【株価とは?】決まり方から時価総額との関係性までやさしく解説

約 9 分で読み終わります!

株価とは

※この記事は2020年2月14日公開の記事を更新したものです。

・株価ってよく聞くけれど、どういう仕組みなんだろう?
・時価総額とか株価指標とか、似たような用語が多くて難しい…。

このようなお悩みを解決します。


本記事の結論

  • 株価は株式1つあたりの値段で、需要と供給で決まる
  • 時価総額=株価×発行済み株式数。企業価値を計る際に使われる
  • 指数連動型の投資には「ETF」がおすすめ

ニュース番組などを見ていれば、株価について耳にする機会も多いでしょう。

とはいえ「名前しか知らない」「なんだか難しそうじゃない?」と、意味まではなかなか理解できていない人も多いはず。

結論から言うと、株価は需要と供給のバランスを理解すれば、それほど難しいものではありません。

今回は株価の決まり方から、合わせて知っておきたい「時価総額」や「株価指数」の基礎も分かりやすく説明します。

株価とは?

株価って何を示すのかパッとしないんだよなぁ…。

株価とは、各企業が発行している株式1株あたりの値段のことです。

企業によって株価の差は大きく、数百円の企業もあれば数万円の企業もあります。

よくニュース等で『株価が高い』という表現を聞きますが、この場合は以下の2タイプで判断可能です。

  • 他社と比較して株価が高い場合
  • その企業の過去と比較して株価が上昇した場合

株価は様々な影響によって日々変動しており、企業のコンディションを示す数値のような役割があります。

人気の株式には高値が付きやすいんだワン!

株価の決まり方

株価の決まり方は、株式が取引される証券取引所での需要(買いたい人)と供給(売りたい人)の関係によります。

具体例を見ながら確認してみましょう。

株価が決まるには

上図の場合は、買い手(需要)と売り手(供給)が1株148円でマッチングしたため、株価は148円です。

ただし日本株式の売買は全て100株単位ですので、実際にこの株を買うのであれば14,800円が必要となります。

株価は買い手と売り手のバランスの取れた価格なんだね!

100株のことを1単元とも言うんだワン!

株価が変動する要因

株価が変動する要因としては、大きく「市場全体要因」「個別要因」に分類できます。

具体的な内容について、それぞれ確認していきましょう。

市場全体要因

  • 社会情勢の変化
  • 自然災害の発生
  • 金利や景気の変動
  • 海外市場における株価の変動

市場全体要因には金利や景気など経済関連のみならず、海外の情勢や災害も含まれる点は覚えておきましょう。

個別要因

  • 企業業績の変化
  • 株式分割の影響
  • 外国人投資家の動向

企業の業績が振るわなければ投資家からの期待も下がるため、株価は下落する可能性が高まります。

このように様々な要因が株価に影響してくるので、投資を行う場合は日ごろから株価をチェックすることが大切です。

時価総額とは?

時価総額も有名だけど、株価と似ているのかな?

時価総額とは株価と並んで重要な指標であり、企業の価値や規模を示してくれる数値です。

投資や転職活動など多くの場面で時価総額は利用され、以下の計算式によって求められます。

時価総額の計算方法

時価総額=現在の株価×発行済み株式数

例えばA社が1株1,000円の株式を1,000万株発行していたら、計算式に当てはめてA社の時価総額は100億円になるのです。

株価の変動に伴って時価総額は日々変化していきます。

株価と時価総額の関係性

株価と時価総額はどちらも企業の状態を判断するのに役立ちますが、場合によって違う結果が生じる可能性もあります。

具体例として、株価と時価総額の異なる企業AとBを比べてみましょう。

時価総額

株価だけ見れば「企業B」の方が高いですが、時価総額で比較すると「企業A」の方が高くなっているのです。

ここで改めて株価と時価総額の関係をまとめると、以下のような感じ。

  • 株価
    →市場からの評価によって、日々変動する数値
  • 時価総額
    →発行済み株式数を掛け合わせており、企業価値を表す

つまり企業分析を行うのであれば、株価よりも時価総額に注目した方が効果的なのです。

とは言え時価総額はあくまでも市場からの評価のため、企業の成長性や人財などの価値が十分に織り込まれていない場合がある点には注意しましょう。

時価総額は「会社を丸ごと買い取る場合の値段」とも言えるんだワン!

