仮想通貨SafePal(SFP)とは?ウォレットの特徴・将来性や買い方を紹介

仮想通貨SafePalとは

・SafePalってどんな仮想通貨なの?
・今後SafePalが値上がりするのか知りたいな…

このようなお悩みを解説します。


この記事の結論

  • SafePalは仮想通貨ウォレットを開発するプロジェクト
  • SafePalを持っていると、SafePalウォレットでさまざまな特典が受けられる
  • SafePalを購入するならBinanceがおすすめ

仮想通貨SafePalは、世界最大級の取引所であるBinanceから出資を受けているプロジェクトです。

スマホでDeFiサービスを操作できる利便性に注目が集まっています。

今回は、仮想通貨SafePalの特徴や将来性、買い方について分かりやすく解説します。

この記事を読めば、なぜSafePalの将来性が期待されているのかが分かるワン!

\1,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に1,500円相当のビットコインをプレゼント!
9月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

仮想通貨SafePal(SFP)とは?

仮想通貨SafePal(SFP)とは
通貨名SafePal(セーフパル)
ティッカーシンボルSFP
取扱取引所Binance・Bybit・Gato.io
時価総額¥7,175,783,806
ツイッターフォロワー数49万人以上
公式HPhttps://www.safepal.io/
※2022年5月10日時点

仮想通貨SafePalとは、SafePal(セーフパル)プロジェクトが発行している独自トークンのことです。

SafePalは仮想通貨ウォレットサービスを開発しており、スマホアプリ版のウォレットハードウォレットを提供しています。

ハードウォレットって何だろう?

仮想通貨を管理する専用デバイスだよ。SafePalのハードウォレットはカード型なんだ。

仮想通貨SafePal(SFP)の特徴

仮想通貨SafePal(SFP)の特徴

SafePalの特徴を知りたい!

SafePalの特徴は以下の3つです。

  1. 多機能のウォレットを提供
  2. SafePal上のガバナンストークン
  3. エアドロップなどの特典が受けられる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

多機能のウォレットを提供

SafePalのスマホアプリ(ソフトウェアウォレット)は、アプリ内でさまざまな操作が可能です。

  1. 仮想通貨の保管・送金・取引
  2. クレジットカードを使った仮想通貨の購入
  3. NFTの売買
  4. DeFi(管理者のいない金融機関)の利用
  5. ステーキング(仮想通貨を保有して利回りを得るサービス)の利用

SafePalウォレットでできることは、こんなにたくさんあるんだね!

SafePalウォレットの大きなメリットは、DeFiを利用できる点です。スワップ(仮想通貨の交換)やイールドファーミング(利回りを得る)など、スマホ上で操作が完結します。

一方、ハードウォレット(SafePal S1)の特徴は以下の通りです。

  1. ネットワークに接続していないため、セキュリティ性能が高い
  2. デバイス自体に液晶画面がついており、トークンの移動に利用できる
  3. 6,000~7,000円程度で購入できる

詐欺やハッキング、取引所の倒産などのリスクから仮想通貨を守れるワン!

SafePal上のガバナンストークン

仮想通貨SafePal(SFP)は、ガバナンストークンとしての機能を持っています。

ガバナンストークンって何だろう?

ガバナンストークンを持っていると、プロジェクト運営に関する投票に参加できるよ。

仮想通貨SafePalの保有者には、運営(ガバナンス)に参加する権利が与えられます。提案に賛成・反対するだけでなく、自分から提案もできます。

多くの人がSafePalの運営に貢献すれば、SafePalの価値向上につながるワン!

エアドロップなどの特典が受けられる

SafePalウォレット内で仮想通貨SafePalを保有していると、さまざまな特典が受けられます。

  1. エアドロップ…トークンやNFTの配布を受け取れる
  2. 割引特典…ハードウォレットの購入や取引手数料に対する割引が受けられる
  3. ボーナスプログラム…キャンペーン期間中に条件を満たすとSFPがもらえる

SafePal Walletを利用するなら、SFPは持っておきたい仮想通貨だね。

SafePal(SFP)の価格推移

仮想通貨SafePal(SFP)の価格推移

SafePalは、これまでにどんな値動きをしてきたのかな?

ここからは、SafePalのチャートを期間ごとに見ていきましょう。

SafePalの全期間チャートを確認

SafePal_chart0
出典:TradingView

仮想通貨SafePalは2021年の上場直後と、2021年10月頃に価格が高騰しました。

2021年11月以降は下落傾向に移ります。2022年3月~4月には値動きがやや落ち着き、堅調な推移を見せています。

SFPの最高値はBinance上場直後で、約4ドルをつけたワン!

