ワンルームマンション投資は儲からないって本当?理由やメリット・デメリットを解説

ワンルームマンション投資アイキャッチ

・ワンルームマンション投資は儲からないって聞くけどなんで?
・そもそもワンルームマンション投資って何が良いの?

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • ワンルームマンション投資は大きく儲けにくいなどの理由から儲からないと言われる
  • ワンルームマンション投資では初期費用を抑えて投資でき、リスクを抑えることも可能
  • ワンルームマンションはローンも組みやすいので、不動産投資の第一歩として検討してみよう!

購入価格の安さなどから、不動産投資の中でも人気の高いワンルームマンション投資。

しかし「ワンルームマンション投資は儲からないからやめておけ」という話を耳にし、躊躇している方もいるはず。

ワンルームマンション投資はなぜ「儲からない」と言われてしまうのでしょうか?

儲からないと言われる理由を正しく理解して対策すれば、ワンルームマンション投資はメリットも多くある魅力的な投資です。

この記事では、ワンルームマンション投資の基本から、儲からないと言われる理由・メリットを初心者の方にも分かりやすく解説します。

ワンルームマンション投資におすすめの不動産投資会社も紹介するよ。

相談したい不動産会社

  • RENOSY(リノシー)
    公式サイト:https://www.renosy.com/asset
    需要の高い東京・横浜・大阪エリアのワンルームマンションに投資できます。Amazonギフト券のプレゼントも!
  • グローバル・リンク・マネジメント
    公式サイト:https://www.global-link-m.com/
    サブリース物件の入居率は11年連続98%超えを達成。無料でEブックのプレゼントも!
  • 武蔵コーポレーション
    公式サイト:https://www.musashi-corporation.com/
    関東圏をメインに、新築・中古両方の物件を取り扱っています。

ワンルーム(1R)マンション投資とは?

ワンルームマンション投資とは

そもそもワンルームマンション投資って何?

ワンルームマンション投資とは、不動産投資の一種です。

不動産投資の中でも「ワンルームマンション」を対象とした投資のことを言います。

ワンルームマンション

1Kや1Rといったコンパクトなマンション

専有面積も20㎡ほどで、主に学生や単身者向けのマンションが一般的

ワンルームマンションは、投資資金が少ない場合でも比較的投資しやすいなどの理由からサラリーマンの副業としても人気を集めています

ワンルームマンション投資の仕組み

「ワンルームマンションを所有して第三者に貸し出し、家賃収入を得る」というのが大きな仕組みです。

家賃収入=インカムゲインだね!

入居者さえ確保できれば、長期的に安定して収入を得られるというメリットがあります。

ただし、家賃収入のすべてを収入にできるわけではありません。

家賃収入から賃貸管理に必要な費用を支払わなければならないのです。

ワンルームマンション投資では、次のような経費が掛かります。

  • 外部に管理を委託した場合の委託料
  • 管理費や共益費
  • 修繕費用
  • 各種税金

また、基本的にはローンを組んで物件を購入するので、ローンの返済も家賃収入から賄います。

これらの費用を家賃収入から差し引いた額が手元に残ります。

ワンルームマンション投資での利益の計算は、大まかには以下の通りです。

利益=家賃収入-必要経費-ローン返済

家賃収入ですべて賄えなければ、自己資金で支出しないといけないんだワン!

また、ワンルームマンション投資の場合、インカムゲインだけでなく売却による利益(キャピタルゲイン)も狙えます

ワンルームマンションは立地が良い場所に建設されているケースが多く、売りやすいという特徴があります。

そのため、購入時よりも値上がりしたタイミングで売却できれば、利益を得られる可能性があるのです。

とはいえ、キャピタルゲインを狙う投資は初心者には難しいものでもあります。

基本的にはインカムゲインを意識して投資するようにしましょう。

マンション投資とワンルームマンション投資の違い

ワンルームマンション投資は、マンション投資の中の一種だといえるでしょう。

一口にマンション投資と言っても、投資対象マンションには次のような種類があります。

  • 区分マンション投資:マンションのうちの一室を購入して運用する
  • 1棟マンション投資:マンションを丸ごと購入して運用する

この区分マンション投資の中でも、ワンルームマンションを対象としているのがワンルームマンション投資です。

「不動産投資」の中の「マンション投資」をさらに細分化したうちの一つが「ワンルームマンション投資」というイメージですね。

1棟マンション投資は、マンション丸ごとに投資するので高い収入を得られるというメリットがあります。

ただし、投資資金は億単位と高額になるものです。

また、区分マンションでもファミリー世帯向けの広いマンションを対象としている場合も、ある程度費用が高額になります。

ワンルームマンションは、マンション投資の中でも比較的少ない資金で投資できるよ!