※実際に買収する場合には、時価総額+αを支払うケースが多い。

国内大手企業の時価総額

2021年7月12日時点における、国内企業の時価総額ランキング上位10社を以下にまとめました。

国内の時価総額ランキング(クリックで開きます)
順位名称時価総額(概算)
1位トヨタ自動車約31.9兆円
2位ソニーグループ約14.4兆円
3位キーエンス約14.1兆円
4位ソフトバンクグループ約12.9兆円
5位日本電信電話約11.2兆円
6位リクルートホールディングス約9.7兆円
7位ファーストリテイリング約8.6兆円
8位任天堂約8.3兆円
9位三菱UFJフィナンシャル・グループ約8兆円
10位KDDI約8兆円
2021年7月12日時点の「Yahoo!ファイナンス」を参照

1位は「トヨタ自動車」で、時価総額30兆円以上と断トツの高さになっています。

トップ10には名だたる企業が並んでいますが、ソフトバンクグループやリクルートホールディングスなど比較的若い企業も入っていますね。

ブランド力のある企業は、時価総額も高くなる傾向みたいね!

株価指数とは?【主な指数を3つ紹介】

株価指数ってたくさんあるけど、何を表してるんだろう?

株価指数とは、「東証一部全体」や「特定の銘柄群」といった複数銘柄の株価を一つにまとめ、数値化した指標のことです。

例えばA社、B社、C社の株価指数があった場合を考えてみると、以下のようになります。

実際には「みなし額面」などの調整が入ることが多い

対象となっている銘柄の平均が株価指数になることから、上図の3社であれば25,000円になるわけです。

市場全体の動向を確かめる際に利用するので、ぜひ覚えておきましょう。

国や市場ごとに様々な株価指数があるんだワン!

国内外には数多くの株価指数が存在しますが、中でもよく耳にする代表的な指数が以下の3つ。

  • 日経平均株価
  • TOPIX(東証株価指数)
  • S&P500

それぞれ順に見ていきましょう。

①日経平均株価

日経平均株価とは、日本経済新聞社が東証一部に上場している企業から選んだ225銘柄の平均株価のことです。

対象となる銘柄は以下のような大手企業が中心で、日本経済の動向を知る指標として使われます。

  • ファーストリテイリング(9983)
  • 東京エレクトロン(8035)
  • ファナック(6954)
  • ダイキン工業(6367)
  • 富士通(6702)

株価の高い銘柄が揃っているため、日経平均が上がれば日本の株式市場全体が上がっている、と捉えられることも多いです。

日経平均株価についてさらに詳しく知りたい方は、「日経平均株価とは」の記事も合わせてご覧くださいね。

日経平均は毎年10月に銘柄の入れ替えが行われているワン!

②TOPIX(東証株価指数)

TOPIX(東証株価指数)とは、東証一部に上場している全銘柄の合計時価総額を対象とした指標です。

つまり先ほど紹介した日経平均と比べた場合、以下のような違いが見られます。

日経平均株価TOPIX
発表元日本経済新聞社東京証券取引所
対象銘柄225銘柄2,000銘柄以上
指数算出方法株価平均型時価総額加重型

TOPIXは日経平均株価と比べても銘柄数が圧倒的に多く、よりマーケット全体の相場を表した指標となります。

一方で時価総額の合計を計算対象にしているため、時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい点に注意しましょう。

最近は日経平均よりもTOPIXの動向を見る投資家も増えてきているワン!