2022年4月中旬時点では、約0.8ドル(約100円)台を推移しているよ。時価総額ランキングでは400位台につけているんだ。

2021年までの値動き【チャート】

SafePal_chart2
出典:CoinMarketCap

SafePalは2021年2月にBinanceに上場しました。IEO前後で価格が約19倍まで跳ね上がっています。

IEOは、新規通貨の先行販売のことだよ。BinanceのIEOは高騰すると評判で、SFPにも注目が集まったんだよ。

その後、3月は順調に上昇したものの、5月にはビットコイン暴落に連動する形で下落しています。

2021年10月は仮想通貨市場が全体的に上げ相場を迎え、SFPの価格も一気に上昇しました。

11月の価格調整後、市場の停滞に引きずられる形でSFPも下落したんだワン!

2022年の価格動向【チャート】

SafePal_chart3
出典:CoinMarketCap

2021年の終わりから2022年初頭にかけて、仮想通貨市場は全体的に冷え込みを見せました。

SFPも下げ相場の影響を受け、2022年2月には一時0.6ドル前後まで価格を下げています。

3月には一時1.3ドル前後まで回復したんだ。今後のさらなる上昇に期待しよう。

仮想通貨SafePal(SFP)の将来性・今後の価格予想

仮想通貨SafePal(SFP)の将来性・今後の価格予想

SafePalの将来性や価格予想が知りたいな。

ここからは、SafePalの今後の将来性について見ていきましょう。

  1. DeFiの人気に伴う需要の増加
  2. 競合のハードウォレットとの差別化
  3. どこまで上がる?SafePalの価格予想

DeFiの人気に伴う需要の増加

スマホ版のSafePalウォレットは、DeFiを利用できる点が高く評価されています。

DeFiは中央管理者のいない金融サービスのことで、収益性の高さが魅力だよ。

SafePalウォレットを使えば、いつでもどこでもDeFiにアクセス可能です。今後のDeFi市場の成長とともに、SafePalウォレット利用者の増加が期待できます。

SafePalウォレットが広まれば、仮想通貨SFPの価値も上がりそうだね!

競合のハードウォレットとの差別化

SafePalのハードウォレットは、仮想通貨SFPを発行している点に特色があります。

独自トークンによって、競合のハードウォレットとは違ったマーケティング戦略が可能です。

次世代型ハードウォレットとして、SafePalのハードウォレットとスマホアプリをセットで使う人が増えるかもしれないね。

Binanceから出資を受けている点も、SafePalの信頼性につながっているワン!

どこまで上がる?SafePalの価格予想

2022年以降のSafePalはいくらまで上がるのかな?

海外の仮想通貨価格予想サイトによる、仮想通貨SafePalの価格予想は以下の通りです。

※2022年4月中旬の為替レートで計算

2022年に約0.8ドル(約100円)だったSafePalが、5年後には2~8倍に上昇するという予測がされているよ。

将来性に期待して、今後も注目したい仮想通貨だワン!

\2,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!
6月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

SafePalウォレットの使い方

SafePalウォレットの使い方

SafePalウォレットはどうやって使うのかな?

ここからは、SafePalウォレットの利用方法を紹介します。

スマホ版セーフパルウォレット

スマホ版のセーフパルウォレットは、IOS版とAndroid版に対応しています。

アプリをダウンロードして、パスワードやニーモニックフレーズの設定を行えば、アカウントを作成できます。

ニーモニックフレーズとは、ウォレットの鍵のような役割を持つよ。
必ずメモに書き留めて厳重に保管しよう。

他人に絶対教えてはいけないワン!

スマホ版のセーフパルウォレットは、以下の機能を持っています。

  1. MetaMaskをインポートできる
  2. 30種類以上のチェーンに対応
  3. 1万以上のトークンに対応

Binanceと同じ操作感だから、Binanceを使っている人はすぐに慣れるワン!

ハードウォレット

SafePal S1ハードウォレットには液晶画面がついており、表示されるQRコードをスマホで読み取って設定を行います。

  1. ハードウォレットとスマホの認証を行う
  2. 液晶画面に表示される秘密鍵を書き留める
  3. パスワードを設定し、アカウントを作成する
  4. スマホアプリとの連携を行う

以上の流れで導入できます。

SafePal S1ハードウォレットは、Wi-fiやUSBなどの接続はできないんだね。

スマホアプリとQRコードを使って、仮想通貨を出し入れするんだワン!

SafePalウォレットの注意点

SafePalウォレットの注意点

SafePalウォレットには、リスクやデメリットはないのかな?

ここからは、SafePalウォレットを使う際の注意点を紹介します。

  1. PC版のアプリがない
  2. ハードウォレットの購入方法に注意
  3. Binanceアカウントとの同期はできない

PC版のアプリがない

SafePalウォレットはiPhone版・Android版には対応していますが、PC版は未対応です。

そのため、パソコン上でウォレット管理を行いたい方には物足りないかもしれません。

自宅で仮想通貨の取引や情報収集をする時は、パソコンが便利だよね。

PC版のSafePalウォレットのリリースに期待しているワン!

