【評判】THEO[テオ]+docomoはやばい?手数料は高い?他社と比較してみた

※2022年4月4日に更新しました。

THEOアイキャッチ

・THEO+docomoの手数料は高いの?
・THEO+docomoは「やばい」って評判を見たんだけど…

このような疑問を解決します。


この記事の結論

  • THEO+docomoは投資のプロとAIに資産運用を任せられる
  • 手数料は業界最安水準で安心して利用できる
  • 月1万円から投資できるので、投資初心者にもおすすめ

老後2,000万円問題を皮切りに、投資に興味を持つ方が増えました。

ただ、実際に投資を始めようと思っても、「そもそも何に投資をすればいいのか分からない」という方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、投資のサポートをしてくれるロボアドバイザー「THEO+docomo」です。

「THEO+docomoはやばい」という評判を見たことがある方もいるかもしれませんが、結論やばくありませんし、むしろ投資初心者におすすめのサービスです

この記事では、THEO+docomoの評判や実績、他社との比較まで分かりやすく解説します。

\手数料割引プログラム/

利用状況に応じて、手数料が1.10%(税込・年率)→最大0.715%(税込・年率)まで割引!
運用資産額に合わせて毎月dポイントも貯まります。

THEO[テオ]+docomoとは?

THEO

THEO+docomoとは、現在10万人以上が利用するロボアドサービスで、資産運用をプロとAIにお任せできます

THEO+docomoの概要は以下の通り。

商品名THEO+docomo(テオプラスドコモ)
運用会社株式会社お金のデザイン
投資対象ETF
取引手数料運用資産の 0.715% ~1.10%(税込・年率)
最低投資金額1万円
最低積立金額1万円
参考:THEO+docomo公式サイト

そもそもロボアドバイザーって何?

ロボアドバイザーとは、投資の助言や運用をしてくれるサービスのことで、「ロボット+アドバイザー」の略称を指します。

投資家に合わせて最適な資産の組み合わせ(ポートフォリオ)を提案し、資産運用を自動で行ってくれるのです。

投資家に代わって高度な情報分析や投資判断を自動的に進めてくれるため、投資初心者でもプロのような運用ができると注目されています。

THEO+docomoの手数料は高い?

ロボアドサービスの手数料は高いって聞いたことがあるんだよな…

THEO+docomoの手数料は、運用資産の0.715% ~1.10%(税込・年率)で、業界最安水準の手数料体系となっています。
※主要ロボアドバイザー提供サービス(WealthNavi、楽ラップ、ON COMPASS、フォリオ)と比較(2021年5月末時点で各社発表資料よりお金のデザイン調べ)

運用資産額に応じて適用される「カラー」が異なり、手数料も変わってきます。

ただ、カラー基準額を満たしていても下記の4つの条件を満たしていないと、無条件でホワイトカラーが適用されるので注意が必要です。

  1. dカードGOLD会員であること
  2. 対象期間内に出金がないこと
  3. 毎月、通常積立(1万円以上)をしていること
  4. おつり積立を設定していること

いろいろ条件があるんだね…

とは言え、どの条件も長期で資産運用していくのであれば達成しておくべきものばかりなので、そこまで厳しい条件ではありませんよ

WealthNavi(ウェルスナビ)と比較

比較

ロボアドサービスはWealthNaviが良いって聞いたことがあるよ!

WealthNavi(ウェルスナビ)は、預かり資産・運用者数がNo.1のロボアドサービスです。
※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2021年9月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2021年12月時点)

2020年に東証マザーズに上場しているため、信頼度も十分に有しています。

以下でTHEO+docomoとWealthNaviを比較してみましょう。

 最低投資金額NISA投資対象手数料
THEO+docomo1万円×ETF0.715% ~1.1%
WealthNavi10万円ETF*0.5%~1.1%
手数料は全て税込。*手数料は預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税込1.1%)。3000万円を超える部分は0.5%(現金部分を除く、年率・税込0.55%)

THEO+docomoはWealthNavi(ウェルスナビ)と比較して、最低投資金額が低い点が特徴的です。

ただ売買益が非課税となるNISA枠を利用できるのはウェルスナビなので、NISAも利用したい方はウェルスナビを検討してみましょう。

THEO+docomoの運用実績

実績

実際の運用状況ってどんな感じなの?

