SBI証券で口座開設・初期設定する流れを解説|スタンダードプランとアクティブプランの違いは?

約 8 分で読み終わります!

口座開設

※21年8月2日に更新しました。


この記事の結論

  • SBI証券での口座開設はたった3ステップ!
  • スタンダードプランは1回の注文金額で手数料が変わる
  • アクティブプランは1日の合計注文金額で手数料が変わる

投資に興味はあるものの、「手続きがめんどくさそう」と思って口座を持っていない人も多いですよね。

そこで今回は、実際にいろはに投資編集メンバーがSBI証券の口座開設をしてみました。

ちなみに、SBI証券は「【投資家100人が選ぶ】本当におすすめしたい証券会社ランキング2021」で1位の証券会社です。

\特報/

現在、SBI証券が口座開設数600万人突破キャンペーンを実施中です。

  • 未成年口座の現物手数料毎月1万円まで実質0円
  • ハイブリッド預金の受取利息が100倍に!(10月16日まで)
  • クレカ積立の利用で最大3%分のVポイントプレゼント(12月10日まで)

など、お得なキャンペーンが目白押しです。

SBI証券 口座開設の手順

口座開設手順はたった3つしかありません。

そんなに少ないの!?

  1. 必要事項の入力
  2. 本人確認
  3. 初期設定

順番に確認していきましょう。

①必要事項の入力

まず、初めにSBI証券の口座開設サイトにアクセスし、「口座開設」を押すと、メールアドレスを入力する画面に切り替わります。

そこで、自分のメールアドレスを入力します。

入力すると、打ち込んだメールアドレスに認証コードが届くので、そのコードを以下のような画面に打ち込みます。

認証コードの画面
SBI証券 口座開設画面より

「次へ」を押し、次に進みます。

ここから画面に従って、必要事項を記入していきます。

記載内容は以下の5つになります。

  1. 居住地国(日本だけか、日本以外にもあるか)
  2. お客様の情報(名前、生年月日、性別など)
  3. 口座種別の選択(納税方法の選択とNISAの選択)
  4. 住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択
  5. SBI証券Tポイントサービス(SBI証券での取引にTポイント付与を希望するかどうか)

1,2,5は簡単だけど、3と4はよく分からないなぁ。

3の口座種別の選択は、本記事後半で詳しく説明します。

4は、「開設しようとしている証券口座とは別に、新たな銀行口座を作りませんか」という選択肢です。

証券口座は銀行口座と紐づけてお金を運用していくため、SBI証券と互換性のある住信SBIネット銀行口座も開設すると便利ですよ。

②本人確認

必要事項の入力が完了すると、規約の確認、入力内容の確認を行います。

「電子交付サービス等の種類及び方式」や「お客様の個人情報の利用目的」などを確認するんだワン!

規約の確認と入力内容の確認が済んだら、本人確認に移ります。

本人確認ですが、以下の図のようにマイナンバーカードがあればそれだけで完了してしまいます。

本人確認

マイナンバーカードが無い場合は、マイナンバー通知カードと本人確認書類を送ることで完了します。

本人確認書類として使えるものには、運転免許証、各種健康保険証などがあります。

そして最後に「本人確認方法」で、提出書類と本人が一致するかを確認します。

何度も確認するんだね!

「自分の顔をその場で撮影」か「銀行と連動させる」のどちらかを選ぶことになります。

銀行との連動で確認を取る際は、銀行のパスワードや銀行番号が必要となるので事前に用意しましょう。

③初期設定

口座開設最後の段階です。

ここでは口座の初期設定を行います。

  1. お客様情報の入力(メールアドレス、国籍、職業、世帯主との続柄、インサイダー登録)
  2. 振込先金融機関口座登録
  3. 投資に関するご質問(国内株式手数料プラン、配当金受領方法について、アンケート)
  4. ご登録内容の確認

①のインサイダーとは、自分の取引先や勤め先の内部情報を使って株の売買をすることです。

インサイダー取引は違法だから、予め勤め先を確認する必要があるんだワン!

③の国内株式手数料プランについては、次の章で詳しく解説します。

配当金受領方法は、指定した金融機関で配当金を受け取る従来方式か、証券口座で受け取る方法か、いずれかを選択できます。

NISAを使う場合、後者のやり方にすることで配当金を非課税にすることができます。

最後のアンケートでは、投資理由などについて選択式の問いがいくつか用意されています。

これで口座開設の手続きが完了しました。

手数料プラン・口座の種類

口座開設時には、以下のように様々な選択肢が用意されています。

  • スタンダードプラン
  • アクティブプラン
  • 特定口座
  • NISA口座

それぞれの違いを解説をしていきますね。

スタンダードプランとアクティブプランの違い

まず初めに決める必要があるのが「スタンダードプラン」か「アクティブプラン」のどちらを選ぶかということです。

手数料、どのくらい違うのかな?