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資は、どんなメリットがあるのかな?

ここでは、ワンルームマンション投資のメリットを4つ解説していきます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

初期費用を抑えて投資できる

ワンルームマンション投資は他の不動産投資に比べて、比較的初期費用が少ない傾向にあります。

アパート1棟やマンション1棟に投資しようとすれば、億単位の費用が必要になるケースも珍しくありません。

その点、ワンルームマンションは中古であれば1,000万円や数百万円から始められる可能性があるのです。

初期費用をあまり用意できない人には嬉しいね!

ワンルームマンションは単身向けのマンションであるため、立地が良い場所に建設されている場合が多いという特徴があります。

好条件の立地でもコンパクトな間取りのため、費用を抑えて投資できるという点がメリットだといえるでしょう。

管理の手間が少ない

ワンルームマンションは比較的管理の手間が少ないというメリットもあります。

基本的に物件の管理は管理会社に委託できるので、自分で入居者募集なをどする必要はありません。

とはいえ、管理状況は把握しなければなりません。

1棟マンション経営の場合、管理戸数も多くなるため管理状況の把握だけでも一苦労ですね。

また、管理会社に委託していても修繕費用は別途支払わなければなりません。

修繕となった場合、1棟マンションは戸数の多さから費用が嵩みます。

ファミリー世帯向けのマンションは、戸数は少なくても1戸の面積が広いため費用もその分掛かってしまいます。

この点、ワンルームマンションであれば面積が小さい分、修繕費用もそれほど掛からないケースが多いです。

手間もコストも抑えて管理できるから、本業に忙しくても投資しやすいんだワン!

節税効果を期待できる

ワンルームマンション投資でも他の不動産投資同様に節税効果が期待できるというメリットがあります。

ワンルームマンション投資で節税が期待できる税金には、次のようなものがあります。

  • 所得税や住民税
  • 固定資産税
  • 相続税

特に、所得税や住民税の節税を狙ってサラリーマンが投資するケースは多いもの。

ワンルームマンション投資の利益は不動産所得に区分され、給与所得との損益通算ができます。

仮に、ワンルームマンション投資の赤字が500万円あり給与所得が600万円なら、相殺した100万円が所得として課税対象となるのです。

損益通算を利用して所得額を抑えることで、所得に対して課税される所得税・住民税を抑えられるという仕組みですね。

所得税は所得額に応じて課税率が上がるため、所得の高い人ほど節税効果を期待できるでしょう。

ローンを組みやすい

ワンルームマンションがローンを組みやすい理由には、次のようなことが挙げられます。

  • 借入額を抑えやすい
  • 耐用年数が長い

他のマンション投資に比べ購入価格が安いため、借入額も低く抑えられます。

借入額が低いため、求められる頭金も高額にはならないケースが多く、場合によってはフルローンで借入れられる可能性もあるのです。

また、不動産投資の借入では耐用年数も重要なポイントになります。

不動産を担保に借入れるため、金融機関は万が一返済が滞った場合には不動産を売却します。

しかし、耐用年数を超えた不動産は資産価値がほぼゼロと言われ、売却しても利益を得られない可能性があるのです。

そのため、基本的に金融機関は耐用年数以下の年数を借入期間として設定します。

この耐用年数は物件の構造によって法律で定められていて、主なものでは以下の通りです。

  • 木造:22年
  • 鉄骨造り(3mm超え4mm以下):27年
  • RC造り:47年

ワンルームマンションの場合、RC造りが一般的であり耐用年数も長いため、ローンを組みやすいという特徴があるのです。

ただし、借入できるかは個人の年収などの属性や物件の収益性にも左右されるんだワン!

借入可能額を知るには?

