【SDGsとは?】各国のSDGsへの取り組み、ESGとの違いを解説

約 7 分で読み終わります!

SDGsとは

この記事の結論

  • SDGsとは「持続可能な開発目標」のこと
  • 日本はSDGsの達成度ランキング17位
  • SDGsは「目標」、ESGは「手段」

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals」の略で、日本語では「持続可能な開発目標」を意味します。

2001年に策定されたミレニアム目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択されたものです。

「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連加盟国(193か国)が2030年を年限とする17の目標と具体的な169のターゲットを定めました。

SDGs概要

誰もが分かりやすいようにカラフルなアイコンで表されているね!

SDGsの「17の目標」

SDGsで示されている17の目標は「5つのP」で考えると理解しやすいです。

5つのPってなんだろう?

「5つのP」とは「People(人間)」「Prosperity(繁栄)」「Planet(地球)」「Peace(平和)」「Partnership(連帯)」のことです。

5つのPをもとに17の目標を詳しく見ていきましょう!

「People(人間)」

SDGsの目標1から6

この6つの目標は、貧困や飢餓、健康や教育、さらには安全な水など、「人」に関わる目標となっています。

誰もが「人間」らしく生きていく上で基本的な部分に関する目標です!

「Prosperity(繁栄)」

SDGsの目標7から11

上記の5つの目標は、世界中のどこにいても格差がなく、豊かさと安全・安心を実感して暮らせる環境を目指しています。

つまり経済的な発展や技術的な進歩が続く世界の実現を目指すための目標となっています。

「Planet(地球)」

SDGsの目標12から15

気候変動に対応し、海や森林などの豊かな自然環境を次の世代に引き継ぐなど、「地球」を守るための目標です。

大量生産・大量消費の社会から脱却して、将来にわたって自然から資源や食糧などの恵みを受けることができる世界を目指しています。

「Peace(平和)」「Partnership(連帯)」

SDGsの目標16から17

目標16は今も世界各地で起きている紛争をなくすといった「平和」への目標です。

目標17は、あらゆる人の参加と協力によって、世界を取り巻く様々な問題の解決を目指す目標となります。

SDGsの17の目標にはそれぞれ細かいターゲットが設定されていて、全部で169のターゲットがあるワン!

詳しい169のターゲット内容は総務省の資料より確認できます。

各国のSDGsへの取り組み

世界的に取り組まれているSDGsですが、Sustainable Development Report 2020では2020年時点の各国のSDGsへの取り組みがスコア化され、166カ国が公表されています。

日本は世界と比べてどれくらいSDGsに取り組めているのだろう?

ランキングは以下の通りです。

日本は世界全体で17位、アジア主要国の中では1位です。

上位3カ国は、スウェーデン・デンマーク・フィンランドの北欧の国が並び、SDGs達成ランキングの上位は北欧諸国が占めています

具体的にどのような取り組みを各国がしているのか知りたい!

今回はランキング1位のスウェーデンと日本のSDGsの取り組みを具体的に見ていきましょう!

スウェーデンのSDGsへの取り組み

スウェーデンの首都ストックホルムのハンマルビー・ショースタッド地区では、1990年代前半の住宅地区と比較して、排出CO等の環境負担を50%減らす取り組みを行っています。

具体的には

  • 交通・移動:移動手段の8割を公共交通機関、徒歩、自転車とする。
  • エネルギー:廃棄物と下水を活用することで、地域に必要なエネルギーの半分をまかなう。
  • 上下水:1人当たりの水使用量を1日100リットルにする。

環境のためにたくさんの取り組みを行っているんだね!