先に結論を言ってしまうと、1日100万円以上注文する方はスタンダードプラン、100万円未満の方はアクティブプランがおすすめです。

詳しく見ていきましょう。

スタンダードプラン

注文する金額(約定)毎に手数料が決まるプラン。

  • ~5万円:55円
  • ~10万円:99円
  • ~20万円:115円
  • ~50万円:275円 など(上限:1,070円)

アクティブプラン

1日の約定代金に応じて手数料が決まるプラン。

  • ~100万円:0円
  • ~200万円:1,278円

※以降100万円増えるごとに手数料440円増加。

0円のアクティブプランの方が良いのかな?

例えば、1日で50万円・40万円・20万円の注文を一回ずつ出して、計120万円約定したとしましょう。

スタンダードプランの場合:275円+275円+115円=665円の手数料

アクティブプランの場合:1,278円の手数料

この通り、1日の約定金額が100万円を超えてしまう場合にはスタンダードプランの方がお得になります。

ただ、投資初心者の方で1日100万円未満の注文しかしない方であれば、アクティブプランの方がお得ですね。

プランの詳細はSBI証券のサイトをご覧ください。

SBI証券

特定口座とは?

次に確認しておきたいのが特定口座についてです。

特定口座とは納税申告を簡易にしてくれる口座のことを指します。

特定口座と確定申告

上図のように、特定口座ではなく一般口座の場合、「取引計算書」などの書類を基に自分で確定申告を行う必要が出てきます。

確定申告とは1年間の所得にかかる税金を計算し、納税署に申告、納税する手続きのことを言うんだワン!

特定口座を選んで源泉徴収を選択すれば、SBI証券が税金を自動的に天引きしてくれるため、確定申告を行う必要が無くなるのです。

納税の申告って難しそうだから、しなくて済むなんてお得なサービスだね!

※源泉徴収ありの特定口座でも、希望すれば自分で確定申告するように変更することも可能です。

また、似た言葉に「特定管理口座」という言葉もあります。

これは、投資先の国内株式が上場廃止になったとき、特定管理口座へ該当株式を移管することができるものです。

特定管理口座に登録している銘柄で損失が生まれた際、確定申告を通じてその損失を譲渡損として扱うことができます。

この譲渡損益は無課税かつ3年間まで繰り越すことができるのです。

今年100万円の譲渡損を計上して、翌年100万円の利益が上がった場合、利益は相殺されて税金がかからないんだワン!

\特報/

現在、SBI証券が口座開設数600万人突破キャンペーンを実施中です。

  • 未成年口座の現物手数料毎月1万円まで実質0円
  • ハイブリッド預金の受取利息が100倍に!(10月16日まで)
  • クレカ積立の利用で最大3%分のVポイントプレゼント(12月10日まで)

など、お得なキャンペーンが目白押しです。

NISA口座は開くべき?

NISA口座では、株や投資信託で得た利益・配当金を非課税にすることができます。

そのため、活用した方が良い口座です。

NISAについては以下の記事で詳細を解説していますので、是非ご覧ください。

SBI証券

SBI証券のクチコミ

いろはに投資では、2021年5月2日~5月9日にアンケート調査を実施しました。

今回はアンケート結果より、SBI証券に対するクチコミをご紹介致します。

20代 男性

楽天より操作性は少し下がるが機能の豊富さはここが一番。米株の貸株サービスのカストックや住信SBIを利用した手数料を抑えた両替など外国株をやりたいならここが一番。

40代 女性

見やすい、使いやすい、手数料が安い

40代 男性

SBI証券は圧倒的な商品ラインナップの多さと手数料の安さ。

60歳以上 男性

ネットで全ての必要な取引が完結でき、対面の煩わしさがない。手数料が安い。種々の情報へのアクセス、ツールが充実している。関連銀行との連携も便利である。

SBI証券 口座開設・初期設定の方法まとめ

以上、SBI証券の口座開設方法や迷いやすい初期設定(手数料プランや口座種類)について解説致しました。

最後に、本記事のまとめ3点を確認しておきましょう。

  • SBI証券での口座開設はたった3ステップ!
  • スタンダードプランは1回の注文金額で手数料が変わる
  • アクティブプランは1日の合計注文金額で手数料が変わる

SBI証券ではお得なキャンペーンも実施中なので、口座開設は早めにするのが良いかもしれないですね。

※本記事は2020年6月16日時点の情報を元に口座開設手順を解説しています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事のクチコミに使用したアンケートは、2021年5月2日~5月9日にブリッジサロンおよびいろはに投資のユーザーに対して実施したアンケートの結果より引用しています。回答者数は101名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。