【投資家100人が選ぶ】本当におすすめしたい証券会社ランキング2021

約 9 分で読み終わります!

おすすめ 証券会社

・投資を始めたいけど、どの証券会社の口座を開設すべき?
・実際に利用者からおすすめされている証券会社を選びたいな。

このようなお悩みを解決します。


本記事の結論

  • おすすめの証券会社ランキング1位はSBI証券
  • 投資スタイルに合わせて証券会社を選ぼう
  • 手数料は総合証券よりネット証券の方が安い

投資を始める際には証券会社の口座開設を行う必要がありますが、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いはずです。

本記事では投資家100人以上に聞いた、本当におすすめできる証券会社を紹介します。

自分にぴったりの証券会社を見つけて資産形成を進めたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

\支持率 圧倒的No.1/

結論から言うと、今回はSBI証券が圧倒的No.1でした。
手数料も安く、IPO銘柄も豊富なので、無料口座開設して損はないですね!

【早見表】おすすめの証券会社ランキングTOP5

おすすめの証券会社ランキング

本当におすすめしたい証券会社TOP5を今すぐ知りたい方に向けて、まずは早見表から紹介していきます。

今回は株式投資・IR情報サイト「ブリッジサロン」に登録中の投資家と「いろはに投資」のLINE友だちに、おすすめしたい証券会社を聞いてみました。

本当におすすめの証券会社

全回答のうち半数以上が「SBI証券」または「楽天証券」をおすすめするという結果になりました。

ちなみに6位は「松井証券」、7位は「SMBC日興証券」だったワン!

おすすめ証券会社5社の基本情報

おすすめする証券会社5社の基本情報は以下の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券野村證券大和証券
形態ネット証券ネット証券ネット証券総合証券総合証券
最低積立金額100円100円100円1,000円100円
NISA
つみたてNISA
IPO
投資信託
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆
2021年6月現在の情報をもとに作成

どれも大手の証券会社だから、取り扱う商品ジャンルは大きく変わらないワン!

おすすめ証券会社5社の現物取引手数料

おすすめする証券会社5社の現物取引手数料は以下の通りです。

1回の取引金額10万円50万円100万円
SBI証券99円275円535円
楽天証券99円275円535円
マネックス証券110円495円1,650円(指値)
野村證券(オンライン)152円524円1,048円
大和証券(オンライン)1,100円1,897円3,795円
2021年6月現在の情報をもとに作成

手数料は実店舗を持たないネット証券の方が安いワン!

失敗しない証券会社の選び方3つ

証券会社の選び方

証券会社ってどんな基準で選べばいいんだろう?

証券会社選びで失敗しないためにも、以下の3つをチェックしましょう。

  • 投資スタイル
  • サポート体制
  • つみたてNISAへの対応

順に説明していきますね。

①投資スタイル

証券会社を選ぶ際は、「どのように資産を増やしたいか?」という投資スタイルを明確にする必要があります。

具体例としては以下のような感じ。

  • 短期トレードで一攫千金を狙う
    →信用取引手数料の安い証券会社、トレーディングツールが充実している証券会社
  • 小額からコツコツと長期運用する
    →つみたてNISAに対応している証券会社、取扱投資信託が多い証券会社
  • 外国株メインで投資する
    →米国株や新興国株が豊富な証券会社、外国株手数料が安い証券会社

あなたの投資スタイルに合う証券会社を選ぶようにしましょう。

投資初心者には低リスクな「長期運用スタイル」がおすすめだワン!

②サポート体制

証券会社はそれぞれサポート体制が異なるため、あなたの希望に近い会社を選ぶと安心できますね。

具体例としては以下のような感じ。

  • 円滑に取引するための情報収集がしたい
    →取引ツールが充実している証券会社
  • 取引画面の操作方法を教えてほしい
    →リモートサポートのある証券会社
  • 対面で資産運用などの相談がしたい
    →専任担当者がつく総合証券
  • 基礎的な投資の知識を身につけたい
    →投資セミナーを開催している証券会社

総合証券は手数料が高額な分、あなた専任の担当者から投資アドバイスをもらえます。

ネット証券はサポート体制が万全とは言えませんが、自分のペースで投資を行える気軽さは魅力と言えるでしょう。

ネット証券でも担当者と相談できるプランもあるワン!

③つみたてNISAへの対応

つみたてNISAは投資で得られた利益にかかる約20%の税金が、最長20年間も非課税になるおトクな制度です。

長期の積立・分散投資をする場合におすすめで、つみたてNISA口座を作る証券会社を選ぶポイントは以下の通り。

  • 対象商品の取扱数
    →自分に合った投資信託を選びやすい
  • 最低積立金額の安さ
    →家計に負担をかけず始めやすい
  • ポイント制度の有無
    →よりオトクに資産運用を進められる
  • 信託報酬が安い商品の多さ
    →長期投資では手数料の安さが重要

長期になるほど毎月のコストは積み重なるため、手数料の安さやポイント還元制度の有無を確認しつつ選ぶのがおすすめです。

つみたてNISAについて詳しく知りたい方は、「【長期投資におすすめ】つみたてNISAとは?」の記事をご覧ください。

つみたてNISA口座は一人1つしか作れないから、よく考えて選ぶんだワン!

