【投資家100人に調査】取引ツールが使いやすい証券会社ランキング

約 10 分で読み終わります!

証券会社 取引ツール

・投資を始めたいけど、取引ツールが有能な証券会社ってどこだろう?
・様々な証券会社があるから、なかなか選ぶのが大変だなぁ…。

このようなお悩みを解決します。


本記事の結論

  • 取引ツールの使いやすい証券会社ランキング1位はSBI証券
  • 投資スタイルに合わせて証券会社を選ぼう
  • 自分の使いたい機能が含まれているか確認しよう

投資を始める際には証券会社の口座開設を行う必要がありますが、取引ツールの使いやすさで選びたい方も多いでしょう。

どこで口座開設すべきか迷っている方に向け、本記事では投資家100人以上に聞いた、取引ツールの使いやすい証券会社を紹介します。

自分にぴったりの取引ツールを活用して資産形成を進めたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

「証券会社って何?」という場合であれば、先に証券会社の仕組みを解説した記事を読んでおきましょう。

\圧倒的No.1/

取引ツールが気になる方は、「HYPER SBI」が大人気のSBI証券で無料口座開設をしてみましょう。

【早見表】取引ツールの使いやすい証券会社ランキングTOP5

取引ツール 使いやすい

取引ツールの使いやすい証券会社TOP5を今すぐ知りたい方に向けて、まずは早見表から紹介していきます。

今回は株式投資・IR情報サイト「ブリッジサロン」に登録中の投資家と「いろはに投資」のLINE友だちに、取引ツールが使いやすい証券会社を聞いてみました。

全回答のうち半数以上が「SBI証券」または「楽天証券」をおすすめするという結果でした。

ちなみに6位は「松井証券」、7位は「SMBC日興証券」だったワン!

使いやすい取引ツールランキングを見て、総合的なネット証券会社ランキングはどうなのか気になる方もいるでしょう。

そんなあなたは、株初心者におすすめしたいネット証券会社ランキングの記事も合わせてご覧ください。

おすすめ証券会社5社の基本情報

おすすめする証券会社5社の基本情報は以下の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券野村證券大和証券
形態ネット証券ネット証券ネット証券総合証券総合証券
主要ツールHYPER SBIMARKETSPEEDⅡマネックストレーダーQUICKポートフォリオトレボ
情報量★★★★★★★★★★★★★☆☆★★★★☆★★★★★
シンプルさ★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆★★★☆☆
スピード感★★★★★★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★★☆
使いやすさ★★★★★★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆
2021年7月現在の情報をもとに作成

どれも大手の証券会社だから、ツールも安心して利用できるワン!

おすすめ証券会社5社の現物取引手数料

おすすめする証券会社5社の現物取引手数料は以下の通りです。

1回の取引金額10万円50万円100万円
SBI証券99円275円535円
楽天証券99円275円535円
マネックス証券110円495円1,650円(指値)
野村證券(オンライン)152円524円1,048円
大和証券(オンライン)1,100円1,897円3,795円
2021年7月現在の情報をもとに作成

取引ツールの使いやすさランキングでも上位だった、「SBI証券」と「楽天証券」が最安という結果になりました。

手数料は実店舗を持たないネット証券の方が安いんだワン!

取引ツールで証券会社を選ぶ時のポイント3つ

取引ツール 証券会社

証券会社ってどんな基準で選べばいいんだろう?

取引ツールを基準にした証券会社選びで失敗しないためにも、以下の3つをチェックしましょう。

  • 使用感
  • 投資スタイル
  • 機能の豊富さ

実際に当サイトが投資家100人以上へ実施したアンケートでも、上記3点が重視されていました。

それでは順に説明していきますね。

①使用感

証券会社ごとに取引ツールの使用感は変わるため、「どのような目的で使いたいのか」を基準に選ぶのがおすすめです。

具体例としては以下のような感じ。

  • サクサクと取引を進めていきたい
    →スピード注文に対応している取引ツール
  • 外出先でも気軽に情報をチェックしたい
    →スマホアプリ版の提供がある取引ツール
  • 投資初心者も扱いやすいものを選びたい
    →シンプルで見やすさに定評のある取引ツール

自分にとって扱いやすいツールに出会えると、さらに投資が面白くなりますよ。

投資初心者であれば、操作性がシンプルなものを選ぶのが良いワン!