ハードウォレットの購入方法に注意

SafePalのハードウォレットは、必ずSafePalの公式サイトから購入してください。

ネットショップやフリマアプリなどに出品されているハードウォレットは、秘密鍵の情報が抜かれている可能性があります。

ハードウォレットは、秘密鍵が漏れていると資産の流出に直結するよ。

詐欺商品を買わないように、必ず公式サイトで購入するワン!

Binanceアカウントとの同期はできない

SafePalウォレットは、Binance上の既存アカウントの同期はできません

SafePalウォレットで新たにアカウントを作成し、連携した上で資産を移す必要があります。

Binanceのマーケット機能が使えるのは便利だけど、Binanceでの残高がそのまま反映される訳ではないんだね。

仮想通貨SafePal(SFP)の買い方の手順

仮想通貨SafePal(SFP)の買い方の手順

仮想通貨SFPは、海外取引所で購入するか、SafePalウォレットを使って購入できるワン!

SFPの値上がり益を狙うだけなら、SafePalウォレットを準備しなくてもいいんだね。

ここからは、海外取引所を使った仮想通貨SFPの買い方を紹介します。

国内大手取引所の「Coincheck」や、世界最大級の取引所「Binance」は、利用者が多くて使いやすいよ。

今回は、ビットコインを購入して送金する方法になるワン!Binanceで取引できる通貨ならビットコイン以外でもOKだワン!

Coincheckで無料口座開設する

コインチェック

海外取引所を利用する際は、国内取引所から送金用の仮想通貨を送る必要があります

海外取引所では、日本円を使った取引はできないんだね。

まずはCoincheckの公式サイトにアクセスし、無料口座開設を行いましょう。

口座開設は5分ほどで終わる内容です。運転免許証かマイナンバーカードがあれば、本人確認作業もスマホ内で完結します。

登録を先に済ませて、口座開設の通知が届くのを待つといいよ。

\2,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!
6月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

Coincheckでビットコインを購入する

Coincheck_BTC

新規開設した取引口座に日本円を入金すれば、仮想通貨を購入できます

  1. ウォレットの「入金」から日本円の入金に進む
  2. 指定の銀行口座に入金する
  3. 入金反映後、ビットコインを購入する

3種類の入金方法のうち、銀行振込は手数料無料だよ。

送金用の仮想通貨は、ビットコインを使うとスムーズに取引できるワン!

Binanceで無料口座開設する

Binance
出典:Binance

いよいよSFPの買い方だね!

次に、仮想通貨SafePal(SFP)を購入するBinanceの口座を開設します。

Binanceは日本語に対応しており、英語が苦手な人も利用しやすい取引所です。

Coincheckの口座開設と同じ流れで簡単に開設できます。

ただし、海外取引所は日本の金融庁からの認可が下りていないんだ。利用は自己責任で行おう。

Binanceにビットコインを送金する

Coincheck_send

Binanceの口座が開設されたら、Coincheckで用意したビットコインを送金しましょう。

  1. Binanceの「ウォレット」にアクセスし、ビットコインの入金アドレスを取得する
  2. Coincheckの「暗号資産の送金」にアクセスし、Binanceの入金アドレスを登録する
  3. ビットコインの送金額を入力し、Binanceに送金する

登録先の内容に間違いがあると、ビットコインが無くなる恐れがあるワン!気をつけるワン!

①、②の入金アドレスの間違いがないか複数回確認するよ!

BinanceでSafePalを購入する

Binance_SFPBTC
出典:Binance Spot

Binanceにビットコインが着金したら、SafePalを購入します。

なお、Binanceではビットコインを使ってSafePalを購入できるので、USDTなど別の通貨に換金する必要はありません。

手軽にトレードをしたい場合は「コンバート」、手数料を抑えたいなら「現物」というように、取引方法を使い分けるといいよ。

海外取引所での取引は、余剰資金(減っても生活に影響が出ない資金)で行うのが鉄則!リスク管理を徹底するワン!

より詳しく知りたい場合は「【画像解説】バイナンスでの仮想通貨の買い方|登録・入金方法・使い方を紹介」の解説記事を読んでみてください。

【まとめ】仮想通貨SafePal(SFP)とは

まとめ 仮想通貨SafePal(SFP)

SafePalについて、よく理解できたよ!

今回は仮想通貨SafePal(SFP)の特徴や将来性、買い方について解説しました。

最後に、この記事の重要なポイントを復習します。

  1. SafePalは仮想通貨ウォレットを開発するプロジェクト
  2. SafePalを持っていると、SafePalウォレットでさまざまな特典が受けられる
  3. SafePalの購入には海外取引所へ通貨の送金が必要

仮想通貨SafePalを購入する際は、国内大手取引所のCoincheckと、世界最大級の取引所であるBinanceの利用がおすすめです。

利用者数が多く、取引しやすいシステムが整っているワン!

SafePalの買い時を逃さないように、CoincheckとBinanceの無料口座開設を行っておきましょう!

\1,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に1,500円相当のビットコインをプレゼント!
9月30日までの期間限定キャンペーンなので、口座開設はお早めに。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加