自己資金が100万円くらいしかないけど、ローンって組めるのかな…

そんな方は、INVASE バウチャーで借入可能額を確認してみましょう。

INVASEでは、プロフィールなど必要情報を入力するだけであなたの借入可能額が分かり、可能額に応じた物件紹介までワンストップで受けることが出来ます

また、40分間のオンラインカウンセリングを通して一生使える不動産投資の知識を得ることもできるため、初心者の方でも安心です。

バウチャー発行には以下の4ステップのみなので、気になる方はユーザー登録から始めてみましょう。

①ユーザー登録
公式サイトより、ユーザー登録してください。
②バウチャーに申し込む
借入可能額を判定する上で、必要な情報を入力してください。
③バウチャーを発行
お申し込み内容をふまえて、バウチャーが発行されます。
④物件の紹介を受ける
プロがおすすめする物件を紹介、収支シミュレーションも提供されます。

\まずは借入可能額を確認/

ワンルームマンション投資は儲からないと言われる理由

ワンルームマンション投資が儲からない理由

ワンルームマンション投資も投資である以上、デメリットやリスクがあります。

そのデメリットやリスクから「儲からない」と言われてしまうことも。

ちょっと投資するのが怖いな…

リスクやデメリットは正しく理解して対策することで、安心して投資することが可能です。

儲からないと言われる理由には、次のようなことが挙げられるので理解しておきましょう。

利回りが低い

ワンルームマンションは利回りが低い傾向にあります。

表面利回り(%)=年間収入÷物件価格×100 だね!

人気の高い新築ワンルームマンションであっても、表面利回りは4%前後と言われています。

さらに、表面利回りは経費やローン返済が考慮されていないので、ここからさらに費用が差し引かれていくのです。

そのため、実際の利益は低くなる可能性が高いでしょう。

1棟マンションや1棟アパートのように家賃収入だけで大きく儲けるというのは、かなりハードルが高いものです。

とはいえ、ローンの返済やコストが比較的少ないワンルームマンションは、コストのかかる1棟マンション経営よりもリスクは小さくなります。

大きく儲けることは難しくても、手堅く投資できる可能性はあるんだワン!

また、ワンルームマンションの対象は単身世帯です。

ファミリー世帯が住居を購入するのに対して、単身世帯は賃貸する人が多いでしょう。

そのため、立地さえ間違わなければワンルームマンションは需要が高い物件でもあるのです。

また、立地の良いワンルームマンションは価格が手ごろなので売却しやすいというメリットもあります。

家賃収入だけでは大きく儲ける可能性が低いため、売却という出口戦略まで含めて検討することが重要です。

空室になると収益がゼロになる

ワンルームマンション投資では1室のみへの投資のため、その1室が空室になれば収入はゼロです。

収入ゼロの期間が長引けば、支出のみが発生して赤字がかさんでしまいますね。

1棟マンション投資なら、複数の居室があるから1室空室でも他の居室でカバーできるもんね…

その点では、ワンルームマンションの方が空室リスクは高いと言えるでしょう。

ワンルームマンション1室のみに投資するのではなく、複数のワンルームマンション購入や1棟マンションとの組み合わせなど、分散投資して対策することが大切です。

節税効果が低い

節税効果があるものの、その効果は低い点にも注意が必要です。

損益通算を使った所得税の節税だね。

この節税はワンルームマンション経営が赤字であることが前提です。

とはいえ、本当の赤字では投資として失敗と言えるでしょう。

ここで重要なのは、減価償却を利用した赤字であるという点です。

減価償却

物件の購入価格を購入した年に一括で計上するのではなく、一定の期間で案分して計上する会計処理の方法

減価償却費は実際の支出を伴わない経費のため、実際の経営は黒字でも会計上のみ赤字にできる

減価償却費として計上できる金額や期間は、購入価格と法定耐用年数によって決められます。

購入価格が安く、法定耐用年数の長いワンルームマンションでは、毎年計上できる減価償却費は50万円以下ということも珍しくありません。

そのため、減価償却費を大きく計上できる1棟マンション経営に比べ節税効果は低くなってしまうのです。

意外と節税効果は低いのか…

また、節税効果は個人の給与所得など他の所得にも左右されます。

「節税になる」というのは代表的な営業トークですが、本当に節税になるのかは一度自分で計算することが大切です。

ただし、減価償却費の計上が少ないと売却時に取得費用を大きく計上でき、譲渡所得税を抑えられるというメリットもあります。

不動産の売却の利益には、譲渡所得税という税金が課せられます。

この税金が課せられる利益とは、大まかに「売却額-(購入費用+売却に掛かった費用)」となります。

しかし、購入費用は計上した減価償却費を差し引かないといけないルールがあるのです。

例えば、以下の場合を見てみましょう。

  • 売却額:2,000万円
  • 購入費用:2,000万円(売却に掛かった費用は考慮しない)

