンテンツが豊富です。
  • SBI証券
    公式サイト:https://www.sbisec.co.jp/ETGate
    口座開設でPontaポイント100円分プレゼント!ネット証券の中でも人気のある証券会社です。

Ponta(auも可)のポイント投資とは?

Pontaポイント投資とは、ポイントを使って投資体験ができるサービスです。

ポイント投資だから、現金はいらないんだね!

Pontaポイントを使って投資ができる証券会社の口座開設を行えば誰でも簡単に始められます。

後から紹介するSBI証券やauカブコム証券がおススメだワン!

ポイント投資では、保有ポイントだけで投資をできたり、現金と併用して買い付け代金の一部にポイントを充てたりできます。

また、分配金・配当金や売却代金は現金で受け取ります。

ポイントで投資できて現金がもらえるのは魅力的だね!

Pontaでポイント投資するメリット

ここからはPontaポイントを使って投資するメリットについて解説します。

以下で詳しく解説します。

①気軽に始められる

貯まったPontaポイントを使って投資信託を購入できます。

現金を必要としないため、気軽に投資体験できることがPontaポイント投資の最大のメリットです。

現金じゃないから気軽に投資を始められる!

\口座開設で100Pontaポイントもらえる/

②Pontaポイントを貯められるサービスが多数ある

Pontaポイントを貯められるサービスが多数あることもメリットです。

確かに、気付いたらPontaポイントが貯まっていることがあるね!

当たり前ですが、ポイント投資をする上で必要不可欠なのが「ポイント」ですよね。

魅力的な投資先があったとしてもポイントが貯めにくいと、投資できない状況になります。

しかし、Pontaポイントは以下のような場面で貯められます。

  • 飲食店等の利用時にポイントカードを提示
  • リクルートカードau PAYカード決済
  • ホットペッパー各種で予約
  • じゃらんなどで旅行予約
  • au PAYマーケットなどでネットショッピング

普段使っているサービスでポイントを貯められるワン!

③投資に関する知識が得られる

ポイント投資をする前は株や投資信託と言われてもピンとこなかった方でも、実際に投資をしてみると自然に興味が湧くでしょう。

利益や損失が出ると、なぜそうなったのか気になるよね。

気になったことを自ら調べることで、自然と投資について勉強することになります

そのため、Pontaポイント投資を資産運用の入り口としても利用できるのです。

また、Pontaポイント投資ができるauカブコム証券の口座を開設すると、豊富な投資情報が読めるサービスもあります。

過去セミナーや最新のマーケット情報を見れるんだって!

こういった面からも、投資に関する知識を得られやすいと言えますね。

\Pontaポイント投資をするなら/

Pontaでポイント投資するデメリット

ここからはPontaポイントを使って投資するデメリットについて解説します。

以下で詳しく解説します。

①積立でのポイント使用はできない

Pontaポイントを使った投資では、「毎月〇日に〇円分の投資信託を買う」という積立投資はできませんので、注意しましょう。

同じく、つみたてNISAにもPontaポイントは使えないので、注意してくださいね。

でも、つみたてNISAもしたいなぁ…

つみたてNISA」の場合、ポイント投資は出来ませんが、ポイントが貯まるクレカ積立は可能です。

クレカ積立ってどんなもの?

クレカ積立とは、クレジットカードで毎月投資信託を積立購入できる制度です。

SBI証券やauカブコム証券の口座を保有している人が対象のクレジットカードで積立投資をすると、ポイントが付与されます。

貯まったポイントは株式や投資信託(金額買付)への投資にも利用できます

お得に投資するならクレカ積立がおすすめだワン!

②Pontaポイントがマイナスになる可能性がある

ポイント投資で購入できる投資信託を購入した場合、当初の購入代金を下回ってしまう「元本割れ」を起こすリスクもあります。

資産運用は自己責任となるため、もし損失が出たとしても補償はもらえません。

元本割れを避けるには、どうしたら良い?

投資に絶対はないため損失を100%避けるのは不可能ですが、ドルコスト平均法を使って「長期的に投資」することで運用成果の振れ幅が小さくなり、元本割れのリスクは減らせます

日々の相場変動に慌てないのが重要だワン!

③大きな利益を得にくい

Pontaポイント投資では大きな利益を上げることは難しいでしょう。

投資に対して短期間で大儲けできる印象を持つ人もいますが、そのような投資はハイリスクなため、初心者が参入しても損失を出す可能性が高いです。

確かにFXとかはリスクが高いって聞くもんね…。

まずは少額から投資を始めてみようと考えている人にとっては、Pontaのポイント投資が強い味方になってくれますよ。

Pontaポイントを効率よく貯める方法

Pontaポイントを効率よく貯めたい!