THEO+docomoでの運用実績は気になるものですね。

ここでは、THEO+docomoの実績について見ていきましょう。

長期・積立・分散投資の成果が出ている人がいるワン!

でも、今から始めても遅くないかな?

過去に戻ることはできませんが、積立投資はできるだけ早く始めることをおすすめします。

というのも投資はできるだけ早いうちに始めたほうが、複利の効果が出るためです。

まずは自分の資産がどのように増えるかシミュレーションできる「無料診断」から行ってみましょう。

THEO+docomoのメリット・デメリット

メリット

ここからはTHEO+docomoのメリット・デメリットについて解説します。

THEO+docomoのメリット・デメリットは主に以下の5点が挙げられます。

  • プロとAIに資産運用を任せられる
  • 1万円から積立投資ができる
  • dポイントが貯まる/使える
  • THEOグリーンでESG投資できる
  • つみたてNISAに対応していない

それぞれ順に見ていきましょう。

プロとAIに資産運用を任せられる

THEO+docomoは投資一任型のロボアドバイザーのため、自動で投資をしてくれます

しかも自動で投資するだけでなく、投資対象と投資配分の見直し(リバランス)や税金の最適化(THEO Tax Optimizer)まで自動で行ってくれるのです。

リバランスって具体的にどんな機能なの?

リバランスとは、目標からずれてしまった配分を元の意図した配分に戻すことです。

価格が相対的に上昇し配分量が目標よりも大きくなったETFを売却し、価格が下落して配分量が目標よりも小さくなったETFを購入しています。

また、ポートフォリオの資産配分を維持しながら、税負担を軽減する取引を自動的に行う「THEO Tax Optimizer」も利用できます。

THEO+docomoより

お得な機能が自動なんて、便利だね!

その他にも市場の下落リスクを事前に予想する「AIアシスト」や、目的に合わせて資産運用できる「機能ポートフォリオ」も利用できます。

あなたは「口座開設をして、入金するだけ」でこれらの機能を自動で使うことができるのです。

投資初心者の方や仕事が忙しい方におすすめだワン!

1万円から積立投資できる

THEO+docomoの強みとして、1万円から積立投資ができる点も挙げられます。

積立投資ってそんなに良いの?

積立投資をすると、商品の価格が高い時には少なく買って、安い時には多く買うことができます

これはドルコスト平均法と言い、平均買い付け金額の低下に繋がるため高値掴みのリスクを減らすことが出来ます。

また、積立投資をすることで、投資タイミングに迷う必要が無くなります

投資をしたことがある人であれば、相場の上昇が続いているときに「まだ上昇する」と考えて投資したら値段が下がってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

THEO+docomoで積立投資をすれば、投資タイミングに迷うことなく、時間分散もしながら投資できます。

毎月同額を投資する積立投資をぜひ実践して欲しいワン!

値動きのある投資でリターンを得るためには、感情に流されることなく、淡々と投資を積み立てていくのが王道です。

最初に設定さえしてしまえば、あとは放置していても勝手に投資してくれるので、忙しい方にもおすすめですよ。

\手数料割引プログラム/

利用状況に応じて、手数料が1.10%(税込・年率)→最大0.715%(税込・年率)まで割引!
運用資産額に合わせて毎月dポイントも貯まります。

dポイントが貯まる/使える

THEO+docomoってことはdポイントと関係がある…?

その通りです。

THEO+docomoでは、運用額に応じてdポイントがもらえます

もらえるポイント数は以下の通り。

  • ドコモ回線を利用している方:1万円につき、毎月1.5ポイント
  • それ以外の方:1万円につき、毎月1ポイント

また、d払い残高と連携すれば、dポイントを使って投資もできます

dポイントが貯まって、それを投資に回せるのっていいね!

d払い残高を利用すると、ワンクリックで簡単に入金できるので、おすすめです。

ただし、d払い残高を毎月の積立口座として設定することはできないので注意しましょう。

THEOグリーンでESG投資できる

THEO+docomoでは、投資対象として「THEO(通常プラン)」と「THEO GREEN」モードを選択できます。

THEO GREENモードでは、ESG関連銘柄を組み入れたポートフォリオで運用できます

ESGって何だっけ?