この場合、2,000万円で購入した物件を2,000万円で売却しているので、利益が出ていません。

そのため、税金が掛からないように見えますね。

しかし、減価償却費を1,000万円計上している場合、購入費用から1,000万円を差し引くので次のようになります。

売却利益=2,000万円-(2,000万円-1,000万円)=1,000万円

この場合、1,000万円の利益が出ていることになり、その分税金が課せられてしまうのです。

ワンルームマンションの場合は、減価償却費を大きく計上できないですが、売却時のことを考えればこの点は大きな問題にはならないと言えます。

そのため、節税効果を最大化したい方は売却まで視野に入れて投資するようにしましょう。

減価償却の計算は難しいから、出口戦略まで含めて不動産投資会社に相談すると良いんだワン!

友だち追加

ワンルームマンション投資でおすすめの不動産投資会社5選

ワンルームマンション投資おすすめの不動産会社

ワンルームマンション投資したいけど、どの不動産投資会社が良いのかな…?

ここでは、ワンルームマンション投資におすすめの不動産投資会社を5つ紹介しますね。

RENOSY(リノシ―)

リノシー

充実のサービスとコストを抑えられることからも人気の高い「RENOSY(リノシ―)」。

不動産の紹介から入居者管理・対応までワンストップでサポートしてくれるので、不動産投資初心者にもおすすめです。

RENOSYのココが魅力

  • 需要の高い東京・横浜・大阪エリアのワンルームマンションに投資できる
  • 入居率99.5%
  • 初期費用10万円から投資可能
  • アプリで簡単に物件を管理・運用

RENOSYは、需要の高い都心部の中古マンションを中心に取り扱っています。

駅近など立地の良い厳選物件を豊富に取り扱っているので、安心して投資できますね。

また、収入に関わる重要なポイントである入居率は99.5%と高い数字です。

初期費用も10万円からと、費用をおさえて投資できます。

需要の高さと初期費用の安さで手堅く投資できるのは嬉しいね!

\Amazonギフト券プレゼント/

RENOSYでは、資料請求をして初回面談をすると5万円分のAmazonギフト券がもらえます。
詳細条件は公式サイトをご確認ください。

プロパティエージェント

プロパティエージェント

東京23区・横浜エリアという人気エリアのワンルームマンションに投資できるのが、「プロパティエージェント」です。

プロパティエージェントは東証の最上位市場である「プライム市場」上場の不動産投資会社という安心感もあります。

情報開示などの基準が厳しいプライム上場企業なら安心だね!

プロパティエージェントのココが魅力

  • 東京・横浜エリア中心の物件に投資できる
  • 入居率99.5%以上
  • セミナーも充実

人気のエリアのワンルームマンションに投資でき、入居率も高いので長期的に安定した収益が見込めるでしょう。

また、プロパティエージェントはセミナーが充実していることでも人気があります。

基礎知識やリスクと言った基本的な内容から、売却戦略と言った深い内容まで幅広い内容で定期的に開催されています

初心者は特に、「どこで勉強すれば良いのか分からない」という場合も多いので、セミナーで効率よく勉強できるのは魅力ですね。

セミナーだけでなく、税理士との確定申告相談や再プランニング・売却相談なども実施しています

出口戦略まで含めて、ワンルームマンション投資するための充実のサポートを得られるワン!

\まずは無料セミナーに参加しよう/

プロパティエージェントの不動産投資セミナーは満足度98%と、初心者でも安心して参加できます。
強引な営業も無いので、不動産投資を検討している方は参加してみましょう!