証券会社のおすすめ3社を徹底解説【クチコミも】

証券会社のおすすめ3社

本当におすすめしたい証券会社ランキングでTOP3にランクインした、以下3社について詳細を確認していきます。

  • SBI証券
    →利用者数No.1の安心感
  • 楽天証券
    →楽天経済圏でおトクに
  • マネックス証券
    →米国株のサービスが充実

おすすめしたい人の特徴もそれぞれまとめたので、口座開設の参考にしてみてくださいね。

1位:SBI証券

SBI証券がオススメな人

  • 利用者数No.1の最大手を選びたい人
  • IPO株の当選を狙っている人
  • とにかく売買手数料を安くしたい人

SBI証券は2021年3月時点で600万口座を達成し、ネット証券の中でもトップの利用者数を誇っています。

株や投資信託、FXなど豊富な商品を取り扱っており、売買手数料が格安なのも個人投資家から支持されているポイント。

詳しい特徴としては、以下の通りです。

  • 100万円までの現物株取引は手数料0円(アクティブプラン)
  • 取引でTポイントを貯めたり使ったりできる
  • 2020年のIPO引受関与率91.4%で業界No.1
  • 100円からつみたて投資が出来る

証券取引所の時間外に取引ができる「PTS」の取引手数料も、SBI証券は唯一0円ということで見逃せませんね。

最大手だから安定感があるね!

\ネット証券口座開設数No.1/

SBI証券のクチコミ一覧(クリックで詳細を確認)
20代 男性

機能の豊富さはここが一番。住信SBIを利用した手数料を抑えた両替など外国株をやりたいならここが一番。

40代 女性

見やすい、使いやすい、手数料が安い。

40代 男性

圧倒的な商品ラインナップの多さと手数料の安さ。

60歳以上 男性

サポート資料が豊富。

口座の開設方法は「SBI証券 口座開設・初期設定の方法を解説」にて詳しく説明しているので、合わせてご覧ください。

2位:楽天証券

楽天証券がオススメな人

  • 楽天経済圏にどっぷり浸かっている人
  • 便利な取引ツールを無料で利用したい人
  • 投資初心者向けキャンペーンを活用したい人

楽天証券は楽天グループという強みを活かし、あなたの資産形成をより効率的に進めてくれるのが人気の秘訣です。

例えば楽天銀行と口座を連携することで、普通預金金利が通常の5倍にアップするなど、強力なメリットを享受できますよ。

詳しい特徴としては、以下の通りです。

  • 2020年の新規口座開設数が業界No.1
  • 参加費無料の投資セミナーも定期的に開催
  • 株式ツール「マーケットスピードⅡ」が使い放題
  • 投信積立で楽天カード決済を選ぶとポイントが貯まる

さらに口座開設すれば日経テレコン(楽天証券版)がタダで読めてしまうため、投資銘柄の情報収集にも役立ちます。

楽天ユーザーなら、とってもお得に資産形成ができそう!

\楽天ポイントで資産形成できる/

楽天証券のクチコミ一覧(クリックで詳細を確認)
20代 男性

インターネット証券としての使いやすさと機能の豊富さのバランスならここ。楽天カードで投資信託の積み立てができるので、聞かれたらまず第一にここをおすすめする。

60歳以上 男性

マーケットスピードとiスピードが使いやすい。

60歳以上 男性

ネットで全ての必要な取引が完結でき、対面の煩わしさがない。種々の情報へのアクセス、ツールが充実している。関連銀行との連携も便利である。

楽天証券で人気の投資信託は、「楽天・全米株式インデックス・ファンドの評価は?利回りや分配金も解説」で詳しく説明しています。

3位:マネックス証券

マネックス証券がオススメな人

  • 米国株に投資したい人
  • IPO投資を考えている人
  • 充実した投資情報をチェックしたい人

マネックス証券は今注目の米国株投資に注力している証券会社ということで、幅広い年代の投資家から支持されています。

2021年1月時点の米国株取扱数は4,008銘柄と主要ネット証券No.1であり、中小型株を含め取引しやすい点に注目ですね。

詳しい特徴としては、以下の通り。

  • 銘柄分析ツールが使い放題
  • 米国企業の日本語での投資情報が充実
  • IPOの抽選が完全平等で初心者にもチャンスがある
  • 貯めたマネックスポイントをギフト券などに交換可能

さらにマネックス証券は単元未満株の取り扱いがあるため、大手企業の株も1株1万円程度で気軽に買えるのが便利ですよ。

マネックス証券は総合的な品質の高さが感じられるね!

\米国株投資におすすめ/

マネックス証券のクチコミ一覧(クリックで詳細を確認)
30代 男性

買える証券市場が多いのと時間外取引が出来るから。

60歳以上 男性

画面がわかりやすい。外国株情報が豊富。

60歳以上 男性

米国株銘柄の取り扱いが多い、決算レポート早い。時間外取引が早めに開始。

米国株の詳細については、「アメリカの株式市場の種類と取引時間を分かりやすく解説!」の記事で説明しています。

本当におすすめしたい証券会社まとめ

本当におすすめしたい証券会社

記事を読んで、自分にぴったりの証券会社が見つかったよ!

本当におすすめしたい証券会社ランキングについて、証券会社の選び方も交えつつ説明してきました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • おすすめの証券会社ランキング1位はSBI証券
  • 投資スタイルに合わせて証券会社を選ぼう
  • 手数料は総合証券よりネット証券の方が安い

証券会社は資産運用を行う上でのパートナー的存在なので、各社の特徴をじっくり見た上で口座開設してみましょう。

口座開設は無料のため、迷っている方は「SBI証券」と「楽天証券」の2社に登録してから検討するのもおすすめです。

>>【口座開設数No.1の最大手!】SBI証券の公式サイトを見る

>>【楽天ポイントが貯まる!使える!】楽天証券の公式サイトを見る

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする役立つ情報発信を行なっています。

「投資についてもっと知りたい!」と思った方は、さっそく追加してみてくださいね。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

※本記事は2021年6月25日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に使用したアンケートは、2021年5月2日~5月9日にブリッジサロンおよびいろはに投資のユーザーに対して実施したアンケートの結果より引用しています。回答者数は101名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。