Pontaポイントを効率よく貯める方法は大きく分けて、以下の2つです。

それぞれの攻略方法について見ていきましょう。

①クレジットカードを活用する【au PAYカード】

効率よくPontaポイントを貯めたいという場合には、「au PAYカード」や「リクルートカード」を利用すると良いでしょう。

どっちがいいの?

それぞれのカードの特徴は以下の通りです。

au PAYカード

auPayカード
項目内容
年会費無料(条件あり)
還元率1%
貯まるポイントPontaポイント
ブランドVISA/Mastercard
スマホ決済Apple Pay
追加カード家族カード(年会費無料)
ETCカード(発行費税込1,100円)
公式サイトhttps://www.kddi-fs.com/

au PAYカードは年会費無料で、100円(税込)につき1円分のPontaポイントが貯まります。

Pontaポイントの加盟店はとても多く、貯まったポイントの使い道に困ることもありませんよ。

Pontaポイントはローソンやケンタッキーなどで使えるよ!

今au PAYカードに加入すると、最大で10,000ポイントもらえるキャンペーンを開催しています。

期間中にau PAYカードに新規加入し、以下の条件を満たした人が対象です。

条件還元ポイント対象となる利用期間
au PAYカードからau PAYにチャージ5%還元(最大3,500ポイント)入会月を含む2ヶ月間
ショッピングで利用する5%還元(最大3,500ポイント)入会月を含む2ヶ月間
公共料金支払いまたはETCカード発行&利用3,000ポイント入会月を含む6ヶ月間
合計10,000ポイント

入会月を含む2ヶ月以内にau PAYチャージとショッピング利用で5%還元され、それぞれ最大3,500ポイントまで付与されます。

au PAYとショッピング、それぞれ最大7万円までの利用が対象だワン!

さらに対象の公共料金支払い、またはETCカード発行&利用で3,000ポイントもらえ、全部で10,000ポイントです。

達成できそうな人は、参加してみましょう。

\最大10,000Pontaポイントプレゼント/

au PAYカードについて詳しく知りたい方は「au PAYカードのメリット・デメリットは?年会費やキャンペーン、審査についても徹底解説」の記事を参考にしてみてください。

リクルートカード

リクルートカードの画像
リクルートカード 公式サイトより

リクルートカードの特徴は以下の通りです。

項目内容
年会費無料
国際ブランドMasterCard/VISA/JCB
基本還元率1.2%
たまるポイントリクルートポイント
追加カード家族カード・ETCカード
付帯保険ショッピング保険・旅行保険
締め日・引き落とし日15日締め・翌月10日払い
キャンペーン・新規入会で1,000ポイント
・初めての利用で3,000ポイント
・携帯料金の支払いで4,000ポイント
詳細https://recruit-card.jp/

リクルートカードは、年会費が永年無料のクレジットカードです。

基本還元率は1.2%あり、年会費無料のカードの中では追加カードや付帯保険も充実しているため、メインカードとして利用するにもバッチリです。

10,000円の買い物で、120円のポイントが貯まるんだ!

また、リクルートカードでは、新規入会と利用で最大6,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

リクルートカードの新規入会キャンペーン

  1. 新規入会で1,000ポイント
  2. 初めての利用で1,000ポイント
  3. 携帯料金の支払いで4,000ポイント

利用金額に条件はないので、上記3つの条件さえ満たせばOKです。

意外と簡単だね!

また、今回の新規入会キャンペーンの対象はJCBでの発行が条件なので、注意しましょう。

\最大6,000円相当のポイント/

リクルートカード新規入会+利用で、最大6,000円相当のポイントをプレゼント!
年会費は永年無料で、1.2%の高還元率です。

リクルートカードについて詳しく知りたい方は「【2022】リクルートカードは高還元率!評判やメリット・デメリット・ポイント付与について紹介」の記事を参考にしてみてください。

②SBI証券のメインポイントにする

投資信託や国内株式、金・プラチナ・銀などの商品を取引すると、Pontaポイントを貯めることができます。

項目内容
国内株式手数料マイレージ(国内株式現物取引)スタンダードプラン手数料及び現物PTS取引手数料の月間の合計手数料の1.1%相当のPontaポイント
投信マイレージ(投資信託保有残高)「SBIプレミアムチョイス銘柄」の場合: 対象投資信託の月間平均保有額が
・1,000万円未満のお客様に年率0.15%相当のPontaポイント
・1,000万円以上のお客様に年率0.25%相当のPontaポイント

「通常銘柄」の場合:対象投資信託の月間平均保有額が
・1,000万円未満のお客様に年率0.1%相当のPontaポイント
・1,000万円以上のお客様に年率0.2%相当のPontaポイント
※一部のファンドは0.1%未満の付与率。
金・銀・プラチナマイレージ(金・銀・プラチナ取引)スポット取引手数料、および積立買付手数料の月間合計手数料の1.0%相当のPontaポイント
新規口座開設一律100Pontaポイント
国内株式入庫1回の移管入庫につき100Pontaポイント
※異名義からの移管は対象外。
※同一日における複数銘柄及び複数証券会社からの入庫は、1回として計算。

SBI証券なら新規口座開設の際に100Pをもらえるので、 その100Pでポイント投資をすれば、実質タダで投資にチャレンジできますよ。

\投資を始めるなら/

まだ証券口座を持っていない方は、いろはに投資の調査でも人気No.1だったSBI証券がおススメです。

国内株式は1日100万円まで手数料無料、S&P500連動の投資信託やETFも買付手数料無料で投資が出来ます。

Pontaのポイント投資でおススメの証券会社

Pontaポイントが使えるおススメの証券会社を教えてほしい!

