楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)の評価は?利回りや分配金も解説

約 9 分で読み終わります!

楽天全米株式インデックスファンドのアイキャッチ

・楽天・全米株式インデックス・ファンドは投資に向いている?
・評価や利回りを総合的に判断して決めたいな。

このようなお悩みを解決します。


本記事の結論

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドはおすすめの投資信託!
  • 米国株を幅広くカバーしているのが魅力
  • 利回りの面でも優秀なインデックスファンド

米国株式に投資できる投資信託の中でも、人気を集めているのが「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)」です。

とはいえ実際に投資して失敗しないかどうか、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は投資初心者から上級者までおすすめです。

今回は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の基本情報、さらに本ファンドの魅力や利回りの真実も解き明かします。

\最短5分で口座開設できる/

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)とは?

楽天・全米株式インデックス・ファンドとは

「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)」とは、楽天投信投資顧問が運用しているインデックスファンドです。

基本情報は以下の通り。

商品名楽天・全米株式インデックス・ファンド
商品分類追加型投信/海外/株式/インデックス型
連動指数CRSP USトータル・マーケット・インデックス
設定日2017/9/29
決算日年1回:7/15(休業日の場合は翌営業日)
管理費用0.162%
iDeCo
つみたてNISA
分配金×
為替ヘッジ×

米国大手のバンガード社が運用​する、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を主な投資対象としていて、本ファンドに投資した際の資金の流れは以下の通りです。

楽天全米株式インデックスファンドの仕組み

複雑そうに見えますが、投資家は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を買うだけで米国株式に投資できるのです。

自力でドルへ両替し、バンガード社のETFを買う手間が省けるのは大きなメリットと言えますね。

インデックスファンドとは

そもそもインデックスファンドって何だっけ?

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXといった“指数”との連動を目指す投資信託です。

つまり指数が上昇すればインデックスファンドは値上がりしますし、逆に下降すれば値下がりするということ。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」はCRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動しています。

米国株式市場に上場する約4,000銘柄を網羅した指数だワン!

バンガード社とは

バンガード社のETFを買い付けるらしいけど、どんな会社なのかな?

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が投資対象とするETFを取り扱うバンガード社は、世界最大級の運用会社として有名です。

バンガード社の特徴は低コストな点であり、全ファンドの加重平均経費率は2019年12月末時点で0.1%となっています。

世界のオープンエンド・インデックスファンドの市場シェアの約4割を握っている点からも、安心して投資が可能です。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの評価は?

楽天全米株式インデックスファンドの評価

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の評価はかなり高いと言えます。

米国株の成長は今後も期待できますし、なにより楽天グループの商品ということで信頼性も十分です。

でも自分でアメリカのETFを買い付けてもいいんでしょ?

と考える人もいるかもしれませんが、自力でETFを購入するのは下記のような理由から手間がかかってしまいます。

  • 少額でETFを購入できない(最低数万円必要)
  • アメリカ市場の取引時間* に買い付ける必要がある

*日本時間の23:30〜翌朝6:00/サマータイム時は日本時間の22:30〜翌朝5:00

投資信託であれば少額(100円)から分散投資でき、夜間以外でも気軽に注文できる点を考えると、さほど手数料は高く感じないはずです。

つみたてNISAやiDeCoで長期投資する際に、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は投資候補の1つとしておススメできます。

楽天・全米株式インデックス・ファンド3つの魅力

楽天全米株式インデックスファンドの魅力

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の魅力としては、以下の3つです。

  • 米国株を広くカバー
  • iDeCoやつみたてNISAに対応
  • 信託報酬が安い

それぞれ順に見ていきましょう。

①米国株を広くカバー

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を利用するだけで、アメリカのほぼ全ての企業に投資ができます。

投資先のCRSP USトータル・マーケット・インデックスは、米国の大型株から中・小型株まで幅広く対応。

米国大型株の動向を示す株式指数”S&P500″と銘柄数を比べても、以下の通り断トツで多いですね。

楽天全米株式インデックスファンドの銘柄数

投資をする際には”分散投資”が大切なので、4,000銘柄に投資できるのは魅力的ですね。

②iDeCoやつみたてNISAに対応

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は節税効果で投資効率をグッと高められる、iDeCoやつみたてNISAに対応しています。

そもそもiDeCoやつみたてNISAの対象商品は金融庁が定めているので、本ファンドに対する信頼は高いと言えるでしょう。

iDeCoとつみたてNISA、どっちが良いのかな?