ESGとは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」の頭文字を取った言葉で、企業が取り組むべき課題のことです。

環境汚染が問題となっている今、ESGへの取り組み・ESG投資はグローバルで加速すると見られています

資産形成に加え、持続可能な社会の実現に向けた貢献ができるんだワン!

つみたてNISAに対応していない

THEO+docomoのデメリットとして、つみたてNISAに対応していないことが挙げられます。

つみたてNISAとは、長期の積立・分散投資による資産形成を支援するため、年間40万円・20年間非課税で運用できる制度です。

THEO+docomoと相性良さそうなのに残念ね。

長期投資を前提とするTHEO+docomoと相性良さそうに見えますが、THEO+docomoでは頻繁にリバランスを行って調整しています。

つみたてNISAでは一度売却してしまうと非課税枠を利用できなくなるので、THEO+docomoとの相性はあまり良くないのです。

そこでおすすめなのが、THEO+docomoと併用でつみたてNISAを利用することです。

非課税枠をしっかりと利用しつつ、THEO+docomoのロボアド投資で分散投資をすることで、安定感のあるポートフォリオを構築しましょう。

つみたてNISAも始めたい方はこちら

THEO+docomoの評判・口コミ

評判

実際に使っている人の口コミも気になるなぁ…

ここでは実際に「THEO+docomo」を利用している方の口コミをまとめていきます。

インターネット上で「THEO+docomo」の評判を調べると、次のような意見が多いようです。

  • ESG投資ができるのがいい
  • 1万円から投資できるので投資初心者にもやさしい
  • 投資なので元本割れリスクもあることに気を付けたほうがいい
Twitterの評判を見る(クリックで詳細を確認)

実施中のキャンペーン

キャンペーン

お得なキャンペーン情報を知りたい!

以下では「THEO+docomo」で実施中(2022年4月4日時点)のキャンペーンについてご紹介します。

おトクな手数料割引プログラム

積立および出金の実績と平均運用額によって、通常1.10%(税込・年率)の手数料を最大0.715%(税込・年率)まで割引されます。

dカードGOLD会員の方が対象なので、注意しましょう。

dカードGOLDを持っている人はおススメだワン!

新規申込キャンペーン【終了】

期間:2022年3月31日まで

新規口座開設でdポイント300万円pt山分け

エントリーは不要で、キャンペーン期間中に新規でTHEO+ docomoの申込みをし、SMBC日興証券の証券総合口座(ダイレクトコース)を開設、SMBC日興証券でdアカウント連携をすればOKです。

一人あたり上限が200ポイントで、「dポイント(通常ポイント)」がもらえたんだよ!

\手数料割引プログラム/

利用状況に応じて、手数料が1.10%(税込・年率)→最大0.715%(税込・年率)まで割引!
運用資産額に合わせて毎月dポイントも貯まります。

THEO+docomoの評判【まとめ】

まとめ

THEO+docomoの魅力が分かったよ!

この記事ではTHEO+docomoの評判やメリット・デメリットについて解説しました。

最後に、この記事のまとめを3点ご紹介します。

  • THEO+docomoは投資のプロとAIに資産運用を任せられる
  • 手数料は業界最安水準で安心して利用できる
  • 月1万円から投資できるので、投資初心者にもおすすめ

THEO+docomoは、現在10万人以上が利用するロボアドサービスで、資産運用をプロとAIにお任せできます

月1万円から投資でき、投資対象と投資配分の見直し(リバランス)や税金の最適化まで自動で行ってくれるので、手数料以上のメリットがあると言えます。

評判のいいTHEO+docomoで、お得に資産運用を開始しましょう!

\dポイントが貯まる/