東証再編のTOPIXへの影響は?構成銘柄の変化やスケジュールを解説!

約 5 分で読み終わります!

東証再編TOPIXアイキャッチ

・市場再編でTOPIXにどのような影響があるのかな。
・TOPIXの見直しはどうなるのかな。

このようなお悩みを解決します。


本記事の結論

  • TOPIX構成銘柄は東証一部の全銘柄から、選抜された銘柄に変更される
  • 選抜されなかった銘柄は段階的に除外される
  • 選抜されなくても「再評価」で継続採用のチャンス

市場区分の見直しがが迫っている東京証券取引所。

再編されることによって、「TOPIX」などの指数にどのような影響が出るのか解説していきます。

東証の市場再編とは

東証の市場再編とは

東京証券取引所は2022年4月4日に市場区分の見直しを予定しています。

現在ある5つの市場を3つに再編し、より魅力的な株式市場を目指します。

元々市場にはどのような区分があるの?

現在の東京証券取引所は「東証一部」「東証二部」「マザーズ」「JASDAQ(スタンダード)」「JASDAQ(グロース)」の5つです。

その区分が2022年4月に「プライム」「スタンダード」「グロース」の3つに変更になります。

市場再編

市場再編で廃止・新設される指数

そして、市場区分が変わる2022年4月4日をもって、以下の指数が廃止になります。

  • 東証第二部株価指数
  • JASDAQ INDEX
  • J-stock Index
  • TOPIXコンポジット 等

参照:日本取引所グループ「株価指数の見直し

廃止される指数がある一方で、以下のように新たな指数も算出が始まります。

  • 東証プライム市場指数
  • 東証スタンダード市場指数
  • 東証スタンダード市場TOP20
  • 東証グロース市場指数
  • 東証グロース市場Core指数 等

参照:日本取引所グループ「株価指数の見直し

市場区分の見直しスケジュール

市場区分の見直しは以下のスケジュールで実施される予定です。

市場区分見直しスケジュール

7月現在は、通知を受け取った企業が申請の手続きをしている段階になります。

プライム市場では「流動性」や「ガバナンス」「経営成績、財政状況」が判定の対象になっていて、厳しい基準が課せられています。

そして、来年1月11日に日本取引所グループのウェブサイトで各企業が所属する新市場が公表されるのです。

1月11日は要注目だね!

TOPIXの構成銘柄は選抜型に変更

これまで、TOPIXの構成銘柄は東証一部に上場している全企業が対象でした。

しかし、市場区分の見直し後は市場区分に関係なく、基準を満たした企業のみが選出される形に変更されます。

「プライム」に選抜されたからと言って、必ずTOPIXに入れるとは限らないワン!

TOPIXが選抜型になることで、優良企業のみが算出の対象になり、指数の質の向上が期待されます。

TOPIXの算出方法や日経平均株価との違いに関しては、「TOPIXとは?算出方法や日経平均株価との違いを簡単解説」にて詳しく解説しています。

TOPIX構成銘柄の見直し方法

TOPIX算出方法の見直し

TOPIXの構成銘柄については、以下のような算出ルールが決定されました。

  • 2022年4月1日の構成銘柄を、新市場移行後の2022年4月4日以降も継続して採用。
  • しかし、流通株式時価総額が100億円未満の銘柄は「段階的ウエイト低減銘柄」に指定する。
  • 段階的ウエイト低減銘柄は2022年10月末~2025年1月末まで、四半期ごとに10段階で構成比率を下げて除外する。

参照:日本取引所グループ「株価指数の見直し

市場区分の見直し後は、所属する市場区分に関係なく、現在の構成銘柄は引き続きTOPIXに組み入れられます。

しかし、流通株式時価総額が100億円未満の銘柄は「段階的ウエイト低減銘柄」に指定されてしまう点に注意が必要です。

「段階的ウエイト低減銘柄」は最終的にTOPIXから除外される可能性もあるワン!

「段階的ウエイト低減銘柄」になったら、お終いなの?

もし仮に「段階的ウエイト低減銘柄」に指定されてしまっても、再評価によってTOPIXに継続採用される可能性もあるので安心してください。

再評価は2023年10月に実施される予定で、以下の2つの基準をクリアすると、通常と同じウエイトでTOPIXに組み入れられるようになります。

再評価の項目

  • 段階的ウエイト低減銘柄の第2回判定(後述)の翌期の流通株式時価総額が100億円以上
  • 年間売買代金回転率が0.2回転以上

参照:日本取引所グループ「TOPIX見直し概要
②が0.2回転未満の場合は、浮動株比率×0.6がTOPIXに組み入れられる比率となります。

ちなみに年間売買代金回転率とは、時価総額の何割が実際に売買されたかを示す指標のこと。

「年間売買代金÷年間平均時価総額×100」で算出されます。

回転率が高いほど、頻繁に取引が行われていることを示すんだワン!

因みに、移行後に新たにTOPIXに追加されるための基準は以下の2つです。

  • 東証プライム市場に新規上場・市場区分を変更する銘柄
  • TOPIX構成銘柄を旧会社とするテクニカル上場

TOPIXの見直しスケジュール

TOPIX見直しスケジュール

最後に、TOPIXの見直しスケジュールを確認してみましょう。

TOPIX見直しの流れ
参照:日本取引所グループ「TOPIX見直し概要

2021年7月と、第1回判定どちらも基準に満たない銘柄は「段階的ウエイト低減銘柄」に指定されます。

その後、2025年の第10回判定にかけて組み入れ比率が減っていく、というスケジュールになっています。

【まとめ】市場再編とTOPIX

東証再編TOPIXまとめ

今回は東証の市場見直しに伴う、TOPIXへの影響について解説してきました。

最後に重要な点をおさらいしましょう。

  • TOPIX構成銘柄は東証一部の全銘柄から、選抜された銘柄に変更される
  • 選抜されなかった銘柄は段階的に除外される
  • 選抜されなくても「再評価」で継続採用のチャンス

これを機に、投資先企業がTOPIXに継続採用されるかどうかチェックしてみよう!

いろはに投資では「東証の市場再編」についても詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。