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントは東証プライム市場に上場している不動産投資会社で、増収増益を続けています。

オリジナルブランドマンション「アルテシモ」シリーズを東京23区を主な供給エリアとして開発・販売しています。

自社開発のマンションブランドなんだね!

グローバル・リンク・マネジメントのココが魅力

  • 3チカをコンセプトにした投資用不動産が強み
  • サブリース物件の入居率は11年連続98%超えを達成
  • 開発から賃貸管理までワンストップ提供

グローバル・リンク・マネジメントでは、「駅から徒歩10分圏内(駅からチカい)」「ターミナル駅まで30分前後(都心からチカい)」 「高い地価(チカ)」という3チカをコンセプトに物件提供をしています。

この条件なら入居率も高く、リセールバリューもあるんだワン!

また、毎日セミナーも開催していて、開催時間も豊富なので好きな時に受けることができます。

資料請求をすることで「ゼロから始める不動産投資」というEブックが無料でもらえるため、気になる方はまずは資料請求から始めましょう。

\Amazonギフト券プレゼント/

資料請求をして個別面談をすると1,500円分のAmazonギフト券がもらえます。
詳細条件は公式サイトをご確認ください。

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーション

豊富な取引実績と手厚いサポートが魅力である「武蔵コーポレーション」。

関東圏をメインに、新築・中古両方の物件を取り扱っています。

武蔵コーポレーションのココが魅力

  • 96%以上の入居率
  • 豊富な取引実績
  • 購入から管理までワンストップで依頼できる

武蔵コーポレーションは2022年4月末時点で、管理戸数26,799戸・売買取扱実績2,431棟と圧倒的な実績数からも投資家からの高い支持が分かります。

確かな実績があるのは安心して投資できるポイントだワン!

取扱い物件も豊富で、節税対策なら中古、安定した収入なら新築と投資目的やスタイルに応じた最適な物件に投資できるのは嬉しいですね。

\まずは無料相談から/

COZUCHI(コズチ)

COZUCHI

LAETOLI株式会社が運営するCOZUCHI(コヅチ)は、1万円から不動産投資が出来るクラウドファンディングです。

クラウドファンディングのため単純なワンルームマンション投資よりも少額で、リスクを抑えた投資が出来ます。

また、不動産投資型クラウドファンディングでは配当利回りに上限が設定されるのが一般的ですが、COZUCHIでは配当利回りに上限無くフェアに利益を分配します。

そのため、収益性が高い物件では大きなリターンも見込めます。

リスクを抑えながら投資が出来るんだね!

他のサービスでは途中解約ができないものが多いのに対し、手数料を支払えば途中解約できるので、急に資金が必要になった時にも安心ですよ。

\1万円から投資可能/

不動産クラウドファンディングのCOZUCHIでは、1万円から少額投資が可能!
スマホで簡単に無料登録ができます。

COZUCHIの詳細や最新の案件は、「【口コミも】COZUCHI(コヅチ)の評判・案件は?不動産投資の利回りやメリット・デメリットなど分かりやすく解説」の記事でも解説しています。

【まとめ】ワンルームマンション投資を始めてみよう!

ワンルームマンション投資まとめ

ワンルームマンション投資についてよく分かったよ!まずは資料請求してみるね!

最後に、この記事の重要な点を3つにまとめます。

  • ワンルームマンション投資は大きく儲けにくいなどの理由から儲からないと言われる
  • ワンルームマンション投資では初期費用を抑えて投資でき、リスクを抑えることも可能
  • ワンルームマンションはローンも組みやすいので、不動産投資の第一歩として検討してみよう!

ワンルームマンション投資を検討しているのであれば、今回紹介した不動産投資会社にまずは相談してみることから始めてみましょう!

相談したい不動産会社

  • RENOSY(リノシー)
    公式サイト:https://www.renosy.com/asset
    需要の高い東京・横浜・大阪エリアのワンルームマンションに投資できます。Amazonギフト券のプレゼントも!
  • グローバル・リンク・マネジメント
    公式サイト:https://www.global-link-m.com/
    サブリース物件の入居率は11年連続98%超えを達成。無料でEブックのプレゼントも!
  • 武蔵コーポレーション
    公式サイト:https://www.musashi-corporation.com/
    関東圏をメインに、新築・中古両方の物件を取り扱っています。