③S&P500

S&P500とは、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが公表している米国の代表的な株価指数の1つです。

アメリカの指標って言われても難しいな…。

という方にもサクッと理解できるように、日本の株価指数と比較してみましょう。

日本とアメリカの代表的な株価指数

NYダウと比較しても銘柄数が多いことから、S&P500は「アメリカ版のTOPIX」と考えておけばOKです。

S&P500を構成する銘柄の一部としては、以下の通り。

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン・ドット・コム
  • フェイスブック
  • アルファベットC(Google)

世界的に有名な米国企業が集結していることから、その上昇率は日本の株価指標と比較しても目を見張るほどの高さです。

S&P500に興味を持った方は、さらに深堀りして解説している「S&P500とは?」の記事も読んでおきましょう。

S&P500に連動するファンドは、日本の投資家からの人気も高いワン!

指数連動型の投資は「ETF」がおすすめ

指数連動型の投資商品はいくつかありますが、中でもおすすめなのは「ETF(上場投資信託)」です。

ETFは証券取引所に上場し、株価指数をはじめとした指標への連動を目指す投資信託でして、主なメリットは以下の3つ。

  • コストが低い
    →投資信託に比べて信託報酬が安いものが多い
  • リスクを軽減しやすい
    →様々な銘柄に投資でき、分散効果を得やすい
  • 値動きがわかりやすい
    →市場の動きに連動するため、安心して投資できる

ETFは1万円程度の少額からでも購入できるため、投資が初めての方も家計に負担をかけることなく取り組めますよ。

まだ証券口座を開いてないけど、どれを選べばいいの?

と悩んでいるなら、以下のネット証券にて口座開設するのがおすすめです。

ETFにおすすめのネット証券2選

  • 楽天証券
    →楽天ポイントが貯まり、手数料が0円になるETFもある
  • SBI証券
    →口座開設数No.1で、海外ETFの取扱銘柄も豊富

上記2社は、多くの投資家からも「安心して利用できる」と支持されています。

ネット証券について詳しくは、「【2021年版】株初心者におすすめのネット証券ランキング!」の記事もご覧ください。

株価とは?まとめ

株価についての理解が深まったよ!

株価とはどのようなものか、時価総額や株価指数についての説明も交えつつ説明してきました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • 株価は株式1つあたりの値段で、需要と供給で決まる
  • 時価総額=株価×発行済み株式数。企業価値を計る際に使われる
  • 指数連動型の投資には「ETF」がおすすめ

投資をする上で株価の理解が深まっていないと、投資のタイミングが掴めずにかえって損をしてしまう可能性もあります。

本記事で紹介した株価の知識を踏まえ、投資の世界をもっと楽しんでいきましょう。

投資についてもっと学びたい方は、合わせて以下の記事もご活用ください。

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする役立つ情報発信を行なっています。

未来の生活をもっと豊かにする情報が盛りだくさんなので、さっそく追加してみてくださいね。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

Podcast

いろはに投資の「ながら学習」 毎週月・水・金に更新しています。

【株価とは?】決まり方から時価総額との関係性までやさしく解説” に対して7件のコメントがあります。

  1. より:

    株とはなんですか

    1. IrohaniToushi より:

      コメントありがとうございます。
      是非こちらの記事をお読みください!
      https://www.bridge-salon.jp/toushi/toushi-beginner/

  2. へちま より:

    株を買うとき、できるだけ安く買った方が得なのであるが、わざわざ現在値より高い指値で注文を出せば、その値での売り注文があった場合即約定するということか?

    1. IrohaniToushi より:

      はい、なるべく高い値段で買い注文を出す方が約定しやすくなります。ただ、株価は刻一刻と変化するので、現在値より高い価格を注文すれば即約定するかどうかは売り注文がどれほどあるかにもよります。

  3. ぴろ より:

    現在、日経平均株価は約28000円ほどですが、日本が100株単位で取引しているとなると、日経平均株価に載っている225社のうちの株を一つ買うとなると、手持ちで約2800000円以上必要ということですか?

    1. IrohaniToushi より:

      コメントありがとうございます。日経平均株価の組み入れ銘柄はそれぞれの株価がありますので、組み入れ銘柄を買う際にはその企業の株価×100となります。

  4. Nt より:

    とても分かりやすかったです。株をやってみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。