②投資スタイル

投資家によっても中心となる投資対象は異なるので、「投資目的に合ったツールであるか」は確認しておきましょう。

具体例としては以下のような感じ。

  • 短期投資をメインに利益を出したい
    →トレーダー向けの機能が豊富な取引ツール
  • 株主優待を狙って投資したい
    →株主優待検索のできる取引ツール
  • 外国株を中心に投資したい
    →海外の個別銘柄や株価を調べられる取引ツール

まずは短期トレードをメインに行うか、長期投資をメインに行うかで選んでみると証券会社も絞りやすくなりますよ。

板注文機能のあるツールなら、取引がもっとスムーズになるワン!

③機能の豊富さ

取引ツールには様々な機能が用意されているため、「使いたい機能が含まれているかどうか」も重要なポイントです。

愛用者も多い人気の機能としては、以下のようなものがあります。

  • 売買注文
    →チャートや板を見ながら簡単に発注できる
  • 銘柄情報
    →気になる銘柄の決算情報や四季報などを見られる
  • ニュース
    →市場や経済の最新動向を確認できる
  • テクニカル分析
    →移動平均線や各種チャートを表示できる

上記のような基本サービスであれば、ほぼ全てのツールで導入されています。

提供している情報量の多さなどは各社の特徴が表れやすいので、中身まで確認しつつ証券会社を選んでみましょう。

トレードを行う場合なら、分析機能の種類を把握しておくんだワン!

取引ツールの使いやすい証券会社TOP3を徹底解説

取引ツール 証券会社

取引ツールの使いやすい証券会社ランキングでTOP3にランクインした、以下3社について詳細を解説していきます。

  • SBI証券
    →情報収集にも発注にも優れた高機能ツール
  • 楽天証券
    →使い勝手抜群で初心者にもおすすめ
  • マネックス証券
    →トレーダー必見の機能が充実

おすすめしたい人の特徴やアンケート内でのクチコミもまとめたので、口座開設の参考にしてみてくださいね。

1位:SBI証券

SBI証券がオススメな人

  • 利用者数No.1の最大手を選びたい人
  • 投資の最新ニュースを収集したい人
  • 自分に合ったチャートで分析を行いたい人

SBI証券は2021年3月時点で600万口座を達成し、ネット証券の中でもトップの利用者数です。

主力ツールである「HYPER SBI」は、ワンクリック操作で簡単に取引できる点から高く評価されています。

「HYPER SBI」の詳しい特徴としては、以下のような感じ。

  • スピード注文で売買のタイミングを逃さない
  • 「信用取引口座」か「先物・オプション取引口座」があれば永久無料
  • 各種ランキングがリアルタイムで自動更新される

通常の月額使用料は550円(税込)ですが、口座開設で1ヶ月無料になるなど、タダで使えるキャンペーンも豊富です。

圧倒的な情報量とスピード感は取引ツールの中でもトップクラスなので、ぜひ体験してみましょう。

最大手だからこそ、使いやすさも優れているよ!