と迷っている方は、以下の判断基準を参考にしてみてくださいね。

  • 老後の資金を積み立てたい
    iDeCoがおすすめ
  • 10年~20年後のために積み立てたい
    つみたてNISAがおすすめ

③信託報酬が安い

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は信託報酬の安さでも人気があります。

信託報酬とは運用時にかかる手数料のようなもので、費用としては以下の通り。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの信託報酬:0.162%

→楽天証券で2番目に安い手数料(1位はS&P500のみ対象)

インデックスファンドは機械的な運用が可能なため、投資信託の中でも信託報酬は格安です。

本ファンドが対応している銘柄のカバー率を見ても、コストパフォーマンスはかなり良いと言えますね。

\最短5分で口座開設できる/

楽天証券

楽天・全米株式インデックス・ファンドの注意点

楽天全米株式インデックスファンドの注意点

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の注意点としては、米国市場への投資に偏ってしまうことです。

米国株は成長率も高くて魅力的ですが、現在の傾向が永続するとは限りません。

未来は完ペキに予想できないし、安定したリターンが得られるとも限らないもんね…。

とはいえ世界的に有名な企業はアメリカに集中していますし、投資のバランスが大きく崩れることはないでしょう。

それでも偏りが不安であれば、全世界インデックスファンドに投資するのがより安全ですね。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの投資対象銘柄

楽天全米株式インデックスファンドの投資対象

ところで、このファンドはどんな企業に投資しているの?

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の投資対象で、保有銘柄の上位10社をチェックしてみましょう。

2021年2月26日現在の組入銘柄は以下の通りです。

楽天全米株式インデックスファンドの銘柄

IT大手のアップルやマイクロソフトなど、世界的にも有名な企業がズラッと並んでいます。

上記以外にも中小企業を含めた、米国の約4,000銘柄に投資していると考えればOKですよ。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの利回り

楽天全米株式インデックスファンドの利回り

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の利回り(リターン)は、長期的に見て上昇していると言えます。

以下のグラフは2018年4月から2021年4月まで、過去3年分の値動きを表したグラフです。

楽天全米株式インデックスファンドの利回り
楽天証券から引用

2020年のコロナショックにて値を大きく下げましたが、それ以降は安定して上昇傾向が続いています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 米国株式はどっちがおすすめ?

楽天全米株式インデックスファンドとS&P500

eMAXIS Slim 米国株式とも似てるようだけど、ズバリどっちがおすすめ?

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と近いファンドに、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)があります。

それぞれの違いについて、以下にまとめました。

楽天全米株式インデックスファンドの比較

どちらも米国株を対象に投資する点において共通ですが、投資先の銘柄数に大きく違いが見られます。

それぞれおすすめしたい人の特徴を挙げると、以下の通り。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

  • 大型株だけでなく小型株にも投資したい
  • 業種の偏りをなるべく抑えたい

eMAXIS Slim 米国株式

  • 大手企業に集中して投資したい
  • 手数料を少しでも安くしたい

長期的なリターンを見れば大きな違いはないため、最終的には重視したい基準によって選ぶのが良いでしょう。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの評価:まとめ

楽天全米株式インデックスファンドのまとめ

さっそく「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を利用してみよう!

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の評価を中心に説明してきました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドはおすすめの投資信託!
  • 米国株を幅広くカバーしているのが魅力
  • 利回りの面でも優秀なインデックスファンド

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、長期的に見て大きなリターンが見込めるため、人気の投資信託です。

少額での購入も可能なので、アメリカ株に投資しようとお考えの方はぜひ活用してみましょう。

\最短5分で口座開設できる/

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

Podcast

いろはに投資の「ながら学習」 毎週月・水・金に更新しています。

※本記事は2021年4月17日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意志決定はご自身の判断にてお願い致します。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)の評価は?利回りや分配金も解説” に対して1件のコメントがあります。

  1. ささつつ より:

    楽天・全米株式インデックス・ファンドの成長率と米国物価上昇率は比例しているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。