これらの環境にやさしいまちづくりへの取組みは「ハンマルビー・モデル」とよばれ、世界から注目されています。

日本でのSDGsへの取り組み

地震大国である日本は、東日本大震災をはじめとする過去の災害を教訓にして、災害に負けない強靭な社会構築を目指しています。

世界規模で見ると、毎年2億人もの人々が被災し、自然災害による経済的損失は、年間平均1,000億ドルを超えると推定されます。

具体的な活動としては「世界防災閣僚会議in東北」を開始し、近年の大規模自然災害に関する経験・教訓を各国に共有しました。

「目標11:住み続けられるまちづくりを」をもとに「災害に強い街をつくろう」を目標として掲げています。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

SDGsとESGの違いは?

SDGsとESGってよく聞くけど、何が違うの?

SDGsは冒頭述べたように、「持続可能な開発目標」のことであり、環境や人権など持続可能な社会への網羅的な目標です。

一方でESGとは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」のことで、SDGsと近い意味であると考えられます。

一言でいうと、SDGsとESGの違いは「規模」です。

SDGsは政府や企業だけでなく、私たち個人も取り組むべき目標です。地球上すべての人が対象であり、全世界の最終目標です。

一方でESGは投資家や企業の長期目標であり、SDGs達成のための「手段」に近いです。

私たちがエコバッグを持つことも環境に配慮したSDGs活動になるのね!

まとめると、ESGは企業や投資家にとっての長期目標で、SDGsは国連や政府、市民団体などの最終目標に近いです。

企業から見たSDGsとESGの違い

企業から見たSDGsとESGの違いを簡単に言うと、「企業が本当にSDGsに取り組んでいるのか、一つの評価基準としてESGがある」ということです。

このままでは分かりづらいので、GPIFが作成した以下のイラストで理解を深めていきましょう。

SDGsに積極的に取り組んでいる企業は、必然的にESGも考慮された企業活動を行っていると言えます。

その結果、投資家がそのような企業に積極的に投資(ESG投資)すれば、企業はよりSDGsに基づいた事業活動に取り組めるようになります。

実際にSDGsやESGに取り組んでいる企業を見てみましょう。

パナソニックのSDGsへの取り組み

パナソニックはソーラーランタン10万台プロジェクトを通じて世界の貧困解決に貢献しています。

パナソニックは以下のSDGsの目標に重点を置いて取り組んでいます。

パナソニックのSDGsへの取り組み

ソーラーランタンの寄贈先は、主要な無電化地域である東南アジアや南アジア、サブサハラ・アフリカで活動するNPO/NGOや国際機関です。

再生可能エネルギーによる電気の明かりを届けていくことで、教育や保健・医療、女性の自立支援などの分野における社会課題を解決し、人々の暮らしをより良くすることを目指しています。

伊藤園のSDGsへの取り組み

伊藤園もSDGsに積極的に取り組んでいますが、今回は環境への取り組み事例を紹介したいと思います。

それは、「容器・包装の軽量化の取り組み」です!

これまでペットボトルにお茶などの液体を入れる方法では、ペットボトルに一定の耐熱性が必要であったり、ボトルを完全無菌とするために使用される殺菌剤を洗い流すために、多量の水とその排水処理が必要でした。

そのため、プラスチックの使用量を減らすことや節水が難しい状況でした。

そこで伊藤園は容器メーカーの東洋製罐株式会社と上記の障壁を克服するシステムを共同で開発することに成功しました。

共同開発したシステムをペットボトルに使用すると、500ml ペットボトル1本当たりで原材料は7g削減することができます。

削減した原材料は年間に換算すると約1,909トンであり、これはエネルギー量で原油に換算すると、約3,000klとなり、燃費10km/lの車が、地球を約180周走るために必要なガソリン量に相当します。

大きなCO2の削減だワン!

伊藤園について詳しく知りたい人は、いろはに投資の姉妹サイト「ブリッジサロン」から確認してみてください!

以上、SDGsについての基本についてご理解いただけたでしょうか?

SDGsは今後も大きく注目を浴びるキーワードとなるので、是非この記事の内容を覚えておいてくださいね!

Podcast(音声配信)

▼この記事に関連したPodcastも配信しています▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。