\便利機能が充実した最強ツール/

SBI証券のクチコミ一覧(クリックで詳細を確認)
30代男性

アプリの機能、整備されている点。

50代男性

シンプル、まあアプリも使いやすい。

50代男性

ポートフォリオが見やすい。

60歳以上男性

あらゆるツールがそろっているし、使い方も説明がある。

口座の開設方法は「SBI証券 口座開設・初期設定の方法を解説」にて詳しく説明しているので、合わせてご覧ください。

2位:楽天証券

楽天証券がオススメな人

  • 楽天経済圏にどっぷり浸かっている人
  • 完全無料で高品質ツールを使いたい人
  • チャートを見やすくカスタマイズしたい人

楽天証券は楽天グループという強みを活かし、あなたの資産形成を効率的に進めてくれるのが人気の証券会社です。

主力ツールの「​MARKETSPEEDⅡ」は多彩な機能を搭載しつつも、楽天証券の口座があれば無料で使えるのが魅力。

「​MARKETSPEEDⅡ」の詳しい特徴としては、以下の通りです。

  • 情報収集から発注まで1画面で完結
  • 銘柄や相場状況が一目でわかる
  • 海外株の取引にも対応

プロの投資家が利用するアルゴ注文を使った発注もできるなど、投資がより楽しくなる仕組みが満載です。

さらに一括確認できる情報を自分なりにカスタマイズできるため、利用頻度の少ない初心者もスムーズに利用できますよ。

これほど有能なツールなのに、タダで使い放題なのは凄すぎる!

\初心者でもツールを使いこなせる/

楽天証券のクチコミ一覧(クリックで詳細を確認)
20代男性

楽天証券はアプリが使いやすく、米株と日本株をいっぺんに管理できる。

40代男性

画面が見やすい、機能が豊富。

50代男性

銘柄検索時にチャートが見やすいため。

60歳以上男性

スマホでもPCでも取引が簡単にできる。

楽天証券で人気の投資信託は、「楽天・全米株式インデックス・ファンドの評価は?利回りや分配金も解説」で詳しく説明しています。

3位:マネックス証券

マネックス証券がオススメな人

  • 米国株に投資したい人
  • デイトレードに取り組んでいる人
  • 充実した投資情報をチェックしたい人

マネックス証券は取り扱っている金融商品の種類が豊富なことから、幅広い年代の投資家に支持されています。

押さえておきたい無料ツールである「マネックストレーダー」には、デイトレーダー向けの嬉しい機能が盛りだくさん。

「マネックストレーダー」の詳しい特徴は、以下の通りです。

  • 用途に応じて最適な注文方法が選べる
  • 値上率などのランキングがリアルタイムで表示
  • 国内株式と先物・オプション取引の板発注機能を搭載

その他の無料ツールに「チャートフォリオ」があり、こちらはチャートの形状から銘柄を探せる便利な機能です。

また、「銘柄スカウター」では日本・アメリカ・中国企業の長期業績や、ROEなどの推移を簡単に分析することもできます。

マネックス証券のツールは総合的な品質の高さを感じるね!

\便利ツールが満載/

マネックス証券のクチコミ一覧(クリックで詳細を確認)
30代男性

1分足やスマホアプリでフル板が観れるから。

40代男性

板が見やすいしマーケットボートも見やすい。

50代男性

銘柄スカウターが優れている。

60歳以上男性

複数の専用ソフトを提供している。操作性、問い合わせの対応が丁寧。

取引ツールが使いやすい証券会社まとめ

記事を読んで、自分にぴったりの証券会社が見つかったよ!

取引ツールが使いやすい証券会社ランキングについて、選び方も踏まえつつ説明してきました。

最後に、本記事の重要なポイントを3つにまとめます。

  • 取引ツールの使いやすい証券会社ランキング1位はSBI証券
  • 投資スタイルに合わせて証券会社を選ぼう
  • 自分の使いたい機能が含まれているか確認しよう

取引ツールは証券会社ごとの特徴がよく表れるので、各特徴をじっくり見た上で口座開設してみましょう。

口座開設は無料のため、迷っている方は「SBI証券」と「楽天証券」の2社に登録してから検討するのもアリですよ。

>>【口座開設数No.1の最大手!】SBI投信の公式サイトを見る

>>【楽天ポイントが貯まる!使える!】楽天証券の公式サイトを見る

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする役立つ情報発信を行なっています。

「投資についてもっと知りたい!」と思った方は、さっそく追加してみてくださいね。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

友だち追加

※本記事は2021年7月6日時点の情報を元に作成されています。
※本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他紹介企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に使用したアンケートは、2021年5月2日~5月9日にブリッジサロンおよびいろはに投資のユーザーに対して実施したアンケートの結果より引用しています。回答者数は101名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。