ここでは、以下2つの証券会社を紹介します。

以下で詳しく解説します。

auカブコム証券

aupayカード投資信託積立

auカブコム証券×au PAYカードのクレカ積立は、au PAY カード決済による投資信託の積立を行うことができます

毎月積立で買付された投資信託の約定金額に応じて1%のPontaポイントが還元されます。

Pontaポイントを貯めている人はお得だね!

auカブコム証券はMUFGグループのため、取り扱い商品も豊富に取り揃えています。

  • 国内株式(現物・信用)
  • 海外株式(米国株)
  • 投資信託(つみたてNISA対応)
  • プチ株(1株から投資)
  • ポイント投資(Pontaポイント)

一日定額コースなら、100万円以下の国内現物・信用株式の手数料は0円だよ!

\Pontaポイント投資をするなら/

SBI証券

SBI証券

SBI証券は「いろはに投資の独自調査」で人気No.1の証券会社であり、「業界最大手」の1社です。

手数料は楽天証券と比較しても安く、1日100万円以内の取引であれば手数料は0円です。

SBI証券と楽天証券の手数料比較

スタンダードプラン(SBI)・超割コース(楽天)

1回ごとの取引金額で取引手数料が決まる。
SBI証券は手数料の月間合計金額1.1%相当が、楽天証券は1%相当がポイントバックされる。

1回の取引金額SBI楽天
5万円まで55円55円
10万円まで99円
99円
20万円まで115円115円
50万円まで275円275円
100万円まで535円535円

アクティブプラン(SBI)・いちにち定額コース(楽天)

現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まる。
手数料ゼロ円から投資が出来る。

1日の取引金額合計SBI楽天
100万円まで0円0円
200万円まで1,278円2,200円
300万円まで1,718円3,300円
以降、100万円増えるごと440円追加1,100円追加

口座開設するだけでPontaポイントが100ポイントもらえます。

このポイントをそのまま投資に使えば、実質タダで投資にチャレンジできるので、おすすめです。

もらったポイントだからマイナスになっても落ち着いていられるね!

\投資を始めるなら/

まだ証券口座を持っていない方は、いろはに投資の調査でも人気No.1だったSBI証券がおススメです。

国内株式は1日100万円まで手数料無料、S&P500連動の投資信託やETFも買付手数料無料で投資が出来ます。

Pontaのポイント運用とポイント投資の違いは?

ポイント投資と似たものに、「ポイント運用」というものがあります。

ポイント投資とポイント運用の違いを簡単に説明すると、以下の通りです。

ポイント投資ポイント運用
特徴ポイントを使って株式や投資信託を購入でき、利益は現金で受け取れる保有しているポイントのまま運用するため、利益を現金として受け取ることは出来ない
証券会社口座開設が必要口座開設は不要

ポイント運用は、ポイントを増やすのが目的ってことね!

ポイント運用では、実際の株式や投資信託の値動きに合わせてポイントが増減するため、投資の疑似体験ができます

また、証券口座を開設する必要が無いため手間がかかりません。

投資未経験者はポイント運用、少し慣れてきたらポイント投資がおすすめだワン!

Pontaのポイント投資とは【まとめ】

Pontaのポイント投資についてよく分かったよ!

この記事ではPontaポイントを使って投資するメリット・デメリットやおススメの証券会社まで詳しく解説しました。

最後に重要なポイントをまとめます。

  • Pontaポイント投資は気軽に投資体験できるサービス
  • 投資に関する知識を付けられるので、これから資産運用していく方におススメ
  • クレジットカードでPontaポイントを効率よく貯めるのがコツ

Pontaのポイント投資なら、投資初心者でも気軽に資産運用を開始できます。

投資を始めたいけど、実際に現金を使って投資するのは怖い方は、口座開設で100ポイント獲得でき、そのポイントをそのまま投資に使えるSBI証券でスタートしてみてはいかがでしょうか?

\投資を始めるなら/

まだ証券口座を持っていない方は、いろはに投資の調査でも人気No.1だったSBI証券がおススメです。

国内株式は1日100万円まで手数料無料、S&P500連動の投資信託やETFも買付手数料無料で投資が出来ます。